足痩せに効果的な歩き方!ウォーキングダイエット

綺麗な足を目指して足痩せをする時には、食事や運動を変えていくことは欠かせません。効果的に運動を行っていくのであれば、普段どのように歩いているのか、そしてウォーキングなど気軽に出来るダイエットを工夫してみましょう。

ウォーキングが足痩せダイエットに向いている理由とは


いろんなダイエット方法がありますが、その中でも手軽に出来るウォーキングは多くの人に人気があります。その理由はなぜかというと、やはり誰でも出来るというのがまず挙げられます。

それだけでなく、有酸素運動なのでしっかりと脂肪を燃焼してくれる効果が期待できるのもその一つです。忙しい人でも歩くだけで足痩せが行えますから、自分の通勤時などを利用すればマイペースにウォーキングダイエットを続けられます。
ここがポイント!
体を動かしていると脂肪の燃焼を促してくれるだけでなく、心もすっきりとリフレッシュしてきますから、ストレス解消にも役立ちます。

ウォーキングには特別な道具は必要ありませんので、自分がゆったりとした気持ちで歩ける場所やコースを幾つか決めておくと楽しみながら歩く事ができますし、足痩せ効果にも期待できます。

足痩せを効果的に行うための気になるポイントを解消

筋肉の付けすぎで筋肉が太くなる可能性は?

足を細くするためにウォーキングダイエットを始めようとしている方が、気になっている事に一つに、代謝をよくするために筋肉をつけたいと思いつつも、逆に筋肉太りをしたらどうしようかと悩むことがあります。

よくある足痩せの悩みのひとつですが、実際にウォーキングで筋肉が太くなる状態にまで持っていくのは、想像している以上に大変です。

メモ
ボディビルダーなど、激しいトレーニングを行う事がない限りは、通常の運動で筋肉太りになるということは余りありません。

筋肉がついて足が太っているのではなく、やはり太く見せているのは脂肪なので、しっかりとウォーキングや運動をして、脂肪を落としてぜい肉のない足痩せを目指す事が大切です。

脂肪以外にもむくんだりして太くなりやすいので、日頃から注意してウォーキングや運動を行って足痩せケアを実行しましょう。

足が痩せない!歩き方に原因があるかも?

簡単に出来るウォーキングで足痩せをしようと思って始めてみたものの、思ったような効果が出なくて挫折する方も少なくありません。

ただ歩くだけと思いがちですが、ウォーキングをより効果的なものにして足痩せを行うためには、歩き方にも気をつけてみましょう。

足痩せに効果的なウォーキングの方法
  1. 背筋は伸ばして前を向きます。
  2. 肩は動かさないようにして腰は一定の位置を保つようにしてみて下さい。
  3. 足全体を使って歩くようなイメージをします。
  4. しっかりと地面を蹴り出してかかとから着地します。

ほんの少し歩き方を意識するだけで、足痩せに効果的なウォーキング方法が可能です。だらだらと何となく歩いているだけだと、ちょっとした運動として息抜きにはなりますが、中々足が細くならずにため息ばかり付く事になってしまいます。

ここがポイント!
足痩せ効果を期待するなら、太ももやふくらはぎなどの筋肉を意識して、ウォーキングの歩き方を見直しましょう。

ウォーキングを実践する上で注意するべきこと

今すぐ改善したい足を太らせてしまう歩き方

誰でも出来る「歩くだけ」が魅力でもあり足痩せに効果があるウォーキングですが、普段と同じような歩き方だと、時間経過と共にカロリーの消費は出来ても足が細くなるどころか時には太くなってしまう事もあります。

メモ
内股やがに股になっているような歩き方は、足痩せに期待できないばかりでなく見た目も良くありませんし、姿勢もどんどん悪くしてしまいます。

ウォーキングでもずるずると足を引きずるような歩き方や、重たくドスンと着地するような歩き方は、太ももやふくらはぎを太くし、時には足首のくびれもなくしてしまう原因となります。

歩き方までは意識していなかったという方は、まずは自分がどんな歩き方をしているのか、家族や友人にチェックしてもらうのもおすすめです。正しいウォーキングの歩き方を覚えれば、足痩せに一歩近づいていきます。

特に注意が必要な浮指とは?

歩き方を見直している時に気をつけて欲しいことの一つに、浮指があります。字からも想像が出来ると思いますが、指が浮いている状態で歩いているのです。

ここがポイント!
正しいウォーキングで歩く時は、かかとと足指の付け根の部分、足の指の三点を使って歩いています。正しい歩き方を覚えることで、足痩せ効果にも繋がるでしょう。
浮指の時は指が地面についていない状態になるので、二点だけで体を支えて歩いている事になります。そのため非常に不安定になるだけでなく、足りない一点を補うために足に余計な力が入って負担がかかり、知らないうちに足が太くなっていってしまいます。

ハイヒールなどを履く機会が多いとなりやすいので、ゆっくりとウォーキングで歩きながら、足指が地面についているのかどうか、自分自身でもチェックして少しずつ治していきましょう。それが足痩せにも繋がるのです。

足痩せに効果を発揮する正しいウォーキング方法

痩せる歩き方の正しいフォーム

きちんとウォーキングで足痩せ効果を出したいと思うのであれば、背筋を伸ばして骨盤も立っている状態にして、正しく歩く事が大切です。普段猫背など、姿勢が気になっている方は特に注意しましょう。

しっかりと腕を振る事で歩きやすくなりますし、燃焼効果もアップするので、肩を上下させないように注意しながら軽くリズムよく振ってウォーキングで歩きましょう。

チェック!
足を動かす時にも何となくではなく、ひざが曲がらないように注意しながら歩けているのかどうか確かめてみてください。

正しい足痩せのためのウォーキングフォームを意識していると、普段の歩き方よりもずっと自分の足や腕などの筋肉を使っていることがよく分かるのではないでしょうか。最初の内は楽な姿勢に戻りやすいので、急がず正しいウォーキングの形を覚えるのが足痩せのポイントです。

