あなたはどのタイプ?原因を知って小顔に!顔痩せダイエット法

顔が大きいのは生まれつきだからと、あきらめてはいませんか。確かに骨格は人それぞれですが、今の顔の大きさは主にむくみやクセなどによる後天的なものです。つまり、日々の生活の中で気をつけていけば、顔痩せダイエットは可能になり、小顔効果を得られるのです。

顔が大きくなるのはなぜ?考えられる原因とは


小顔になるためには、大きな顔の原因や顔やせダイエットの仕組みを理解しましょう。顔が大きくなってしまうことの原因としてまず考えられるのが、生活のなかでのクセによって生じた歪みやむくみによるものです。

例えば歪みの原因として挙げられるのが、頬杖をつくことや、ごはんを食べる時に噛むのが左右どちらかの歯に偏っていることなどがあります。小顔になるためには顔やせダイエットと同時に歪みの矯正も行ってください。

顔を正面から見た時に、左右のほお骨の高さがちがう人は歪みによって顔が大きくなっていると考えられます。また、加齢によって顔の皮膚がたるんできて顔が大きく見えるようになることもあります。

このようなケースは、顔やせダイエットでもリフトアップ体操を行なってたるみを解消する必要があります。髪型などで印象を変化させるのも、小顔に見えるのでおすすめです。

チェック!
また、塩分や水分を取り過ぎたことによるむくみも、顔を大きくする原因のひとつになっているので注意してください。

大きな顔がコンプレックス!小顔になるには

まずむくみに気をつけよう

憧れの小顔を手に入れるためには、まずむくみに気をつける必要があります。寝るときにうつ伏せだと頭に水分が回りやすくなり、顔がむくんでしまいます。また、塩辛い食事や水分の取りすぎも良くないです。

ここがポイント!
これらのポイントに気をつけつつ、顔やせダイエットの小顔マッサージを習慣にしていきましょう。そうすることで顔が小さくなり、憧れの小顔を手に入れられるでしょう。

表情筋を積極的に使うことや、ごはんを食べる時によく噛んで顎を使うことなど、日々の生活のなかでできる簡単なことでもフェイスラインをすっきりさせる顔やせダイエット効果はばっちりあります。

また、メイクテクニックやファッションでも小顔は作れます。化粧品を使ってハイライトとシェーディングで光と陰を有効活用しつつ、首元が開いた服で視覚効果を利用して賢く憧れの小顔を手に入れましょう。

リンパマッサージでむくみ解消を目指そう!

メモ
顔が大きくなる原因として最もポピュラーなのが、むくみによるものです。ですがむくみは日々のリンパマッサージで、簡単に解消することができます。

また、リンパマッサージを習慣にすることで、むくみにくい体質になることもできるので、ぜひ毎日の習慣にして、小顔になる顔やせダイエットをしましょう。

リンパマッサージをするタイミングとしておすすめなのが、代謝が良くなっているお風呂上がりです。お風呂上がりのスキンケアタイムに、リンパマッサージを取り入れましょう。乳液を塗った後は肌の滑りが良いのでおすすめです。

小顔ダイエット方法としては、三本指を使ってこめかみからおでこ、目の周り、小鼻周り、あごからフェイスライン全体にかけて、気持ちいいくらいの力でマッサージしていきます。最後に溜まった老廃物をすべて鎖骨へ流して完了です。

加齢による筋肉の衰えには顔痩せ体操!

