カロリーは大丈夫?痩せるための正しいポップコーンダイエット法

やり方を間違えると逆効果ですが、正しいポップコーンダイエットを行えば、お腹を満たしながら痩せるサポートになります。塩分や甘さの強いポップコーンでは痩せることにはならないですが、シンプルならば問題はないです。

痩せると話題のポップコーン!それってホント?

痩せると話題のポップコーンですが、ダイエットに役立つというのは、かなり興味深いととらえる人が大半です、豊富なポリフェノールにも恵まれている食べ物であり、フェルラ酸を多く含むので抗酸化作用にも長けています。

ポップコーンはとても身軽な見た目ですが、実はかなりの量の食物繊維を含みますので、便秘へのアタックにもなります。日本ではトウモロコシはメインではないですがm南米では主食とする国もあります。

ポップコーンには、葉酸にビタミンB群、ビタミンCも豊富なので、ダイエットを助ける縁の下の力持ちのような、栄養もたっぷりと含まれています。お菓子という印象が強いですが、意外とポップコーンというのは、カロリーも低い食べ物です。

高糖質で塩分も多い!ポップコーンはダイエットに向いてない?

高糖質で塩分も多いから、ポップコーンはダイエットに向いてないと、一般的には考えることでもあります。カロリー的には少ないものの、糖質用は多めですから、太りやすい食べ物であることは否めない部分があります。

糖質が多いと血糖値が上がり、インスリンの過剰分泌が起こりやすく、余った糖質は脂肪となります。しかし食べ過ぎればなんでも太るのは当然のことであり、ポップコーンは適度の量を守ることで、ダイエットに良い味方となります。

塩分の多さですが、市販のポップコーンなどは、味わいをよくするため、たくさんの塩分や砂糖の甘みを付けた商品を市販しています。でも自分で作れば、味わいも塩加減も調整が可能なので、ダイエットでの問題点はクリアできます。

市販のポップコーンがダイエットに向かない理由

市販のポップコーンがダイエットに向かない理由は、想像以上に大量の油が調理に使用されているjこと、砂糖や塩など強い濃い味付けがされていることが、大きな理由だといえます。コンビニやスーパーへ行けば、ポップコーンはいろいろな種類が市販されています。

手ごろな値段でたくさん入っていて、塩味も濃くて砂糖もたっぷりなポップコーンは、食べ始めたら止まらなくなるおいしさがあります。塩分や砂糖など化学調味料と油も多く使用されるので、人間の脳はもっと食べたいという指令を出すことにもなります。

だから市販のポップコーンは向いていませんが、自分で手作りをするのであれば、全てに対しての調整が可能です。市販品は手にしないとしても、自分で作ればポップコーンも問題はないです。

自分で作れば低カロリー!ポップコーンダイエットの正しい方法

自分で作れば低カロリーに仕上げることができるので、ポップコーンダイエットに挑戦をするのであれば、キッチンで自分で作るようにすることです。

市販のポップコーンには味わいのレパートリーも豊富で、キャラメルソースやチョコレートなど、高カロリーなオプション付きな多く、購入時にも心が惑わされやすいです。ポップコーンダイエットの正しい方法は、シンプルなポップコーンを適量、食事に置き換える方法です。

甘くて塩分の多いポップコーンでは太りやすいですが、自分で作るポップコーンなら、塩加減も加減できて、低カロリーなポップコーンを作ることができます。分量も塩分も調整可能であり、1日のどれかの食事を置き開けるだけで、ポップコーンダイエットは気軽にトライができます。

ポップコーンの食べるタイミングとダイエット中の食生活

ポップコーンの食べるタイミングは、1日の食事の中で、1回を置き換えて食べる方法です。ダイエット中の食生活として、他の2回の食事は好きなものを食べることができますが、だからといって高カロリーで、太りやすいメニューばかり選ぶのはナンセンスです。

ダイエットを意識して、食べたい物を無理に我慢することはないですが、栄養バランスを考えて、他の食事を食べることは必要です。

新鮮なビタミンや酵素に恵まれた野菜類、筋肉にもなる肉や魚、畑の肉ともいわれる大豆食品、海藻類にキノコなど、生きた食事をいただくようにすることで、痩せやすい体へと切り替わりやすくなります。ポップコーンはお腹で膨らみやすく、水と一緒に食べて満腹感を得やすいので、夜のタイミングで食べても効果的です。

