グルテンて何?最近話題のグルテンフリーダイエットが人気の理由

ダイエットをする時には食生活の見直しが欠かせません。食材選びをする時には、グルテンフリーを意識していくことで、カロリーや栄養バランスをよりしっかりと考える事ができますので、ダイエットの質が変わってくるでしょう。

グルテンの意味と含まれている主な食品

グルテンは小麦などの麦類から生成されるたんぱく質の一種

よく耳にするようになったグルテンフリーによるダイエット法ですが、そのグルテンは実際にはどのようなものなのか知らないという方もいるでしょう。

チェック!
グルテンは小麦などの麦類から生成されるたんぱく質の一種で、含まれているグリアジンという物質は食欲増進の効果もあります。

小麦を使った食品はたくさんありますが、パンやケーキ、クッキーなどの馴染み深いものや、うどんやパスタ、料理のつなぎなどにも使われているので、数えようとしてもキリがありません。

このような数の食品を意識したグルテンフリーダイエットは、実行するには少し躊躇してしまうこともあると思いますが、痩せるための体質作りにも繋がります。

小麦を使った食品はついついもう少しだけ食べたいと手が伸びてしまうのは、それらがとても美味しいメニューだからです。日常生活の中で小麦を使ったものは本当にたくさんありますので、一度は食事の内容を見直すと良いでしょう。

グルテンフリーと糖質制限に違いはある?

グルテンフリーはグルテンを摂取しない、すなわち小麦を食べないということです。似たような食生活の一つに糖質制限を思い出す方もいるかもしれません。

メモ
しかし糖質というのは主に主食となるご飯やパン、麺類などに多く含まれていて、「糖質」をカットする方法なので、ダイエットとしては明確に違っているのです。

パンや麺類など、控えた方が良い食材が似ているので勘違いしやすいのですが、グルテンフリーはあくまで「グルテンを摂取しない」ことに重点が置かれています。

そのため、食べてもよい食材が違ってくるので、きちんと知識を得て理解しておかないと、ダイエット中にもかかわらず、糖質を取り過ぎていてしまっていたということにもなりかねません。食品の表記なども見ながら、少しずつグルテンフリーを理解していきましょう。

糖質の塊なのにどうして痩せるの?うどんダイエットの成功法

グルテンの影響によって起こる様々な症状とは

グルテンが身体にもたらす悪影響とは

グルテンフリーを意識して普段の食生活を考えてみると、毎日朝食にパンを食べている方もいれば、麺類が大好きな方もいる事でしょう。

けれどもグルテンを摂取することでかかってしまう病気があります。セリアック病がその一つで、小腸にダメージが与えられて、栄養の吸収ができなくなってしまうという怖い病気です。

また、グルテン過敏症など、アレルギーのような反応が出る事もあります。それだけではなく中毒性もあるので、ダイエットしているのに「どうしてやめられないのだろう」と、パンやケーキを食べたりしてしまう原因にもなっていたのです。
ここがポイント!
こうした症状からグルテンフリーが注目されるようになり、ダイエット効果も期待されるようになりました。

活性酸素も増えてしまうので体が老化しやすくなってしまいますし、小麦を使った料理はカロリーが大きいものも多いので、太りやすいというような弊害もあるので、ダイエット中は特に注意しなくてはいけません。

グルテンフリーの体に良い影響とは

グルテンフリーを日々実践していく事で、少しずつ体からグルテンを抜いていきます。最初のうちはツライかもしれませんが、段々慣れてくると、そのうち見ていても欲しくなくなってくるようになります。

メモ
グルテンフリー生活を意識して、たんぱく質を溜め込まないように心がけつつ、血糖値が上昇し難い体にしていきます。
小麦が使われているものは油分なども多いですが、それを食べなくなる分だけ摂取カロリーが減るので、ダイエットにも繋がります。小麦アレルギーを持っていた人であれば、グルテンフリー生活で段々と症状の軽減も期待できます。

中性脂肪も少しずつ減ってきますし、カルシウムの吸収が高まるので骨も強くなってくると言われています。身近な食品なので全てカットをするのは難しいですが、美容と健康のためにもグルテンフリーを取り入れてみると良いでしょう。

話題沸騰中!グルテンフリーダイエットの行い方

普段の食生活をチェックすることからはじめよう

グルテンフリーダイエットをやってみたいと思ったら、まずは普段の食生活の中でどんなものを食べているのかチェックしていきましょう。

小麦を使っているものは相当数ありますので、手に取りやすい範囲にあるものは確認したら、一旦別のところに保管するとダイエットがスムーズに進みます。グルテンフリーを実践するので、小麦が使われているものは基本的に食べないようにしましょう。

グルテンフリー中は、パンやパスタなどは食べないようにするのはもちろんですが、小麦は料理のとろみ付けに使われている事もありますので、パッケージにどんな記載がしてあるのか見ておくようにしてください。

チェック!
厳密に全部除去していくのは難しいですから、まずは自分でチェックできる範囲から少しずつグルテンフリーにしていくとやりやすいと言えます。

ダイエット中に食べて良い食品と避けるべき食品

グルテンフリーダイエットをしようと思って、パンや麺類が食べられなくなったと嘆く事もあるでしょう。しかしあくまで「小麦を除去する」というダイエットなので、実はお米やお餅は食べてもいいのです。肉や魚、イモ類に豆類といろんな物が食べられます。

牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品も食べていいですし、アルコール類も小麦を使っていないものであれば適度に摂取して構いません。

メモ
グルテンフリーダイエット中に食べられないものの代表としては、パンやパスタ、クッキーにケーキ、うどん、粉物系の料理全般です。

揚げ物の衣などにも使われていることが多いので、何となくメニュー選びをするとうっかり口にすることもあります。食材選びをする前には注意して食べてもいいかどうかを考えましょう。

