無理は禁物!炭水化物ダイエット成功のために覚えておきたい事

炭水化物ダイエットは、短期間で痩せることができるダイエット方法として人気が高まっています。しかし、炭水化物は生命の維持に欠かすことができない栄養素なので、間違った方法でダイエットを行うと危険があるということも理解しておかなければいけません。

炭水化物ダイエットはどんなダイエット法?

炭水化物ダイエットとは、炭水化物さえ摂らなければ、後は好きなものを食べてよいというダイエット方法です。

ご飯やパン、甘いものを食べることができないので、それを辛いと感じることはありますが、炭水化物以外のものは何でも食べることができるので、続けやすいダイエットとして人気が高まっています。

炭水化物ダイエットは、効果を実感することができるのが早いというメリットもあります。効果が目に見えて分かることも人気の1つとなっています。

しかし、炭水化物は、5大栄養素の1つであり、炭水化物を抜くことで体にさまざまな不調が起こることがあるので注意が必要です。体に負担がない安全な方法で炭水化物ダイエットを行いましょう。

炭水化物って具体的にはどんな栄養素なの?

炭水化物は、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルとともに5大栄養素の一つとしてあげられている栄養素です。炭水化物は、生命を維持する上で欠かすことができない重要な栄養素です。炭水化物は、穀物や砂糖、果物、芋類などに多く含まれており、糖質と食物繊維に分けることができます。

糖質はブドウ糖となり、脳や筋肉のエネルギー源になります。食物繊維は、腸内環境の改善や余分な糖質の吸収を抑える作用があります。

消費されずに残ってしまったブドウ糖は、肝臓や筋肉細胞がグリコーゲンに変えて貯えていきますが、肝臓や筋肉でも蓄えきれなかった糖質は、脂肪細胞に取り込まれ、脂肪として体に蓄えられてしまうことから、炭水化物ダイエットが行われるようになりました。

炭水化物ダイエットにはこんな効果が期待できる

炭水化物は、食べ物から摂取するカロリーの約50%を占めているといわれています。そのため、炭水化物ダイエットで炭水化物を抜くと1日の摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、短期間で減量を実現することができます。

また、炭水化物は体のエネルギー源になるので、炭水化物を摂らないと体は溜まっている脂肪を燃やしてエネルギーに換えるので、ダイエットに高い効果が期待できます。

炭水化物を摂らないと、血糖値の上昇が穏やかになり、血糖値をコントロールすることができるようになり、肥満を防止することができるといわれています。炭水化物ダイエットを行うと、ダイエット効果だけでなく、肥満の予防も行うことができるというメリットがあります。

やり過ぎは危険!炭水化物は人に必要な栄養素

高いダイエット効果が期待できることで人気が高まっている炭水化物ダイエットですが、炭水化物は生命の維持に欠かすことができない人の体に必要な栄養素です。そのため、炭水化物を全く摂らない状態が長く続くと健康を害してしまう危険性が出てきます。

短期間でどうしても痩せたいからと言って極端に炭水化物を抜くダイエットを長く続けていると、知らず知らずのうちに危険な健康状態になっていることがあるので注意が必要です。

このように全く炭水化物を摂らないダイエットはとても危険なので、1日のうち1食は主食になる炭水化物を抜くなど、毎日の食生活の中で適度に炭水化物の量を減らしながらダイエットを行うことを心掛けておきましょう。

炭水化物を抜くことによる副作用と危険性

炭水化物を抜くとエネルギー源が不足するので、脂質やたんぱく質を分解してエネルギーを得ようとします。たんぱく質が代謝に使われるようになると、肌や髪に届くたんぱく質が足りなくなり、肌が乾燥したり、髪がぱさつくなどのトラブルが起こることがあります。

また、脂肪がエネルギー源になると、ケント体という物質が発生します。ケント体が増えると体臭や口臭が強くなることがあります。炭水化物は、糖質と食物繊維に分けることができます。炭水化物を摂らないことで食物繊維の摂取が減ると、便秘になることがあります。

痩せることができても、肌荒れや髪の傷みなど美容に悪影響が出ることがあり、体臭や口臭などの副作用が起こることがあるということは理解しておいたほうが良いでしょう。

炭水化物ダイエットを止めた途端リバウンドの可能性も!

