低カロリーなチーズも!チーズダイエットの意外な魅力とは

色々な食品を使ったダイエットが今まで数多く登場してきました。中でも今注目されているのはチーズを使ったダイエットです。意外な組み合わせですが、なぜ注目されているのか、どのような効果があるのかこれから検証していきましょう。

太るイメージの強いチーズが実はダイエットに有効だった

カロリーの低いチーズなら脂肪が蓄積されない

チーズと言えば高カロリーでダイエットの敵というイメージが強かったのですが、実はダイエットに有効な食材なのです。

ここがポイント!
チーズと一言で言っても色々な種類があり、カロリーも高いものから低いものまであります。カロリーの低いチーズならそれほど脂肪が蓄積される事はありません。
しかも食べごたえもありますので、腹持ちも良く長く続けられるのも魅力です。チーズはタンパク質が多く、ダイエット中に失われやすい栄養素も豊富に含まれているため、栄養が偏り体の不調が出にくいのも大きなポイントでしょう。

今までチーズは太ると思っていた方、これからは避けずにむしろカロリーの低いチーズをおいしく食べて楽しく痩せましょう。勝手なイメージで食材を避けるのではなく、本当にいいものをダイエットのためにも食べるようにしてください。

チーズの種類別にみるカロリーと豊富な栄養素

チーズの種類によってカロリーに違いがありますが、どれくらい違いがあるのかをダイエットのためにもチェックしていきましょう。

まずカロリーの低いチーズと言えば「カッテージチーズ」があります。何と100グラムで100キロカロリーほどしかありません。その次に低いのが「モッツアレラチーズ」で250キロカロリーほどになります。

逆にカロリーの高いチーズは「クリームチーズ」や「チェダーチーズ」で、同じ量でも400キロカロリーを越してしまいます。そのため、これらの種類はダイエットには不向きだと言えます。

チェック!
チーズは栄養素も豊富で、脂肪を燃焼させてくれるビタミンB2や粘膜にいいと言われているビタミンAなども含まれています。

さらに脂肪も含まれていますが、これは髪の毛や肌をきれいにし、腹持ちを良くする効果もあるので、実はダイエットの敵どころかいい味方でもあるのです。

チーズがダイエットに良い根拠とは

チーズの脂肪分は消化されやすく体にたまりにくい

チーズダイエットをする上で気になるのは、ダイエットにいいという根拠です。どのような理由があるのでしょうか。

メモ
チーズには脂肪分が含まれています。チーズの脂肪分は実は消化されやすく体にたまりにくいのです。そのため脂肪分があっても太りにくくなります。

しかもカルシウムが原料の牛乳よりも多く含まれており、これがその後の食事の脂肪の吸収を抑制してくれます。ですから食前に食べるのがベストです。

ダイエットしている時は食事制限をすることが多くなり、カルシウム不足を引き起こし骨粗しょう症の心配が出てきますが、チーズダイエットならその心配はありません。ダイエットをしていても健康を維持できますし、体重だけが減らせるのがいいところなのです。

ダイエットに選ぶならどのチーズが良さそう?

もしもチーズダイエットをするなら、カッテージチーズを使うのがいいでしょう。このチーズはスーパーなどでは販売されていませんが、自宅で簡単に作ることができます。用意するのは牛乳とレモン汁程度ですし、時間もそれほどかかりません。

カッテージチーズの作り方
  1. 牛乳を温めて60度になったらレモン汁を加える
  2. レモン汁を素早く混ぜたら10分程度放置
  3. 固形と液体に分離するのでキッチンペーパーで濾す

自分で作るのが面倒なら、よくスーパーなどでも市販されているモッツアレラチーズをダイエットに使うのもいいでしょう。これらはサラダの中に入れて食べることもできますし、勿論単独で食べることもできます。

ただダイエットを目的にする場合、高カロリーなチーズは使わないようにしましょう。おいしいく栄養豊富ですが、カロリーが高いとダイエットになるどころか太ってしまいますのでお勧めしません。必ずチーズダイエットする時はカロリーを確認しましょう。

チーズダイエットのやり方は?