足痩せ効果を倍増させるには大股歩きが良い

ウォーキングも最初の内は正しいフォームを覚えるために、ゆっくりと体全体の動きを覚えていくようにしながら歩いていると思いますが、さらに足痩せ効果を出したいのであれば、歩幅を大きく取るようにしましょう。
メモ
大股を意識していく事でカロリーの消費もさらに増えますし、筋肉もよく使うようになりますので、引き締め効果もアップして足痩せに期待できます。

普段のウォーキング歩幅と違うと、体のバランスもきちんと取らないといけませんので、上半身の筋肉にも影響を与えていきます。全身をより効果的に引き締められる効果も発揮するでしょう。

ふくらはぎもしっかり使うので、むくみ対策にもなります。足痩せを重点的に行いたいのであれば、少しずつウォーキングの歩幅を広げて大股歩きも取り入れてみて下さい。

ウォーキングで消費できるカロリーの目安


ウォーキングを行って有酸素運動をして、脂肪を燃焼させようと考えていると、実際にどれぐらいのカロリーが減っているのかも気になるのではないでしょうか。

メモ
足痩せのためのウォーキング効果が出始める時間は、歩き始めてから約20分を経過したあとだと言われています。
体重によっても変わる20分歩いたときのカロリー消費
  • 50kgだと約50~60kcal
  • 60kgだと約60~70kcal

だいたい上記の数字が目安になります。足痩せのためにはのんびり歩くよりは早歩き、そして歩幅も大きく大股を意識してウォーキングをするようにすれば、同じ時間でもさらに消費できるカロリーも増えていきます。

自分のやりやすい時間や距離、現在の体重なども考慮しながらどれぐらい運動をしているのかをチェックして、足痩せに大きな作用をもたらす歩き方を工夫してみましょう。

ウォーキングと同時に取り入れたい方法

食事管理を取り入れることで相乗効果に期待できる

ここがポイント!
これまであまり運動をしていなかったけれども、ウォーキングを取り入れて足痩せをしたいのであれば、食事管理も見直していきましょう。
普段通り甘いものやインスタントものなどを食欲のままに食べていては、せっかくの努力も実りません。やはり筋肉をつけながら脂肪を燃やしたいので、きちんとたんぱく質の摂取が出来るように肉や魚を食べるようにしましょう。

代謝を促すにはビタミンやミネラルも必要ですから、ウォーキングだけでなく、食事の管理をしっかりして、野菜もふんだんに季節のものを取り入れることをおすすめします。

なるべくカロリーは低めの食材を選ぶようにして、甘いものやジャンクフードは控えるようにする事が足痩せダイエットにも大切です。急いで食べるのではなく、よく噛んで味わいながら食べるようにすれば満足感も得やすいです。

疲れた足をオイルマッサージすることで癒される

ウォーキングは足痩せに効果的であり、健康にも大きな影響を与えます。そしてウォーキングで疲れた足を癒すためのマッサージもおすすめの足痩せ方法になります。

マッサージで得られる効果

種類 効果
リンパマッサージ リンパを流すことで老廃物が排出されます。そうなるとむくみが改善されたり美肌になったり、足痩せだけでなくいろいろな作用があります。
ツボ押しマッサージ 体中にあるツボを正確に押すことで冷え性やホルモンバランスを正常にしてくれる効果があり、とても簡単に出来るので足痩せにおすすめです。
アロマオイルでマッサージ ナチュラルなアロマオイルは肌にも優しいので、ウォーキングの後に行うマッサージにピッタリです。ほのかな香りで癒されますし、アロマに含まれる美容効果にも期待できます。

お家でエステ気分?セルフマッサージで脚やせ

ウォーキングダイエットで注意したいポイント

歩き方をチェックすることで足痩せ効果が倍増する

足痩せのためのウォーキングダイエットですが、効果を得るために注意したい事もたくさんあります。歩く時には姿勢を正しく、そして手や足の動きなどのフォームも意識しましょう。

チェック!
また、脂肪が燃焼し始めるのは20分を過ぎてからなので、10分ぐらいでやめてしまうと歩いた意味がそれほどありません。

さらにウォーキングを続ける期間もある程度ないと、足痩せ効果がよく分からないままにやめてしまう原因となりますので、1~3ヶ月程度はじっくりと継続して続けられるように計画を立てましょう。

歩き方がきちんと出来ているかどうかがポイントになってきますので、慣れてきたとしても、その都度自分の歩き方でウォーキングダイエットが出来ているかどうか見直しながら頑張ってください。

早く痩せたいと思うあまり無理しないこと

メモ
ウォーキングは誰もが行える足痩せに効果があるやり方です。しかし早く結果を出したいと焦るあまり、無理をしてしまうことはいけません。
とくに足痩せのため、今まで運動を全くしてこなかった人が筋トレやジョギング、ランニングを始めてしまうと、筋肉が解れていない状態で激しい運動をするようなものです。当然身体にかなりの負担が掛かってしまいます。

そうなるとつま先がつるといった症状や筋肉痛だけでは済まず、頭痛や胃痛といった不快な体調不良も起こる可能性が高くなります。ですから最初は、ゆっくり自分のペースで足痩せを行えるウォーキングがおすすめなのです。

歩く感じに慣れてきたら、筋トレやジョギング、ランニングに移行することもいいでしょうが、まずは手軽なウォーキングから始めて足痩せや美脚効果を実感してください。

1.6倍の効果!歩くだけでダイエットできるスロージョギングとは