満腹感を得るための食べ方

ポップコーンをダイエットに活かすために、満腹感を得るための食べ方として、間食で食べるのも一つです。ダイエットの時にスナックで間食はご法度のイメージですが、小麦粉やミルク何生クリームなど、高カロリーの材料を使用するスイーツより、ずっとカロリーは低いのがポップコーンです。間食でポップコーンを適量食べておくと、食事の量を食べすぎないで済みます。置き換えにする場合は、ポップコーンはよく噛んで食べるようにします。吸収を抑えるためにも、ポップコーンを食べるときには、烏龍茶や水、白湯などと一緒に食べると良いです。水分でおなかも膨れますし、脂肪吸収もセーブできます。間違えても、甘いジュースと一緒には食べないようにします。

ダイエット効果をより感じるためには

ダイエット効果をより感じるためには、ポップコーンは食べすぎないこと、よく噛んで食べるようにすることです。間食で食べるのも良いですが、置き換えにだけして、効果的なダイエットにつなげると、結果はその分だけ早く感じやすくなります。

ポップコーンを1口入れたら、30回くらいは噛むようにします。よく噛むことでおなかは満足になりやすく、ポップコーンで総合的なカロリーをセーブしながら、食事を食べる量もセーブできるので、結果的にさらにダイエット効果につながりやすくなります。

食物繊維を含むのもポップコーンなので、水分を一緒に摂取して、お腹の中で膨らんで、それも痩せる効果に一役買います。便通が良くなるのも、ポップコーンの食物繊維のおかげです。

ポップコーンにはこんなうれしい効能も!

ポップコーンを食べることで、思わぬハッピーな効能を期待できるとしたら、ダイエットをするにも楽しみが増えます。ポップコーンにはβカロテンが豊富に含まれるので、体内ので強い抗酸化作用を働かせます。

老化や疲労の要因ともなる、活性酸素発生をおさえますし、ダメージを受けた細胞の修復をしてくれます。ビタミンB1の栄養もポップコーンには含まれるので、炭水化物という糖質の代謝をサポートします。

ナイアシンも含有することから、粘膜を強くしますし、正常な脳神経を働かせるためにも役立ちます。ナトリウムとの良いバランスをとるのは、カリウムであり、ポップコーンに含まれるカリウムは、高血圧予防にもなります。酵素の活躍を大いに助ける、マグネシウムもポップコーンには含まれます。

ポップコーンを手作りする方法と注意点

ポップコーンを手作りする方法は、難しそうでいて実は簡単です。フライパンをコンロにかけて、サラダ油やバターを溶かしたら、ポップコーンの豆を入れます。オイルはサラダオイルやバター以外に、オリーブオイルなど好みで利用ができます。

跳ねますので蓋をして、焦げないようにフライお案を振り過熱をします。注意点として加熱後は、すぐに豆が勢いよくはね始めるので、必ずフライパンには蓋をします。ポップコーンの豆ですが、硬いものの湿気にはめっぽう弱いため、湿らせると過熱をしても弾けなくなることがあります。

乾いた状態で保管をすることが大事なので、使わない分は水分を含まないように、湿気の入らない状態で保存をするようにします。

ポップコーンダイエットを選ぶことのメリット

ポップコーンダイエットを選ぶことのメリットは、普通にスナック菓子を頬張るような食べ方をするよりも、圧倒的にカロリーが低くすることができるためです。

ダイエットといえば、スナック菓子は一切禁止であり、食べたいスナックはすべて我慢というのは、好きに食べてきた人にはつらいばかりです。でもスナック感覚で食べることができる、ポップコーンであれば、その願いはかなえることができます。

特に肥満の原因がスナック菓子の依存症レベルであれば、一気にスナック菓子をやめるのは相当のストレスです。でもポップコーンを適量食べてよいとしたら、スナック菓子を100%やめるわけではなく、食べ応えもあるポップコーンで満たすことができます。