また、グルテンフリーとした場合の主食として米粉のパンや蕎麦などがおすすめです。おやつには和菓子などもいいでしょう。

グルテンフリーダイエットにはこんな効果や効能がある

痩せるだけじゃない!小麦断ちすることで得られるメリット

グルテンフリーを行う事は、結果的にカロリーが高めの食品を食べないことになりますので、まず体重も減ってきます。グルテンの中毒性から離れる事が出来れば、食欲も抑えられてくるので食べ過ぎも防げるようになってきます。

ここがポイント!
冷えやすかった体が冷えにくくなったりするなど、ダイエットだけでなく、女性にも嬉しい効果が期待できるのもグルテンフリーのポイントです。
グルテンは腸を傷つけやすいため、そうした原因になるものを除去していく事で腸が元気に働いてくれるようになりますから、食事の栄養がしっかりと吸収されるようになり、免疫力もアップしていくだけでなく、病気の予防や肌も綺麗になってきます。

アレルギー症状がある方であれば、グルテンフリーダイエットをすることで症状も緩和されてくるので、慌てずに少しずつグルテンを含んだ食材を減らしていきながら、グルテンフリーを実践していくと良いでしょう。

集中力の強化にもグルテンフリーは役立つ

チェック!
グルテン断ちすることで様々な健康効果がありますが、グルテンフリーは精神的な作用にも影響を及ぼしています。

そのため、グルテンを断つダイエットや食事療法を行うことで、気持ちが穏やかになったり、集中力がアップしたりする働きが出てくる可能性があります。

グルテンフリーによる精神的な作用

効果 働き
イライラの解消 グルテンによって腸に炎症が引き起こされると、身体機能に弊害が出ます。そうなると体調不良だけでなく、それに伴い常にイライラした症状に悩まされることもありますが、グルテンフリーによって気持ちが変化します。
集中力の強化 グルテンを摂取することで血糖値が不安定になり、そうなると集中力が続かなかったりだるくなったりします。グルテンフリーダイエットを実行することで気持ちがしゃきっとして集中力の持続が期待できます。
うつ病の改善 最近の研究でグルテンによって精神疾患が引き起こされることが分かっています。グルテンフリーを継続していくことでうつ症状が治るというデータがありますので、穏やかに過ごしたい方にもグルテンフリーをおすすめします。

今までの食生活を改めてグルテンフリーを実行するライフスタイルは難しいかもしれませんが、グルテンを断つことで得られるメリットはたくさんあります。ぜひグルテンフリー生活を行ってみましょう。

グルテンフリーダイエットにおけるポイントとは

ダイエット効果を倍増させるには

小麦を除去していくグルテンフリーダイエットをもっと効果的に行いたいなら、ただ単に小麦を抜くだけではなく、きちんとした食事内容を考えると良いでしょう。

チェック!
小麦の代わりであれば大抵のものは食べてもいいのですが、お米なども食べ過ぎると摂取する糖質の量は増えてしまって、逆に太ってしまうという事もあるからです。

栄養素や食べ物の摂取量をチェックするのは面倒かもしれませんが、健康的なダイエットのためにも頑張りましょう。

グルテンフリーダイエット中は、炭水化物の量も適度に減らしつつ、肉や魚、野菜類などを料理に使用して、栄養価の高い食材を増やして栄養バランスを考えながら食事をしてください。

食べるものをじっくり吟味して、健康的にダイエットができるようにレシピやメニューを組んでいくようにすれば、グルテンフリーによって体重を減らしつつ綺麗な体作りにも役立てられます。運動も適度に取り入れていくことで、より痩せやすい体になっていきます。

ダイエットをするならコレ!有酸素運動を最大限に活かすには?

昔ながらの和食に学ぶグルテンフリーダイエット中の食生活とは

グルテンフリーとなるとおやつも気を付ける必要がありますし、パンや麺類などを食べないことになりますので、洋食より和食にシフトしていく方が食生活も見直しやすくなります。

メモ
グルテンフリーダイエットでは、お米や豆類、肉や魚、野菜なども煮たり焼いたりして食べることになりますので、とてもシンプルな昔ながらの和食が出来上がります。

それに和食はユネスコ無形文化財に登録されるほど素晴らしい存在です。日本人ならもっと和食を食べるべきだと言えるでしょう。

しかし一部の調味料に小麦粉が使われていることもあるので注意しなくてはいけませんが、和食中心の生活にしていく事で自然とグルテンフリーダイエットが実現できます。

小麦を使っているものがかなり少ない和食のメニュー
  • ご飯に味噌汁
  • おひたしや焼き魚
  • 漬け物や刺し身

外食をする時にも、和食を選ぶというのも一つの手です。ダイエットですから量には注意して、グルテンフリーの食事も楽しんで下さい。

ダイエット前にグルテンアレルギーに注意しよう


グルテンフリーダイエットをする前に、アレルギーをチェックしてみましょう。グルテンにアレルギーを持つ方は少なからずいますので、小麦や小麦を加工して出来た食品を摂取すると、小腸を傷つけてしまい体調不良を感じてしまいます。

これまで小麦類を食べて頭痛になりやすい人や、気分の浮き沈みが激しかったり、集中力が続かなかったり、おなかの調子がすぐに悪くなるというような方は注意した方がよいでしょう。

小麦を使っている食品は本当に身の回りにたくさんありますので、グルテンフリーダイエット中は、購入前にはパッケージや表示を確認して、原材料や小麦の記載がないかチェックする癖をつけることをおすすめします。

セリアック病やグルテン過敏症など、似ているようで細かい部分が違ってくるので、きちんと自分の症状を確認してからダイエットに挑む必要があります。そうすることで安心してグルテンフリーダイエットが行えるでしょう。