効果がない人の特徴は?豆腐ダイエットに失敗する原因と賢いやり方

ダイエットに適している食べ物の一つが豆腐で、痩せられるとして注目されています。しかし実際に豆腐ダイエットをしてみたら、痩せることができなかったという人が多く、失敗しやすい方法でもあります。

では、なぜ失敗してしまうのか、そしてどうすると痩せられるのかをご紹介します。

ダイエットに最適な豆腐の栄養とは

豆腐は健康目的でも効果を発揮してくれるほど、優れている栄養が含まれています。豆腐にはフリ視認が含まれていて、中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる働きがあります。

さらに善玉コレステロールを増やしてくれるレシチンが含まれていますし、ミネラルやビタミンそしてマグネシウムや鉄分などが豊富に含まれています。健康だけでなく、中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる働きがあることにより、ダイエットにも良い効果を与えてくれます。

カロリーが低いだけではなく、様々な効果を持っていますので、ダイエットだけでなく健康維持のためにも積極的に食べることがおすすめです。ただし、ダイエットに関しては、間違った方法で食べていくと、痩せる可能性を低めますので注意してください。

豆腐がダイエット効果満点のワケ

豆腐がダイエットに適していると言われている理由なのが、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果と、不足しがちな栄養を補えるからです。痩せるためには、血液の状態を良くして、スムーズにエネルギー消費ができるようにすることが必要です。

中性脂肪やコレステロール値が高くなっていると、血液がドロドロの状態となり、健康面にも問題がでますし、痩せられるどころか太りやすい状態となります。

豆腐の効果によって、血液をサラサラの状態にすることができるため、痩せやすい体にすることができますし、老廃物が溜まりにくくなるため、むくみ解消も可能となります。

豆腐は低カロリーが適している理由と思っている人もいますが、実はそれほど低カロリーではなく、豆腐が持っている効果が適している理由になるので、その点を理解してダイエットしてください。

健康効果だって負けてない!豆腐の優れた効果

豆腐はダイエット効果だけを持っているのではなく、健康効果も優れています。豆腐が持っている中性脂肪やコレステロール値を下げる効果は、ダイエットよりも健康面で良い効果がでます。

血液をサラサラの状態にできる効果となるため、高血圧や動脈硬化そして脳梗塞や心筋梗塞など恐ろしい病気の予防が可能となります。更にカルシウムや鉄分などあらゆる栄養素が含まれているので、栄養不足の解消も可能となります。

豆腐だけで栄養不足解消が確実にできるわけではありませんが、不足しやすい栄養が含まれているので、健康目的でも食べることがおすすめです。

これら健康面に関しても優れているのが豆腐なのですが、ただ料理の仕方によって健康面には良いけれども、ダイエットの面では良くない場合も出てしまうため注意をしてください。

効果的な豆腐ダイエットのやり方

豆腐ダイエットは、方法を間違えるだけで痩せられない可能性を高めてしまいます。効果的な方法を行うことが必要としていますので、始める前にまずは方法を知るようにしましょう。

まず効果的な方法として知っておいてほしいのが、料理の仕方で高カロリー食になってしまうことです。置き換えに豆腐を使うことにより、カロリーを抑えることは可能としていますが、しかし、他の置き換えに適した食材に比べるとカロリーは高めです。

そのため、料理の仕方一つで、低カロリーだったのが高カロリー食になることがあり、痩せる可能性を下げてしまいます。友好的に使うためには、肉や魚の代わりに使うのではなく、ご飯の代わりに豆腐にすることがおすすめです。

カロリーを抑える目的で食べるよりも、糖質を抑える、そして豆腐が持っている効果を得る目的で食べるのが効果的なダイエット方法です。

豆腐にプラスでダイエット効果が高まる食品

豆腐はダイエットに適しているけれども、これ一つで痩せるのは難しいです。他の食品と一緒に食べるようにすることによってダイエット効果が高まりますので、豆腐だけではなく他の食品と一緒に食べてダイエットすることがおすすめです。

ではどのような食品がダイエット効果を高めてくれるのかですが、それは野菜とお肉やお魚などのおかずです。豆腐は栄養素が豊富に含まれているのですが、しかしこれだけでは十分な栄養は摂取できません。

豆腐だけだと栄養不足になる可能性が高いですので、栄養を補うためにも野菜は必要です。そして、豆腐は薄味のさっぱりした食品で、しかも消化が早いです。

そのため腹持ちが悪く、なおかつ満足感が得られにくくなっているため、すぐに不満を感じてしまいます。完食をしないようにしたり、食事に対するストレスを減らすためにも、肉や魚などの動物たんぱく質を食べることがおすすめです。

