脂肪燃焼効果が高く効率の良い脚やせ法とは

脚やせのために運動をしても、なかなかやせなかった経験はありませんか?実は、脚はむくみや血行不良などから上半身より脂肪燃焼効果が悪くなってしまっていることが多いんです。特に女性は下半身の血行が悪くなってしまいやすいため、そのまま運動するのはあまり脂肪燃焼効果がよくありません。

そこでこの記事では、効率よく脂肪燃焼するためにはまず何に注意したらいいのか、むくみや冷え性がどうして脂肪燃焼をさまたげるのかなど、脂肪燃焼効果をアップして脚やせをしたい方の悩みを解消できる情報をまとめてご紹介しています。

まずはむくみを取る!脂肪燃焼効果の高い脚やせとは

寒くなってくると足先が冷えて、靴下や布団の中なのに氷のようになってしまう女性は多いはず。つらい冷え性は脂肪燃焼効果も悪くしてしまうので、実は脚やせにもよくないんです。よく料理をする人ならイメージがしやすいと思いますが、脂肪はあたたかければやわらかく燃焼しやすい状態に、そして冷たければ固くなります。

冷え性は足先の血行不良が原因で起こります。そして、それだけでも脚太りの原因になりかねないむくみもやはり、血行不良やリンパの流れが悪くなることが原因です。つまり、足先のめぐりをよくすることが脚やせへの第一歩というわけなんです。

ここがポイント!
一日立ちっぱなしや座りっぱなしで働いていると、どうしても筋力不足になって脚がむくみがちです。このままでは脂肪燃焼効果もよくないため、お疲れの脚をゆっくりマッサージしてあげたり、半身浴や足湯でめぐりをよくしてあげましょう。適切に足湯を行うとデトックス効果があり、全身から汗が出るのが感じられると思います。

脚やせ成功のためには特に、マッサージなどでも忘れられがちな足首をよく回してあげてください。ここは血流が滞りやすいため、お仕事中や電車の中などでもかかとを上げ下げしたり、足首を回すと血行促進につながります。

適度な筋トレは脂肪燃焼効果をアップ!

脚やせのためには脂肪燃焼をしなくちゃ、そして脂肪燃焼のためには有酸素運動をするのがダイエットのやり方……と思っていませんか?たしかに有酸素運動は脂肪燃焼効果が高く、そして筋力トレーニングなどの無酸素運動はあまり脂肪燃焼効果が高くありません。しかし、筋トレを行うことで基礎代謝・基礎体温を高めることができるんです。

体温が高いほど脂肪燃焼効果が高まって脚やせ効果が上がるため、冷え性やむくみの改善ができたら次は筋力トレーニングで更に代謝を伸ばしていきましょう。基礎代謝が上がると立っているだけでも消費するカロリーが増え、やせやすく太りにくい体質になることができます。

脂肪燃焼効果を高めて脂肪太りした脚を脚やせするには

脂肪太りの原因として、摂取カロリーが消費カロリーを上回っているということも挙げられますので、まずは生活習慣として、食事の内容を見直していくことも大事です。

しかし、それだけではなく、脂肪太りの場合には代謝が落ちてしまっていることが原因となっていることも多く、まずは筋肉をつけて代謝をアップさせて、脂肪燃焼効果の高い体質にしていくという体質改善から考えていくことが大事です。

そのため、脚やせのためには食事制限だけではなく、筋肉を付けることから始めていきましょう。その際、食事もカロリーオフすることだけではなく、低脂肪で高たんぱくなささみや鶏胸肉などをとったり、イソフラボンも豊富な大豆も摂取することはおすすめです。もちろん筋トレも重要です。

ストレッチに脂肪燃焼効果は期待できない?

ストレッチは、確かにリンパの流れをよくしたり、血液の流れをよくしたり、脚やせダイエットにも効果としてないわけではありません。しかし、脂肪燃焼をさせようと思った時には直接的な効果はありません

ここがポイント!
老化現象として身体がかたくなってしまうということもありますし、その部分をのばしていくストレッチは美容と健康のためにはよいですが、脂肪燃焼効果を高めるためには、筋肉をつけて、有酸素運動で燃やすということが大事です。

また、セルライトという脂肪と老廃物の固まりがあることで脚やせダイエットの効率を悪くしてしまうということもありますので、エステサロンなどで受けることができる、エンダモロジー、キャビテーションなどのマシンの利用もおすすめです。

脂肪燃焼効果をアップさせるには

脂肪があることで、代謝も悪くなってしまいますし、同時にそれ自体が脚やせを阻害している大本であるとも言えます。脂肪燃焼効果をアップさせるためには、まずは代謝を上げていくことが大事です。そのために、余分な脂肪と老廃物の固まりでもあるセルライト除去から始めていきましょう。

このセルライトはとても頑固で、ちょっとやそっと食事制限をしたり、ウォーキングをしただけでは落ちにくいと言われています。そのため、脚やせエステサロンで受けることができるエンダモロジーでもみほぐし、キャビテーションで溶かしながら老廃物で流していく方法はとても有効です。

筋トレそのものに脂肪燃焼効果はありませんが、筋トレをして筋肉をつければ、脂肪燃焼効果の高い状態になります。そこで有酸素運動をすれば燃焼させることができます。

脂肪燃焼効果 血行促進効果 基礎代謝向上
マッサージ
筋トレ
ストレッチ
有酸素運動
半身浴

有酸素運動で脚やせするのがおすすめな理由

有酸素運動をすると、脂肪が燃焼しやすい状態になります。脚やせを効果的に行っていくためには、やはり脚にも脂肪がついた状態になってしまっていることになりますし、余分な水分、むくみなども気になる方は、有酸素運動をして血流をアップさせて、脂肪燃焼効果の高い状態にしていくことが理想です。

