お茶で本当に痩せるの?気になるルイボスティーダイエットの仕組み

ダイエットを持続させて痩せるカギとなる秘訣が、ルイボスティーの仕組みの中にあります。人工的な加工処理を行わずカフェインも含まないため、安心して飲むことができ、ミネラルも豊富で自然なお通じも期待できるので、ダイエットにぴったりです。

ルイボスティーってどんな飲み物?

南アフリカでは昔から飲まれてきたお茶

ルイボスティーは不老長寿のお茶、奇跡のお茶として、南アフリカでは昔から飲まれてきたお茶です。健康のために飲まれてきた歴史のあるお茶であり、痩せる要素も盛り込まれている酵素のスーパーオキシドディスムターゼを含むのも、大きな特徴だといえます。

ルイボスティーを長く愛飲している地域では、とても若々しさを維持していることから、その効果に注目が集まったお茶でもあります。ルイボスティーは栽培や加工の研究を経てヨーロッパへと紹介され、100年以上にわたり様々な国へと伝わることになりました。

ドイツやイギリスなどヨーロッパをメインとして、各国で飲まれるようになったルイボスティーは、今では豊富なフレーバーも登場して、日本でも愛されるお茶の一つになっています。また、ダイエット効果も高く、痩せることに繋がるお茶でもあります。

ホントにダイエット効果を期待して良いの?

チェック!
ルイボスティーを飲んでダイエット効果を期待して良いのかですが、正しい飲み方を守ることで、痩せるための良き助けになります。

ルイボスティーで痩せるという成功へ導くのは、スーパーオキシドディスムターゼの酵素の働きも大きな作用であり、老廃物を排出して、活性酸素などを撃退する優れものだからです。

老廃物をため込むことなく活性酸素も撃退できる働きがあることで、体内では新陳代謝が良くなり、結果的に太りやすいから体質から痩せやすい体へ変わるので、ダイエット効果があると言えます。

ナトリウムやマグネシウムなど、優れたミネラルバランスにも富んでいる飲み物ですから、健康的な新陳代謝を助けてくれることにも繋がります。ルイボスティーで痩せるというのは、継続をして飲み続けていった結果です。

ルイボスティーの成分と効能がすごい!

ルイボスティーの成分と効能がすごいとされるのは、根本から痩せる体質を目指せるお茶だからです。スーパーオキシドディスムターゼを含むのも特徴のお茶であり、必要以上の活性酸素は除去をしてくれますし、免疫力を高めることにも繋がります。

生命維持に必要なミネラルをルイボスティーはバランスよく含みます。皮膚の新陳代謝を正常化したり、抗酸化作用をもたらしたりするので、痩せるだけでなく美肌への効果も期待できます。

メモ
病気の原因にはなんと9割の活性酸素が絡んでおり、生活習慣病などを予防するためにもルイボスティーの高い抗酸化作用が大きく働きかけると言えます。

ノンカフェインのお茶であり、フラボノイドの働きを持つルイボスティーは、痩せると同時にストレスから解放して安眠にも導いてくれるでしょう。

ルイボスティーが与える様々な健康効果とは

腸内環境を整える!ルイボスティーダイエットの効果

腸内環境を整える働きがあるのも、ルイボスティーダイエットの効果のひとつです。腸内の乱れた環境を簡単に言い表すと、便秘がちな状態でスッキリとしないことを指します。痩せる前にお通じを良くしておくことも、ダイエットの効率化には重要なポイントだと言えます。

ここがポイント!
しかしルイボスティーは腸内を整える効果があり、それは豊富なマグネシウムを含有するからです。

たくさんのマグネシウムのおかげで体内には水分が溢れるようになり、便が水分を吸い取り柔軟になって排せつが良くなります。便秘が解消されることで、腸内フローラも改善されるでしょう。

そして冷たい水分は腸内を冷やしてしまい、活動を鈍らせることになります。だから痩せるためにルイボスティーを飲むときにも、できるだけアイスではなくホットの状態で飲むようにします。

腸内フローラ改善がダイエットに繋がる!効果的な生活習慣とは

体内を浄化!ルイボスティーのデトックス効果

体内を浄化する作用にも長けているのは、ルイボスティーのデトックス効果によるものです。酵素のSODを含むため、体内の毒素を排出させようとデトックス効果を感じることができます。

体内の老廃物は外へと出ていきやすくなるので、不要なものはため込みにくくなり、胃腸の働きは順調になり痩せることになります。ルイボスティーにより胃腸の働きも元気になり、汚いものが溜まらないのでより痩せる体質になれるでしょう。

酸素を吸い込み人間は生命維持をしていますが、体内ではその2%は活性酸素へと変わります。たくさんの活性酸素が発生すると、体内の老化現象は激しくなりますし、抵抗力も下がります。

ここがポイント!
しかしルイボスティーのSOD酵素の働きにより、活性酸素を抑えることのサポートになります。痩せるだけではない、様々な健康効果がルイボスティーにはあるのです。

ルイボスティーを上手にダイエットに活かすためには

ルイボスティーダイエットの成功率がアップするコツ

チェック!
ルイボスティーダイエットの成功率がアップするコツとして、毎日必ず飲み、運動もすることで効果を上げます。

お茶系のダイエットは、飲めばどんどん痩せるイメージがありますが、ルイボスティーをダイエットに活かすのであれば、適度な無理のない運動を組み合わせる方法が最適です。

無理のないレベルで良いので、ルイボスティーを飲んで筋トレを行うと、脂肪燃焼効果が上がりやすくなります。ウォーキングやランニングなど、有酸素運動と組み合わせれば代謝が高まり痩せる効果が上がりますので、20分以上は続けて行いましょう。

