無理は禁物!炭水化物ダイエット成功のために覚えておきたい事

炭水化物を食べないダイエットは、短期間で痩せることができるダイエット方法として人気が高まっています。

しかし炭水化物は生命の維持に欠かすことができない栄養素なので、食べないことを続けたりする間違った方法でダイエットを行うと、危険があるということも理解しておかなければいけません。

炭水化物ダイエットはどんなダイエット法?

炭水化物さえ摂らなければ後は好きなものを食べる

チェック!
炭水化物ダイエットとは、炭水化物さえ摂らなければ後は好きなものを食べてよいというダイエット方法です。

ご飯やパン、甘いものを食べないので、それを辛いと感じることはありますが、炭水化物以外のものは何でも食べることができるので、続けやすいダイエットとして人気が高まっています。

炭水化物ダイエットは、効果を実感することができるのが早いというメリットもあります。炭水化物を食べないので、効果が目に見えて分かることも人気の1つとなっています。

しかし、炭水化物は5大栄養素の1つであり、炭水化物を食べないことで体にさまざまな不調が起こる場合があるので注意が必要です。体に負担がない安全な方法で炭水化物を食べないダイエットを行いましょう。

炭水化物ダイエットにはこんな効果が期待できる

炭水化物は食べ物から摂取するカロリーの約50%を占めているといわれています。そのため、食べない炭水化物ダイエットで炭水化物を抜くと、1日の摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、短期間で減量を実現することができます。

また、炭水化物は体のエネルギー源になるので、炭水化物を食べないと体は溜まっている脂肪を燃やしてエネルギーに換えるので、ダイエットに高い効果が期待できます。

炭水化物を食べないことで得られる効果
  • 血液中の濃度が上昇するのが穏やかになる
  • 血糖値をコントロールすることができる
  • 肥満を防止することが可能

食べない炭水化物ダイエットを行うと、痩せる効果だけでなく肥満の予防も行うことができるというメリットがあります。

ここがポイント!
また、急激な血糖値の上昇は糖尿病にも繋がるので、炭水化物をできるだけ食べないようにする糖質制限は、健康維持には欠かせないポイントです。

基本的な知識を知って効率よく痩せよう!低糖質ダイエットのやり方

やり過ぎは危険!炭水化物は人に必要な栄養素

炭水化物って具体的にはどんな栄養素なの?

炭水化物は、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルとともに5大栄養素の一つとしてあげられている栄養素です。ですから全く炭水化物を食べないダイエットというのも危険だと言えます。

炭水化物は生命を維持する上で欠かすことができない重要な栄養素です。炭水化物は穀物や砂糖、果物、芋類などに多く含まれており、糖質と食物繊維に分けることができます。

糖質はブドウ糖となり、脳や筋肉のエネルギー源になります。そのため、急激な炭水化物を食べないダイエットは、糖質不足を招くこともあります。

そして食物繊維は腸内環境の改善や、余分な糖質の吸収を抑える作用があります。消費されずに残ってしまったブドウ糖は、肝臓や筋肉細胞がグリコーゲンに変えて貯えていきますが、肝臓や筋肉でも蓄えきれなかった糖質は脂肪細胞に取り込まれます。
メモ
脂肪として体に蓄えられてしまうことから、炭水化物を食べないダイエットが行われるようになりました。

炭水化物は生命の維持に欠かすことができない

高いダイエット効果が期待できることで人気が高まっている炭水化物を食べないダイエットですが、炭水化物は生命の維持に欠かすことができない人の体に必要な栄養素です。そのため、炭水化物を全く食べない状態が長く続くと健康を害してしまう危険性が出てきます。

短期間でどうしても痩せたいからと言って、極端に炭水化物を食べないダイエットを長く続けていると、知らず知らずのうちに危険な健康状態になっていることがあるので、注意が必要です。

このように全く炭水化物を食べないダイエットはとても危険なので、1日のうち1食は主食になる炭水化物を抜くなど、毎日の食生活の中で適度に炭水化物の量を減らしながらダイエットを行うことを心掛けておきましょう。