運動が苦手な方は、最初はウォーキングからでも良いでしょう。筋肉量があれば、さらに燃焼しやすい状態にもっていくことができますし、基礎代謝がアップすれば、カロリー消費量も挙げていくことができますので、スクワットなどの運動も有酸素運動の前に取りいれていくと、効果もより高くなっておすすめです。脚やせのポイントは筋肉量と脂肪燃焼です。

脚やせに取り入れたい有酸素運動の種類

脚やせをするための有酸素運動として、やはりウォーキングやジョギングなど、脚を直接使う運動は挙げられます。その際、脂肪燃焼をさせることがポイントですが、筋肉量がないと、脂肪燃焼効果も下がってしまいますし、同時に運動をしても筋肉から落ちてしまうと言ったこともありますので、スクワットや筋トレなど、脚を使った運動も取り入れていくことが脚やせの理想です

こういった筋トレなどが苦手な方は、エステサロンのEMSなどのマシンを使ったエクササイズを行うことで、負担をかけずに楽に脂肪燃焼効果を高めていくことができますのでおすすめです。また、水泳も全身運動でカロリー消費にも効果が期待できますので取り入れていくと良いでしょう。最初は水中ウォーキングからはじめてみるのもおすすめです。

無酸素運動と有酸素運動をセットで行えば脂肪燃焼効果が向上!

脂肪を燃焼させて脚やせするためには、とにかく筋肉量が重要なポイントになってきます。意外と知らない方もいますが、ただ汗をかいたり、ウォーキングすればよいというものではなく、筋肉がある事で脂肪燃焼効果の高い状態になります。

無酸素運動(筋トレなど)を行ってから有酸素運動を行うことで、効率はかなり高まりますので、この二つをセットにして、さらに順番も意識して行うことはおすすめです。脚やせのためだからと筋トレばかりしていても、ムキムキになりますし、有酸素運動だけしていても、なかなか脂肪燃焼効果は上がりませんので、セットで行うということが理想です。

ここがポイント!
脂肪と老廃物の固まり、セルライトが有ることで、燃焼しにくくなっている時は、エステサロンのマシンの施術を受けてみるのも良いでしょう。

脚やせ効果のある無酸素運動の種類

無酸素運動は、イメージとしては筋トレということになりますが、脚やせを進めていく上でも重要な運動になります。無酸素運動を行うことで、基礎代謝をあげて、成長ホルモンを増やすということができます。

この運動をすることで、筋肉に蓄えられているグリコーゲンがエネルギーとして使われて、次に肝臓で作られて血中に存在するブドウ糖が使われ、脂肪燃焼効果があがるというメカニズムがありますので、筋トレは重要なのです。脚やせに効果があるものとして、スクワットがおすすめです

道具が必要ありませんし、スペースもあまり必要ありませんし、自宅で簡単に行うことができます。脚を開いて深めに行うスクワットは、もも、ふくらはぎ、お尻に働きかけることができます。

入浴で脂肪燃焼効果をあげる脚やせ方法

半身浴という言葉をよく耳にされるという方も多いかも知れませんが、入浴の方法次第では脂肪燃焼させることも可能です。しかし、入浴だけで脂肪燃焼させるということよりも、相乗効果による脂肪燃焼効果をあげる脚やせ方法と考えた方が良いでしょう。

入浴して汗をかくことで、身体に入ってきてしまう毒素を排出する効果を高めていく、代謝をアップさせることが期待できます。脂肪燃焼させるためには、とにかく代謝をアップさせることが重要なのです。

そのため、少しぬるめのお湯に発汗作用がある入浴剤を入れて入ることで、汗をかき、それによって毒素も排出され脚やせしやすい状態になりますのでおすすめです。さらに、食事前に入浴することで、食欲を抑制する効果もありますので、試してみましょう。

基礎代謝を上げて脚やせするには?生活で注意できること

脂肪燃焼効果を高めて体を温める食べ物

基礎代謝があがれば、脂肪燃焼効果があがりますので、その分痩せやすい体質にするということが可能です。どんどん脂肪燃焼しやすい身体にしていきましょう。そのためには、身体を温めるということもポイントになります。体があたたかければ、脂肪も燃えやすくなります

ここがポイント!
ちなみに、身体を温める食べ物としておすすめなのが、生姜です。生姜は生で食べると逆効果になってしまうこともありますが、熱を通す事で身体がじんじんとあたたまり、脚やせ脂肪燃焼効果が高まります。

にんじん、たまねぎ、ごぼう、れんこん、かぼちゃなどの根菜類、トウガラシ、こんにゃく、赤身の肉、ラム、鶏レバー、鮭、まぐろ、かつお、サバ、イワシ、さんまなどが挙げられます。脚やせのためにもぜひ参考にして、普段の食事に取り入れてみましょう

脂肪太りの人が心掛けたい食生活とは

脂肪太りの方は、脚やせのためには筋肉量を増やすことからまずははじめていきましょう。脂肪燃焼効果を高めるためには、筋肉をつけていくことが重要です。そのために効果的な食事は、高たんぱくで低脂質、そして糖質を控えるということです

タンパク質、特に動物性のタンパク質においては、運動後に摂取すると筋肉を作ってくれる働きがあります。また、脂質を控える事で、脂肪がつきにくくなります。最近では炭水化物を控えるダイエット方法も注目されていますが、糖質に炭水化物も含まれています。

糖質を控える事で、脂肪燃焼効果を高めていくことができるような脚やせしやすい体質に改善されていきます。完全にカットするというのは難しいと思いますが、夜は炭水化物を摂らないようにするというのは理想です。