生活習慣病が気になる方にも!えごま油のダイエット効果と健康効果

油をたくさん摂ると太るというイメージがあるでしょうが、油の種類によって事情は変わってきます。えごま油はダイエット効果が高い油として知られており、非常に優れた栄養価を誇っています。健康的にダイエットをするためにも毎日摂りましょう。

えごま油は豊富な栄養素を含んだ油です

えごま油は非常に栄養素が豊富であり、オメガ3脂肪酸のα-リノレン酸が豊富に含まれています。えごまと聞くとごまを連想するかもしれませんが、まったく異なる植物です。

青じそに近い性質があり、えごまの種子から採取した油がえごま油です。植物油脂なので身体に溜まりにくく、動物性脂肪を溶かしてくれると言われています。

動物性の油は常温で固まる性質があるので、たくさん食べると体脂肪として溜まりやすいです。血中脂質を増やす要因にもなるので、えごま油を摂取して溶かしていきましょう。

よい油は動物性脂肪を溶かしてくれるので、肥満や動脈硬化を予防するためにも摂取してください。肌の色艶をよくするメリットもあるので、美肌ケアにも最適な油と言えます。

生活習慣病や認知症予防にも!えごま油の効果

えごま油は生活習慣病や認知症予防にも適した油だと言われています。血液を綺麗にしてくれる油として知られているので、毎日食べることで血流サラサラが期待できるでしょう。

認知症に効果的と言われる理由も同様ですが、ほかにも脳細胞を元気にしてくれることも関係しています。脳の神経細胞を死滅させないために役立つ油であり、その秘密としてえごま油に含まれるα-リノレン酸が体内でEPAやDHAに変換されることがあります。

昔から魚を食べると頭がよくなると言われていますが、これは魚油を含んでいるからです。特に背の青い魚にはEPAやDHAが多く含まれており、記憶力を高めてくれると言われていました。しかし魚嫌いの人は魚油を大量に摂るのが難しいので、えごま油が役立つというわけです。

えごま油はアレルギーの緩和や美肌に効果あり

EPAやDHAがアレルギーの緩和に役立つことは昔から知られていました。これはα-リノレン酸を含有するえごま油も同様であり、アレルギーが気になる方、敏感肌の方などにおすすめします。

えごま油が美肌によいと言われる理由には、皮脂を適量に維持できることにあります。皮脂が減少すると肌乾燥を引き起こすのですが、このときバリア機能も低下しているのです。

バリア機能を低下させないためには、えごま油で適量の油を肌に与えてあげることが大切です。肌の新陳代謝を活性化してくれるので、ターンオーバーの崩れが気になる方も利用してみましょう。

料理に使用することもできますが、ドレッシングとしても活用できます。カロチノイドや脂溶性ビタミンの吸収性を高めるメリットもあります。

えごま油は脂肪燃焼効果があるからダイエットに最適

えごま油は脂肪燃焼効果があり、健康的に痩せたい人に最適です。痩せなくて困っている場合は食べすぎを疑うかもしれませんが、ある程度年齢を重ねてくると代謝不良に一番の原因があると考えてよいでしょう。代謝をよくするためには良質の油が必要となり、特におすすめしたいのがえごま油です。

非常に吸収性のよい油ですし、生で摂取することで成分の破壊を防ぐことができます。基本的に健康のために油を摂るなら、生の状態で摂るのが一番よいです。そのためサラダのドレッシングがわりに使用するのが一番よいと言えるでしょう。

脂肪燃焼をスムーズにすることで、楽にダイエットをすることが可能になるでしょう。脂肪が落ちなくて悩んでいる人は、毎日15cc程度のえごま油を摂取してみましょう。

飲むだけ簡単!えごま油ダイエットの方法

えごま油ダイエットの方法は簡単で、誰でも気軽に続けることができます。野菜にふりかけて食べることで、カロチノイドの吸収性を高めることができます。

イタリア料理にはトマトとオリーブオイルが欠かせないと言われますが、オリーブオイルはトマトに含まれるリコピンの吸収性を高めてくれるのです。野菜は油で炒めることで栄養価が増しますが、生野菜でも植物オイルを使用することで栄養価値が高まるのです。

えごま油を飲むタイミングは食事のときがベストであり、一番よいのはドレッシングとして使用する方法でしょう。もしくは食事のたびに5ccずつ飲むのもよいでしょう。癖のない油なので口に残ることがなく、お茶を飲めばすぐに口内はさっぱりします。

えごま油は一日のうちいつ取り入れるのがベスト?

