筋トレ・マッサージ!たるんだ二重顎の引締めに効果的なテクニック

顔が大きく見え、老けた印象になってしまうことが多いのが二重あごです。ダイエットをして体重を落とすだけではすっきりさせることが難しい部分ですが、見た目の印象を左右する部分なので、効果的な引き締めを行うことがおすすめです。

二重あごって自力でスッキリさせることはできる?

太っている人に多い印象がある二重あごですが、痩せている人でも二重あごになっていることがあります。二重あごは、顔が大きく見えたり、体格以上に太って見えることや老けた印象になってしまうことが多いので、すっきりさせたい部分です。

若いときにはすっきりとシャープだったあごのラインが、加齢によってだんだんと下がってくるのですが、加齢以外の原因が重なり、急に二重あごになってしまうことも多いため、原因と対策を知ることで、自力ですっきりさせることが期待できます。

二重あごを解消して、すっきりとしたフェイスラインを手に入れると、顔の印象がシャープになり、顔が小さく見えることに加えて、スタイルも良く見えるようになります。

太っている以外にも考えられる二重あごの原因

太っている人は、あごや首のまわりに脂肪がついて、二重あごになってしまいやすいのですが、痩せている人でも二重あごになる場合があります。

むくみや筋力低下によるたるみが原因になっている場合やかみ合わせや姿勢の悪さが原因になっている場合など、二重あごの原因は、普段の食生活やライフスタイル、健康状態などが複合的に影響していることが多く、生活習慣を見直すことで、対策をすることができます。

フェイスラインがぼやけて見えるようになってきたら、加齢によって皮膚がたるみ、二重あごになっている可能性が高く、他の原因が複合してしまいやすいので、たるみに負けないように筋力をアップさせたり、生活習慣を見直したりすることがポイントです。

二重あご解消に!口周辺を鍛える筋トレ

顔にはたくさんの筋肉があり、その中でも口の周りには、口とあごを動かすための筋肉があり、筋力が低下することで、口の周りの皮膚や脂肪を支えきれなくなり、顔の一番下のあごの部分に落ちて行ってしまうため、二重あごの原因になりやすい部分です。

柔らかい物ばかりを食べていたり、早食いでよく噛まないという人に多く、表情が乏しくなってしまう原因にもなります。口周辺の筋トレをすることやよく噛んで筋肉を使うことが、筋力の低下による二重あごを解消させるためのポイントです。

口元の筋肉を意識して力を入れたり、口をすぼめたり、大きく開けたりするトレーニングをすることで、徐々にあご周辺がすっきりとしてくることを実感できます。

リンパマッサージでむくみもスッキリ

フェイスラインがむくんでいて、フェイスラインがもたつき、二重あごになってしまっている場合には、老廃物がうまく排出できていない可能性があります。

酸素などを細胞に運び、二酸化炭素や老廃物などを排出するリンパの流れが滞ってしまうことで、顔に余分な水分や老廃物がたまってむくみになってしまいます。

リンパは、顔の中央部からこめかみの下の耳の付け根の部分を通って、首の方に流れているので、顔の中心線を起点に、耳の方へリンパを流すようなイメージでリンパマッサージを行い、仕上げに首や鎖骨まわりのマッサージをすることで、余分な水分や老廃物の排出を促し、むくみがすっきりとして、フェイスラインをシャープにする効果があります。

小顔効果もあり!二重あご解消ストレッチ

顔や首、頭の筋肉をゆっくりとのばし、筋肉を柔らかくしながら、血行を良くするストレッチは、二重あごに効果が期待できるうえに、小顔効果も期待できるおすすめの方法です。姿勢を良くしたまま、首をのばすようなイメージで前後左右にゆっくりと頭を傾けていきます。

うまくできない場合には、手でゆっくりと頭を前後左右に押すことで、力を加えて首をのばしていくこともおすすめです。背中には頭と首を支えている大きな筋肉があり、首から顔、頭とつながっているので、背中をのばすストレッチも効果的です。

