体に嬉しい成分が沢山!サバ缶ダイエットの驚きの効果とは

昔から身近に食べられてきたサバ缶にいろんな効果が期待できることがわかり、テレビや雑誌などでは健康食材、ダイエット食材として取り上げられるようになりました。家で手軽に取り組むことができる点も、取り組みやすいダイエット方法です。

サバ缶にダイエット効果があるって本当?

魚の中でもサバ缶を多く消費している地域の人たちが、肥満率が低いことから詳しく調べられ、分かってきたのが食べるだけでダイエットにつながる可能性があることです。

特に重要なのが、サバなど青魚に多くある油で、オメガ3系であるエイコサペンタエン酸がすごいパワーを持っていることが分かってきました。

エイコサペンタエン酸はEPAと略され、健康食品などでも用いられることが増えており、体内で生み出すことは難しい必須脂肪酸であるため、ダイエットを目指す人は外から取り入れる必要性があります。

脂ののった魚であれば、マグロなどにもEPAは含まれていますが、流通量も多く値段的にも購入しやすい上に保存しやすいサバ缶が続けていくためにはベストであるといえます。

驚きのサバの健康効果とは

オメガ3系の必須脂肪酸は、体内で固まりにくい性質であり中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあることから、血液がサラサラになり、高脂血症や動脈硬化を防ぐ役割も果たしてくれます。

健康に役立つ必須脂肪酸を取り入れることで血管年齢を若く保つことにもつながりますから、将来的に心臓病や脳梗塞などを起こす可能性も低くなります。血栓が作られにくい体質に保つことができるからで、若いうちからサバを食べるようにするとよいでしょう。

サバの油には、EPAだけでなくDHAも含まれています。脳の働きに対して重要な役割を果たしてくれるDHAは神経の発達などにも役立つことが分かっているので、成長期の子供がとると健やかな発達に役立てることが可能です。

どうして痩せられるの?サバ缶がダイエットに向いている理由

コレステロールのコントロールをしてくれるEPAはほかにも重要な役割を担っていて、体内でグルカゴン様ペプチド-1、略してGLP-1というホルモンの分泌を増加させる働きがあることが分かっています。

痩せるホルモンと呼ぶ人がいるほどGLP-1はダイエットにつながるホルモンで、血糖値が高い時に小腸にあるホルモンから分泌され、膵臓に働きかけインスリンの分泌を促すことがダイエットに向いている理由です。

インスリンが分泌されると血糖値の上昇が抑えられますから、脂肪細胞に余分な糖分が取り込まれにくくなります。

GLP-1は血糖値を上昇させるホルモンの分泌を抑えるだけではなく、食べたものが胃に入ってから腸に送られるペースをゆっくりにして腹持ちをよくしてくれるので、間食を減らすことにつながったり食欲を抑えて食べ過ぎにならないようにできます。

サバ缶ダイエットってどうやってやるの?

サバ缶ダイエットは、1日に1回サバ缶を食べるだけのごく簡単なやり方です。満腹感を得られやすいので、朝食に食べるようにするとお昼まで間食しなくても済ませることが可能です。

また、活動的な昼間に食べるようにすると、EPAやGLP-1の働きによって脂質の排出がされやすい状態になっていますから、体を動かす機会が多いほど脂肪燃焼につながりやすくなります。

有酸素運動と合わせれば、体内でより脂肪をエネルギーとして消費しやすい環境になるため、効率的なサバ缶ダイエットを継続していくことが可能になります。

EPAやGLP-1の働きを相乗的に高めてくれるのは食物繊維であるため、サバ缶と合わせて野菜なども食べるようにしましょう。

サバ缶ダイエットのメリット

ダイエットが失敗しやすい理由は続けにくいことが最も多く、食事制限はお腹がすいてつらかったり、運動はきつく苦しいだとか、筋肉痛でやる気がおきなくなる、ジム通いやサプリメントなども費用が高すぎるといったことが続けていく妨げになります。

しかし、サバ缶ダイエットはいつもの食事にプラスしても効果が期待できますし、スーパーやコンビニでも安く買ってくることができる手軽感、さらにたくさんストックしておくことができる点もほかのダイエット方法と違ってとても続けやすいメリットがあります。