炭水化物を抜くことによる副作用と危険性

肌や髪にたんぱく質が届かなくなる

炭水化物を食べないとエネルギー源が不足するので、脂質やたんぱく質を分解してエネルギーを得ようとします。

たんぱく質が代謝に使われるようになると、肌や髪に届くたんぱく質が足りなくなり、肌が乾燥したり、髪がぱさついたりするなどのトラブルが起こることがあります。

メモ
また、脂肪がエネルギー源になると、ケント体という物質が発生します。ケント体が増えると体臭や口臭が強くなることがあります。

炭水化物は糖質と食物繊維に分けられて、炭水化物を摂らないことで食物繊維の摂取が減ると便秘になることがあります。

痩せることができても、炭水化物を食べないダイエットでは、肌荒れや髪の傷みなど美容に悪影響が出ることがあり、体臭や口臭などの副作用が起こることがあるということは理解しておいたほうが良いでしょう。

炭水化物ダイエットを止めた途端リバウンドの可能性も!

炭水化物を食べないダイエットは、ダイエットをやめて炭水化物を摂りだした途端にリバウンドをしてしまう可能性があると言われています。

チェック!
食べないダイエットをやめて、いきなり炭水化物ダイエットを行う前と同じくらい炭水化物を摂ると、あっという間にリバウンドの可能性が高まります。
糖分が不足している状態で炭水化物を多く摂ると、血中の糖分濃度が上がり、脳はさら糖質を求めて食欲を増進させるので、リバウンドしやすい状態になってしまいます。しかし、炭水化物の量を控えることを心掛けておけば、リバウンドの心配はありません。

炭水化物を食べないダイエットを行っているときは、炭水化物を食べたいという気持ちが大きくなるものですが、食べたいだけ食べてしまうとリバウンドをしてしまうので注意が必要です。

やるなら正しい方法で!炭水化物ダイエットの安全なやり方

炭水化物を全く食べないダイエットは危険

炭水化物を食べないダイエットは、やり方を間違えると美容や健康に悪影響が出ることがあります。そのため、炭水化物を食べないダイエットを行うときは、正しい方法で行なわなければいけません。

炭水化物を全く食べないダイエットは危険なので、全く摂らないのではなく、1日に摂取する炭水化物の量を減らすことでダイエットを行いましょう。

ここがポイント!
ご飯1杯、食パン2枚など、3食それぞれの主食を減らすだけでも、食べない炭水化物ダイエット効果を高めることができます。
炭水化物の量を減らすだけでは健康に悪影響が出ることはないので、安心してあまり食べないダイエットを行うことができます。主食を減らす代わりに、野菜の摂取量を増やすと自然と炭水化物の量を減らすことができます。

夜は食事の後は寝るだけという方が多いので、カロリーもあまり消費されません、そのため、夕食だけ炭水化物を食べないというダイエット方法も効果的です。

成功者が多い夜だけ炭水化物を抜く方法

炭水化物には美味しいものがたくさんあります。ご飯にラーメンやパスタ、うどんやパンと、主食としてよく食べられているものばかりです。ですから炭水化物を食べないダイエットと聞くととても心苦しい気持ちになるでしょう。

そこで最も効果的なのが夜だけ炭水化物を抜く方法です。夜はどうしてもたくさん食べてしまったり、仕事の付き合いで外食にいくと不要なものまで口に入れてしまったりすることもあるでしょう。

食べないように我慢するのは大変で辛いと思いますが、夜抜くことでその後のカロリー消費のバランスが保たれます。出来るだけストレスがたまらないように、炭水化物を他のもので代用できないかと考えることも重要です。

無理のない炭水化物ダイエットにおすすめのレシピ

代用品を使って主食を食べよう

麺類が食べたいときは、糸こんにゃくやしらたきを代用すると満足感を得ることができます。糸こんにゃくやしらたきはカロリーも低いので、炭水化物を食べないダイエットに最適です。豆腐を使った料理も満足感を得ることができます。

