時間も場所も選ばない座りながらできる脚やせダイエット

楽に座りながら脚やせダイエットをすることができる方法があります。時間を有効に使って毎日簡単にできます。今まで脚が太くて気になっている人も脚やせするやり方がいくつもあるので、自分に合ったやりやすい方法でやってみるといいでしょう。

実はあまり知られていない!正しい座り方とは?

こんな座り方は足を太くする!

座り方で足が太くなってしまう事があります。そのため座りながら行う脚やせダイエットのためには座り方を正しくしなければいけません。その座り方とは正座です。正座をすると曲げた足で体重を支えるので押しつぶしてしまい、血行が悪くなってしまいます。

そして正座はしびれなどもあって体によくありません。しかし正しい正座をすることで脚やせ効果が高まり、太くなることはありません。正しい正座とは、座りながら背筋をぴんと張って意識することです。

チェック!
また、正座だけでなく、お尻を横に落とした横座りなど、女性がよくするお尻を足の間に落とすような女の子座りをすると骨盤が歪んでしまいます。
このような座り方は足を太くしてしまう原因になるので、座りながら脚やせダイエットを行って気をつけなければいけません。正しくまっすぐ座るようにしないと血行不良になり、下半身太りになってしまうでしょう。

悪い癖のついてしまった座り方を直すためのコツ

今までに悪い姿勢で座っていた方には、座り方を直すための矯正グッズがあります。例えば矯正ベルトは体型をきれいに戻してくれます。

ここがポイント!
下着になっているグッズもあります。座りながら脚やせ方法を行うと同時に矯正グッズを使うと、普段から正しい座り方を意識するようになるでしょう。

グッズの中にはクッションもあります。骨盤を矯正して脚やせすることができる便利なクッションを使うと、座りながら体の重心を整えて、自然と正しい姿勢を保つ事ができます。

メモ
また、自然と足が開いてしまう人もいます。そんな人には足をタオルで縛る方法があります。膝をひっつけるように毎日意識して座るようにしてください。

悪い癖がついてしまっている方は、グッズを使って直すことをおすすめします。いろいろなグッズが販売されているので、試しに使ってみると自然と正しい姿勢になるでしょう。

美ボディを育てる正しい姿勢とは

姿勢を意識するだけで脚やせ効果に繋がる

美しいボディになりたいのなら、座りながらも正しい姿勢をすることがとても大事なポイントになります。その大事なポイントとは、姿勢を意識することです。

姿勢を意識するにはいくつかのポイントがあります。まず全身がうつる鏡の前に立ちます。そして顎関節のくぼみ、仙骨、くるぶしの三点が一直線上に位置しているのが理想的な姿勢です。

ここがポイント!
座りながら脚やせダイエットを行うためには、正しい姿勢を覚えておくことが重要なポイントになるでしょう。

背骨は理想的なS字カーブを描きます。そこで自然と背骨が正しい位置になるようにします。そして頭のてっぺんからつま先まで神経を研ぎ澄ませて、まっすぐ立つ事を意識します。

上からつられているようなイメージを持つことが大事な事です。そして座りながら背骨をまっすぐ伸ばして、お尻は引きしめてください。重心は体の中心より前の方にして、首と顎は引き気味にします。そうするときれいな姿勢になるでしょう。

脚やせに繋がる正しい座り方とは

脚やせになる正しい座り方があります。それは椅子に座るときには深く腰をかけて、背筋を伸ばして足をそろえる座り方です。

チェック!
椅子の背もたれにもたれかかったり、足を組んだりすると骨格が歪んでしまいます。脚やせのために、正座をする時にも姿勢をまっすぐにして座りましょう。

座りながら膝と膝の間を少しだけあけます。足首を少し曲げて、すねの部分でお尻を丸く受け止めるように、円を作るイメージで座ってください。足の親指を左右でそっと重ねるのが綺麗な座り方になります。

正しい座り方をすることで足が細くなるので、毎日の生活の中や仕事をしながらでも、家事をしながらでも、姿勢をきれいにして座るように心がけなければいけません。脚やせのためには、綺麗な姿勢が鍛えることがポイントです。

