足を細くするには何をすべき?足痩せダイエット集結

足痩せの方法はたくさんありますが、あれこれ検索していると似たような方法ばかり見つかったり、どれがいいのかわからなくなってしまうことがありますよね。こちらの記事では足痩せに人気のダイエット方法をまとめてご紹介しています。一覧で見ることができますので、気になるやり方を探して見つけるのに役立ててみてください。

気になるポイントごとに確認できるパーツ別お手軽エクササイズや、下半身太りの原因別に目指すべき対策など、足痩せの情報を網羅的にご紹介しています。まずは是非こちらの記事でダイエットメニューを組み立ててみてくださいね。

一口に足が太いと言っても原因は色々!

脚が太い方でも色々なタイプがあります。足痩せダイエットを考えるなら、まずは原因を知ることが大切です。水太りの脚や脂肪太りの脚、筋肉太りの脚、混合太りの脚などのパターンがあり、水太りの脚は脚に靴下のあとが残る人に多くむくみが原因です。

脂肪太りの方は脚を触った時固い部分が筋肉で柔らかい部分が脂肪で脂肪の部分が多い方です。女性は男性よりも比較的皮下脂肪がつきやすく、お腹よりもお尻まわりや下半身、脚太りを気にする方が多いのです。皮下脂肪は内臓脂肪にくらべてやっかいなので、無理せずじっくり足痩せダイエットしていきましょう。

筋肉太りの脚はアスリートの方で脚を鍛えて筋肉がついている人をイメージするかもしれませんが、これは間違い。本当は、学生時代などずっとスポーツをやっていた方が急激にスポーツをやめることで起こってしまうものなんです。力を入れると硬くなる部分は筋肉ですが、力を入れなくてもずっと硬い場合は筋肉太りのおそれがあります

ここがポイント!
筋力トレーニングをやめると筋肉は急激に衰えます。しかし、運動していた頃のくせで食事量が変わっていなかったりすると、足痩せダイエットせずに筋肉が衰えてできた隙間に体脂肪がくっついてしまうんです。こうして筋肉と脂肪が霜降り状になった状態を筋肉太りの脚といいます。もっともやせにくいと言われていますので注意が必要です。

混合太りの脚は、脂肪が筋肉に絡み合っている場合や筋肉の量が少ない場合に考えられます。そしてその解消はタイプごとに異なり、リンパマッサージや内転筋を鍛えるエクササイズや筋トレ、簡単な家で出来るストレッチ、食事制限などのダイエット方法で足痩せできます。

ダイエットを続けるためにはやりやすい方法を選ぶことが大切です。代謝をあげて運動すればいいのか、冷え性を改善して血行促進を狙えばいいのか、最適な足痩せダイエットを選ぶためには自分の太ってしまった原因を探ることが大切です。

マッサージやマシンだけじゃない!エステサロンのメリットとは

エステサロンでの足痩せダイエットは、自分では何もせずにダイエットできることがメリットなわけではありません。定期的にサロンに通うことも充分努力に含まれますし、自宅でのセルフケアなど最低限の生活改善は行う必要があります。

また、マシンやプロの施術で効率的に痩せられるだけでなく、プロのアドバイスを受けることができるのがエステサロンのポイントです。どんなダイエットにも即効性はありませんから、自分でも生活習慣を正したり、原因をチェックして足痩せのための対策をするなど、継続した努力が必要になります。

しかし、脚が太ってしまう原因はさまざま。いろいろな原因が混ざり合っていることも少なくありませんから、自分ひとりでしっかり正しい足痩せ対策をするのは難しいですよね。そんなとき、担当のエステティシャンと二人三脚で目標へ向かっていけるのがエステサロンのポイントです。

