ルールーを守れば痩せる効果大!ダイエットに繋がるサウナの入り方

サウナダイエットとはサウナに入れば必ずやせるというわけではなく、健康効果によってやせやすい体質を作っていくことが目的となります。正しく入ることによってより高いダイエット効果を実感することが可能となります。

どんな効果効能があるのか?サウナの実力とは

サウナには様々な健康効果があります。

一つ目は美肌効果です。サウナに入ると皮脂線が蒸気や水蒸気によって活発化します。毛穴につまった皮脂や汚れが排出されやすくなります。サウナに入った瞬間の汗はベタベタしているのですが、時間がたつとさらさらした汗へ変化していきますが、これが老廃物が外に出たサインとなります。

二つ目はデトックス効果です。サウナに入ると発汗力がすごく、身体に溜まった老廃物を排出するデトックス効果が高いです。汗をかくと交感神経が刺激されるため、運動と同じくらいのストレス解消効果を得ることが可能です。

三つ目は安眠効果です。血液のめぐりがよくなるため、運動後に似た疲労感を得ることができるので、睡眠に入りやすくなります。

サウナにダイエット効果を期待できるのか

サウナにはダイエット効果を期待できるのかというと、ダイエットに直接作用するというよりかは、やせやすい身体作りの方に適しているといえます。サウナに入って汗をたくさんかくことは、一緒に身体の老廃物も排出しているということになります。

身体の中に不要なものが多い状態はやせにくい状態なので、老廃物を出すことによって痩せやすい体質に変えていくことが可能です。サウナによって体が温まると代謝がよくなります。代謝がよくなるということは痩せやすい身体に近づくということです。

サウナと一緒に食事制限ダイエットや運動によるダイエットを組み合わせることによって、さらに高いダイエット効果を期待することが可能となってくるのです。

太りにくい体作りができるサウナダイエット

サウナによるダイエットはサウナに入れば絶対に痩せるというダイエット方法というよりかは、サウナの健康効果によってやせやすい身体を作っていくことを目的としています。

痩せやすい、太りにくい身体作りをしていくことにより、ダイエットのリバウンドなども起こりにくくなるため、食事制限と運動によるダイエットを組み合わせることによって、より高いダイエット効果を期待することが出来ます。

運動とサウナは両方汗をかきますが決定的に違うのは乳酸です。運動して身体が疲れてくると乳酸が溜まってきます。乳酸は脂肪が筋肉になることを邪魔してしまいます。サウナの場合はその乳酸を汗と一緒に外へ排出してくれるので、太りにくい身体を作ることが可能なのです。

ダイエット目的のサウナの入り方

ダイエット目的のサウナのおすすめの入り方ですが、定期的にサウナに入ることが大切です。サウナダイエットには即効性はあまりないので、一度や二度だけではなく何度もサウナに入って、しっかりと身体を温めて脂肪が燃焼されやすい体質に変えていくことが大切です。

サウナに入る前にコップ1杯の水を飲むのが効果的です。身体の中に水分が不足していると、汗をかきたくてもかけないので、汗をたくさんかけるようにコップ1杯の水を飲むようにしましょう。サウナに入る前に身体を清潔に洗っておくのも効果的です。

汗腺にある毛穴をきれいにしておくことで、汗をスムーズにかくことが可能となります。サウナに入る前に浴槽などで身体を温めておくことも効果的です。

サウナ10分間のカロリー消費量とは

サウナに10分間入った場合のカロリー消費量は、約25キロカロリーほどになります。一時間でも150キロカロリーほどとなり、これは一時間ウォーキングをしたときよりも低い消費量となっています。けれどサウナから出ると体重は減っていることがあります。

多い人で1キロ程度減っていることもあります。サウナに入ったあとに体重が減るのは、身体の水分が汗となって出て行っただけなので、身体の中の脂肪を燃焼しているかわやせたのではありません。

