おすすめの脚やせ方法とは?人気の脚やせダイエットをご紹介

脚やせは部分やせのなかでも特に難しいと言われています。テレビや口コミでおすすめの方法もうまくいかなかったり、続かなかったり、ダイエットって大変ですよね。でも実は、女性はどうしても皮下脂肪が溜まりやすかったり、運動不足になりがちで筋肉が衰えていたりと、そもそも脚には太くなってしまう理由がたくさんあるんです。

食事制限や有酸素運動をがんばったのに、お腹や腕はやせたのに、どうしても脚だけは細くならない……という方。おすすめの脚やせ方法をトライして、今度こそしっかりスタイルアップしたくありませんか?この記事では、脚太りを解消して結果を出すためのダイエット方法をまとめてご紹介しています。

脚が太くなってしまう原因は脂肪だけじゃない?

脚が太くなる理由は、実は皮下脂肪だけではないんです。太ったというとどうしても体脂肪をイメージしてしまいますが、それこそが脚やせで陥りやすいトラップ。おすすめはまず、むくみや冷え性を改善することなんです。実はこれらを改善してからでないと、運動や食事制限が効果を発揮してくれないこともあるんです。

脚は心臓から遠く、血液を循環させるポンプ機能が十全に働きません。そのため、第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋肉が心臓の代わりをしてくれています。ところが運動不足でふくらはぎを動かしていないと、筋肉が衰えてポンプ機能が弱まったり、そもそも動かさないためポンプ機能が働かない、ということに。

これではおすすめの脚やせ方法を試しても効果が薄まってしまいます。足先の血流が滞ると、体温が行き届かず冷え性になってしまうだけでなく、むくみ太りの原因にもなってしまいます。むくみは、体内の余計な水分や老廃物が排出されず溜まってしまった状態。血液やリンパ液の流れをよくしてあげることで改善します。

ここがポイント!
むくみを改善するだけで脚がすっきり細くなる人もいますし、放置していると脂肪と絡まってセルライトを形成してしまうこともありますから、むくみがある人はそちらを先に対策するのがおすすめです。また脂肪は温まっている方が運動などで燃焼しやすくなるため、冷え性の改善も脚やせにおすすめの方法です。
カンタン!おすすめセルフチェック
脚がむくんでいるかどうか、簡単に自分でチェックできる方法があります。ふくらはぎなどむくみが気になる部分を親指でぎゅっと10秒ほどつかみ、パッと離してみてください。もし指の跡が残っていたら、むくんでいる可能性がありますのでマッサージや半身浴などを試してみてください。

気になる原因別おすすめ脚やせダイエット!

セルライトを除去するおすすめ脚やせ方法

セルライトは脂肪と老廃物の固まりです。食事制限をしただけでは、セルライトをなくすことはできません。もっともはやい方法ですと、脂肪吸引という美容外科的な方法があります。しかし、痛みなどのリスクも高いですし、高額な費用がかかります。

効果的にセルライトを除去して脚やせするおすすめ方法として、エステサロンで痩身コースを受けるという手段もあります。

エンダモロジーやキャビテーションなどのマシンを使うことで、セルライトに働きかけていくことができますし、切らない脂肪吸引とも言われています。1度では効果はありませんが、定期的にある程度の期間通うことで、セルライトはなくなっていきます。

血流の流れを改善!リンパマッサージの脚やせ方法

セルライトがあり、血流が悪くなっていると、さらに脂肪もたまりやすい状態になりますので放置はおすすめできません。むくみ、冷えなどの症状がみられる方の多くは、リンパの流れも悪くなっていますので、マッサージをしていきましょう。マッサージオイルなどを使って滑りをよくすることが大事です。アロマを使えばリフレッシュ効果も高まります。

脚やせできるリンパマッサージはまず足裏からはじめ、ふくらはぎにすすんでいくのがおすすめです。その際足首からひざ裏までかきあげるようにして、ひざ裏に老廃物を集める感覚で進めていきます。続いて太ももに入っていきます。つまみあげるようにしてマッサージをしたり、くるくると血流をがよくなるようにマッサージをします。

代謝アップ!筋トレで脚やせするおすすめの方法

代謝をアップさせることが、ダイエットの鍵になってきます。そのためには筋肉を付けて筋力アップすることが重要です。代謝があがれば消費カロリーも上がりますし、冷え、むくみも改善されたり、脂肪燃焼もしやすい状態になるなどのメリットもあります。

筋力トレーニングはそれだけでは脂肪がたくさん燃焼するわけではないため、筋トレばかりするのは脚やせにおすすめとは言えません。しかし、不足している筋肉をきちんと鍛えてあげることで、脂肪を燃焼するためのエンジンを強化しているのだと思ってください。

筋肉量をアップさせることで、普段なにもしないでいる時の消費カロリー、基礎代謝がアップします。また運動するときの消費カロリーももちろん向上しますので、同じ運動量でも筋肉量のあるなしで消費カロリーが変わってきますのでおすすめです。

ここがポイント!
つまり有酸素運動で脂肪を燃やして脚やせすることができますが、その際筋肉があることで効率アップできるんですね。スクワットなどの無酸素運動を取り入れていき、無酸素運動、有酸素運動の順番で行うことが理想です。

ちなみにスクワットは、下半身に筋肉を付けることができ、さらにヒップアップにも効果が期待できるエクササイズです。場所もとりませんし、道具も必要ありませんので、手軽に始めることができますしおすすめです。

体を動かして健康的に!運動で脚やせする方法

現代人はとかく運動が不足がちだと言われています。日中の仕事でも、座りっぱなしのデスクワークや立ちっぱなしの接客業務など、脚をあまり動かさない日々を送っている人が多いのではないでしょうか。

