ポッコリ下腹をどうにかしたい!楽して痩せるダイエット術

ぽっこりとした下腹はお腹周りに脂肪が溜まってしまうことによって出来てしまうものです。ダイエットで単純に体重を落とすだけでは、キュッと引き締まったウエストを手に入れることは難しいものです。

原因や対処法にも色々なものがありますので、工夫をしながら脂肪を落としていくようにしましょう。

下腹ぽっこり!考えられる原因は?

お腹周りの筋肉が衰えることで内臓が下がってしまう

下腹がポッコリ出てしまう原因は、やはり根本的なものとして肥満が挙げられます。特に脂質や糖質を過剰に摂取していると肥満はドンドン進んでいってしまうでしょう。

メモ
腰回りは非常に脂肪が溜まりやすい部位ですので、効率よく脂肪を燃焼させていくこと下腹ぽっこりには大切です。

また、お腹周りの筋肉が落ちていることも原因の一つだと言えます。運動不足や加齢などによってお腹周りの筋肉が衰えると、内臓をしっかりと支えきれなくなってしまうのです。

その為、本来あるべき位置よりも内臓が下がってきてしまうため、下腹がぽっこり出ているように見えてしまうのです。それほど太っているわけではないのに、下腹だけがぽっこりしているという方にはこのタイプの方が多いと言えるでしょう。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いをチェック

お腹周りに付きやすい脂肪には主に二種類あります。男性に付きやすいのは内臓脂肪といわれるもので、放置していると様々な体調不良や疾患を引き起こしてしまう恐れがあります。

しかし、内臓脂肪は麺類や米といった炭水化物を控えることによって、比較的容易に落とすことが出来ます。そのため、下腹ぽっこりが気になる場合、糖類の摂取量をチェックしてみましょう。

チェック!
内臓脂肪がついている方は、まずは普段の食事方法からしっかり見直していくことが大切です。とくに女性につきやすいのが皮下脂肪となっています。
女性の場合、妊娠・出産のために骨盤が男性よりも広めにできているため、その分腰回りに脂肪が溜まりやすくなっています。男性よりも女性の方が下腹ぽっこり体型が多いのはこの理由からです。

皮下脂肪は身につきやすく落ちにくいという性質をもっているため、簡単に落とすことが出来ません。やや長い時間を掛けてしっかりと下腹のぽっこりした脂肪を落としていく必要があります。

下腹ぽっこりを解消するための効果的な運動とは

下腹すっきり!ドローインダイエットに挑戦

下腹ぽっこりをすっきりさせる運動としておすすめなのが、ドローイン運動です。ドローイン運動は、場所も取らず、いつでも思いついた時に手軽に行うことが出来ます。

ダイエットに効果があるだけでなく、美しいボディラインを作り体幹を鍛える効果もあるので、是非下腹ぽっこりを解消するためにもチャレンジしてみましょう。ドローイン運動のやり方は簡単で、立ってでも横になってでも行なえます。

ドローイン運動のやり方
  1. まず身体をまっすぐに伸ばし、鼻からゆっくり息を吸い込んでいく
  2. 息を止め、お尻に力を入れたまま数秒キープ
  3. 今度はゆっくりと口から息を吐きながらお腹を凹ませていく
  4. 出来れば30秒以上、お腹を凹ませたままの状態をキープ

息を吸い込む際に意識してお腹を出来るだけ膨らませていきましょう。これを1日5から10回を目安に行っていきます。

お家で簡単にできる!ウエスト引き締めストレッチ

女性にとって憧れなのはきゅっと引き締まったウエストです。下腹ぽっこりを解消してくびれを作るためには、やみくもに腹筋を鍛えても意味がありません。大切なのは、脇腹あたりにある腹斜筋(ふくしゃきん)を鍛えていくことです。

腹斜筋はストレッチなどによって効率よく引き締めていくことが出来ます。やり方は簡単で、まずは体をひねる運動です。

体をひねる運動のやり方
  1. 足を肩幅に開いて立つ
  2. 体の周りに円を描くように大きく腰からひねっていく
  3. 決して勢いをつけず、ゆっくり呼吸をしながら行う
ここがポイント!
腹斜筋はお腹にある筋肉の事で、この箇所を鍛えることで下腹ぽっこりが解消されるだけでなく、理想的なくびれボディを手に入れられます。

