ダイエット効果の高いお茶の種類を知ってラクラク脚やせ!

脚やせをしたいけれど、ついつい食べすぎてしまうという人や、つらい食事制限や運動を頑張るのはちょっと……という人におすすめなのがお茶を飲むだけの脚やせダイエットです。置き換えダイエットなどでも人気のお茶はたくさんありますが、脚やせにはどのお茶を飲むのがいいのかご存知ですか?

やせたいんだから脂肪燃焼を促進してくれるお茶でしょ、と決めつけないで。まずは脚太りの原因からご紹介しますので、一緒に見ていきましょう。冷えに効くお茶や美肌に効果大!なお茶など、ダイエット以外にもうれしい効果のあるお茶がたくさんあります。自分に合ったお茶を選んで脚やせを目指しましょう!

お茶を飲むだけでダイエット?脚やせとお茶の関係とは

ダイエットに効くお茶、と聞くだけでいろいろな種類が思い浮かびますよね。種類もそうですが、お茶を飲むことでやせる方法はいくつかありますので自分に合った方法を見つけて脚やせを成功させましょう。ただ漫然と飲むだけでなく、お茶を取り入れることでなぜやせるのかを知っているとモチベーションも上がりますよ。

まず、普段からジュースや糖分の多いドリンクをよく飲んでいる人は、それらをお茶に置き換えることがポイントです。食事制限をせずとも、それだけでかなりのカロリーをカットできますから簡単な脚やせ方法といえます。砂糖だけでなく、クリームたっぷりのミルクティーなどのお茶も高カロリーですから気をつけましょう。

また、食事に塩分が多かったり、慢性的な運動不足・筋力不足で下半身がむくみがちの人は体を温めてくれるゆず茶や生姜茶を取り入れてみましょう。生理中の骨盤の歪みや血行不良にも温めてくれるので効果的です。カフェインも適量なら血行を促進し、利尿作用でむくみを解消してくれますので紅茶にゆずや、生姜を混ぜてみるのもいいですね。

ここがポイント!
お通じが悪いのが悩みの人は、そのまま運動してもうまく脚やせ効果がでない場合がほとんどです。デトックス効果のあるマテ茶やほうじ茶などを試してみてください。お茶のなかでもカフェインが控えめなので体にやさしく、お通じが改善されるので脚やせだけでなくアンチエイジングや美肌にも効果がありますよ。

運動前や運動中に飲むなら脂肪燃焼効果のある緑茶や黒烏龍茶などがオススメです。ただし、利尿作用のあるお茶では水分補給をしたことになりませんから、コップ一杯のお水を忘れないようにしてください。

カフェインは体を冷やす?
体を冷やしてしまうからカフェインが含まれるお茶は控えたほうが良い、とよく言われますが、本当でしょうか。実は、正しい方法で飲んでいれば緑茶やコーヒーも冷え症の改善や脚やせに役立ってくれるんです。正しい方法とは、夜寝る前に飲まない、たくさん飲みすぎない、という簡単なこと。

カフェインは交感神経を優位にさせますので、副交感神経を優位にしてリラックスしたい時間には不向きです。緊張しっぱなしだと逆に血管が縮まってしまいますから、お茶ばかりがぶがぶ飲まないように気をつけて。適量の緑茶やコーヒー、紅茶などのカフェイン飲料には、脂肪燃焼効果や抗糖化作用など、脚やせにうれしい効果がたくさんあります。

飲むだけでスッキリやせるお茶のダイエット効果とは

お茶のダイエット効果は便秘解消やむくみ対策、食事の際の糖の吸収を抑えるといった作用です。特にカテキンには脂肪燃焼効果がありますので食前や食後に飲むだけでなく、運動中や運動後に飲むのも効果的です。

カテキンの含まれるお茶には殺菌作用もありますから、風邪をひきにくくなったり、肌に潤いが出てくるなどといった効果も期待できます。体重の増減は目立つほどではありませんが、普段と変わらない生活をしていても減少したという口コミが多いので飲むだけで脚やせできるというのは確かなようです。

ここがポイント!
飲む量や飲むタイミングによっても違いますが、食べ過ぎを抑えてくれたり、便秘を解消してくれたりといった効果も期待できますので健康的に無理なくやせることができます。