できるだけカロリーの低いチーズを食べよう

チーズダイエットのやり方は簡単です。置き換えをする必要はなく、ただ一日55グラム程度チーズを取り入れる程度でダイエットができます。

チェック!
しかし普段の食事は腹八分目くらいに抑えておきましょう。満腹を十分目とするなら、腹八分目は物足りなさを感じないけれども満腹ではないという程度になります。
チーズは単独で食べてもいいですし、サラダの中に入れたり食後のデザートとして食べたりするのもいいでしょう。できるだけカロリーの低いチーズにするのが望ましいのですが、それ以外のチーズでも量が多くなければダイエットに使っても構いません。

そして野菜も極力食べるようにしてください。チーズでは補えない栄養素を野菜で補うためです。これで無理なく痩せられるでしょう。

食べ過ぎには気を付けよう!チーズの一日の摂取量

チーズはカロリーの低いものもありますが、一般的にはカロリーは高いものです。高カロリーなチーズになりますと、たった100グラムでも400キロカロリーを越してしまいます。そのためダイエット中は、あまり沢山食べすぎないように気を付けてください。

メモ
チーズはいくら分解されやすい脂肪であっても、たくさん食べすぎてしまうと太ってしまいます。ダイエット中は一日の摂取量をきちんと守るようにしましょう。

大体55グラム程度なら、一番低いカロリーのカッテージチーズですと55キロカロリー程度にしかなりません。そのため食事にプラスしても、カロリーの心配はありません。

また、チーズ以外は普通の食事をしますが、脂肪分の多いご飯は控えるようにしてください。あくまでもダイエットしているということを意識しなければいけません。

チーズを食べるのは朝昼晩どれがおすすめ?

チーズを食べる時間帯も実は重要なポイントだと言えます。チーズなどの乳製品は、夜の方が吸収率も良くなるので、できるだけ晩御飯の時に食べるようにしてください。ちなみに食前でも食事中でも食後でも、どちらでも構いません。

ただ、寝る前に食べるのは避けましょう。寝る直前に食べてしまいますと、あとは寝るだけですのでカロリーが発散されずに体に蓄積されてしまうからです。ダイエット中はあくまでも晩御飯の時に食べるのが正解です。
メモ
他の時間帯に食べてはいけないのかというと、そういうことはありません。朝食にも昼食にも、どちらにも好きな時に取り入れるようにしてください。

早い時間にチーズダイエットを取り入れるメリットは、カロリーを消費しやすいという点があります。カルシウムの吸収などの効果を得たいなら、晩御飯の時の方がいいでしょう。

低カロリーのカッテージチーズを使ったレシピを紹介


カッテージチーズは低カロリーですのでぜひダイエットに活用してもらいたいです。そこで簡単に作れるダイエット用のレシピを紹介します。

まずカッテージチーズを55グラム用意してください。トマト一個に玉ねぎも4分の一程度必要になります。

カッテージチーズを使ったおすすめのレシピ
  1. トマトは輪切りにしてお皿の上に並べる
  2. トマトの上にみじん切りした玉ねぎを乗せる
  3. さらにカッテージチーズをその上から乗せる
  4. ドレッシングをかければ完成

イタリアンのカプレーゼという料理がありますが、それと同じような料理になります。おしゃれですし、とてもおいしいのでやみつきになるでしょう。ダイエット用としても、お酒のおつまみとしても最適だと言えます。

チェック!
その他にもブルーベリーなど、フルーツと一緒にカッテージチーズを食べるのもおいしく、デザート感覚になるのでお勧めです。

チーズダイエットの効果を持続させるためのポイントとは

チーズの足りない栄養分を補う野菜

チーズには沢山の栄養素が含まれていますが、ビタミンCは含まれていません。ビタミンCは人が生きていくためには必要不可欠なものであり、特にお肌をきれいにしたい人は極力摂取する必要があります。