次の日には体重が元に戻っていることがほとんどです。ただしウォーキングは10分でも疲れてしまう人がいる中、サウナの10分じーっとしているだけでもカロリーを消費することが出来るという点に注目しましょう。

サウナダイエットに向いている人と向いていない人

サウナダイエットに向いている人は運動が苦手な人です。またダイエットを始めたばかりでいきなり運動を始めるのがなかなか難しい人などにも向いています。温泉などが好きで長風呂が苦にならない人にも向いています。

普段からゆっくりと湯船につかってリラックス出来る人にも向いています。サウナダイエットに向いていない人は長風呂が苦手な人、すぐにのぼせてしまう体質の人などには向いていません。サウナダイエットに即効性を求めている人にも向いていません。

サウナダイエットはじっくりとおこなって体質をやせやすい体質へ変化させていくダイエット方法なので、運動や食事療法などと一緒に行っていくことによって、より高いダイエット効果を得ることが出来るのです。

サウナダイエットに大切なのは水分補給!

サウナダイエットのときに大切なのは水分補給です。サウナに入る前には必ずコップ1杯の水を飲むことをおすすめします。こうすることによってサウナの中での脱水症状を避けると共に、汗をかきやすくすることが出来ます。

またサウナを出た後はしっかりと水分補給をするようにしましょう。体重が減ったままでいたいからといって水分を摂らないと体調が悪くなってしまう可能性があるので注意しましょう。サウナに入る前にはアルコース類を飲むことは避けましょう。

アルコール類は水分補給になりませんので注意しましょう。水分補給には糖分の入ったドリンクなども避けるようにしましょう。水などカロリーのないものや低いもので水分補給するようにしましょう。

サウナから出た時にやるべきこと

サウナを出たらまずは足や手先から心臓に向かってゆっくりと水をかけます。最後に顔と頭に水をかぶって汗を洗い流しましょう。それから水風呂につかります。サウナを出てからお湯につかるのは心臓に負担がかかるのでやめましょう。

石けんなどを使って身体を洗ってサウナから出ます。そのあとは必ず水分補給をするようにしましょう。アルコール類などを飲みたい場合でもまずは水を1杯飲むことをおすすめします。

そのあとであれば適量であれば飲んでも大丈夫です。身体がほてった状態のまま洋服を着て帰るのは避け、ほどよくほてりを冷ましてから帰ることをおすすめします。ほてったまま歩いて帰ったりすると汗をかいて風邪を引いてしまうこともあるので注意しましょう。

サウナをより楽しめる入り方

サウナをより楽しめる入り方ですが、ただサウナに入るだけではなく、水風呂をうまく組み合わせて入ることをおすすめします。基本的には入り方としておすすめなのは、サウナ・シャワーで汚れをながす・水風呂・休憩・サウナ…と2回から3回繰り返す入り方です。

繰り返し入ることでより高いサウナによる健康効果を得ることが可能です。サウナをより楽しむためには、サウナに入る前の準備段階も重要です。食後すぐのサウナは気分が悪くなる可能性があるので避けます。

入る前に1杯の水を飲み、身体をきれいに洗ってから湯船で身体を温めておきます。サウナ5分、水風呂30秒から1分程度が初心者向けのタイムとなります。体調と相談しながらサウナと水風呂を繰り返します。

長時間は危険!サウナのマナーとルール

いくら暑さに強いからと言って長時間サウナに入るのは危険なのでやめましょう。サウナと水風呂のセットは3回程度繰り返すのが標準的な入り方になりますので、1回の時間を短くして数回にわけてサウナに入ることが体調を崩さないサウナの入り方になります。

サウナを出たあとに水をかけずに水風呂に入る行為はマナー違反です。何故なら身体には汗によって流れ出た老廃物がたくさんついているからです。水風呂に入る前に必ず身体をきれいに流してから入るようにしましょう。

サウナに出入りする際は忙しく出入りすることはさけましょう。サウナのドアを長時間あけてしまうと中の温度が変動してしまうので、他に入っている人に迷惑をかけることがあります。