ここがポイント!
おすすめなのは大手のエステサロンで、店舗が多いため価格も安価ですし、研修が徹底していて足痩せダイエットの品質が安定していることが期待できます。

リンパの滞りを改善!むくみ解消の方法

一日たちっぱなしや座りっぱなしで仕事をして帰ってくると靴下の跡が食い込んでいる方はむくみが原因です。足痩せできずむくむ原因は汚れた水分が体内に溜まるからです。老廃物が体内に溜まるとむくみや脂肪蓄積の原因になります。骨盤矯正や、半身浴などが効果を発揮する場合もあります。

むくみを放置すると頑固なセルライトになりかねませんから、足痩せダイエットの大敵です。そんな時はリンパマッサージが効果的です。リンパマッサージは血液やリンパの流れを促進して、老廃物を流す効果が期待できます。老廃物を流すことですっきりとした細く均整の取れた脚になっていきます。

リンパマッサージの方法は脚の付け根やふくらはぎ、太股、膝裏、足裏などを親指の腹を使って押しながら細かく上下に動かします。ぬるい温度のお風呂の中でこのマッサージを行うとより効果を発揮します。特にむくみがひどい方はこの方法が足痩せダイエットの効果があります。

程よく足を引き締める筋トレの方法

現代はエスカレーターなどを利用する機会が多く、会社でもデスクワークで一日座りっぱなしで運動不足ぎみになってしまいます。意識して運動を習慣づけている人でなくとも、ウォーキングの代わりにできるだけ階段を使用したり早足で歩く習慣を心掛けてみることで足痩せダイエットを行うことができるでしょう。

足痩せダイエットで程よく引き締まる筋トレの方法は、スクワットがあります。両手にダンベルを持ち両足は肩幅に開き、つま先はやや外側に向けます。椅子に座るようにお尻を突き出し太股がお尻と平行になるまで腰を沈めゆっくりと元に戻します。これを10回~15回行い2~3セット行います。

次にレックアダックションは仰向けに寝て両足を上げて息を吸いながらゆっくり足を広げます。限界まで開いたら元に戻します。10回繰り返しましょう。これらの筋トレを行うと足痩せの効果が期待でします。

細い足を作る足痩せダイエットの方法

痩せたい部位別!エクササイズ一覧
太ももを引き締めたい スクワット
レッグアダックション
クッションなどを挟む
ふくらはぎを痩せたい カーフレイズ
ボックスジャンプ
足首をすっきりさせたい かかとの上下運動
足首をぐるぐる回す

細い足を作る太股隙間を作るの重要な太股の内側の筋肉を鍛えるエクササイズは肩幅に足を開いて、両手を腰に当て、背筋をまっすぐに伸ばして立ちます。左足を軽く曲げて内側にゆっくりと上げるところまで持ち上げます。ゆっくりと元に戻します。15回ほど行ったら逆の足を行います。

バランスよく引き締まった美脚にする足痩せダイエットは、足を肩幅に開き、両足のつま先を前に向けて前を向いて真っすぐに立ちます。左足を横にして膝を直角にして重心を落とします。右足は真っすぐ伸ばします。

元の位置に戻って右足を同じ要領で行い、続けて交互にエクササイズを行いましょう。両腕を真っすぐ前に伸ばしても腰に当てても両腕を揃えて曲げる脚の太股に乗せてもOKです。これらのエクササイズを行うことで美脚を作りことが期待できます。

パーツごとに足痩せ!太もも痩せに効果的なダイエット方法

ここがポイント!
足痩せで一番痩せたいところの多いのは太ももです。モデルのように太股の内側に隙間ができることを夢に見てダイエットを行っている人が多いはずです。太ももの内側の筋肉を内転筋と言います

太股の外側と内側を触ってみると外側は固く、内側はぶよぶよしている人が多いはずです。内転筋は普段の生活の中であまり使われていない筋肉です。そのため脂肪が多く筋肉もあまり鍛えられていないため柔らかくなっています。内転筋を鍛えるのには普段の生活の中でも簡単にできる足痩せダイエットですので試してみましょう。