また、フラフープもウエストを引き締めるのに非常に効果的です。実際にフラフープを使って行うのもおすすめですが、なくても構いません。フラフープをイメージしながら腰をゆっくり回す運動を定期的に行うようにするだけで下腹ぽっこりが解消されるでしょう。

インナーマッスルを鍛えるためのダイエット法

バランスボールを使ったエクササイズ

インナーマッスルを鍛えることは、身体の代謝力を高めることに繋がります。インナーマッスルとは体の奥深くにある筋肉のことを指し、ここを意識して鍛えることで基礎代謝が上がるようになり、下腹ぽっこりにも効果を発揮するでしょう。

インナーマッスルを鍛えるために効果的なのは、バランスボールを使ったエクササイズがおすすめです。

バランスボールを使ったエクササイズ
  1. バランスボールの上にやや足を開いた状態で座る
  2. 軽くバウンド運動をさせていく
チェック!
大きすぎるバランスボールだと危険ですので、必ず自分の体に合ったサイズのものを選んで、下腹ぽっこり解消のため使用するようにしましょう。

また、プランク運動もインナーマッスルを鍛えるのに効果的です。マットや布団の上にうつ伏せになり、身体をまっすぐにします。肘をつき、手の平を床に固定させます。足先に力を入れ、腰をゆっくりと浮かせていきます。

頭から足先までが一直線になるようにし、そのまま30秒以上キープし、ゆっくり元の位置に戻していきます。これを5から10回ほど繰り返すようにしましょう。これらの運動を定期的に行うことで下腹ぽっこりから解放されます。

たるみ解消!お腹のセルフマッサージ

ダイエットをして体重を落とすだけでは下腹ぽっこりはなくなりませんし、お腹周りをスッキリさせることは出来ません。たるんでしまった皮膚を引き締め、筋肉で持ち上げていくことが大切です。

そしてマッサージもインナーマッスルを鍛える効果に繋がります。マッサージは身体を温める効果があり、基礎代謝力を高めることで脂肪燃焼を促進させてくれます。

おすすめなのは入浴中のマッサージです。湯船で体が温まっているのでより高い効果を得ることが出来ます。やり方は非常に簡単で、まずはお腹を左右から横方向にさすっていきます。下腹ぽっこりを解消するためには、やはりお腹周りを重点的に行いましょう。

次に肋骨から恥骨に向かってゆっくりとさすっていきます。太股の付け根には太いリンパが通っていますので、足の付根を軽くさすってあげるのも効果的です。

チェック!
便秘気味の方は、手の平をお腹に当て、大きくのの字を描くように擦るのもおすすめですし、下腹ぽっこりも同時になくなるでしょう。

かっさマッサージの脚やせ効果が期待大!リンパや血液の流れを改善し、むくみを解消!

面倒なことはしたくない!ながらダイエット

道具も必要ない簡単にできる運動とは

ジムに通ったり、フィットネスマシーンを使ったりしたダイエットはお金がかかりますし、場所や時間が限られています。そのため下腹ぽっこりをなくすため、思いついた時にやろうと思っても簡単に行えないものです。

しかし、スクワットやエクササイズならば自宅で手軽に行うことが出来ます。テレビを見たり、音楽を聴いたりしながらでも行えるのも魅力的です。

調理の合間には、シンクに手を添えてかかとをトントンと上下運動をさせるのも筋力アップに効果があります。デスクワーク中に意識して足だけを浮かせるのも腹筋が鍛えられるので、下腹ぽっこりが解消されるお腹周りの脂肪燃焼に繋がります。

普段の入浴中にリンパマッサージをしてあげると、脂肪が落ちやすく、老廃物が排出されやすくなります。このように、普段の生活の中でも何かをしながらダイエットを行うことは十分可能なのです。

さらに効果をアップさせるグッズを使用した運動とは

ながら運動には基本的には道具は必要ありませんが、何もない場所で運動を続けることは、モチベーションが上がらないこともあるでしょう。そこで下腹ぽっこりを解消するために、おすすめなのがグッズの使用です。

目的のためには周りから固めていくことも大きなポイントであり、グッズを購入することで「絶対に下腹ぽっこりをなくしてやるぞ」という強い意思を持つことができます。そこで下腹ぽっこりに効果のあるグッズを紹介します。