ストレッチと組み合わせるのも良い方法であり、体を動かすことでダイエットの鬱憤を晴らすことにもなります。さらにフラボノイドを含むのがルイボスティーなので、ストレスを少なくしてくれ、より痩せることに繋がるでしょう。

キックで爽快ストレス発散!脚やせしたいならキックボクシング

ルイボスティーの効果を引き出す飲み方とは

ルイボスティーの効果を上げる飲み方として、抗酸化作用を引き出すためにも、お茶は煮出しをしてください。成分は100度のお湯で流れ出してきて、108度の沸点になると重要な栄養素がたくさん抽出されるからです。

ルイボスティーは、1日にだいたい2杯から3杯を目安にして飲むようにしてください。効果を引き出すには継続こそが成功への近道だと言えます。痩せるためには毎日続けて飲むようにしましょう。

カップにお湯を注いでそこにティーパックを入れて時間を待って飲むよりも、少し手間だと感じても夜間に煮出しをしておくことで、よりダイエット効果が高まります。

メモ
冷たい状態で飲むこともできますが、温かい状態で飲む方が、ルイボスティーを飲んで体を冷やすことがありません。

ルイボスティーを飲む時の注意点とは

一日に飲んでも良い限度は?

ルイボスティーを一日に飲んでも良い限度は、だいたい500mlほどです。痩せるための水分をほとんどルイボスティーにしようとした場合、1.5Lや2Lなどミネラルウォーター感覚で飲む人もありますが、過剰に飲むことは避けましょう。

カップに2杯から3杯を目安にルイボスティーを無理のない範囲で飲みます。理由はルイボスティーには豊富なナトリウムやマグネシウムが含まれているからです。

チェック!
適量は良い効果であっても、飲みすぎるとそれらは過剰な摂取となり、血圧を上昇させて心臓への負担にもなりかねないでしょう。

痩せるための願いは強いとしても、張り切って2L近くを毎日飲むことはありません。水の代わりではなく、あくまでもサポートのお茶だということを理解しておきましょう。

カフェインの有無と副作用について

カフェインの有無に関しては、お茶を選ぶ際にも気にかかりますが、ルイボスティーにはカフェインは含まれていません。しかしルイボスティーを飲むことの副作用として、飲みすぎてお腹が緩くなることが挙げられます。

マグネシウムが多く含まれていることは痩せるための良い効能ですが、実は病院での便秘薬としても処方されているので、飲みすぎると下痢を起こしやすくなります。

マグネシウムとともにルイボスティーには食物繊維も多いので、腹痛を伴うお腹の緩さを招くこともあります。健康的に痩せるためにも、不調を感じたら飲むのを中止してください。

体質的なことなども関わりますが、ルイボスティーを飲んで胃痛を感じるケースも考えられますから、最初から濃い状態では飲まないようにしてください。ルイボスティーを飲むことでアレルギーのある人は、のどにかゆみや痛みを感じる可能性もあります。

ルイボスティーの作り方と保存法!美味しく飲むコツ

最初は濃すぎないように作ろう

痩せるためのルイボスティーの作り方として簡単なのは、市販のティーパックに入っているタイプをやかんに水と入れて煮出す方法です。購入商品にもよりますが、15分から20分ほどコンロにかけて弱火で煮出します。

ルイボスティーの保存法はティーポットで、その日に飲み切るか、アイスであれば冷蔵庫に入れてください。ガラスピッチャーなどに投入して、数日で飲み切るようにします。美味しく飲むコツとしては、最初からあまり濃い目に煮出さないことです。

独特の味わいと風味があるので、痩せるためでも初心者からすると、若干の濃い味わいは飲みにくいことがあります。慣れてくれば良いですが、自分の好みのルイボスティーの商品を選び、最初は色も味わいも濃すぎない状態でおいしくいただくようにしましょう。

ルイボスティーのおすすめアレンジレシピ

毎日お茶としてルイボスティーを飲んでも痩せる効果に期待できますが、たまには気分を変えてアレンジレシピに挑戦してみることも、痩せるためにはとてもおすすめです。

ダイエットは何よりも飽きずに続けることが重要であり、そのためには変化を付けることは痩せるためのカギとも言えるでしょう。それではおすすめのアレンジレシピをご紹介します。

ルイボスティーのアレンジレシピ

メニュー 作り方
ゼリー 煮出したルイボスティーにゼラチンを溶かして冷やします。固まったらそのまま食べてもいいですが、お好みでクリームを添えると美味しいスイーツの完成です。
ミルクジンジャー いつものルイボスティーに牛乳と生姜を加えます。牛乳のカルシウムはダイエット中の栄養補給に、生姜は脂肪燃焼に効果があります。痩せるためのおすすめの組み合わせです。
はちみつレモン はちみつとレモンを加えることで甘くて美味しいお茶になります。ダイエットしている最中でも甘い飲み物を飲む事で、ホッと一息つけるでしょう。レモンは市販のレモン果汁でも大丈夫です。

ルイボスティーだけを飲み続けるよりも、アレンジを加えることでより痩せる体質へと近づけるでしょう。