脚やせで確実に結果を出すためのコツ

パンツルックもミニスカートもキレイにキマる、すらりとしたスマートな脚は憧れちゃいますよね。でも脚やせは、難しいと言われる部分やせのなかでも特にコツの要る、難易度の高い部位です。さらに女性は男性と比べて、脚だけでなくお尻や骨盤周りなど、下半身がどうしても太ってしまいがちな体質なんだってご存知でしたか?

そんな脚やせもしっかりコツを押さえれば成功させることができます。やり方や順番など、脚やせには押さえておきたいコツがたくさんあるんですよ。脚やせにチャレンジするならぜひ実践してほしい手軽なダイエットや人気のトレーニング、脚の引き締めエクササイズなどをまとめてご紹介します。

脚やせは足が太くなる原因を理解してから!

上手な脚やせのコツは、何よりもまず脚太りの原因を知ることです。脚やせが難しいと言われるのは、太ってしまう原因がいくつもあって複雑に関係しあっているから。太ったんだから脂肪でしょ、と思っているとなかなか脚を細くすることができず、コツを外して脚やせにつまづいてしまうことにもなりかねません。

脚太りの原因でもっとも多いのは脂肪太りです。女性は男性よりも皮下脂肪が溜まりやすく、特に下半身や二の腕、お尻まわりなどが気になる方が多いようです。溜まってしまった体脂肪を燃焼させるには有酸素運動がぴったりですが、下半身の血流が悪くなっていると燃焼効率が悪くなり、同じ運動時間でも結果がなかなか出なくなってしまうんです。

脚やせのために運動するなら、まずは下半身の冷えを解消してあげるのが大切なコツになります。特に、つらいむくみを抱えている人は要注意。むくみ太りは脚太りの悩みのなかでもかなりの割合を締めています。なかにはむくみを取ってあげるだけで脚やせしてかなりすっきりして見える人もいるくらいですから、むくみ対策は外せません。

ここがポイント!
足先は心臓から遠いため、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を担って血液を送ってくれています。そのため、運動不足や筋力不足だと老廃物が溜まってしまい、つらいむくみになるんです。気づいた時に足首を回したり、かかとを上げ下げするのが地道な脚やせのコツ。かなり違いますので試してみてください。

むくみを放置していると、老廃物が脂肪とからんでセルライトを形成してしまいます。層状に硬くかたまったセルライトは、ただ運動するだけではなかなか解消することができません。マッサージやキャビテーションなどでほぐす必要があるんです。運動を試しても脚が細くならないなら、セルライトを疑ってみるのが脚やせのコツです。

毎日繰り返すむくみを解消するには

デスクワーク、そして立ちっぱなしのお仕事をされている方に多い悩みが脚のむくみです、血液の循環が悪くなってしまいますし、リンパの流れも悪くなってしまいます。リンパの流れが悪くなることで、老廃物を排出しづらくなってしまい、脚やせするどころかリンパ管の周りの脂肪と結びついてセルライトができてしまいます。

このセルライトを解消するのが脚やせのコツ。セルライトはとても頑固ですので、なかなかなくすことができず、さらにむくみと冷えを進めてしまうことになります。むくみを解消させるには、このセルライトを除去すること、リンパマッサージを行うこと、そして筋肉を付けて有酸素運動で燃やすという流れが理想の脚やせのコツです。

料理をよくする人ならイメージしやすいと思いますが、脂肪はあたたかければやわらかく、冷えると固くなりますよね。体脂肪もそれと同じで、基礎体温が少し違うだけで脂肪燃焼効果がアップするんです。体温を上げるには基礎代謝を上げる、筋力をアップさせるなどのコツがありますが、まずは冷え性も一緒に解消できる血行不良の改善を狙いたいですね。

ボコボコとセルライト太りした脚を脚やせするには

セルライトは、老廃物と脂肪の固まりです。とても頑固で、食事制限をしたぐらいではなくすことができないと言われています。また、このセルライトが有ることで代謝も落ちてしまい、さらに脂肪がたまりやすい状態になってしまいますので、セルライト除去をしていくことがまず第一のコツです

筋肉をつけて有酸素運動をして脂肪を燃やすということも脚やせには効果的です。また、そういったエクササイズを行ってもセルライトがなかなかなくならず悩んでいるようでしたら、エステサロンで行うエンダモロジーやキャビテーションなどのセルライト対策を行うことは見落としがちな脚やせのコツです。

ハンドではできない深部までのマッサージができますし、揉みほぐれたセルライトはキャビテーションで老廃物として流していくことができます。脚やせエステサロンに通うことには抵抗のある人も多いかと思いますが、強引な勧誘はとても少なくなっていますから安心してください。

ここがポイント!
大手のエステサロンでは低価格な初回のお試しコースを受けることができますから、通いやすくて安心できるサロンを見つけることができますよ。脚やせの仕方に迷ったら、まずはサロンでエステティシャンのカウンセリングを受けてみるのがコツです。プロのアドバイスを聞くことで、セルフケアも迷わず行うことができますよ。

脚やせに適した運動を紹介!オススメなのはウォーキング

脚やせに適した運動として、ウォーキングがあります。筋肉には、遅筋、速筋があり、速筋が鍛えられてしまいますと、ひらめ筋が発達してしまい、太く見えてしまいます。正しい姿勢で歩くことで、遅筋を鍛えることができ、代謝もアップさせて脂肪燃焼させることができるのがコツ。おおまたで早歩き、心拍数もあげておこなうと、より脂肪燃焼でき脚やせしやすくなります。