太ってしまう原因はいろいろありますが、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうことで脂肪はどんどん蓄積されてしまいます。また、運動不足で血流も悪くなってしまうとむくみがちの脚になってしまいますので、脚やせにも運動はおすすめと言えるでしょう。

身体を動かす事で、カロリー消費だけではなく、筋肉を付ける、そして脂肪を燃焼させるということが可能ですので、ダイエットには食事制限だけではなく、運動を取り入れていくということも重要なおすすめポイントになってきます。

ここがポイント!
とはいえ時間がなくてジムに通ったりできない人もいるでしょう。運動が苦手な方は、ウォーキングからでも良いので、まずは出来る脚やせから始めていきましょう。通勤や通学の時間に、少し大またで歩いてみるだけでも運動になりますし、ひと駅歩いたり、階段などいつもと違う道を使ってみるとリフレッシュにもなるのでおすすめです。
脚やせダイエットのおすすめ手順
おやすみ前のむくみ取り 運動で脂肪燃焼
1 しっかり水分を摂る しっかり水分を摂る
2 半身浴などで血行を良くする 軽くストレッチ・柔軟
3 リンパマッサージ ウォーミングアップ(5~10分ほど)
4 冷やさないよう靴下を履く 筋力トレーニング
5 タオルなどで脚を少し高くして寝る 有酸素運動(できれば30分以上)

部位別脚やせダイエット!太ももやせの方法

太ももと太ももの隙間が無いと、太く見えてしまいます。この部分にセルライトもたまりやすいのですが、筋肉が無い事で脂肪がつきやすくなってしまうということも原因の一つです。太ももの内側の筋肉を鍛えていくことが、脚やせのおすすめポイントです。

椅子に座った時に、太ももが開いてしまうのは姿勢としても美しくありませんし、おすすめできませんよね。骨盤の歪みもありますが、内ももの筋力の低下も原因としてあります。電話帳など厚い本を挟んで、内側に足を閉じる動作をするというエクササイズは効果的です。

また、ながらエクササイズとして、料理をしている時など、キッチンで脚を後ろにして内側にぐいっと引き寄せる運動もおすすめです。

部位別脚やせダイエット!足首やせの方法

脚やせで意外と話題に上がりづらいのが足首やせ。あまりダイエットには関係ないと思われがちなのかもしれませんが、キュッと締まった足首はスタイル良く見えますし、むくみを取ることで比較的カンタンにやせられるおすすめの部位でもあります。

足首が太くなってしまっている原因として、むくみがまず第一にあります。老廃物が溜まりやすい状態になってしまっていて、むくんでしまっているのです。ですから、むくみのケアから始めていきましょう。足首付近にあるリンパの流れをよくしてあげる事が大事ですので、入浴中などマッサージを行うのがおすすめの脚やせ方法です。

ここがポイント!
足首回しも効果があります。道具も必要ありませんので、テレビを見ながらでも始めてみましょう。また、足の甲も老廃物がたまっていることが多いため、こぶしをつくって指の付け根から足首にかけて、マッサージをしていきましょう。座った状態、立った状態でかかとを浮かせる、おろすと言ったエクササイズもおすすめです。

部位別脚やせダイエット!ふくらはぎやせの方法

ふくらはぎを脚やせしたい人も多いはず。この部位は筋肉を付けて脂肪を燃焼させるのがおすすめの部位です。しかし、骨盤がゆがんでしまっていますと、歩くときに外側に力がかかるため、ふくらはぎの外側の筋肉が発達して太くなってしまうということもあります。骨盤の歪みを矯正することから始めていくのも大事です。

さらに、セルライトはキャビテーションやエンダモロジーなどのエステサロンで受けられるマシンの利用がおすすめです。そしてリンパマッサージを併用することで、美脚を目指していくことができます。

セルフダイエットにおいては、ウォーキングやジョギングをすることで、脂肪を燃焼させて脚を細くすることもできます。運動が苦手な方は、サロンでEMSのマシンを利用するのもおすすめです。

歪んだ骨盤を正して脚やせする方法

骨盤がゆがんでしまっていることで、余分なところに脂肪がついてしまいます。さらに、歩くときに外側重心になります。外側重心で歩く癖がつくと、O脚になってしまい、ふくらはぎの外側のひらめ筋という筋肉が発達してしまい、脚は太くなってしまいますのでこの歩き方は脚やせにおすすめとは言えません。

そのため、O脚をなおしていくためには、骨盤矯正が大事です。整体で行うこともできますし、エステサロンで骨盤ケアを行うこともできます。また、エステサロンではマシンを利用してセルライト対策を行っていくこともできますので、より効率よく脚痩せをしていくことができます。

食事制限だけでは、部分痩せは難しいですし、骨盤矯正をすることで、体質改善にもつながりますのでおすすめです。

骨盤周辺の筋肉を鍛えて脚やせする方法

骨盤周りの筋肉を鍛えていくことで、骨盤もゆがみにくくなりますし、代謝をアップさせて下半身の脂肪燃焼をしやすい状態を作ることが出来ます。筋肉は代謝を上げることができる要素の一つでもありますので、骨盤周辺の筋肉を鍛える事で、脚痩せ効果も期待できますのでどんどん行っていきましょう。

また、有酸素運動も取り入れていくことで、筋トレを行ってできた筋肉を有効活用して脂肪燃焼させることができるという相乗効果も期待出来ますのでおすすめの脚やせ方法です。

スクワットなどの無酸素運動は骨盤周りの筋肉を鍛えるのに有効です。道具も必要ありませんし、場所もとりませんので自宅でも簡単に始めることができます。テレビを見ながらなど、最初は気楽な気持ちで始めていくのがおすすめですよ。