大豆ペプチドで基礎代謝改善!様々な効果が得られる納豆ダイエット

様々な健康やダイエット効果が得られるのが、日本人の白米の友でもある納豆を利用したダイエット方法です。納豆は日本人にとっての愛着のある、我が国自慢のスペシャルフードと言っても過言ではありません。

納豆のベースは大豆であり、栄養満点の納豆を発酵させていることで、納豆ダイエット効果も栄養もアップします。

健康食材の納豆はこんなことに優れています

大豆自体が畑の肉と称されるほど満たされている食材

健康食材の納豆が優れている点は、日本人であればすでに知っていることですが、大豆を発酵させていることで栄養価は倍増しています。大豆自体が畑の肉と称されるほど、植物性たんぱく質で満たされている食材です。

良質のたんぱく質といわれるのは、納豆を構成しているアミノ酸がとても良いバランスだからです。

納豆ダイエットはダイエット効果が大変素晴らしい
  • 食欲軽減作用を働かせてくれる
  • 脂肪をそのまま吸収させないテクニックを持っている
  • 体内基礎代謝を高めてくれる

不溶性食物繊維を豊富に含むのが納豆なので、水分を含むことで膨らみます。そのため食事ではお腹の中で膨らみ、食べ過ぎ予防の効果になります。ダイエット効果以外にも、健康にもなるのが納豆です。

納豆のダイエット効果が期待できる成分とは

納豆のダイエット効果が期待できる成分としては、大豆サポニンや不溶性食物繊維、大豆ペプチドなどの働きがすぐれています。

納豆を食べることで次第に基礎代謝が高まりますが、これは納豆に含まれる大豆ペプチドの栄養が理由であり、大豆ペプチドが基礎代謝を改善させてダイエット効果を高めてくれるのです。

ここがポイント!
大豆ペプチドは食事をした後でも、消費エネルギーをアップさせる効果があります。大豆サポニンは大豆に豊富であり、絨毛への収縮作用を持ちます。

絨毛は小腸に存在しており、食事成分吸収の働きがあります。速度が減速することで空腹感を感じにくくなりますし、腹持ちの良い状態を維持しやすく、ダイエット効果が大きくなります。

置き換えダイエットにはソイプロテイン(大豆原料のプロテイン)がありますが、こうした納豆(大豆ペプチド)の働きからプロテインとして活用されています。不溶性食物繊維のおかげで、水分で膨らんで過食を防ぐことが可能になるのです。

やり方はとってもシンプル!納豆ダイエット法

1日に納豆を1パック食べるだけ

納豆ダイエット法のやり方はとってもシンプルであり、1日に納豆を1パック食べるだけです。とても簡単ですが、ポイントを押さえることでよりダイエットのために、納豆を活かすことができます。

チェック!
納豆はいつ食べても構わないものの、食事を食べる前に、納豆オンリーで食べると納豆のダイエット効果で痩せやすくなります。

食事の30分前に1パックを食べておくことでお腹がいっぱいになるので、食事の時に食べる量は大幅に減るでしょう。水分を飲むことで膨れる栄養も含むので、水分も食前に飲んでおきます。

スーパーで購入して自宅冷蔵庫へ保存しても、実はまだ納豆の発酵は進行中です。数日してから納豆の有効成分がさらにピークを迎えたことを見計らい、納豆ダイエットのために食べるのもコツです。

ダイエット効果を高めたいなら加熱は避けよう

ダイエット効果を高めたいなら加熱を避けるべきなのは、納豆に含まれるナットウキナーゼは、熱自体にとても弱いためです。納豆菌の胞子というのは耐熱性に強いので、熱には強いのですが、ナットウキナーゼのほうは熱には最高に弱くなっています。

過熱調理で納豆を食べるようにすると、せっかくのダイエット効果の期待が薄くなります。過熱の目安として、効果の減少は70度以上の熱となっています。

納豆自体は本来、健康にもダイエット効果にも優れている食材です。本来持つ効能を活かしきるのであれば、加熱調理をすることなくそのままいただくのが納豆ダイエットの正しいあり方だと言えます。
メモ
過熱で納豆の栄養がすべて消えるわけではないものの、十分にダイエット効果に生かすには、そのままいただきましょう。

納豆で効果的に痩せるために知っておくこと

納豆ダイエットはリバウンドしにくいってホント?