ここがポイント!
チーズダイエットをするには、足りない栄養素を補いながら食事を取ることで、痩せる効果を持続させることができます。
そしてチーズに足りないビタミンCの他には、食物繊維も必要です。これは便通を良くするなど、ダイエットではおなじみの栄養素になります。ダイエット中は特にビタミンCと食物繊維の多く含まれている野菜を食べるようにしましょう。

例えばブロッコリーなどがおすすめです。他にもサツマイモやキャベツ、トマトにブロッコリースプラウトなどもいいでしょう。

トマトはチーズと一緒に調理すると味の相性もバツグンですので、是非積極的に摂取してもらいたいと思います。チーズで足りない栄養素もきちんと補えば、健康的なダイエットができます。

健康への第一歩!病気予防でも注目されているトマトダイエット法

食事だけでなく運動を取り入れることでダイエット効果もアップ

チーズダイエットの効果を上げたいなら、少しでも運動を日常生活に取り入れるべきだと言えるでしょう。しかしどうしても運動する時間がない方や、体を動かすことが苦手に感じている人もいると思いますが、運動と言っても難しく考える必要はありません。

いつもと同じような生活を送りながら、ほんの少し歩く時間を増やしたり、つま先立ちを行ったりするだけでダイエット効果があります。

チーズダイエットの効果を上げるためにも、無理なく実行できる範囲で運動を実践していきましょう。さらに入浴中のマッサージもダイエットに効果的です。

チェック!
リンパの流れに沿って体を優しく労わるだけで新陳代謝が活発になり、老廃物の体外へと出されて肌もツヤツヤになります。

脚やせするならリンパマッサージ!疲れた脚を労わりながら最大限の効果を引き出そう

ダイエットだけじゃない!チーズの優れた健康効果とは

チーズの種類別に見る様々な特徴とは

チーズには様々な種類があります。ダイエットに効果的なのはカッテージチーズですが、この機会にチーズの違いについて理解を深めてみましょう。

よく知られているチーズの特徴

種類 特徴
プロセスチーズ 長期間の保存を可能にしているプロセスチーズは、少し添加物が使用されています。牛乳の成分でもあるカルシウムよりも多く添加物が含まれていることもあり、自然素材のチーズが食べたい場合は向いていないが、長期保存という観点から見るとメリットが大きいと言えます。
ナチュラルチーズ 添加物があまり使用されていないチーズという特徴があり、子供さんにも安心して食べさせることができます。ダイエット中の栄養補給という意味でも最適なチーズだと言えるでしょう。
カマンベールチーズ 真ん中部分がトロリとした食感が特徴のカマンベールチーズは、味にクセもなくとても人気があります。脂質やタンパク質などの栄養素も豊富ですが、特にセレンという抗酸化作用の働きがある成分が存在することから、美肌効果にも期待できます。

チーズと一言でいっても性質や特徴に違いがありますので、自分に合ったチーズを食べ比べてみることもいいでしょう。味に変化を付けることは、ダイエット中の飽きない食事にも繋がります。

ダイエット中のイライラ解消にも!

ダイエット中は食事制限で食べたい物が食べられないことから、ストレスが溜まってしまうこともあります。

ストレス自体もダイエットの敵で、リバウンドする原因になったり肌荒れをしたりすることもあります。しかしチーズダイエットは、ダイエット期間中のイライラを解消することも可能なのです。

チーズに含まれている豊富なカルシウムにはイライラを解消してくれる働きがあります。また、腹持ちもいいので空腹感を感じにくく、飢餓状態を頭で感じることが少なくなっています。夜中お腹が空き過ぎて、眠れないということも解消できます。

今まで色々なダイエットをしてきて失敗してきた人こそ、このチーズダイエットをするべきでしょう。普段イライラしやすい性格の人もぜひ実践してみてください。