下腹ぽっこり解消に効果的なグッズ

グッズ 効果
ストッパー 踏み台昇降とも呼ばれているストッパーは、足を上げたり下げたりすることで脂肪の燃焼を促す効果があり、腕や足痩せにも繋がります。
腹筋クッション もたれることを繰り返すだけで腹筋を鍛えられるクッションだと、テレビや雑誌を見ながらできますし、下腹ぽっこりにも効果があるのでとてもおすすめです。
低周波ベルト 低周波で下腹に刺激を与えて脂肪の燃焼を促します。ベルとタイプだとお腹周りに巻くだけなので、家事や掃除の邪魔をしませんし、寝ている状態でも実施できます。

他の用事をしながらでもグッズを使用するとダイエット効果もアップしますし、何よりそんなに高価な商品でもありませんので、下腹ぽっこり解消のため、頑張ろうという気持ちの維持にもおすすめです。

今すぐ下腹をどうにかしたい!即効性のあるダイエット法


急激なダイエットは身体に負担をかけるだけでなく、リバウンドしやすいのでおすすめしません。じっくり時間を掛けながら、体質改善から行っていく方が効果的です。しかし、どうしても今すぐ下腹ぽっこりをすっきりさせたいという方もいらっしゃることでしょう。

そういう方におすすめなのはスクワット運動です。正しく行えば、少ない回数でも腹筋以上の効果を得ることが出来る上、比較的早く下腹ぽっこりがなくなる効果を実感することが出来るのでおすすめです。

スクワット運動のやり方
  1. まずは両足を肩幅程度に開き、足先はまっすぐかやや外側に向けて立つ
  2. 両手は腰に当てても前に伸ばしても大丈夫
  3. ゆっくりと息を吸いながら腰を落とし、太ももが床に対して水平に保つ
  4. その状態のまま数秒キープ
  5. 今度はゆっくり息を吐きながら元の位置に戻る
メモ
まずは少ない回数からスタートし、徐々に回数を増やしていくようにしましょう。続けることでより下腹ぽっこりがすっきりキレイになります。

種類は様々!ダイエット効果の出るスクワットのやり方とは

効果的に痩せるためには日常生活の過ごし方もポイント

ムダな脂肪を落とすには日頃の食事も大切

無駄な脂肪を落とすためには、普段の食事を見直すことが非常に大切です。脂質や糖質の過度な摂り過ぎは脂肪を蓄えやすくするだけでなく、様々な体のトラブルを引き起こしてしまうことがあるので要注意だと言えます。

下腹ぽっこりを解消するための脂肪を燃焼させやすい食事には、唐辛子や生姜を使った料理がオススメです。身体を温める効果があるので、脂肪を燃焼させやすく、身体の中に溜まった老廃物の排出を促してくれます。

チェック!
良質なタンパク質を摂取するのもおすすめです。卵や豆類、チーズや鶏肉などを積極的に摂取するようにしましょう。
便通を良くしてあげるのもダイエットには欠かせない要素です。乳酸菌をたくさん含んでいるヨーグルトや乳酸菌飲料、味噌やキムチといった発酵食品には腸内環境を整える効果があるので、下腹ぽっこり解消には非常におすすめだと言えます。

下腹ダイエット後に気を付ける事

ダイエットをした後にすぐに元の体型に戻ってしまう方の多くは、ダイエット中の生活を維持できず、また元の生活スタイルに戻ってしまっています。下腹ぽっこりがなくなって痩せた身体を維持するためには、生活スタイルも維持していくことが大切です。

過剰な運動や、過激な食事制限は長期的に続けることが出来ません。バランスのよい食事と、適度な筋トレやトレーニングを、ダイエット後もしっかりと毎日続けていくようにしましょう。特にお腹周りは脂肪がつきやすく、筋肉も衰えやすい部位です。

運動不足になるとすぐに下腹部はたるんできてしまうので、意識的に筋力を維持していくようにしましょう。適度な運動は健康にもなりますし、代謝があがることで美容効果にも期待できます。

下腹がぽっこりしている横腹付近は、日常生活ではあまり使用することがない筋肉ですので、思いついた時にねじったり伸ばしたりして使ってあげるようにするのも、筋力低下を防ぎ、下腹ぽっこりを解消するためにはおすすめです。