飲み方次第でダイエット効果大!牛乳ダイエットの方法を徹底解明

牛乳は太るという印象を持たれやすいですが、飲み方次第でダイエットにとても良い飲み物です。太るのは飲みすぎた時のことなので、適量をベストなタイミングで飲むようにすると、牛乳ダイエットは効果的なものとなります。

栄養豊富な牛乳をまずは知ろう!期待できる健康効果は?

栄養豊富な牛乳をまずは知ることは大切であり、期待できる健康効果も学習をしておきます。牛乳には豊富なたんぱく質が含まれるので、血液や筋肉を作るベースを豊富に摂取ができます。

カルシウムやマグネシウムが豊富な牛乳は、ミネラルの栄養素も豊富であり、骨のメイン成分をたっぷりと摂取ができます。ミネラルは神経刺激伝達や、筋肉収縮作用など、健康維持に必要な働きもあるので、そうした作用にも牛乳は役立ちます。

水溶性と脂溶性の両方のビタミンを牛乳は含みますので、健やかさにも欠かせないです。牛乳により骨や歯は丈夫になりますし、脳の健康状態までも良くなります。脳は牛乳の栄養により、認知症などの予防になります。トリプトファンを含む牛乳なので、セロトニンの幸せホルモンを増やすことができます。

太るイメージの強い牛乳のカロリーとは

太るイメージの強い牛乳のカロリーは、選ぶ種類によっても異なります。普通牛乳はコップ1杯あたりで130Kcalから140Kcalほど、低脂肪牛乳であれば85Kcalから100Kcalくらい、最もカロリーの低い無脂肪牛乳は65Kcalから90Kcalほどになります。

すべて牛乳という飲み物で変わりなハイですが、含まれる脂質の違いによって、コップ1杯分のカロリーが大きく違います。カロリーをとても気にするのであれば、最初から無脂肪牛乳や、低脂肪牛乳を選ぶようにします。

飲みすぎれば牛乳でもカロリーは多くなりますが、ダイエットに適した量であれば問題はなく、栄養価も優れています。牛乳にはビタミンやミネラル、たんぱく質なども含まれます。

実は痩せる飲み方があった!牛乳ダイエットの方法とは

実は痩せる飲み方があるのが牛乳であり、牛乳ダイエットの方法は好きなだけ牛乳を飲むのではなく、夜眠る前にだけ飲む方法です。眠る直前では夜トイレに行きたくなるので、夜のお風呂から出た後など、ベッドに入る前の少し余裕のある時間帯に飲みます。

冷たいままよりも、ホットミルクにして飲むことで、脳の興奮した状態を穏やかにさせてくれます。ホットミルクにすることで、体内の代謝も良くなります。数日ではなく牛乳ダイエットは、継続をすることが必要なので、1ヵ月以上は続けてやってみることです。

牛乳ダイエットはすぐに結果が出るものではなく、継続をしてゆっくりとダイエットの結果につなげるものです。夜飲むのが基本ですが、他の時間にするなら、運動をした後も効果的です。

牛乳を飲むのに適した時間は?

牛乳を飲むのに適した時間は、牛乳ダイエットで飲むのであれば、夜の眠る前の時間に飲みます。眠る前に飲むのは、体重が増えてしまうと考えやすいですが、このタイミングがダイエットにも良い牛乳タイムです。

食事をする前に毎回牛乳を飲むとなると、ダイエットとしてもカロリーが一気に上がるので、ダイエットになるかが疑問です。しかし眠る前に、コップに1杯ほどの牛乳を飲むだけですから、カロリーはあまり気にする必要はないです。

血液の中のカルシウムの濃度ですが、人間が眠っているときには低くなります。それを補うためにはカルシウムは、骨から溶け出します。

体内にカルシウムの不足状態が続くと、脂肪分解の酵素は活発ではなくなり、脂肪はそのままたまりやすくなります。だから就寝前に牛乳を飲むと、骨からカルシウムが溶けるのを予防して、ダイエット効果にもなります。

飲むだけで得られるダイエット効果

飲むだけで得られるダイエット効果は、牛乳の成分により体内では、痩せるための様々な働きが期待できます。牛乳ダイエットの素敵なことの一つは、太っているときには滞りやすい代謝は、牛乳の成分により基礎代謝を高めることになります。

ビタミンB1やビタミンB2も牛乳には含まれますので、これらは脂質や糖質の代謝をよくします。だから牛乳を飲むと、脂肪として溜まりにくい願うべき体へと変わりやすくなります。牛乳を飲むのはダイエットの時に感じやすい、ストレスに対しての緩和という効果ももたらします。

ダイエットは我慢の連続と努力なので、イライラしやすくストレスはマックスになります。その状況をやさしくケアするのは、牛乳の持つ利用のストレス緩和の効果です。

ダイエットに適した牛乳の種類は?

