飲むだけで楽やせ!緑茶ダイエットの効果と効率的な進め方

緑茶には、様々な健康効果や美容効果、ダイエット効果がありますので、緑茶を飲んでダイエットをしてみてはいかがでしょうか。カテキンとカフェインという成分が脂肪を燃焼させる効果がありますので、有酸素運動を行う前に飲むと痩せる効果が高まります。

緑茶の成分とその効果を検証

緑茶には、カテキンとカフェイン、ビタミンC、カロチンなどの成分が含まれています。そのため、ダイエット効果や美肌効果、健康効果を期待することができるでしょう。

カテキンとカフェインには、脂肪や脂質等体内で燃焼させる効果があります。また食事で摂取した脂肪を分解し燃焼させてくれる働きがありますので、毎日、緑茶を飲めば健康的に痩せることができるでしょう。

運動前に緑茶を飲むと新陳代謝が高まるため、消費カロリーも増えるため身体が痩せやすくなってきます。日本茶を飲むタイミングは食前と食後です。食前に飲めば、満腹感を得ることができるため、食欲をサーブすることができます。

また食後に飲めば、食事で摂った脂質や糖の吸収を緩やかに吸収するため、太りにくくなります。

緑茶に含まれる茶カテキンの優れた美容健康効果

緑茶にはビタミンCやビタミンE、カロチンが含まれています。一日に緑茶を3杯飲めば、りんご1個分のビタミンCを摂ることができるでしょう。

ビタミンCは肌に弾力を与える効果や、水分の減少を防ぐことができるため、みずみずしい肌を作ることができますので、美肌になりたい方は緑茶を飲んでみましょう。またメラニン色素の生成を抑制する効果がありますので、シミやそばかすを防ぐことができるでしょう。

日本茶に含まれるカロチンはニンジンの10倍あり、皮膚や粘膜の潤いを保つ効果を期待することができます。またビタミンEは肌を若く健康に保ち、アンチエイジング効果があります。美肌効果がある日本茶を毎日飲むことで、美しい肌を保つことができるでしょう。

また緑茶は飲む以外にも殺菌効果も高く、化粧水やパック、出がらしを入浴剤として使用することもできます。葉緑素クロロフィルやタンニン、ビタミンCが含まれていますので肌の新陳代謝を高め、美肌作りに役立ちます。

カテキン濃度は高い方が良い!緑茶と他のお茶の含有量比較

カテキンは、お茶の成長によっても濃度に違いがあります。成熟した茶葉よりも若い葉に多く含まれています。玉露の場合、日が当たらないようにして栽培されているため、カテキン量が低くなります。緑茶、ウーロン茶、紅茶も元々同じつばき科の植物である茶の樹を原料にしています。

発酵度合いによってお茶の種類が変わり、カテキン濃度も変わります。そのため、不発酵茶である緑茶の場合、もっともカテキン含有量は高く、半分発酵させたウーロン茶は2番目にカテキン含有量が高くなります。

完全に発酵させた紅茶は、もっともカテキン含有量が少ないという結果になるでしょう。カテキン含有量はお茶の種類によって異なりますので、ダイエット目的にカテキン量が多いお茶を飲みたいというのであれば、日本茶が最も最適という結果になります。

緑茶のダイエット効果は?

緑茶を飲むだけで何故、痩せることができるのか、その理由は緑茶に含まれているカテキンとカフェインのおかげだといってもよいでしょう。

カテキンには肝臓や筋肉での脂質代謝を高める効果があります。脂質を分解し、さらに燃焼効果が高まりますので、体内で脂肪が燃焼されやすくなり、痩せ体質になることができるのです。

カフェインも体内活動を活性化させる効果があります。さらにカフェインは体内での脂肪を分解した後、分解した脂肪を燃焼させていきます。このあと燃焼されなかった脂肪が再び体内に貯蔵されるのを防ぐ効果がありますので、身体に余分な脂肪がつきにくくなるため、痩せやすくなります。

有酸素運動を行う前に、緑茶を飲むと効果的ですので、運動を行う前には必ず緑茶を飲んでおくと良いでしょう。

痩せ効果があるのは納得!緑茶ダイエットの方法を紹介

緑茶ダイエットには色々な方法があります。飲み物をすべて緑茶に変える方法や、運動前に緑茶を飲む方法や食事の前と後に緑茶を飲むという方法です。

普段、喉が渇いた時、カロリーのあるジュースや砂糖入りの紅茶やコーヒーを飲む方もいらっしゃるのではないでしょうか。糖分が含まれた飲み物を飲む習慣があると、それだけで太る原因になりますので、飲み物をすべて緑茶に変えるだけでも、ダイエット効果があります。

