高校生にピッタリの登下校中や学校でできる脚やせテクニック

キレイに脚やせしたい気持ちは、大人でも高校生でも同じこと。でも、ジムに通ったりはできないし、高いサプリメントを買うのも難しいですよね。毎日自炊しているわけじゃないから、食事制限もおやつを控えるくらい……そんな高校生でも脚やせできる方法ってあるんでしょうか。

実は、高校生だからこそ毎日の登下校でできる簡単な脚やせ方法があるんです。大事な成長期の最終段階だからこそ、無理せず健康に美脚を目指せる人気の脚やせのやり方をまとめてご紹介します。太りにくくやせやすい下半身を目指して、まずは今できることから試してみましょう。

高校生でもできる脚やせってあるの?

太ももやふくらはぎが気になって、なんとなく制服を着るのが憂鬱、学校に行きたくない……。そんな思いをしたことのある高校生は少なくないはず。でも、脚やせのためにダイエットをしたいと言っても反対されてしまったり、雑誌で紹介されているサプリメントはバイト代ではちょっと高くて買えなかったりしますよね。

運動不足にならないように軽いエクササイズを続ければ、意外と脚は太くならないものなんです。えっ、運動は面倒くさい?大丈夫です。運動部のような激しいスポーツを毎日するわけじゃありません。登下校中に意識を向けて、高校生でもできちゃう脚やせにチャレンジしてみましょう。

たったこれだけ!登下校時にできる脚やせ

ここがポイント!
高校生なら誰でも毎日学校に通っているわけですが、この登下校の時間を脚やせの時間にしてみませんか?歩いて学校に通っているなら、姿勢を正してキレイな歩き方を心がけてみましょう。少し大股で、早足気味になるよう歩くとよりベターです。逆に、崩れた姿勢で適当に歩いていると脚が太くなってしまう原因になるので気をつけて。

ローファーのかかとを踏み潰しているとずり歩きになってしまい、高校生でも骨盤の歪みから生理痛がひどくなる原因などにもなってしまいますよ。自転車で登校している場合も、まっすぐ前を見て太ももを平行にすることを心がけてみてください。お尻にきゅっと力を入れて、サドルを固定するようにすると脚やせ効果がアップします。

電車に乗っている時間が長い高校生も大丈夫。立っている間に少しかかとを上げ下げするだけでも、ふくらはぎの筋肉のストレッチをすることができます。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれて下半身の血行不良を改善してくれる部分ですので、気がついた時にかかとを上げ下げしたり、足首を回すと冷え性の改善にもなるんですよ。

成長期だから気をつけたい!高校生が脚やせダイエットする際の注意

高校生は、成長期途中または成長期の最終段階に突入している、とても大切な時期にあります。無理のある脚やせダイエットや不健康なダイエットは、成長途中にある大事な体に大きな負担を与えます

急激な体重の減少は、生理不順や生理ストップに繋がります。女性にとって生理は、子供を授かるためには必要不可欠ですので、しっかりと将来を考えた上で脚やせダイエットをすることが大切です。特に過酷な食事制限等は、高校生でなくとも拒食症や過食嘔吐につながる可能性のある非常に危険な行為です。

これらの病気は、一度かかると本人の意思での治療は難しく、脚やせどころではなくなってしまいます。身体はもちろんのこと精神までも追い詰めます。最悪の場合には死に至る可能性もあり、治療は病気にかかる時よりも何倍も過酷と言われています。このような危険な病気にならない為にも、健康的なダイエットをしましょう

高校生は絶対に避けるべき脚やせダイエットの方法

成長段階にいる高校生は、健康な体を作るためにもバランスのとれた食事を一日三食しっかりとる必要があります。その為、身体の健康に被害をもたらす可能性のある食事制限による脚やせダイエットは避けたほうが良いです。

食事制限は、生理不順や生理ストップ、体力低下、免疫力低下、集中力低下、便秘等の腸内環境の乱れなどの症状を起こす可能性があります。これらの症状は、高校生の身体に大きな負担を与えるだけでなく、様々な病気に繋がります。

ここがポイント!
又、ダイエットサプリメントなどを用いて体重減少を目指す脚やせもおすすめできません。成分によっては、ホルモンバランスを乱れや副作用を招く可能性がある為、高校生だけでなく成人も注意しなければいけなく、避けたほうが良いといえます。

高校生が安心して行えるダイエットにはどんな方法がある?