本当に飲むだけでやせる?お茶ダイエットのやり方

食べたものが消化される時に脂肪燃焼が行われますが、燃焼しきれなかった脂肪を残さないために活躍してくれるのがカテキンです。そのためお茶ダイエットをするなら、食前食後にお茶を飲むのがおすすめです。脚やせのために運動をする場合には運動を始める30分ほど前に飲むと脂肪燃焼をサポートしてくれます。

カフェインが豊富に含まれている緑茶や紅茶、サポニンが豊富に含まれているゴボウ茶がおすすめです。カフェインが含まれている場合には利尿作用も高くなりますので注意が必要です。お茶を飲んで有酸素運動を30分ほど行うのが最適です。油っぽい食事や糖分の多いおやつを食べる時には脂肪吸収を抑えてくれるお茶や血糖値上昇を抑えてくれるお茶がおすすめです。

脚やせダイエット効果の高いお茶の種類

やせるお茶の種類としてはダイエット茶と呼ばれるお茶があります。キャンドルブッシュ、コタラヒム、サラシア、オオバコ、ルイボス、ハーブが代表的なお茶です。杜仲茶やプーアール茶は飲みやすく手に入れやすいのでおすすめです

キャンドルブッシュとコタラヒムはアーユルベーダでも重要なお茶です。キャンドルブッシュは食物繊維が豊富で便秘解消、脚やせにつながります。コタラヒムは糖分吸収抑制の働きがあります。サラシアは腸内環境を整えてくれるので便秘解消に効果的です。

ここがポイント!
ハーブのお茶はそれぞれ特徴があり、香りがよいのでリラックス効果が期待できます。ルイボスはカフェインゼロで飲みやすく、体質改善に効果があります。杜仲茶は脂肪やコレステロールを減少させてくれますし、プーアールも脂肪燃焼効果が高いのが特徴です。

むくみを解消して脚やせするにはタンポポ茶やルイボス茶

タンポポ茶はノンカフェインで胃腸の弱い方や妊娠中の方でも飲める体に優しいお茶です。ビタミン、鉄分、ミネラルを豊富に含み、中国では漢方として使われています。焙煎すると珈琲の風味になるのが特徴です。肝臓を強化する働きがあるのでコレステロールの上昇を抑えてくれます。血糖値を下げてくれる働きもあります。利尿作用も高くむくみを解消してくれます。

ルイボス茶はミネラルがバランスよく含まれており、細胞を活性化させ、活性酸素の増加を抑制する抗酸化作用が高いのが特徴です。アレルギー症状を緩和させ、ノンカフェイン、ノンカロリーで飲みやすく、脚やせに向いたお茶です。

デトックス効果が高く、腸内環境を改善させて便秘解消につながります。ミネラルが腎臓に働きかけ、巡りをよくすることで水分や老廃物を適切に排出できる体質になれるのでむくみが気にならなくなります。二日酔いのむくみにも効果があります。

美しく脚やせするには美容効果抜群のプーアール茶

プーアール茶は2つのダイエット効果が期待できるお茶です。1つめは脂肪吸収をブロックしてくれること、2つめは脂肪燃焼を促進してくれることです。中国では減肥茶として利用されています。悪玉コレステロールのLDLを減少させる働きがあることから、糖尿病にも効果的といわれています。

ポリフェノールにより抗酸化作用が高いことから細胞の活性化を促進してくれます。胃腸の吸収消化を助け、アルコールの代謝を早めてくれます。フッ素が含まれていることから脚やせだけでなく虫歯予防や骨粗しょう症、抗がん作用があることも注目されています。熟成させるとGABAが増えるお茶はストレス減少にもつながります。

体内の脂肪を分解して脚やせを助けてくれる働きがあるだけでなく、血液の浄化作用もあり、高血圧予防にもなります。肌荒れやニキビ予防、体臭予防も期待できます。脂肪燃焼にはリパーゼという酵素を使われますが、緑茶はリパーゼの分泌を促進する働きがあります。

ここがポイント!
体内にある脂肪を燃焼させる時には脂肪を遊離脂肪酸に変更させることが必要ですが、リパーゼが分泌されることで中性脂肪が溶かされ、脂肪燃焼、脚やせをしやすくなります。リパーゼを分泌促進させる働きを持つお茶はプーアールだけになります。

脂肪燃焼をサポートしてくれる緑茶

緑茶は加工処理があまりされていないため、栄養素が凝縮しているところに特徴があります。中性脂肪を下げる働きをするカテキンが豊富に含まれており、高濃度茶カテキンを習慣にすると脂肪を分解、燃焼させる効果が高くなります。