豆腐だけに頼るのはダメ!効果が出ない人の特徴

効果が出ない人の多くが、豆腐だけに頼ってしまっています。なぜ豆腐だけに頼ると効果が出ないのかというと、それは食に対して不満が多くなってしまうからです。豆腐は糖質制限ダイエットに最適だけれども、さっぱりしすぎてしまっているのがネックとなります。

そのため、食に不満を感じてしまい、長続きさせられなくなり、その結果ダイエット失敗となります。また、豆腐では摂取できない栄養素が多く、頼りすぎてしまうと、栄養不足になります。

栄養不足になることで、体が危険と判断しエネルギー消費を抑え、吸収を高めるようになるため、痩せにくい体になります。これもまた、痩せられずダイエットに失敗してしまいますので、頼りすぎることは逆効果だと理解しましょう。

豆腐ダイエットで失敗しないためのポイント

豆腐ダイエットで失敗しないためのポイントとなるのが、満足できる食事にすることと、運動をすることです。豆腐だけを食べるようにしてしまうと、食に満足できなくなり、いつも空腹でなおかつストレスが溜まるようになります。

それが失敗をしてしまう原因となりますので、豆腐ダイエットでは、食事に満足できるようにおかずもしっかり食べることがポイントです。そして、もう一つ大事なのが運動です。

豆腐ダイエットでは、痩せやすい体にできる効果を得られますが、カロリー摂取量は一般的な食事に比べて多少少ないぐらいとなります。そのため、いくら痩せやすい体にできたとしても、日頃どのくらいエネルギーの消費ができているのかで、痩せられるのかどうかが変わってきてしまいます。

痩せるためにも、エネルギーの消費を多くする必要が出てきますので、運動することも重要なポイントとなります。

豆腐一日の摂取量上限と過剰摂取の危険性

豆腐だけで満足できないなら、満足できるほど食べれば良いと考えている人もいます。実は豆腐はいくら食べても大丈夫というわけではなく、守らなければいけない1日の摂取量があります。

大豆に含まれているイソブラボンは摂取目安量上限値75mgとしていて、300gの豆腐で上限値程度となります。沢山食べてしまうと上限値を大きく超えてしまい過剰摂取となります。

過剰摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、エストロゲンの分泌が乱れ、その結果乳がんの危険性を高めてしまいます。さらに胃腸の調子が悪くなってしまったり、ホルモンバランスの乱れにより、様々な症状がでてしまいます。

過剰摂取は危険性が高いですので、豆腐は1日1丁以上食べないようにしましょう。

絹ごしと木綿を比べた場合より効果が高いのは?

豆腐には絹ごしと木綿の2つがあり、どちらがダイエット効果が高いのかが気になるところです。どちらが効果的なのかですが、若干の差ではありますが木綿のほうが効果的です。木綿は絹ごしに比べて糖質が少なめです。

100gで絹ごしは1.7g程度に対して木綿は0.8gとなります。1gも違うのですが、ただ、多い絹ごしだとしても、糖質を摂りすぎになるわけではなく、十分に抑えることができますので、さほど気にするところではありません。

また、含まれている栄養が異なってくるのですが、ただ、ダイエット効果に大きな差が生まれることはありません。木綿のほうが若干効果的ではあるけれども、最終的にはどのように料理するのか、そしてどちらが好きなのかで選ぶことが大事です。長く続けるためにも、自分好みの豆腐を使うようにしていきましょう。

飽きないよう料理に工夫を!豆腐の簡単レシピ

豆腐は飽きやすい食べ物の一つなので、長く続けていくためには工夫をしなければいけません。工夫するためには簡単レシピを知ることも重要なポイントとなります。豆腐料理でおすすめしたいレシピの一つが、豆腐サラダです。

豆腐サラダは、野菜と一緒に食べることにより、足りない栄養を補うことができる簡単レシピです。料理が苦手としている人でもできておすすめです。

あとは、豆腐唐揚げや豆腐を使ったハンバーグなどもおすすめですが、一番は豆腐を使った料理をするのではなく、カロリーを抑えつつ作った一般的なおかずと一緒にご飯のように豆腐を食べることです。豆腐料理を楽しむのではなく、豆腐とは別のおかずで楽しむことで長続きさせやすくおすすめです。