ダイエットに適した牛乳の種類は高脂肪ではなく、低脂肪や無脂肪牛乳を選ぶことで、カロリーを大幅に控えることができます。通常の牛乳を飲むこともできますが、カロリーは少し高めなので、飲みすぎないようにします。

最も低い低カロリー牛乳は無脂肪牛乳、その次は低脂肪牛乳、そしてふつう牛乳ですが、さらにカロリーが高いのは特別牛乳です。低脂肪牛乳や無脂肪牛乳というのは、普通の牛乳を使っていて、そこから脂質を減らしているものです。

脂質が少ない分だけ、影響を受けるのがカロリーです。ただ飲みすぎなければ、ダイエットに一般的な牛乳を使うのは、さほど問題はないです。普通の牛乳や特別牛乳はカロリーが少し高い印象ですが、それだけ栄養も多くなります。

牛乳に足して飲みたいアレンジレシピ

牛乳に足して飲みたいアレンジレシピを利用することで、牛乳ダイエットはより豊かで楽しいものとなります。そのまま飲んでもおいしいですが、アレンジを加えるともっとおいしさもアップをします。

冷たいままではなく牛乳を温めて、ダイエット用のシュガーを入れて飲むと、温かいですし、甘みがあってとてもおいしくなります。牛乳に豆乳を加えて、さらに少しだけバニラシロップを入れると、かなりスイートです。

体内の余計な塩分を排出する、はちみつを牛乳に加える飲みかたも、ナチュラルでスイートな甘みです。砂糖のではなくはちみつを入れることで、砂糖よりもカロリーは低いので、牛乳ダイエットの時には最適です。牛乳はカルシウムたっぷりであり、はちみつが入るとさらに、ビタミンCやポリフェノールなども摂取ができます。

飲むばかりじゃ飽きちゃう!そんな時には牛乳寒天がオススメ

飲むばかりではダイエットもマンネリ化して、飽きてしまうことが考えられるので、牛乳寒天にしてダイエットにアレンジを加えます。お腹にも満足感を与える、牛乳と寒天のコラボレーションは、低カロリーでありながら、甘みがあっておいしくて、お腹にも満足でダイエットにも効果的です。

おなか一杯食べたいとき、牛乳寒天が特に良いのは、寒天が水分をしっかり吸収をして、お腹の中で膨らんでくれるからです。食物繊維でできているのが寒天ですから、水分をお腹の中でどんどん吸収をして、食べた時よりもお腹の中では寒天が膨らむからです。

食べ過ぎることもなく、その前にお腹は満たされます。寒天自体がほとんどカロリーがないので、余計なカロリーのことを心配する必要はないです。

飲み過ぎは体調不良のもと!適量を守ろう

牛乳の飲み過ぎは体調不良のもとですから、牛乳ダイエットは適量を守ることです。飲む量も度を越えてしまうと、冷たい牛乳を飲んだ時など起こりやすい、お腹のゴロゴロ状態を招きやすくなります。

飲みすぎてしまうと牛乳がもつ、ラクターゼの酵素が足りなくなります。牛乳には乳糖があり、分解されることなくお腹に残ればガスの発生源となり、水分も集まり下痢の状態となります。女性ホルモンが含まれるのも牛乳なので、お腹の中では男性ホルモンになります。

酵素が働くので牛乳はテストステロンになり、毛穴から過剰な皮脂が分泌して、毛穴が詰まりますので、肌荒れを起こしやすくなります。ついでに牛乳の飲みすぎで、皮膚の状態も価格なって黒ずみができます。

牛乳ダイエットには向き不向きがあります

牛乳ダイエットには、向き不向きがありますから、乳製品に弱い人は向いていない傾向にあります。牛乳は子供の時代から、学校給食に出てくるので、誰もが口にしてきた飲み物です。

カルシウムも豊富で、栄養満点の牛乳は、健康に良いとして積極的に飲むべきと教えられてきました。でも人には体質というものがあり、すべての食品が全ての人に受け入れることができるとは、言い難いのが現実です。

確かに牛乳は健康的な飲み物ではありますが、お腹が飲んだ後にゴロゴロとするようであれば、牛乳を飲むには不向きであり、乳糖不耐症の症状を感じやすいということです。牛乳を飲んだ後に、こうした症状が出るのであれば、牛乳ダイエットは不向きですから控えます。