ボリュームがあるものを食べたいときは、キャベツを炒めて卵をのせたものにお好み焼きソースやマヨネーズをかけると、お好み焼きを食べている満足感があります。

より高いダイエット効果を得たいと思っているときは、たまねぎやキャベツ、セロリなどをホールトマトやブイヨンで煮込むと、脂肪燃焼効果があるデトックススープが完成します。

メモ
デトックススープはしっかり野菜を摂ることができるので、炭水化物を食べないダイエットの中でも満足感もあり、ダイエット成功に期待できます。

健康被害を防ごう!デトックスに有効な食べ物やダイエット法を伝授

デトックス作用のあるメニューを食べよう

炭水化物を食べないダイエットと同時に、デトックス作用のあるおかずやメニューを食べるようにすると、体内から不要なものが排出されてダイエットの効果が高まります。

そこでデトックス効果の高いメニューをご紹介しますので、炭水化物を食べないダイエットと同時進行して進めてください。

デトックス作用のあるメニュー

メニュー 効果
野菜スープ 使用する野菜はキャベツや人参、玉ねぎにトマトなどです。これらの野菜に含まれる栄養素によってデトックス作用が働きます。とくにトマトのリコピンはお通じを改善したり美肌作用があったりするので女性にとてもおすすめです。
キムチ鍋 キムチに含まれるカプサイシンは新陳代謝を促します。さらに野菜やきのこ類を加える事で腹持ちもよくなり、炭水化物を食べないダイエットにピッタリ。
野菜サラダ 野菜でも生だととくにデトックス作用が強く出るので、ダイエット中はできるだけ生野菜を食べるようにしてください。サラダに使う野菜はブロッコリーがおすすめです。ブロッコリーは栄養価が高いことでも知られているので、健康効果にも期待できます。

炭水化物を食べないダイエットのポイントとは

炭水化物ダイエットでも痩せない時は何が原因?

炭水化物を食べないダイエットを行っているけれど、なかなか痩せないというときは、糖質を制限しているつもりでも、自覚をしていないところで糖質を摂ってしまっている可能性があります。

チェック!
糖質を摂らないようにするには、甘いものを摂らなければ良いと思っている方も多いようですが、にんじんやかぼちゃ、じゃがいも、さつまいもなどにも糖質は含まれています。
また、牛乳やちくわやかまぼこ、ドレッシングにも糖質は含まれているので、なかなか痩せないときは、糖質を含んでいるものを食べていないかどうかを確認してみましょう。炭水化物をあまり食べないように制限すると、基礎代謝が落ちてきます。

基礎代謝が落ちると1日に消費することができるエネルギーの量も減るので、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。基礎代謝が低くなることが痩せない原因になっていることがあるので、基礎代謝を上げるために筋トレなどを行うと良いでしょう。

ダイエットの基本はバランスのとれた食事!

炭水化物を食べないダイエットは、ダイエット効果が高い方法ですが、炭水化物は体に必要な栄養素なので、間違った方法で食べないダイエットを続けていると、美容や健康に悪影響が出ることがあるので注意が必要です。

炭水化物ダイエットや極端な食べない食事制限で行うダイエットは、確かに痩せることができますが、ダイエットの基本は栄養バランスが摂れた食事です。栄養バランスが摂れた食生活を送っていれば代謝が良くなり、痩せやすく太りにくい体質に体質を変えることができます。

生活習慣が乱れている人やお菓子ばかり食べていると、炭水化物を食べないダイエットを行ってもバランスがよくありません。食生活のリズムはとても重要なので、ダイエットを考える前に太らないような生活習慣を整えましょう。

また、栄養バランスが摂れた食生活は、美容にも良い効果を期待することができます。健康的にキレイに痩せたいと思っている方は、栄養バランスが摂れた食生活で食べない炭水化物ダイエットを行いましょう。

ダイエットの王道!失敗しない食事制限法はルールを守ろう