どうしても歳を重ねることで皮膚の筋肉は衰えてしまいます。これをそのまま放っておくとたるみはどんどん深刻なものになっていくので、小顔になる顔痩せ体操でリフトアップをしましょう。

顔全体のダイエットに効果的な基本の体操について
  1. 顔を上に向ける
  2. ゆっくり口をあいうえおの形に大きく開く
  3. これを10回繰り返す

この手順を繰り返します。初めは10回でもけっこう辛いですが、慣れてきたら20回、30回と回数を増やして、小顔になりましょう。

次は、正面を向きます。酸っぱいものを食べた時のようなクシャクシャの顔をします。イメージとしては、顔のパーツ全てを中心に寄せる感覚です。集めたら、次は一気に全てのパーツを放つイメージで目を大きく開きます。これも10回繰り返して小顔になりましょう。

即効性を期待するならこの顔痩せダイエット法がオススメ

とにかくむくみを取ることが大切

どうしても速攻で小顔になり顔痩せダイエットをしたい時には、とにかくむくみを取ることが大切です。YouTubeにも動画が上がっている造顔マッサージは、一回で効果が実感できたと話題になったマッサージ方法です。一度試してみるといいでしょう。

また、口を閉じて舌をぐるぐる回すやり方も、小顔ダイエットに即効性がありおすすめです。左右それぞれの方向に100回ずつ回しましょう。そのあとで回しにくかった方向には50回プラスして行います。

最近Twitterで話題になった顔痩せ方法である、耳に輪ゴムをかけるだけの方法も即効性があります。輪ゴムをちょうどいい大きさに結んで、左右の耳にかけましょう。これを10分程度行うだけでも、筋肉の位置が正しくなり顔痩せダイエットができます。

むくみを取る入浴法!リラックス効果も!

むくみを取り小顔になるためには、バスタイムの有効活用がおすすめです。バスタイムにゆっくり自分の身体と向き合うことで、リラックス作用とダイエット効果を得ることもできます。1日がんばって溜まった疲れやストレスは、お風呂でスッキリ解消しましょう。

まず湯船に浸かる際にリンパマッサージをプラスします。鎖骨周り、わきの下、足の付け根、足首はリンパが多く集まっている部分です。これらのパーツをお風呂に浸かりながらゆっくりほぐしていきましょう。この一連の動作が小顔に近づくことに繋がるのです。

下から上にマッサージしていくことで、顔痩せダイエットに効果的があり、老廃物を流せます。半身浴もむくみ解消に効果的です。半身浴をしていてのどが渇いてきたら、我慢するのは危険ですので常温の水を適度に摂取するようにしましょう。
チェック!
また、お風呂場で行うリンパマッサージのむくみ取りは脚痩せにも効果があります。顔やせダイエットをするついでに全身のむくみも取り除きましょう。

リンパマッサージでむくんだ足の血流を改善!

食生活を見直して小顔を目指そう!

水分や塩分の調節をすることでむくまないように

食生活も顔痩せするためには重要なポイントとなります。まず、過度の塩分や水分はむくみの原因となります。食事が塩辛くなっていないか見直しましょう。また、水分は特に寝る前には控えることが大切ですが、水分は我慢しすぎるのも危険です。

ダイエット中は飲む時間に気をつけ、少しずつの水分をこまめにとるようにすればむくみの心配はいらないので、無理に我慢することはないようにしてください。

メモ
また、柔らかいものばかり食べていると、顎の筋肉が弱くなりフェイスラインが引きしまらなくなり、小顔効果がなくなります。

麺類やプリンやゼリーなど、あまり噛まずに食べられるものばかりでなく、顎をよく使う食材でごはんを作るようにし、一口あたり30回は噛むことを意識するだけでも顔はスッキリします。

またダイエットやデトックス作用のある食材を食べることで、老廃物の排出をスムーズに出来る効果に期待できます。それに関してはこちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

健康被害を防ごう!デトックスに有効な食べ物やダイエット法を伝授

食べて小顔に!顔痩せにはこの食べ物!

