実は痩せる効果もあった!ビーフジャーキーダイエットのやり方を紹介

夏が近づくと、大半の女性はダイエットをして体を絞りたいと考えるものです。ただ食事制限や運動を行わなければならず、大変だと感じる方も少なくないです。実は、そんな方に最適なのがビーフジャーキーダイエットというものです。

ビーフジャーキーがダイエットに良いって本当?

ビーフジャーキーを食べるダイエット方法が、昨今、海外モデルの間で流行っています。ビーフジャーキーがダイエットに良い理由は、肉の味が凝縮されているので、少しの量で食べた感を味わう事ができるからです。

また、よく噛んで食べる必要があるので、すぐに満腹感を得られることも理由といえます。ドカ食いを防ぐ事ができるので、食欲を抑えきれない時に最適な食べ物です。

また、通常のダイエットでは、どうしてもタンパク質が不足しがちになります。タンパク質が不足すると、いくら食べても脳が満足しないため食欲が増進していきます。そのため、ついつい食べ過ぎて、ダイエットに失敗しやすくなります。

その点、ビーフジャーキーはタンパク質の塊なので、ついつい食べてしまう事もないです。このようなことから、ビーフジャーキーを上手く取り入れれば、スムーズにダイエットができます。

痩せる秘密はビーフジャーキーの栄養価とカロリーにあり

ビーフジャーキーで痩せられる理由は、豊富なタンパク質が含まれているからです。ビーフジャーキー1袋(45g)あたり、およそ18グラムのタンパク質が含まれています。そもそも人間というのは、極端に体内のタンパク質が不足すると、筋肉をエネルギーとして使ってしまいます。

すると、筋肉量が減ってしまうので、体脂肪が燃えにくくなってしまうわけです。すると、余計な脂肪がどんどん付着して、さらに太りやすくなってしまうのです。ただビーフジャーキーには豊富なタンパク質があるので、摂取する事で筋肉が付き、エネルギー代謝が高まります。

その結果、スムーズに痩せられるというわけです。また、ビーフジャーキーは、普通の肉と比較して、低カロリーなのも特徴です。一枚当たり約13キロカロリーなので、ダイエット食品として最適といえます。

ビーフジャーキーの?みごたえも重要なポイント

ビーフジャーキーは、他の食品と比べて、とても固い食品です。つまり、食べる際は口の中で何度も何度も噛まなければいけません、この噛みごたえこそが、ダイエットに最適な食品である理由といえます。

何度も噛まなければいけないと言う事は、つまりそれだけ脳の満腹中枢を満たしやすい食品という事になります。満腹中枢とは、脳が満腹感を感じて、もう食べなくてもいいと命令を送る神経の事です。

そのため、ビーフジャーキーをダイエットに取り入れるだけで、空腹を感じにくく、余計なものを食べなくなるといえます。満腹中枢が満たされるのは、食事を開始してから20分かかるといわれています。なので、ビーフジャーキーを食べる際は、なるべくゆっくり食べることが大切です。

でも塩分が高そう!ビーフジャーキーの塩分対策には

ビーフジャーキーによるダイエットは効果的ですが、ただ1つ難点があるとすれば塩分が多いということです。ビーフジャーキーの塩分は、およそ20gあたり1gとすごく量が多いです。

そもそも塩分というのは、ダイエットにとってあまり良くないです。その理由は、体内にたくさん塩分が摂取されると、塩分濃度を下げるために体内に水分が溜まりやすくなるからです。その結果、体がむくんで太ってしまいます。

塩分対策として効果的なのが、トマトジュースを一緒に飲むことです。そもそもトマトジュースには、体内の塩分を排出する働きが高いカリウムが豊富に含まれています。つまり、塩分の多いビーフジャーキーと一緒に飲めば、むくみが起こりにくく、太りにくくなります。

どうやって行うの?ビーフジャーキーダイエットのやり方

ビーフジャーキーダイエットの方法は、朝食、昼食、夕食などの食事の前にビーフジャーキーを少量、食べることです。あるいは、おやつの時間に甘いものの代わりにビーフジャーキーを食べる方法もあります。

ビーフジャーキーは、よく噛まないといけない食品なので、満腹中枢を刺激しやすいです。その結果、空腹感を抑制して食事の量を減らせるので、スムーズに痩せられるということです。

一般的な食事制限というダイエットの場合、空腹感を感じやすく、次の食事まで我慢できずにドカ食いしてしまいやすいです。その結果、ダイエットに失敗するというケースが多くあります。