一番健康的といえる脚やせダイエットは、運動やヨガリンパマッサージストレッチです。毎朝の日課にウォーキングやジョギングを加えたり、体感トレーニングや筋トレを行うことで、引き締まった健康的な身体を手に入れることができます。

身体を動かすダイエットは、継続することが重要となります。めんどくさがりの高校生や、脚やせを継続するのが難しそうと思う方には、入浴中やお風呂あがり、スマホをいじりながらでもできるドローインダイエットがおすすめです

ここがポイント!
ドローインダイエットとは、お腹をへこませるだけのダイエットで、毎日気づいたときにドローインすることを継続することで、約1~2週間ほどで少しずつ脚やせ効果が現れます。高校生でもローコストで簡単に行えるのがポイントです。
リンパマッサージは、体内の老廃物の排出を促す効果があり、細身効果を期待できます。又、ストレッチやヨガは身体の柔軟性を高めるだけでなく、代謝アップの効果があります。これは、身体を痩せやすい体質に変えてくれます。

どの方法も継続することが重要なので、高校生の生活習慣に合わせやすいものや取り入れやすいものを、毎日数十分~数時間程度の続けやすい範囲で行いましょう。

登下校時のついでにできる脚やせダイエット

簡単!登下校中にやりたい脚やせダイエット
徒歩 少し大股・早足で正しく歩く
自転車 太ももをまっすぐにして漕ぐ
電車 かかとを上げ下げする
※鞄を片方の肩にかけ続けないという点にも注意しよう

高校生にとって登下校は、ながら脚やせダイエットを行えるベストのタイミングですので、スマホやおしゃべりをしているだけは勿体ないです。時間を有効的に使って効率的に脚やせをしましょう。

登下校中の脚やせには、正しい姿勢を意識し、つま先を少し外に向けた状態で一本線を歩くように意識して歩きましょう。イメージは、バレリーナです。この歩き方を意識することで、高校生のうちから脚に余計な筋肉を付けずにО脚改善や脚やせができます。

他には、かかとを少し浮かせた状態のつま先歩きも脚やせ効果があります。つま先歩きは、ふくらはぎを鍛え、メリハリのある引き締まった脚を目指せます。どちらの方法も、やりすぎずに無理のない程度に行いましょう。短い時間でも、毎日コツコツと継続することで、徐々に効果が見えてきます

自転車通学なら覚えておきたい!脚やせ効果のある漕ぎ方

自転車は有酸素運動なので、高校生にもできるダイエットに効果的な運動です。しかし、乗り方や漕ぎ方によっては余分な筋肉がついてしまい、太く見える原因にもなります。脚やせに効果的な方法を知って効率的に脚やせしましょう。

始めに、サドルの高さを調節しましょう。高さは、つま先立ちになる状態が理想です。座るときは、サドルの後方に腰掛けるように意識すると身体が前かがみになるので、腹部の筋肉を刺激してくれるので、ダイエットに繋がります

続いてペダルの漕ぎ方です。漕ぐときは、足ががに股にならないように注意します。真っ直ぐ漕ぐことで、余計な筋肉をつけないようにします。又、漕ぐときの回転数を増やし、一定のスピードで漕ぐように意識すると、高校生でも脚やせ効果を期待できます。

授業中にこっそりできる脚やせテクニック

高校生は一日の大半を授業で過ごしますが、授業中は椅子に腰かけている時間が多いので、姿勢が悪くなったり、脚を広げてしまいがちです。長時間姿勢が悪いと、背中が丸まることで内臓が下がり、ポッコリお腹になってしまいます。又、血行が悪くなる可能性があり、ダイエットの天敵である代謝の低下につながります。

座っている時間が多い授業中は、高校生なりのダイエットや脚やせダイエットに最適です。授業中は姿勢を正すことで代謝アップを目指し、脚はつま先・かかと・ひざの三点をくっつけることで、内側の筋肉を刺激し、脚やせ効果が期待できます。