納豆ダイエットはリバウンドをしにくいといわれるのは、植物性の質の高いたんぱく質であるためです。人間には質の良いたんぱく質の栄養が必要であり、納豆は筋肉にもなるたんぱく質を豊富に持っています。

脂の多い肉料理では脂肪ばかりが気になりますが、大豆であればカロリーは低く、大豆のたんぱく質が脂肪燃焼をよくするための、筋肉にもなる期待が持てるでしょう。

ここがポイント!
ダイエット効果を高めるためには、納豆を食べて有酸素運動や軽い筋トレをすることで、脂肪ではなく体に必要な量の筋肉がつくようになります。

脂肪ばかりの体は痩せにくいですが、筋肉量がアップすると、脂肪は自然に燃えやすくなります。基礎代謝が上がるので、太りにくくなり、それはリバウンドを招きにくくなると言えるでしょう。

納豆は太りにくい体を作ってくれるってホント?

納豆を食べることはリバウンド知らずのダイエット効果を可能としており、同時に太りにくい体を作り上げる補助になります。忘れてはならないのは、納豆はあくまでもベースであり、太りにくいからだというのは、基礎代謝の高い脂肪燃焼効率の良い体のことです。

肥満の人のボディはほとんどが脂肪ですが、スリムで太りにくくて痩せやすい人は、必要な筋肉量を維持しています。筋肉もりもりになる必要はありませんが、ある程度は筋肉をつけると体の代謝が良くなり、ダイエット効果が維持できて痩せやすい体質へと変化します。

そこに必要なのはたんぱく質であり、納豆はたんぱく質がほとんどなので、食べて運動をすると筋肉を作り上げます。これが結果的に太りにくい体になるのです。納豆は筋トレなど運動とのセットで、痩せ体質へとリセットできます。

納豆を毎日続けて食べるためにも食材やレシピを考えよう

納豆に足すとダイエット効果アップがする食材

チェック!
納豆に足すとダイエット効果アップがする食材がありますので、いくつかを日替わりで試してみて、お気に入りを見つけながらアレンジを楽しむことができます。

発酵食品のキムチを納豆に混ぜて食べるのも良い食べ方です。乳酸菌が豊富なのは、キムチが発酵食品でだからであり、乳酸菌と納豆菌によりダイエット効果の相乗作用を狙えるでしょう。

血液をきれいにする玉ねぎと一緒に食べると、血液の流れが良くなります。ポリフェノールのケルセチンという成分を玉ねぎが含むので、血行が良くなるでしょう。血栓を溶かすのはナットウキナーゼなので、ダブルの効果で血液は最高な状態です。

人の体にはポリアミンという物質が存在しており、細胞の増殖に関わっています。腸内までこのポリアミンの栄養を届けるなら、オリーブオイルをミックスさせてよく混ぜることでダイエット効果が高まるでしょう。

納豆が苦手な方はこんなレシピが良いかも!

納豆が少々苦手という人であれば、ひと工夫をしたレシピでおいしくいただくことができるでしょう。

卵に混ぜて卵焼きにしてしまうことで、納豆の強いにおいもねばりも軽減されます、オムレツの具材にするよりも、しっかり過熱をする卵焼きのほうが、臭みもねばりも少なくなり食べやすくなります。

ごはんとともにフライパンで炒めて、塩コショウと醤油で味付けをする「納豆チャーハン」は簡単で香ばしくておいしいです。

メモ
千切りキャベツと納豆を和風味で和えた、和風サラダにしても満足できる味わいですし、海苔のトッピングも和風テイストで、ダイエット効果的にもおすすめになります。

日本人の和食には味噌汁が定番ですから、納豆汁にしてお味噌汁で飲むのも食べやすいレシピです。納豆にチーズを加えて納豆おじやにしても、和風と洋風のテイストでおいしくなります。