その点、ビーフジャーキーを食べることで空腹感が治まるので、ドカ食いを防ぐ事が可能です。ポイントは、ゆっくりと噛んで食べることでしっかりとした満足感を得られます。

満足感を得られるからダイエット中のおやつにオススメ

ビーフジャーキーは、ダイエット中のおやつにもオススメです。一般的に女性のおやつというと、ケーキ、クッキー、プリンなど砂糖がたっぷり入ったスイーツを食べてしまいがちです。

すると、血糖値が急速に上昇するので、脂肪を溜め込みやすい体質になってしまいます。その反面、ビーフジャーキーは低カロリーで低脂肪の食品なので、おやつとして食べても血糖値が上がりにくくなります。

その結果、余計な脂肪が付着しにくくなり、噛むことで満腹感を得ることができます。よって、ダイエットを中のおやつに最適といえます。

現在、ビーフジャーキーは、持ち歩きやすい小袋に入った状態で販売されています。そのため、外出する際も気軽に持ち歩くことができ、お腹が空いた時にすぐに食べられるので便利です。

ビーフジャーキーダイエットでもたらされる効果効能

ビーフジャーキーダイエットでは、ダイエット中のイライラを解消する効果もあります。そもそもダイエットというと、食事制限によって自分の好きなものが食べられないストレスを感じやすいです。

長期間、ダイエットを継続すればするほど、ストレスが溜まりやすく、結果的にドカ食いをする恐れが高くなります。ただビーフジャーキーは、低カロリー、低脂質、おまけに糖質も少ないために、食べても太りにくい食品です。

さらに、固い食品なので、一口一口よく噛んで食べる必要があります。よく噛むという行為は、食べたいというストレスを減少させて、満足感を高めてくれる作用もあります。つまり、ビーフジャーキーを上手く取り入れることで、ダイエット中のストレス解消になるというわけです。

ビーフジャーキーダイエット成功をさせる秘訣とは

ビーフジャーキーダイエット成功をさせる秘訣は、過剰に食べ過ぎないように心掛ける事です。ビーフジャーキーは確かにダイエット効果が高い食品ですが、食べ過ぎてしまうとエネルギー過多になる恐れがあるからです。一日に食べる目安としてはおよそ100g程度にしておくことが望ましいです。

その他にも、スイーツやお菓子、焼肉などの高カロリー、高脂肪の食品は食べないようにする事も大事です。そもそもビーフジャーキー自体に、食事で摂取したカロリーや糖質を減らす効果は全くないからです。

つまり、高カロリーのものを食べれば食べるだけ、脂肪として身体に付着してしまう事になります。そのため、口に入れるものについては、ある程度カロリーや糖質を考えながら食べる事が大事です。

ビーフジャーキーダイエットが向いているのはこんな人

ビーフジャーキーダイエットは、お肉が大好きな人に向いています。そもそも通常のダイエットの場合、お肉は高脂肪、高カロリーであるために絶対に食べてはいけない食品といえます。

その点、ビーフジャーキーはタンパク質が凝縮されて含まれています。よって、低脂肪、低カロリーであるためにダイエットを妨げる事はありません。そのため、肉好きにとっては夢のようなダイエット方法といえます。

さらに、ビーフジャーキーダイエットは無理な食事制限をしたくないという人にも向いています。というのも、ビーフジャーキーは噛めば噛むほどに満腹中枢が満たされるので、空腹を強く感じる事がないからです。つまり、食事を我慢するストレスも感じにくく、食べることが好きな人でも痩せる効果が高いです。

お料理にも活かせるビーフジャーキー!

ビーフジャーキーは、実はそのまま噛んで食べる以外にも、お料理に入れてもとてもおいしく頂く事ができます。例えば、カレーやビーフシチューなどに肉代わりの具として活用する事ができます。

調理方法は、まず固いビーフジャーキーを柔らかくするために、鍋に水と一緒に入れて沸騰させて30分放置します。すると、時間が経過するごとに、ビーフジャーキーの見た目が肉のような感じになっていきます。

30分後には包丁で切れるほどに柔らかくなっているので、食べやすい大きさにカットしていきます。それで、ジャガイモ、にんじんなどの野菜が煮込まれたシチューの中にビーフジャーキーを投入するだけです。これだけで、まるで牛肉のような味を満喫できます。