楽しみながら痩せたいならコレ!正しいフラフープダイエット講座

痩せたいけど、つらいダイエットは続かないとは思いませんか。楽しんで取り組めるダイエットなら続けられるでしょう。フラフープダイエットならば、楽しいのできっと続けられます。もちろん、ダイエット効果も期待できます。

童心に返って楽しく痩せる!フラフープダイエットの方法

小学校にフラフープがありませんでしたか。だから、小学生の時にやったことがある人は多いでしょう。うまく回せる子供とそうでない子供とどうしても別れてしまいますが、コツさえつかめば誰にでもうまく回せるので、苦手な人もチャレンジしてみましょう。

フラフープダイエットの方法は、フラフープが回せればとても簡単です。フラフープを1日10分くらいやるだけで効果が期待できます。単にフラフープを腰で回しているだけなので、とても単純な動きですが、この動きはお腹周りのダイエットにとても効果的です。

もともとフラフープはアメリカでエクササイズグッズとして販売されたものですから、運動量がとても高いのでフラフープを回すだけでダイエットできます。

フラフープが苦手な方はまず正しい回し方から覚えよう

フラフープを回すぞとあまり気合を入れる必要はありません。むしろ、体をリラックスさせた状態で行ったほうがうまく回せます。フラフープを腰のあたりに持ち、足は肩幅に開きましょう。

右側へ回すときは、右足を前に出すことがポイントです。そして、少し勢いを付けてフラフープを回してください。

体をリラックスさせて、腰でフラフープを回します。腰を回すのではなく、フラフープの動きに合わせて腰を前後させるだけでフラフープは自然と回り続けます。

また、腰は少し曲げた状態で行ってください。苦手な人は、腰を回したり、腰をまっすぐにした状態で回そうとしてしまうので、この2点を改善すれば、フラフープが苦手な人も楽に回せるようになるでしょう。

フラフープに慣れてきたら!より効果を高める回し方

慣れてきたら、腰で回すだけではなく、他の場所でも回してみましょう。お腹周りを細くするだけがフラフープダイエットではありません。二の腕を細くしたいと思ったら、腕を使って回してみましょう。最初は両腕を使って回して、慣れてきたら片手でチャレンジしてみてください。二の腕が細くなるでしょう。

足を使って回せば難しい太もも痩せもできます。また、腰でフラフープを回しながら足を動かしてみてください。すり足でゆっくり体の向きを変えるとより効果的です。

また、腹筋に力を入れれば回転速度が速くなるのでよりダイエット効果が高くなるはずです。腹筋も適度に鍛えられますから、試してみませんか。慣れるともっと負荷をかけたくなるでしょうから、これらを試してみましょう。

運動量はどれくらい?消費カロリーは?

苦手な人も慣れてくるとフラフープを純粋に楽しめるようになるでしょう。楽しいけれど、10分間回していると、意外と体がポカポカしてきませんか。汗もかくはずです。運動不足の人ならば、10分もフラフープを回していれば、疲れてしまうかもしれません。

一体、フラフープを回すとどれくらいの運動量があるのでしょうか。10分間で100キロカロリー消費します。これは、ランニングや水泳で言えば平泳ぎをするのと同じくらいの消費カロリーです。

自宅で場所さえあれば手軽にできるスポーツでありながらも、かなりの消費カロリーがありますので、ダイエット効果は相当期待できます。しかも、フラフープを回すだけですから、決して難しいこともありません。

フラフープの痩せ効果とは

有酸素運動と言えば、ウォーキングが有名ですが、フラフープを回すことも有酸素運動です。だから、10分間もフラフープを回していれば、それだけの脂肪燃焼効果が期待できます。天候を気にせずに自宅で手軽にできるので、続けやすい有酸素運動でしょう。

また、フラフープを腰で回すことによって、体幹も鍛えられます。もちろん、腰回りのインナーマッスルも鍛えられるので、体の中でも大きな筋肉を鍛えることができます。

すると、脂肪がとても燃えやすくなるので、効率よく脂肪燃焼してくれるでしょう。腰回りの筋肉を鍛えることで、骨盤のゆがみを改善する効果もありますので、ポッコリお腹をへこませることも期待できます。骨盤が歪んでいると感じている人は試してみませんか。

ウエストへのくびれ効果は?