ここがポイント!
又、つま先・かかと・ひざの三点をくっつけながら、かかとを浮かせる上下運動をすることで、さらなる脚やせ運動になります。時間を有効活用して脚やせを目指しましょう。

お家で寝転びながらできるラクラクストレッチ

お家でも手軽に簡単にできるのが、寝転びながらできるストレッチです。寝転んだリラックス状態でストレッチをすることにより、高校生でも筋肉に負担をかけずに無理なく脚やせストレッチをすることができます

高校生におすすめのストレッチ方法は、寝転んだ状態でひざを抱え丸まった態勢を30秒キープします。このストレッチは、背中を伸ばしたり、腸内のガス抜き効果があります。次に、ひざを立てた状態で左右30秒ずつひざを倒します。注意点は、上半身は真っ直ぐ上を向いた状態をキープします。このストレッチは、ウエストのくびれに効果があります。

続いて、脚を上げてバタ足をするようにぶらぶらします。注意点は、力を抜いたリラックス状態で行うことです。このストレッチは、脚やせ効果が期待できます。

高校生でも簡単!運動で筋肉のついた脚を細くする方法

運動でついた筋肉は、ストレッチやヨガが効果的です。筋肉が原因の脚の太さは、ウォーキングやジョギング等の運動は逆効果です。これらの運動は、さらに筋肉をつけてしまう可能性があります。その為、ストレッチやヨガで筋肉を伸ばすことで筋肉をリラックスさせ、余計な筋肉をつけないことが高校生の脚やせには大切です。

運動の種類によって筋肉のつき方や部位が大きく変わります。例えば、高校生の陸上やバスケ等の脚をよく使う運動であれば、脚の筋肉がより大きくなります。これらの筋肉を細くするには、余計な筋肉をつけにくいストレッチやヨガで身体のバランスを整えることが効果的です。身体のバランスを整えることで、脚やせして筋肉のつき方を変えることができます。

0円ですぐにできる!高校生にぴったりの脚やせの方法

現在、脚やせに効果のあるマッサージローラーやシェイプアップ器具、サプリメントなどがありますが、お金をかけなくても脚やせは可能です。すぐにできる簡単な脚やせ方法をご紹介します。

姿勢を正した立った状態で、かかとをつけつま先を少し開きます。片足のつま先を、もう片方のかかとにつけるようにしたら、後方の脚を上下運動させます。両脚各10回~30回が目安です。このエクササイズは、脚やせだけでなく高校生のヒップアップにも効果的です。注意点は、ひざを曲げないように意識します。

他には、階段や段差を利用してできるエクササイズがあります。方法は、つま先から三分の一程度の足裏を段差にのせます。その状態から、かかとを持ち上げたり、段差よりもかかとを下げる上下運動をします。このエクササイズは、平坦な床や地面で行う上下運動よりも、筋肉に負荷をかけることができる為、脚やせ効果やふくらはぎの引き締めに効果があります。

すぐに脚やせしたい高校生におすすめ!短期間で効果の出る方法

短期間での脚やせには、悩んでいる種類によって方法が変わってきます。悩みの種類は、脂肪による脚の太さ、むくみによる脚の太さ、筋肉による脚の太さです。高校生のうちからセルライトを予防しておくのがベストです。

ここがポイント!
脂肪による脚の太さには、マッサージとシェイプアップが効果的です。マッサージでセルライトや脂肪をほぐし、やわらかくすることで老廃物の排出を促します。又、シェイプアップで脂肪燃焼と脚やせ、引き締めをします。
むくみによる脚の太さには、ストレッチやマッサージが効果的です。むくみがある場合は、血流の流れが悪く、老廃物が溜まっている状態にあります。ストレッチやマッサージで血行促進と老廃物の排出を促すことで、脚やせしてむくみを改善することができます。

筋肉による脚の太さには、高校生のうちから余計な筋肉を付ける運動を控えることが重要です。筋肉をこれ以上つけたくないからといって何もしないと、筋肉が脂肪に変わってしまいます。

その為、ストレッチやヨガで筋肉の緊張をほぐし身体のバランスを整えることで、筋肉のつき方や大きさを調節する効果が期待できます。調節することで、細く引き締まった脚になることが可能です。又、脚やせのためには普段から正しい姿勢と座り方を意識することが大切です