座りながらできるストレッチ法にはいろいろある

椅子に腰かけてできるふくらはぎのストレッチ

毎日椅子に座る習慣があるならば、椅子に腰かけてふくらはぎをストレッチする方法がおすすめです。仕事をしている時に簡単にできるのでぜひ実践してください。

椅子に座りながらできる脚やせストレッチ
  1. 背中をまっすぐにして、かかとは床につけたままでつま先を上げる
  2. つま先を床につけたまま足首がまっすぐになるくらいかかとを上げる
  3. そして両足を同時に上げる
  4. 片足ずつ交互につま先を上げてかかとを上げる

だいたい上記の手順をそれぞれ12回行ってください。その時に呼吸に意識を向けることが大事です。つま先上げはつま先を上げる時、かかと上げはかかとを上げる時に息を吐きましょう。

この座りながらできる脚やせ方法は、簡単に椅子に腰かけながら行えるので会社でも実践できます。気分転換にもなるので、空いた時間にふくらはぎのストレッチをしてみるといいでしょう。

椅子に腰かけてできる太もものストレッチ

太ももが太くて気になっている人におすすめのストレッチがあります。その脚やせ方法とは、椅子に浅めに座るストレッチです。

椅子に浅めに座って雑誌をうちももに挟みます。電話帳なんかは厚みもあっておすすめです。しかし電話帳や雑誌がなければ、クッションでもボールでもよいでしょう。そして背筋を伸ばして座るように心がけてください。

この座りながらできる脚やせストレッチをすると、足を鍛える事ができます。効果を上げる場合には、5センチくらいの厚みのある本等にしてみるといいでしょう。厚みと重みで鍛える事ができるのです。

この脚やせ方法なら座りながら出来るので仕事中でも、雑誌を挟みながらパソコンを使ったりすることができます。主婦の方でも家事をしながら、テレビを見ながら雑誌を挟んで鍛える事ができるのでとても簡単です。

ここがポイント!
毎日やっていると自然と開いてしまう足も閉じてしまうし、太ももを鍛える事ができるので、脚やせを効果的にすることができます。

椅子に座ってできる腹筋を鍛える方法

チェック!
椅子に座りながら腹筋を鍛える方法があります。これは会社でも簡単にすることができるので、座りながら空いた時間で実践することをおすすめします。

まずは姿勢を正しく座ってください。収縮させたい部分の腹筋に意識して力を入れるだけです。これだけで腹筋を鍛える事ができます。とても簡単に出来るので、毎日仕事をしながらでも実践できるでしょう。

具体的な脚やせ方法は、座りながら足を自分の腰幅ぐらいに開きます。背骨は頭の上までゴム紐のようなもので、ピンと引っ張られるような感じを意識します。そして腹筋を下、左、上、左の順番に意識して収縮させてください。

この手順を3秒間維持していくことが脚やせの大事なポイントです。円を描くように意識して腹筋を鍛えてください。椅子に座りながら簡単にできるので、会社でも家でも、どこでも簡単に鍛えることができます。毎日お腹を意識してやってみましょう。

椅子に座ってできるヒップアップの方法

椅子に座りながらヒップアップできる方法もあります。やり方は、椅子に浅く座って握りこぶしを両膝で挟みます。そしてヒップに力を入れながら両膝を押し合うようにして5秒保ちます。

この座りながらできる脚やせ方法を繰り返していくことで、内ももを鍛えることができるし、ヒップアップにも効果があります。また、ここで腹筋にも力を入れることでお腹も引き締める事も可能になります。

大事なことは姿勢を正しくすることが重要なポイントです。姿勢が悪いと代謝が悪くなり、そこで体が歪んでしまいます。姿勢をよくすると腹筋も鍛えられるので、ヒップのたるみも改善されるでしょう。

チェック!
会社でも家でも椅子があれば、椅子に座りながら簡単にヒップアップすることができるので、空いている時間を使ってストレッチしましょう。

座ってできる脚やせ運動をするうえで気をつけるポイントとは

メリットとデメリットを覚えておこう

座って脚やせをすることができる運動にはメリットがあります。それは会社でも家でも、椅子があればどこでも楽にできるところです。

座りながら出来るので場所や道具も必要なく、誰でも簡単に脚やせダイエットすることができて、お金がかからないというメリットもあります。しかし反面、デメリットも存在しています。

メモ
まず正しい姿勢でなければ効果がでません。しかし自分が正しい姿勢なのかわからない場合があります。ですからまずは姿勢を誰かに見てもらう必要があります。

そして足が細くなるまでに、少し時間がかかってしまう事も大きなデメリットになるでしょう。効果が出るまでに時間がかかるので、すぐにあきらめてしまう人がたくさんいらっしゃいます。