大人だけでなく、子供も安心して食べることができるため、肥満気味のお子さんを安全にダイエットに取り組ませたい時にも便利です。太っていない場合でも肥満予防や健康を維持していく目的で食べることもできます。

サバ缶ダイエットを成功させるためのポイント

続けていくためのポイントは、味に飽きがこないように食べる際に工夫をすることです。はじめのうちはそのまま食べても続けていくことができますが、毎日となると次第にいつもの味がつまらなくなって飽きてしまいます。食べることが嫌になってしまうと続けていくことができなくなりますから、アレンジを加えるようにしましょう。

メーカーによっても多少味付けが違っているので、一つのメーカのサバ缶だけでそろえてしまうのではなく、いくつか複数のメーカーのものを揃えて交互に食べるようにするとよいです。

魚の油は時間がたつと酸化し、においがきつくなって食べにくくなってしまいます。食べる直前に缶を開けるようにして、できるだけ残さないように食べきりましょう。

サバ缶の味付けは?よりおすすめなのは味噌煮?水煮?

味噌煮は濃い味付けでおいしいですが、塩分の取りすぎになる可能性がありますしいつも同じ味になりやすいため、味のアレンジがしやすい水煮のほうが健康面からいっても食べ続けたいときには向いています。

さば缶を開けたとき、汁を捨てて身の部分だけ食べるようにする人がいますが、それでは大切な油分に含まれているEPAも捨てることになってしまうので、できるだけ水煮の汁まで食べることができる調理法を行いましょう。

簡単な味付けとしては、少し醤油をたらしたりマヨネーズとあえる食べ方が簡単ですが、いろんな料理と合わせて食べてもおいしいため、サラダにしたりチャーハンに加えるなどいろんな食べ方ができます。ごはんだけでなく、パンに合わせて食べることも可能です。

サバ缶と合わせたいヘルシー食材

野菜は玉ねぎやトマト、キャベツなどと相性がよく、そのまま細かく刻んであえて食べてもおいしく食べることができます。

もやしは安く買うことができて、かさましにも役立つ食材です。サバ缶と炒めただけでも立派なおかずになって、カロリーも低く抑えることができます。

カロリーが少なくサバ缶と相性がいい食材はほかにもあって、オクラや高野豆腐などがあります。茄子も相性がいいですが、油をたっぷりと吸ってしまう食材なので、サバ缶の油を使って炒めるならいいですが、油炒めやてんぷらにしてからサバ缶と合わせてしまうとカロリーが高くなるので注意しましょう。

キムチもピリッとしてサバ缶と合わせるとおいしいですが、食欲が増進してご飯が食べたくなる可能性があるため、食べ過ぎないようにする必要があります。

アレンジも沢山出来る!サバ缶を使ったレシピ集

サラダなどいろんなアレンジが可能で玉ねぎはサバの臭みも薄れさせてくれますし、シャキシャキとした食感が水煮と相性がいいので、生のままスライスして合わせるとよいでしょう。味付けはマヨネーズが合いますが、よりすっきりと食べたいのであれば、レモンと胡椒、ごま油で味を調えるとよいです。

お味噌汁のグザイとしてサバ缶とトマトを合わせるのもよく、トマトはダイエットの味方になってくれるリコピンが入っていて、温めることでリコピンが吸収されやすくなるのでベストな組み合わせになります。

チーズとの相性もいいので、パンの上にほぐしたサバ缶とチーズ、ピーマンなどをのせピザ風にして焼いて食べてもおいしいです。少ない量でも、満足できる食事をとることが可能です。

サバ缶ダイエットのデメリットと注意点

EPAが酸化してしまうと十分な効果が期待できなくなってしまうため、料理を作り置きしたり余ったおかずを次の日に食べるというのは向かない食材です。

ラップをしていても、酸化を止めることは難しくなります。味やにおいの変化はレモンなどを絞ると薄まりますが、できるだけ作ったらすぐに食べるようにするのが良いでしょう。

体質により、サバ缶を食べ続けると口臭や体臭がきつくなってしまうデメリットがあります。野菜を多めに食べるようにすることで抑えられる場合もありますが、デトックスの効果が期待できる食材を取り入れるようにしましょう。

カロリーが高めのサバ缶がありますから、サバ缶ダイエットを夕食に取り入れるのはあまりお勧めできませんから、朝か夜の食事に取り入れるとよいです。