筋肉や筋をのばすことで、血流やリンパの流れも促されるので、巡りが良くなり、二重あご解消とともに小顔効果も期待できるのでおすすめです。

他にも即効性を期待できる二重あご解消テク

二重あごを解消するためには、口の周りの筋力トレーニングをしたり、むくみを解消するリンパマッサージ、ストレッチなどがおすすめですが、簡単にできて、即効性を期待できる二重あご解消テクを、日常生活の流れの中に組み込んで毎日行うこともおすすめです。

毎日の生活の中でたるみやむくみ、筋力低下などの対策をすることで、二重あごの癖をつけないことが、効果的な対策になります。洗顔の時にリフトアップケアをしたり、口さみしい時にガムをかんだりすることで、皮膚やリンパ、筋肉にアプローチすることができます。

また、座って仕事をしているときや電車に乗ったときなどに、意識的に首を回したり、口元に力を入れる習慣をつけることも効果的です。

洗顔のついでにできるリフトアップケア

毎日行う洗顔に、リフトアップケアを組み込むことで、無理なく続けられる二重あご対策になります。特に女性は、洗顔に加えて、クレンジングも行うことが多いので、リフトアップケアがしやすくおすすめです。

クレンジングや洗顔の時に、あごや口元から、皮膚だけでなく、その下にある脂肪や筋肉も一緒に引き上げるイメージでゆっくりと肌をこすらないように気をつけながら、指で持ち上げていきます。こめかみの方までゆっくりと引き上げるように指を動かすことがポイントです。

口の周りも、下から上に円を描くようにマッサージしましょう。なでるくらいの弱い力でマッサージをすると、肌のすぐ下にあるリンパの流れを促すことができるので、リフトアップの仕上げに行うとむくみ解消にもなり効果的です。

二重あご解消にはガムをかむことも効果的

加齢によって、口の周りやあごの筋力が低下してくると、筋肉が脂肪や皮膚を引っ張り上げてキープする力が弱まり、たるみとなって二重あごの原因になってきます。柔らかい食べ物を好んでいる人や早食いでしっかりかむ習慣がない人などにおすすめなのが、ガムをかむことです。

ガムをかむと口の周りの筋肉やあごの筋肉を使うので、頑張らなくても筋力アップにつながるのでおすすめです。片方のあごを無意識に使ってかむことが多いので、両方のあごをバランスよく使うように気をつけながらかむとよいでしょう。

ガムをかむことで、あごまわりを動かすことになるため、リンパや血液の流れを促すことにもつながる、おすすめの方法です。かんでいるときに、顔を少し上の方に向けたり、左右を向いたりすると筋肉を広範囲に使うことができます。

二重あごを予防するための正しい枕選び方

毎日の睡眠時間は、平均で6時間から8時間程度あるため、寝ている姿勢が二重あごを作り出してしまっている場合があります。高い枕を使っている人は、あごの部分に肉や皮膚がたまりやすく、毎日長い時間同じ姿勢で眠ることで、二重あごになりやすいことが分かっています。

二重あごを予防するためには、低めの枕を選ぶことがポイントです。首をしっかりと支えながら、背中と首、頭がまっすぐになるような高さの枕を選ぶことで、二重あごの対策になるだけでなく、無理のない姿勢で安眠することにもつながります。

高い枕になれている人は、違和感があるかもしれませんが、低めの枕になれると気にならなくなるので、低めの枕の下にタオルを敷いて高さ調整をしながら、徐々に低くしていくとよいでしょう。

日頃から正しい姿勢を意識することも二重あご予防には大切

パソコンやスマートフォン、タブレットなどが普及し、下を向いて画面を長時間見たり、姿勢が悪くなったりする人が増えてきています。

脂肪や皮膚に重力がかかりやすくなるため、たるみができ、筋肉が支えられなくなってくると、痩せている人でも二重あごになりやすく、最近は若い人にも増えてきています。

また、背中を丸めて下を向くことで、首や顔、頭を支えている筋肉の柔軟性や筋力が低下することも二重あごの原因になります。

ずっと下を向いてスマートフォンを見ないようにしたり、時々背中や腕、首をのばすストレッチをすること、日頃から正しい姿勢を意識することが二重あごを予防するためにとても大切です。日常の姿勢を見直し、すっきりとシャープなフェイスラインを手に入れましょう。