椅子に座って膝の部分にクッションや本などを挟んで内ももに力を入れる運動です。そして普段意識して座る時立つときに膝を開けっ放しで行わず締めた状態で行うことが効果的です。何気ない普段の生活でも意識して行えば場所や機具も必要なく鍛えることができます。

パーツごとに足痩せ!ふくらはぎ痩せに効果的なダイエット方法

ここがポイント!
ふくらはぎは第二の心臓と言われ血液が足の毛細血管まで、はこばれその血液を心臓にもどすポンプのような効果を果たしています。この働きがしっかりしていれば脚のむくみを解消できます。
ふくらはぎが痩せる方法はカーフレイズと言う運動があります。ふくらはぎは大きく分けて腓復筋とヒラメ筋に別れます。特に腓腹筋を鍛える足痩せダイエットです。立ち位置姿勢で足を肩幅程度に開く、手を腰に当てて胸を張ります。つま先を地面に付けてままかかとを浮かせます。

かかとが地面につくぎりぎりのところまで下ろします。15回3セットを目安に行います。またボックスジャンプは両足を肩幅程度に開きスクワットをするようにしゃがみます。この状態からジャンプして台の上に乗る運動です。10回1セットが目安です。これらの運動を行うとふくらはぎがスマートになっていきます

パーツごとに足痩せ!足首痩せに効果的なダイエット方法

ここがポイント!
足首が太い原因は歩くときに足首をほとんど使っていないことが考えられます。足首が使われなければ足首の血行が悪くなってむくんでしまい次第に太くなってしまいます。

他にも足首が太くなる原因は靴があっていなかったり、足に負担をかける靴を履いている場合に足が太くなってしまいます。特に女性の場合はヒールのある靴やハイヒールを履きますので足が太くなる原因になります。本来指先・足の裏・かかとの3点を使って歩くのが足痩せダイエットの理想です。

ヒールがあることで足の裏とかかとがつかず指先だけで支える状態になり負担がかかってしまいます。足首を痩せる歩き方はスニーカーやサンダルといった平たい靴を履いた時の歩き方です。着地する時にかかとから地面につき、かかとから指先に向かって足をおろします。この歩き方を行うと足首を使う為次第に足首が細くなっていきます。

足を細くするには運動だけじゃダメ!食事で足痩せダイエット

足を細くするには運動ばかりでは限界があります。運動すれば当然おなかがすきます。特に女性はスイーツに目が行ってしまいます。また夏のように熱い時はビールも飲みたくなります。これを我慢することが大変です。

よほど意識が強くないと途中で足痩せダイエットを諦め、誘惑に負けて挫折してしまいます。そればかりかその反動でリバウンドして逆に太ってしまいます。このような時に効果的なのはダイエット食です。お腹の空腹を満たすために食べても低カロリーな為ほとんどダイエットには影響がありません。

そればかりか精神的に落ち着くためより足痩せダイエットに身が入ります。そんな時に効果を発揮する低カロリー食品はこんにゃくラーメンです。1食で27カロリーで糖質も1.4g味もなかなかしっかりしていて満足できる食品です。ダイエットもストレスを抱えたままでは長続きしません低カロリーの食品を活用することでより効果を発揮します。

最後に一番大切な生活習慣について

足痩せダイエットを長続きさせるためには、普段の生活から意識することが重要です。通勤時にエスカレーターやエレベーターをできるだけ使用しないで階段を使ったり、歩く速さを息が切れない程度に速くするなど、運動のための時間を作らなくても、日常で可能な足痩せダイエットはたくさんあります

お酒の好きな人はワインや日本酒を止めて焼酎やウイスキーの蒸留酒にかえたり普段の生活の中で意識するだけでかなりダイエットの効果をアップさせることができます。そしてあまり過度なダイエットを行うと体に負担があり健康を害してしまうこともあります。健康と足痩せダイエットが両立することが最も重要で無理なくダイエットに成功します。

生活習慣の中にダイエットを取り入れてストレスを感じることなく、自然に行動でき毎日の日課として行わないとリズムがくるってしまうようになればダイエットは成功するはずです。