種類が豊富で続けやすい!味噌汁ダイエットのやり方と効果について

納豆でダイエット効果を高めて実行する場合の注意点

納豆ダイエットがオススメできない人

メモ
納豆ダイエットがオススメできない人として、納豆を食べると白米が食べたくなって、その欲求に負けてしまう人です。

日本人の定番和食献立として、納豆と白米はセットであり、白米がないと納豆は無理な人、納豆を食べると白米の食が進んでしまうような場合は、最初から危険要素になるので、納豆メインのダイエットは控えたほうが良いでしょう。

いくらダイエット効果をアップさせようと、健康的とはいえ、おいしいために納豆を1回に何パックも食べてしまうような人も、単にカロリーオーバーになるだけですので控えたほうが良いです。

納豆は腹持ちも良いですが、早食いで食べてしまうと満足感が満たされないので、食事の量が増えてしまうこともあります。早食いや噛まないで食べてしまうのが、ダイエット効果を期待してもやめられない人は、あまり向かないと言えます。

過剰摂取は避けよう!納豆の適量は?

過剰摂取は避けないとならないのは、納豆は低カロリー食ですが、食べ過ぎるとカロリーオーバーになるからです。

納豆のダイエット効果を維持する適量は、1日あたりで1パックを目安とします。美味しいからといって、1回に3パックも5パックも食べていたら、納豆だけでカロリーを増やすことにもなりかねないでしょう。

健康的な食材ではありますが、納豆は健康に良いから太らないという、魔法の食品ではありません。大豆イソフラボンは良い成分ですが、過剰摂取は体内のホルモンをアンバランスにする可能性があるので、過剰に食べすぎるのは注意をする必要があります。
ここがポイント!
1日に1パックのみを食べるという、実に簡単な方法が納豆ダイエットであり、そのダイエット効果はとてもゆっくりです。

納豆はダイエット効果だけじゃない!

納豆で便秘の改善を目指すなら

ダイエット効果も高い納豆ですが、実は便秘の改善にも期待できます。とくにダイエット効果を高めるためにも、ダイエット期間中は栄養の摂取が少なくなりがちになり、そうなるとお通じも悪くなることがあります。

チェック!
しかし納豆ダイエットだと便通を促す作用があるため、より健康的に痩せることができるでしょう。

納豆の成分が便秘の改善に効果的な理由

成分 効果
食物繊維 豊富な食物繊維は腸を活発にしてくれます。そうなると便通がスムーズに行われるようになり、便通の改善が可能になります。
オリゴ糖 納豆のオリゴ糖には、腸内にある善玉菌を増やしてくれる働きがあります。善玉菌が増えると悪玉菌が減り、より高いダイエット効果が行われるでしょう。
イソフラボン 女性ホルモンに似た成分であるイソフラボンにはホルモンバランスを整える効果があります。女性らしさを保ったり、便秘にならないようにしてくれたりする作用に期待できるでしょう。

納豆にはダイエット効果だけではない様々な働きがあります。とくに便秘の改善には食物繊維が深く関わっているので、お通じの悩みがある方は積極的に食物繊維を摂取しましょう。

食物繊維で便秘解消にも最適!きなこの美容ダイエット効果とは

美容にも効果を発揮する納豆の働きとは

メモ
ダイエット効果や健康に便通の改善と、納豆には嬉しい作用がたくさんあります。さらに女性にとっても気になる美容にも効果を発揮することが知られているのです。

どのように美容効果があるのかと言えば、納豆に含まれているイソフラボンが大きなポイントとなっています。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることから、ダイエット効果だけでなく美容業界でも注目されているのです。

納豆に含まれるイソフラボンとは
  • 女性ホルモンであるエストロゲンに良く似ている
  • 老化を予防する抗酸化作用がある
  • 更年期や生理中のツライ症状を緩和してくれる

女性ホルモンと同等の働きをしてくれるということは、ずっと若々しくいるためにとても重要な成分だと言えるでしょう。

納豆にはダイエット効果はもちろん、女性にうれしい作用がたくさんあることが分かります。ぜひ納豆ダイエットで体の中からキレイになりましょう。