そんな風に効果が出る前にやめてしまう人がいっぱいいますが、座りながらできる脚やせ方法はたくさんあります。とても楽にできるので、頑張って1ヵ月は続ける事がとても大事です。

ストレッチだけでなく食事の管理も実施しよう

脚やせダイエットを実践しようと思ったら座りながらできる方法だけに頼らず、食事の管理も同時に行ってください。

チェック!
座りながらできる脚やせは豊富なやり方がありますが、全身をバランスよく保とうとすると、やはり食事制限は外せないでしょう。

今はダイエットを目的とした食事メニューは豊富にありますので、自分に合ったレシピや食材を見つけることも、座りながら脚やせ方法を実践することと同じくらい大事だと言えます。

例えば、野菜をほとんど食べていない生活を送っている場合は、食事に野菜や果物を取り入れることが推奨されますが、それがどうしても難しいケースでは青汁の服用が効果的です。

青汁には栄養がたっぷり含まれているので、たった1杯飲むことを毎日続けるだけで必要な成分の摂取が可能になります。このように青汁を飲みながら座りながらできる脚やせダイエットを実施すると相乗効果を得ることが可能です。
メモ
また、糖質制限を実施しようと思ったら、白米やパンの代わりになるような炭水化物の食材を探す必要があります。そのようなケースではじゃがいもがおすすめです。

じゃがいもは炭水化物でありながら白米のカロリーの半分程度で必要なエネルギーを取り込めるので、ダイエットには最適な食材なのです。座りながら行う脚やせ方法を実施しながら食事制限も実行してください。

実はヘルシー!じゃがいもはダイエットに適した食材だって知っている?

体の歪みを放置しておくことの危険性

全身の筋肉バランスが偏ってしまう

体の歪みを放置しておくと大変なことになります。いろいろなところに体の不調が現れ、肩こりや頭痛や腰痛の症状が起こりますので、できるだけ早く座りながら脚やせダイエットを実施してください。

骨盤もゆがむことがあるでしょう。しかし骨盤が歪んでしまうとバランスを取るために背骨も歪むことがあります。そして脚やせどころか、全身の筋肉バランスが偏ってしまうのです。

バランスが崩れると新陳代謝が悪くなって、肩こりや頭痛、腰痛などを引き起こします。そして下半身太りにもなりやすいです。女性の骨盤が歪んでしまうと、生理痛や不妊、生理不順などの症状も発生してしまうでしょう。
チェック!
座りながら脚やせ方法は簡単なので、早めに生活に取り入れてください。このように歪みを放置すると、毎日の生活がとても苦痛になってしまうのでそのままにしておくと大変です。

歪みを放置したままにしておかず、できるだけ早く体の歪みを改善しましょう。正しい姿勢に直すために座りながら出来る脚やせストレッチを取り入れて、悪い姿勢をよくしなければいけません。放置しておくと体が危険な状態になるでしょう。

内臓系にも悪影響を及ぼす可能性もありえる

姿勢が悪くなると前述したように、肩こりや頭痛など、様々な身体の不調に悩まされることになります。しかしその不調は内臓系のトラブルにまで影響することもあるのです。

ここがポイント!
それでは具体的にそのような症状が現れるのでしょうか。座りながら脚やせは簡単にできるので、不調が現れる前に正しい姿勢を身に付けてください。

姿勢が悪くなると起こる症状

症状 原因
肥満 猫背や姿勢が悪いことで内臓が圧迫されて吸収器官が正しく作用しなくなり、その結果消化がうまくできなくなり、肥満に繋がる。
胃腸障害 背骨には重要な神経が固まっているので、その背骨がゆがむと自律神経の乱れを引き起こす。自律神経が乱れると胃腸の障害だけでなく、他にも弊害を起こす可能性があるので、座りながら脚やせダイエット法を試すことを推奨する。
便秘 背骨がゆがむと内臓が正常な位置からズレてしまうことがあり、そうなると腸内環境が悪くなってしまう。腸内環境が悪化すると排便がスムーズに行われなくなる。

このように身体の不調を引き起こす可能性が高まるため、座りながら脚やせ方法を毎日実践することをおすすめします。

こちらでも簡単にできるダイエット法を紹介していますので、参考にしてください。→楽して痩せたい!簡単脚痩せダイエット法