下半身のプルプルした脂肪を落とす方法!脚やせ成功へのステップ

脚やせしづらいと言われている下半身、たぷたぷの脂肪を落とすにはどうしたらいいんでしょうか?実は、脂肪太りは脚太りのなかでも比較的、解消しやすい太り方なんです。短期間で効果のあるダイエット方法を実践して、すらっとキレイな美脚を手に入れちゃいましょう。

この記事では、太る原因や太りにくい生活習慣のコツから、自宅でもできる脚やせに人気のストレッチやエクササイズ、むくみと脂肪太りの関係についてなど、下半身から脂肪を落として脚やせする方法をまとめてご紹介しています。ぜひチェックして、気になった脚やせ方法を試してみてください。

脚やせの天敵!脂肪太りは運動だけじゃやせられないの?

下半身太りに悩む女性は多いですよね。脂肪を減らして脚やせを成功させるには、運動をたくさんすればいいと思いがちかもしれません。確かに消費カロリー量を増やして摂取カロリーを上回っていけば脚やせすることはできますが、ただ運動するだけでは効率が悪くなってしまう場合があるんです。

ここがポイント!
現代の女性は運動不足に陥りがちで、脂肪だけでなくふくらはぎのひどいむくみや足先の冷え性に悩んでいる場合が少なくありません。それらは下半身の血行不良が理由で生じていることがほとんどですが、この血行不良が脚やせ成功を阻む原因の場合があるんです。

血流が悪くなっていると冷え性に代表されるように体温が低くなります。料理をする方はイメージし易いと思いますが、脂肪は温かいほうがやわらかくなるため、基礎体温が高いほうが脂肪燃焼効果がアップするんです。特に足首は血流が滞りやすいため、ぐるぐる回すと脚やせ対策になります。

また、むくみは下半身に老廃物が溜まってしまうことで生じますが、これが脂肪と絡んで固まるとセルライトを形成してしまいます。セルライトは運動するだけでは燃焼できず、除去するにはマッサージやエンダモロジーなどでもみほぐす必要があります。そうなる前に脚やせするため半身浴や筋トレなどで下半身の血流を改善することが必要です。

そもそも脂肪って何?内臓脂肪や皮下脂肪に違いはあるの?

チェック!内臓脂肪と皮下脂肪の違いって?
内臓脂肪 皮下脂肪
つきやすさ 男性がつきやすい 女性がつきやすい
落としやすさ 比較的落としやすい 比較的落としにくい
見た目への影響 あまり影響しない 影響する
つきやすい場所 お腹まわり(内臓のある場所) 下腹や下半身、二の腕など

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があります。そこでまず内臓脂肪というのは、外から目で見ることができない部分についている脂肪の事をいいます。体の奥の内臓周りや腸等の部分です。男性にとても付きやすい脂肪です。次に皮下脂肪というのは、お腹の皮膚の下に付く脂肪の事をいいます。これは女性に付きやすいと言われています。

見た目で脚やせとはっきりわかるのが皮下脂肪になります。脂肪というのは、お腹の肉を引っ張ってつかめるのが脂肪です。中性脂肪が皮膚の下に付いたり、内臓の周りに付いたりしています。体内の9割が中性脂肪です。そこでこの脂肪は、一度ついてしまうと落とすことが難しいので、ダイエットをしなければ減らすことがなかなかできません。

脚やせしたい!下半身に余計な脂肪がつく原因とは

なぜ下半身に脂肪がついてしまうのかというと、原因はセルライトといわれています。セルライトというのは、太ももやお尻にできる皮下脂肪組織を肥大化したものです。そこでこのセルライトが皮下脂肪組織がくっついているので脚やせできず、血行が悪くなってしまったり、代謝が落ちてしまったりするのです。

ここがポイント!
また女性の場合は出産をしてしまうと骨盤がゆがんでしまいます。姿勢の悪さだったり、出産などからくる体や骨盤の歪みが原因でもあります。また、ついつい甘い物やしょっぱい物を食べすぎたりしてしまって食事の影響で太ってしまう事も原因です。

そこで下半身に余計な脂肪がつかないためにも、毎日、きちんと運動をして栄養のある食事をする必要があります

余計な脂肪を落として脚やせするためには?

ついてしまった余計な脂肪をどうすれば落とすことができるのかというと、食事を制限することと、運動が必要になります。まずは今までの食生活を振り返ってみます。そこでまずは自分が必要とする1日のカロリーを知っておくべきです。

すると自分がどれだけ食べすぎていたのかがよくわかります。カロリーの多い物ばかりを食べていることに気付きます。そこでカロリーを知っておくとオーバーしないように気をつけて脚やせを心がけ、脂肪や体重を減らすことができます。

ここがポイント!
そして食事だけでなく運動もすることが大事です。体を動かすことで余計な脂肪を落とすことができます。そこで効果的なことは、ウォーキングをすることです。有酸素運動を取り入れると脂肪を燃焼させることができます

脂肪対策して脚やせするには姿勢を整えること

脂肪を減らすためにはまずは姿勢をよくすることがとても大事なことになります。猫背になっていると下半身が太ってしまいます。そこで毎日の生活で正しく歩くように心がけます。そこで座っている時も足を組んだりしない事が脚やせのやり方になります。

正しい姿勢でいることは、かなりきついことでもありますが脂肪を燃焼することができます。歩きながら姿勢を気にしましょう。そこでテレビを見ている時でもパソコンをしている時でも座っている時も足をきちんと揃えるようにすることが脚やせにつながります。