炭水化物ダイエットは、ダイエットをやめて炭水化物を摂りだした途端にリバウンドをしてしまう可能性があると言われています。ダイエットをやめて、いきなり炭水化物ダイエットを行う前と同じくらい炭水化物を摂るとリバウンドの可能性が高まります。

糖分が不足している状態で炭水化物を多く摂ると血中の糖分濃度が上がり、脳はさら糖質を求めて食欲を増進させるので、リバウンドしやすい状態になってしまいます。しかし、炭水化物の量を控えることを心掛けておけばリバウンドの心配はありません。

炭水化物ダイエットを行っているときは、炭水化物を食べたいという気持ちが大きくなるものですが、食べたいだけ食べてしまうとリバウンドをしてしまうので注意が必要です。

やるなら正しい方法で!炭水化物ダイエットの安全なやり方

炭水化物ダイエットは、やり方を間違えると、美容や健康に悪影響が出ることがあるので、ダイエットを行うときは、正しい方法で行なわなければいけません。

炭水化物を全く摂らないダイエットは危険なので、全く摂らないのではなく、1日に摂取する炭水化物の量を減らすことでダイエットを行いましょう。ご飯1杯、食パン2枚、など3食のそれぞれの主食を減らすだけでもダイエット効果を高めることができます。

炭水化物の量を減らすだけでは、健康に悪影響が出ることはないので、安心してダイエットを行うことができます。主食を減らす代わりに、野菜の摂取量を増やすと自然と炭水化物の量を減らすことができます。

夜は食事の後は寝るだけという方が多いので、カロリーもあまり消費されません、そのため、夕食だけ炭水化物を抜くというダイエット方法も効果的です。

炭水化物ダイエットでも痩せない時は何が原因?

炭水化物ダイエットを行っているけれど、なかなか痩せないというときは、糖質を制限しているつもりでも、自覚をしていないところで糖質を摂ってしまっている可能性があります。

糖質を摂らないようにするには、甘いものを摂らなければ良いと思っている方も多いようですが、にんじんやかぼちゃ、じゃがいも、さつまいもなどにも糖質は含まれています。

また、牛乳やちくわやかまぼこ、ドレッシングにも糖質は含まれているので、なかなか痩せないときは、糖質を含んでいるものを食べていないかどうかを確認してみましょう。炭水化物を制限すると、基礎代謝が落ちてきます。

基礎代謝が落ちると1日に消費することができるエネルギーの量も減るので、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。基礎代謝が低くなることが痩せない原因になっていることがあるので、基礎代謝を上げるために筋トレなどを行うと良いでしょう。

無理のない炭水化物ダイエットにおすすめのレシピ

麺類が食べたいときは、糸こんにゃくやしらたきを代用すると満足感を得ることができます。糸こんにゃくやしらたきはカロリーも低いのでダイエットに最適です。豆腐を使った料理も満足感を得ることができます。

ボリュームがあるものを食べたいときは、キャベツを炒めて卵をのせたものにお好み焼きソースやマヨネーズをかけるとお好み焼きを食べている満足感があります。

より高いダイエット効果を得たいと思っているときは、たまねぎやキャベツ、セロリなどをホールトマトやブイヨンで煮込むと脂肪燃焼効果があるデトックススープが完成します。

デトックススープは、しっかり野菜を摂ることができるので、満足感もあり、デトックス効果が高まるので、高いダイエット効果も期待できます。

ダイエットの基本はバランスのとれた食事!

炭水化物ダイエットは、ダイエット効果が高いダイエット方法ですが、炭水化物は体に必要な栄養素なので、間違った方法でダイエットを続けていると美容や健康に悪影響が出ることがあるので注意が必要です。

炭水化物ダイエットや極端な食事制限で行うダイエットは、確かに痩せることができますが、ダイエットの基本は、栄養バランスが摂れた食事です。栄養バランスが摂れた食生活を送っていれば、代謝が良くなり、痩せやすく太りにくい体質に体質を変えることができます。

また、栄養バランスが摂れた食生活は、美容にも良い効果を期待することができます。健康的にキレイに痩せたいと思っている方は、栄養バランスが摂れた食生活でダイエットを行いましょう。