お腹がポッコリしているのが改善されるだけではありません。ウエストのくびれを作ってくれます。ウエストのくびれを作るためには、腹斜筋を鍛えなくてはなりません。

フラフープを回すと自然に腹斜筋が鍛えられるようになりますから、続けていくうちにウエストのくびれを手に入れられるでしょう。

特に、ウエストのくびれが欲しいと思っている人ならば、少し重たいフラフープを回すと良いでしょう。回す時に負荷がかかりますから、より一層腹斜筋を刺激してくれます。

回すたびに痛気持ちいいと感じるくらいのほうが、ウエストのくびれを早く作ってくれるでしょう。もちろん、骨盤のゆがみが取れることもウエストのくびれ効果を高めますので、とても良い方法です。

フラフープダイエットはこんな人におすすめ

つらい運動が苦手な人にはフラフープダイエットが効果的です。中でも、便秘で悩んでいる人は特におすすめです。骨盤がゆがんでいると内臓までゆがんでしまいます。

すると、便秘になってしまうのですが、フラフープダイエットをすれば骨盤のゆがみも内臓のゆがみも正すことができるので、便秘が解消されます。

内臓がゆがんだままでは、内臓の動きが悪いままです。しかし、骨盤も内臓も正常な状態に戻れば腸の動きが活発になります。

慢性的な便秘で何をやってもうまくいかなかった人であっても、フラフープダイエットをすれば、適度に筋肉も付きますから、便秘が解消されるはずです。毎日10分フラフープを回すだけで良いので、便秘解消のために始めてみませんか。

フラフープダイエットを成功させるための心構え

ダイエットのためにフラフープをと思ってあまり力を入れすぎる必要はありません。フラフープダイエットを成功させるために一番大事なことは楽しむことでしょう。体をリラックスさせた状態で行うほうがうまく回せますから、力を入れないようにしてください。

1日10分で十分ですが、毎日行う必要はありません。週に3~4回程度行うだけで十分な効果を得られるでしょう。1日置きに行えば良いので、難しいことではないはずです。頑張って毎日やろうと思う必要もありませんから、手軽に行えます。

また、体に異常が出た場合は無理をする必要はありません。ダイエットとは言っても、楽しまなければ続けられませんので、フラフープをまずは好きになってください。

ダイエットを成功させるためのフラフープ選び

ダイエット効果を求めているので、フラフープ選びはとても大事です。どれくらいの大きさで、どれくらいの重さのフラフープを選べば良いのかをしっかりと頭に入れてください。

だいたいフラフープの直径は90~95cmくらいです。背が150cm以下の人は少し小さめの85~90cmのフラフープにしましょう。

胴回りが大きい人はフラフープの直径が大きい方が良いです。ウエスト85cmならば+10cm大きい方が良いですし、もっとウエストが太い人はより大きい直径を選ぶようにしてください。

重さは500gで十分でしょう。負荷をかけたいならばもっと重くても構いません。また、でこぼこしたフラフープを使えば刺激があるのでよりダイエット効果が高まります。

腰に負担をかけない程度にフラフープダイエットの注意点

フラフープは腰で回しますから、腰に負担をかけないように気を付けましょう。特に、運動不足であったり、フラフープが苦手な人は最初から10分間行う必要はありません。

最初は短い時間から始めましょう。慣れてきたら徐々に時間を伸ばしてください。また、フラフープを回す前にストレッチを行いましょう。そうすれば、より腰への負担を軽くできます。

重たいフラフープのほうが負荷がかかりますが、腰を痛める可能性も高くなるので、慣れるまでは標準のフラフープを使ってください。そして、腰痛などの異常が出ればすぐに中止しましょう。

無理をしてしまうと日常生活に支障が出る恐れもありますから、しばらく休んで体調が戻るまで我慢してください。