すると骨盤の歪みも改善することが出来てきれいな体になることができます。毎日鏡を見ながら姿勢がいいのか確認してみるとわかります。自分の姿を一度鏡にうつして確認をしておくようにすると正しい姿勢がよくわかるようになります。姿勢だけで下半身太りが改善されます

固くなった脂肪をほぐす脚やせマッサージ

脂肪は蓄積してしまうと固くなってしまって、なかなか簡単に落とすことが出来ません。そこでまずは固まった脂肪をほぐすマッサージをしなければいけません。そこでまずは脚やせマッサージをする前にお風呂に入って体を温めておきます。そしてお腹、お尻、太ももの部分を少し強めに刺激しながらもみほぐしていきます。

そこでリンパが集まっている脚の付け根へ流すようにしていきます。太ももは、親指で上から押して残りの4本指で下から肉を持ちあげてセルライトをつぶすイメージでもみます。そして太ももの内側をまんべんなくもんでいきます。そうするとなかなか落ちない固くなった脂肪をほぐせるようになります。簡単に家でもマッサージをすることができます。

筋肉量を増やして代謝をアップさせる脚やせ筋トレ

ダイエットをするのであれば、脂肪を燃焼し筋肉量を増やして代謝をアップさせなければいけません。代謝の高い人は何もしなくても無意識のうちにエネルギーを消費しています。また、基礎代謝が高いダイエットの効率がアップしてリバウンドしにくくなります。そして脚やせし、太りにくくやせやすい体を作ることができます。

ここがポイント!
そこで筋トレがおすすめです。そこで腹筋をするとお腹を引き締める事ができます。そしてスクワットがとても脂肪燃焼のために効くといわれています。

正しい姿勢でスクワットをすることで筋肉を増やすこともできるし、脂肪を減らすことができるというメリットがあります。代謝をアップさせて筋トレをしてみると筋肉量が増えて、脚やせして下半身が引き締まってきます。

脂肪燃焼に高い効果を発揮する有酸素運動

脂肪燃焼をするためには、有酸素運動が必要になります。そこで運動が苦手な方は、ウォーキングを始める事です。毎日1時間歩くようにすると脚やせできます。だいたい1時間歩くことで8000歩歩くことになります。そこで女性なら洋服や毎日の晩御飯の買い物をするのに1時間ぐらい軽く歩くことができます。

男性なら通勤などで駅まで歩くようにすると自然と生活の中でウォーキングを取り入れる事ができ脂肪を燃焼できます。そして余裕があるならば、水泳を始めてみると効果的です。短時間でカロリーを消費させる事ができます。

水泳はとてもエネルギーを使う事なので脚やせ脂肪燃焼効果の高い運動です。すると気になる下半身が引き締まって脚も細くなります。有酸素運動を毎日の生活に入れてみるべきです。

脂肪対策に有効な摂取カロリーを抑えた食事

カロリーを抑えた食事をしなければ、なかなか脚やせする事が出来ません。そこで自分がどれだけの摂取カロリーが必要であるのかをまずは知っておくべきです。だいたい40代の女性が1日に必要な摂取カロリーは、1800から2000キロカロリーと言われています。余ったら脂肪になります。そこで生活のスタイルや脚やせの進行具合で変わってきます。

よく動いたりする人は2000キロカロリーですが、あまり動かない人は1800キロカロリーになります。そこでそれを考えて1食当たり、600キロカロリーのメニューを考えるようにします。

ごはん1杯が200キロカロリーあるのでおかずで400キロカロリーの物を選ぶようにします。カロリーをオーバーしなければ、脚やせして脂肪がなくなり、綺麗な体になっていきます

溜まった脂肪を落とすために意識したい生活習慣とは

溜まった脂肪をどうやって落とすのかというと、毎日の生活を見直す必要があります。そこでまずは、1日3食きちんと食事をすることです。そして食材を選び、決められた時間にカロリーをオーバーしないように食べる事が大事です。そして間食をなるべく控えるようにします。すると脂肪が減り脚やせすることができます。

そして毎日歩く事を意識します。エスカレーターなどを使わないように階段を使ったり、ウォーキングをしていきます。そして夜は8時までに食事を終えるようにします。脚やせするためにはアルコールの取り過ぎにないように気をつけなければいけません

ここがポイント!
そして早寝、早起きをして健康的な生活を送るように心がけます。そして必ず有酸素運動を毎日の生活の中に取り入れる事がとても大事なポイントです。すると脚やせして脂肪を落とすことができます。
冷え性の女性は脂肪を蓄えやすい?そのワケとは
冷え性の女性は脂肪が付きやすいといわれています。それは血流や代謝が悪くなっているからです。体が冷えるということは下半身太りになるとされています。下半身が冷えてしまうと代謝や血流が悪くなってしまって、脚やせできず、老廃物や水分の排出がうまくいかないので脂肪が蓄積しやすくなるのです。

そして体についてしまった脂肪は冷えてしまうと温まりにくく、体が常に冷えている状態になってしまうのです。そこで脂肪も冷たいままで蓄積されてしまいます。女性は男性と違って筋肉量が少ないので冷えやすいとされています。

そこで脚やせしたければ長時間座ったままでいる仕事をしているとお尻と太ももが冷えてしまいますので気をつけましょう。そして同じ姿勢を取っているので代謝が悪くなって体が冷えやすくなってしまいます。