また運動をする40分から50分前に緑茶を飲むことで、体内活動が活発化され、脂肪を分解し燃焼させる効果が高まります。そこで緑茶を飲んだ40分から50分後にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うようにしましょう。

食事中や運動前が理想!緑茶を飲むタイミング

緑茶を飲むタイミングによってもダイエット効果を高めることができます。食事中に緑茶を飲めば、糖分の分解スピードを遅くする効果がありますので、血糖値の上昇が緩やかになっていきます。そのため、身体の中で糖分が脂肪に変化しにくくなるため、肥満予防効果があるのです。

食後に緑茶を飲めば、血液中の脂肪も減らしてくれます。血液をサラサラにしてくれる効果がありますので、脂肪燃焼時に必要とされる栄養や酸素が脂肪細胞に届きやすくなるため体脂肪が燃えやすくなります。

食事をするとき、ついつい食べ過ぎてしまう方は食前に日本茶を一杯飲んでおくと、満腹感を感じ、食事の量をセーブすることも出来ますので、カロリーをセーブしたい方は食前にも飲んでおくとよいでしょう。

また有酸素運動を行う40分から50分前に緑茶を飲むことで、脂肪燃焼力が高まりますので、ダイエット効果があります。

一日に飲んでも良い量はどれくらい?

緑茶にはダイエット効果がありますので、たくさん飲めばそれだけダイエット効果が高まるのではないかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし飲み過ぎは、逆に太る原因になってしまうので要注意です。

緑茶を1日5杯以上飲むと、太りやすくなってしまいますので、量は1日3杯程度に抑えておいた方がよいでしょう。

緑茶に含まれるカフェインは大量に摂取すると、身体が冷えるため、痩せにくくなってしまうからです。また身体が冷えることによって、血流量も低下していくため、冷えや寒さ、手足のしびれ、むくみなどの体調不良が起きます。

健康的な身体は血流の流れや新陳代謝が活発であるため、脂肪を燃焼しやすくなりますが、身体が冷たく冷えた状態だと、逆に太る原因になりますので、日本茶を飲む量に気を付けましょう。

ホットとアイスならどっちがダイエット効果が高い?

冷たい緑茶とアツアツの緑茶、どちらがダイエット効果が高まるのでしょうか。その答えはアツアツの緑茶です。温かい緑茶を飲んだ方が、体内での新陳代謝力が高まりますので、脂肪を燃焼させる効果も高くなり痩せやすくなるのです。

緑茶には殺菌作用もありますので、冬はアツアツの緑茶を飲んだ方が、ダイエット効果も高まりますし、喉の殺菌も出来るため、風邪の予防にもなります。

夏場の暑い日は、冷たいアイスの緑茶が飲みたい気分ですが、ダイエット効果を高めたいのであれば、少し冷めたぬるめの緑茶で我慢した方がよいでしょう。

温かい緑茶は脂肪燃焼力を高め、食後に飲めば、食事で摂取した脂質や糖質の吸収を抑制する効果があります。食前に飲むと、満腹感を感じやすくなりますので、食事量をセーブできるでしょう。

飲み過ぎは避けよう!緑茶ダイエットの注意点

緑茶ダイエットで気を付けたいのが飲み過ぎないということです。その理由は緑茶に含まれているカフェインには、依存性や中毒性があるからです。

日本茶にはカフェイン以外にもタンニンという成分が含まれており、タンニンは鉄の吸収を妨げる作用がありますので、貧血の方が日本茶を大量に飲んでしまうと、貧血の症状をさらに悪化させる原因となりますので注意しましょう。

またお茶にはシュウ酸が含まれており、腎臓でカルシウムと結合すると結石が出来てしまいます。尿路結石になる危険性もありますので、日本茶を大量に飲用するのはやめておいた方がよいでしょう。1日3杯で十分なダイエット効果を得ることができますので、3杯ぐらいにしておいた方が無難です。

スイーツ感覚で飲める緑茶アレンジ術

緑茶は飲むだけでなく飲むスイーツとしてアレンジしてみてはいかがでしょうか。温かい緑茶を用意し、そこに絞ったレモンとはちみつを入れてレモン茶を作ることができます。風邪を引いた時に飲むと、身体が温まり、喉の殺菌効果やビタミンCが含まれているので、風邪を早く治してくれることでしょう。

小鍋に牛乳と緑茶を入れて、沸騰しないように温めていきます。茶こしで茶葉を腰ながらカップに入れれば、緑茶のミルクティーができます。お好みで砂糖かはちみつで甘味をつけてもよいでしょう。

粉末の緑茶を使って、グリーンティーラテを作ることができます。粉末の緑茶を少量のお湯で溶かしておきます。グラスに氷を入れてお湯で溶かした緑茶を入れて、お好みでミルクを入れると完成です。