えごま油は食品なので摂取するタイミングは特に決まっていませんが、好ましいタイミングは存在します。野菜と一緒に摂るのがベストなので、必然的に食事のときがよいでしょう。

朝食、昼食、夕食と1日3回にわけて摂取するのがよいと言われています。食事をすることで胃腸の働きが活発になりますから、各種栄養素がムダなく吸収されるのです。

えごま油は毎日摂ることで血中脂質を溶かしてくれるので、動脈硬化対策として最適でしょう。生活習慣病のほとんどは血液に関連する疾患だと言われており、脂質異常症を筆頭として糖尿病、高血圧などにも言えます。

血液をサラサラにしておけば痛風のリスクも減るので、1日15g程度のえごま油の摂取をおすすめします。

えごま油ダイエットを続ける期間の目安とは

えごま油ダイエットは健康維持に最適なので、できればずっと続けるのがベストです。身体によいものは期間限定ではなく、ずっと摂ったほうがいいのは間違いありません。ただし、あえて期間を設定するのであれば、3ヶ月程度と考えておくといいでしょう。ダイエットの効果が実を結ぶまでには、概ね1~3ヶ月を要すると言われています。

コツコツと3ヶ月実践すれば変化を感じられるはずなので、このタイミングで改めて今後のことを考えていきましょう。目標体重まで落ちても、健康維持のために継続する人は少なくありません。

もう少し体重を落としたいという人も、追加で3ヶ月などと延長するとよいでしょう。えごま油には副作用がないので、長期的に摂取しても問題ありません。

えごま油ダイエットの効果を高めるコツ

えごま油ダイエットをより効果的に実践するためには、計画的にダイエットをすることが重要となります。計画性のないダイエットは失敗しますし、リバウンドすることも多いです。

リバウンドするとさらに太りやすい体質になるので意味がありません。リバウンドしないダイエットの条件は継続性があり、身体に無理がかからないことです。

えごま油ダイエットの効果を高めるには、カロリー調整も並行していきましょう。暴飲暴食が続いていれば胃腸に負担がかかり、カロリー燃焼がうまく行われなくなります。

腹八分目を心がけつつ、無理のない運動をすれば完璧です。運動には基礎代謝を上げてくれる作用があるので、若いころの代謝力を維持することが可能になります。

適量は守ろう!えごま油のデメリット

えごま油は健康によい油ですが、カロリーが高いことに変わりはありません。糖質、タンパク質の2倍以上のカロリーがあるので、食べすぎには注意してください。

デメリットは高カロリーで肥満を促進することなので、1日15g程度に摂取量は抑えておきましょう。カロリーは複数回にわけることで肥満を予防できるので、えごま油は3回にわけて摂るのがおすすめです。

炒め物にはえごま油は向きませんが、これはα-リノレン酸が熱で破壊されてしまうからです。そのため調理せずにドレッシングとして使用するのが一番よいと言えます。

もしくは野菜ジュースに入れて飲むことで、カロチノイドの吸収性を高める方法もあります。1日の摂取カロリーがオーバーしないように、1日のカロリーの中にえごま油も含めて計算してください。

えごま油ダイエットはこんな人に最適!

えごま油ダイエットは簡単に実践できるので、無理なく痩せたい人に最適でしょう。苦痛を伴うダイエットが効果的と言われたのは昔の時代なのです。

今はコツコツと継続できる方法のほうが成功率が高く、サプリや健康食品を活用した方法が人気となっています。えごま油ダイエットは飲むだけなので、多忙でも継続できるメリットがあります。

えごま油にはα-リノレン酸が60%程度も含まれているので、青魚をあまり食べない方におすすめです。体内で魚油の栄養素として知られるEPAとDHAに変換されます。

血液をサラサラにすることで細胞を活性化させて、脂肪が燃焼しやすい状態にしてくれるのです。脂肪が燃えなくて困っている人は、えごま油ダイエットを始めてみましょう。