カテキンはポリフェノールの一種です。カテキンの入ったお茶は肝臓や筋肉中の脂肪分解酵素に働きかけ、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。脂肪を溶けやすくする胆汁酸の排出を促進して脚やせを助けてくれます。

カフェインも豊富に含まれていますので、短時間で脂肪燃焼を高める効果も期待でき、運動の前後に飲むと効果が上がります。カテキンには脂肪を排出させる力もあります。食事の際の飲み物や水分補給に緑茶を利用すれば、無理なく摂取できます。

脚やせダイエット効果だけでなく健康効果も高いお茶

杜仲茶も中国では漢方として長寿、不老不死の薬として用いられてきました。肝臓の働きを活発にして、脂肪やコレステロールの吸収を抑えてくれる働きがあります。ゲニポシド酸と呼ばれる成分がコレステロールと中性脂肪を素早く分解します。ゲニポシド酸は副交感神経に作用し、血圧を下げて安定させるので脚やせだけでなく高血圧防止にも効果的です。

ここがポイント!
腰痛、関節痛、ストレス、精力減退、物忘れ、排尿困難など様々な効能があり、副作用がないお茶なので安心して摂取できます。ミネラルの鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンCを含み、栄養価の高さも魅力です。

イリドイドという成分は記憶力や学習能力を高め、認知症を予防します。ピロレジノールやジグルコサイドは体内の余分な塩分や水分を排出させる働きがあり、むくみを改善します。内臓脂肪の減少や体重増加の抑制に効果をもたらすアディポクネチンを増加させる働きがあるため、メタボリックシンドロームを予防してくれる脚やせ効果も期待できます。

脚やせダイエット効果が高まるお茶の飲み方

ダイエットのためにお茶を飲むなら、まずは習慣にすることが大切です。美味しく飲める好みの味を探すことが大切です。苦みが気になる場合には便秘防止の効果が高いオリゴ糖を一緒に飲むのがおすすめです。脂肪燃焼効果の高い緑茶やウーロン茶、ゴーヤ茶を飲む場合には運動の前後に飲むと脚やせ効果が高まります。

ここがポイント!
アルコールの摂取量が多い方はウコン茶がおすすめです。むくみが気になる方は杜仲茶や明日葉茶がおすすめです。油っぽい食事が多い方や甘いものが好きな方にはプーアール茶、ギムネマ茶、ガルシニア茶がおすすめです。
お茶だけで脚やせダイエットをしようと思わずに、ちょっとした運動をしたり、栄養バランスのとれた食事をすることが必要です。熱いお湯で抽出したほうが成分が多く抽出される緑茶、キャンドルブッシュなどもありますのでお茶の特性に合わせた飲み方をすることも大切です。

お茶を飲む際の成分に関する注意点とは

お茶は苦み、渋みが気になることが多いので購入する際には成分をチェックすることも大切です。カフェインの含有量が多すぎると不眠や利尿作用が高くなり、脚やせを阻害するので注意が必要です。カフェインの量は淹れる温度や銘柄によっても異なりますのでお茶の淹れ方もおすすめの飲み方に準じることが大切です。

緑茶のカフェインは温度と蒸らし時間によっても変わります。80度以上の熱湯で淹れるとカフェインの溶出量が増えます。覚醒力が強いので寝る前4時間前には控えたほうが良いといえます。妊婦さんは1日のカフェイン摂取量は200ミリグラムといわれています。

妊婦さんやお子様の飲み物を選ぶときには脚やせ効果でなくノンカフェインのお茶を優先して選ぶのがおすすめです。キャンドルブッシュにはセンノシドが含まれていますので飲みすぎると下痢を引き起こすことがあります。どくだみ、ギムネマ、センナなどの減肥茶にも含まれていることが多いので注意が必要です。

健康によいとされているお茶でも、体質によっては受け付けないこともありますので、まずは少しずつ試してみましょう。脚やせのためだからと我慢せず、飲みやすいお茶を見つけることがダイエット成功への近道ですよ。

どのお茶で脚やせする?悩み別おすすめのお茶紹介
悩み お茶 効果 タイミング
脂肪太り プーアール茶 脂肪燃焼を促進 運動前
黒烏龍茶 脂肪吸収を抑える 食事前
むくみ ほうじ茶 デトックス作用 就寝前・起床直後
ルイボスティー 新陳代謝促進
冷え症 生姜茶 血行促進効果 冷えを感じた時