毎日の食事のなかでも小顔を手に入れることが可能です。まず、よく噛むことは顔の筋肉を刺激するのでフェイスラインをスッキリさせる上で欠かせません。おやつにおすすめなのが、おせんべいやスルメなどの固い食べ物です。

良く噛むことで小顔効果を期待できる上に、カロリーが低い食べ物なのでダイエット効果による顔痩せもダブルで期待できるのです。また、野菜炒めや野菜スープを作る時には野菜を大きめに切るようにしましょう。

よく噛むことができるので、筋肉の刺激と少ない量の食事で満腹感を得られます。特にニンジンやタマネギ、長芋や里芋などの芋類は、噛むことで満腹感を多く得ることが可能になりますので、大きなダイエット効果もあります。

姿勢だって大事!正しい姿勢を意識しよう

姿勢が悪いと歪みの原因になる

姿勢が悪いと、見た目が美しくないだけではなく歪みの原因となり、顔が大きくなってしまいます。顔の位置を正しい位置に矯正することで小顔に見えるだけでなく、それをキープすることができます。特に猫背になりがちな人は気をつけましょう。

また、パソコンやスマホを長時間使用していると、どうしても次第に姿勢が前のめりになってしまいます。顔やせダイエットを目指すためにも、常にお腹に力を入れて正しい姿勢をキープしましょう。

顔の位置を正しくするエクササイズ方法
  1. 腰に手を当てて顔を前に突き出す
  2. そのまま下を向いて弧を描くように背中を下げてまた上げる

この時の顔の位置が正しい位置です。ここをキープできるように、毎朝このエクササイズを実践しましょう。そうなると顔やせダイエットの効果が高まり小顔になります。

猫背になることで様々なカラダの不調が起こる

猫背になるとカラダの不調に繋がり、ダイエットや小顔になることの弊害になります。とくに現代ではパソコンやスマホを長時間見る機会が増えていますので、自然に姿勢が前のめりになっています。

猫背になることで起こる不調
  • 姿勢が悪くなると代謝がスムーズにいかなくなり冷え性になる
  • 内臓が圧迫されて呼吸器や子宮の負担が大きくなることでトラブルが起こる
  • 姿勢のバランスが崩れることで筋肉が硬くなり肩こりや腰痛になる

姿勢が悪くなることで上記のような弊害が起こる可能性が高まります。さらに代謝が悪くなると小顔になる顔やせダイエット効果にも期待ができません。痩せるためには基礎代謝を上げることが重要であり、猫背にはその効果を阻害する原因になるのです。

日頃から顔の筋肉を鍛える習慣をつけよう!

口角を上げるトレーニングをすることで小顔になる

小顔になり顔痩せダイエットのためには、表情筋を鍛えることが重要です。そのためには口角を上げるトレーニングをすることはとても有効な手段になるでしょう。

口角を上げる小顔トレーニング方法

方法 効果
上を向く 簡単なトレーニング法ですが、意外に上を向き続けることは難しいです。常に上を向くことを意識するだけでも口角は上がり、表情筋が鍛えられます。
割り箸ストレッチ 顔痩せダイエットの効果も実感できる割り箸ストレッチは、横にした割り箸をくわえるだけです。このときに頬に手を添えて皮膚を持ち上げることで、口角が上がることを覚えて小顔になります。
口角グッズ ズボラさんにおすすめなのが、口角が上がるグッズの使用です。くわえるだけで口角があがるように制作されていますので、テレビを見ながら家事をしながらでも表情筋を鍛えることが可能になります。

表情筋を鍛えるためには表情を豊かにする

ここがポイント!
日々の生活のなかで顔の筋肉を鍛えていけば、加齢によるたるみもむくみの心配もいらなくなり、顔痩せダイエットもスムーズにいきます。

小顔になるため、表情筋を鍛えるのは簡単です。まずは表情を豊かにすること。普段はあまり笑ったりしないという人は、意識して笑顔を作るようにしましょう。

そのうちに自然に表情が引き出せるようになります。また、あいうえお体操で顔を柔らかくしておくのもおすすめです。食事の際によく噛むことを意識するのも、筋肉を鍛える上で大切なポイントになります。

一口食べるごとに箸を置き、30回噛むことをルールにすれば、顔の筋肉を鍛えるだけでなくダイエット効果も期待できます。また、顔が歪まないようにほお杖はつかないようにし、眠る時にはうつ伏せにならないようにしましょう。