ウォーキングは血流アップにもつながりますし、運動初心者の方でも始めやすい脚やせのコツです。ダイエットを行う際に、重要なポイントとして、継続するということがあります。その点ウォーキングは負担も少ないですし、継続しやすいというメリットがあります。筋トレと組み合わせることでさらに効果がアップします

自宅で取り組みたい脚やせストレッチ

ジムに通ったり、エステサロンで行う施術はダイエットに効果がありますが、自宅でも出来るコツはたくさんあります。道具を使ったりすることなく、スペースもあまり使わないストレッチは、脚やせにも効果がありますし、リンパの流れも良くなり、むくみや冷えの解消にもつながります。毎日少しずつやるのがコツです。

脚やせストレッチは、テレビを見ながら行うこともできますし、骨盤を矯正することができる、ごろごろと転がるだけでできる簡単な方法もありますので、できることから始めていきましょう。また、ストレッチとインナーマッスルを鍛えることができるヨガのポーズも、ダイエットには効果があります。

代謝をアップさせることによって、脚やせもしやすくなりますし、筋肉を付けることも大事です。

毎日の習慣にしたい脚やせマッサージ

脚やせのコツは毎日のケア。脚の冷え、むくみがあると、代謝も悪くなり、リンパの流れも悪くなりますので、さらに太りやすい体質になってしまうというデメリットがあります。そのため、毎日の習慣にしたいのがマッサージです。お風呂に入った時や、お風呂上りに行うことで、身体も暖まっていますし、リンパの流れもさらによくすることができます。

脚やせマッサージのコツは色々ありますし、目的に合わせて自分にあったものを見つけていきましょう。また、大事なポイントとして、毎日継続するということがあげられます。短期間で集中してダイエットをしても、やめてしまえば元に戻ってしまいます。そのため、毎日続けられるようなものを選んでいくことも大事なコツといえるでしょう。

毎日コツコツ!お手軽脚やせダイエット
起きたら白湯を一杯飲む
軽いストレッチ
朝食をしっかり摂る
正しい姿勢を意識する
普段より早足・大股で歩く
水分補給を意識する
お風呂上がりにマッサージ
寝る前に白湯を一杯飲む
足の下に巻いたタオルを敷いて寝る

積極的に取りたい脚やせ効果のある成分と食材

ダイエットにおいて、まず最初に考えるのがカロリー摂取量です。消費カロリーよりも摂取カロリーを抑えていけばよいのです。しかし、それだけではありません。単にカロリーをセーブすればよいということではなく、今注目されている脚やせのコツが筋肉を付けていくことです。

筋肉を付けて脚やせしていくためには、タンパク質が必要で、その食材としては、鶏のささみ、鶏皮なしの胸肉、マグロの赤身など、動物性のものが特に有効です。女性ホルモンのバランスを整えることができるイソフラボンが含まれている、大豆も摂っていきましょう。そればかり食べず、バランスよく摂取するのがコツですよ。

ここがポイント!
さらに、身体を温める事も代謝アップにつながりますので、生姜、トウガラシ、根菜類などもおすすめです。また、低脂質と低糖質の食事が理想です。

脚やせのために見直そう!賢い生活習慣とは

脚やせのためには、まずは生活習慣から見直していきましょう。骨盤のゆがみがあると、内臓機能も低下してセルライトができやすく、代謝が下がり、脂肪がつきやすくなります。癖として、座った時に足を組んだり頬杖をついたり、片足重心で立つ癖がある方は気づいた時に直してあげるのがコツです。

また、運動とバランスのとれた食事は脚やせダイエットのためには必須です。有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたエクササイズ、そしてストレッチを行っていきましょう。食事のバランスも、単にカロリーセーブをすることだけではなく、タンパク質をきちんと摂取してメニューを組み立てていくことが大事です。

その上で、しっかりと睡眠をとり、成長ホルモンを促す生活を送っていくのが脚やせのコツですよ。

筋肉質の脚を細くする脚やせのコツ

運動ばかりしていてもNG!?太る筋肉とやせる筋肉

脚やせのときに気をつけたい脚の太り方は、大きく分けて3つあります。まずは水太り、脂肪太り、そして筋肉太りです。学生時代など、スポーツに力を入れていた方に多いのが、筋肉太りです。

筋肉には、遅筋、速筋と2種類あり、太くなってしまうのは速筋が発達しているためです。マラソンランナーにある筋肉は遅筋で、足は太くないのです。この違いを理解して、速筋を使わないエクササイズを行っていくことが重要なコツになります。

脚やせしようと思って通勤などで自転車で立ちこぎをして坂道を毎日のように上っている方は要注意です。この動きも速筋を発達させてしまう理由です。踏み台昇降、なわとびなどは、遅筋を鍛えるために理想的なエクササイズです。脂肪燃焼のためも、代謝アップのためにも筋肉は必要ですし、こういった脚やせエクササイズで行っていきましょう。

固く筋肉のついた脚”筋肉太り”ってしってる?

筋肉太りというのは、スポーツをしていた方や、速筋を使う運動を行っている方に多く見られるのですが、これを知っておくことも脚やせのコツになります。前太もも、ふくらはぎの後ろにつきやすい筋肉です。歩き方や骨盤の歪みなどによって姿勢が悪いと、この筋肉が発達してしまうということもあります。

遅筋、そして脚やせに効果があると言われている筋肉は、太もものうら、そして内側の筋肉です。この部分を鍛えることで、細い美脚を目指していくことができるコツです。ヒラメ筋肉と言われるふくらはぎの外側の筋肉が発達してしまいますと、足は太く見えますし、O脚の方にもこういった症状がみられることが多いです。