歪みを正してシェイプアップ!自宅でできるセルフ骨盤矯正

骨盤矯正はプロの手にかかって施術を受ける方法もありますが、ある程度はセルフ骨盤矯正を行うことも可能です。自宅で簡単に出来るもの、バスタオルだけで出来るものなど様々な運動がありますので、無理のない範囲で歪みを治しましょう。

骨盤を矯正するってどういうこと?

骨盤を正しい位置に戻すことで健康効果が期待できる

骨盤がゆがんだままの状態で生活をしていると、様々な不調が身体に現れてくることがあります。骨盤の歪みや開きを矯正することを骨盤矯正といいます。骨盤を矯正することによって、様々な健康効果を期待することが出来ます。

骨盤矯正は整体師の手技などによって、骨盤周りの筋肉のコリなどをほぐして緊張状態から解放することによって、関節の可動域を広げるなどの効果を期待することが出来ます。

仙骨、尾骨、腸骨、坐骨、恥骨の5つの骨から出来ている骨盤周りの筋肉のコリ、緊張をほぐして骨を正しい位置に戻すことが目的で歪みを治し骨盤矯正を行います。

メモ
中でも、骨盤の中心にあって体重を支える骨の仙骨の位置を整えることを重視している場合の骨盤矯正が多いです。

骨盤が歪んだままだとどうなる?

骨盤が歪んだままだと様々な症状が起こってくる可能性があります。骨盤矯正をせずにそのまま放置すると、様々な悪影響が出てきてしまいます。

骨盤は身体を支える部分になるので、歪んでしまうと身体のバランスが崩れて姿勢が悪くなってしまいます。歪みに気づいたらできるだけ早めに骨盤矯正の対処を行ってください。

猫背や反り腰になってしまうと、本来力がかからない部分にも力だかかってしまい、肩こり、首のこり、腰痛、頭痛などを発症することがあります。骨盤が歪むとお城の周りや太ももに余計な脂肪が付きやすくなってしまいます。

チェック!
歪みをそのままでしておくことは、良いことはなく、悪影響しかありません。できるだけ骨盤矯正を行って歪みを正しい位置に戻しましょう。
また、脂肪がつくと足の形が変形しやすく、O脚やX脚になってしまう可能性が高まります。内臓の働きも低下しがちなので、便秘になりやすくなってしまい、肌荒れなども起こしやすくなってしまいます。

骨盤矯正すると体にどんな変化がある?その効果とは

歪みを正すことで姿勢の改善も

骨盤矯正をすると、身体にどのような変化が現れるかというと、骨盤周りの筋肉のコリや緊張をほぐすことによって、身体の不調を改善する効果を実感することが可能です。歪みを正すことで姿勢の改善ができます。

背骨がまっすぐに伸びて猫背の改善などの効果を期待することが出来ます。猫背が治ると肩こり、頭痛、腰痛などの症状が軽くなることがあります。骨盤の歪みはO脚やX脚も引き起こしますから、これらの改善効果も叶えることができるでしょう。

骨盤が開いてしまっているとひざの内側に負担がかかるので、足の変形につながってしまうのです。骨盤矯正によって元通りに閉じると、足の変形が改善されることにつながります。女性機能の改善効果も期待することが出来ます。
ここがポイント!
歪みを正すことで子宮や卵巣周りの血流やリンパの流れが改善されて、生理不順の解消効果など起こります。

まずは骨盤の歪みを確認!自分でできるチェック法

骨盤が歪んでいるかどうか、自分で確認するチェック方法があります。それは足踏みチェック方法といわれるもので、骨盤矯正のセルフチェックに役立ちます。

足踏みチェック方法
  1. まずは目をつぶって立つ
  2. その場で足踏みを50回行う
  3. 50回終わったら目を開けて足元をチェック

最初にいた場所から動いてしまっている場合は、骨盤の歪みが起こっている可能性が高いです。このような結果が出た場合は、速やかに骨盤矯正を考えてみてください。

次に鏡を使用したチェック方法ですが、全身映る鏡の前で足を伸ばして座ります。足の裏が見えるように鏡に向かって足を伸ばすようにするのがポイントです。

鏡の真ん中に自分の身体の真ん中を合わせるように立って、背筋を伸ばします。そのあとに足の裏の状態を確認します。きれいなV字になっているはずが、歪みのある人はどちらかに傾いていたり、大きく開いてしまっていたりしています。

骨盤の歪みが気になるなら!セルフ骨盤矯正の方法

緩やかに骨盤の歪みを解消しよう

チェック!
整体やカイロプラティックなどに通って骨盤の歪みを治してもらうほかにも、自分自身のセルフにより骨盤矯正できる方法もあります。

一つ目は開脚運動になります。仰向けになって膝を外側に曲げます。両足のつま先を太ももの横まで持ってきて、そのまま数十秒キープします。足がWの形になるようにキープします。次は膝を内側に曲げて、足の裏と足の裏を合わせます。

二つ目はお尻歩きです。足をまっすぐ伸ばして座ります。両手を胸の前で交差して、この状態のままお尻を使って前後に歩きます。3分程度続けます。このやり方は簡単にできるので、ぜひ骨盤矯正のために覚えて、常に実行することで歪みの改善に繋げてください。

三つ目はクッションを使用した屈伸運動です。立った状態でひざの間にクッションをはさみます。そのまま屈伸運動を行います。ゆっくりと行うのがポイントです。

上記の方法で緩やかに骨盤の歪みを解消できるので、セルフ骨盤矯正に役立ててください。しかしどうしても運動やストレッチが難しい場合は、プロに相談することも視野に入れて骨盤矯正を実行しましょう。

道具要らずで簡単!骨盤矯正体操

道具不要で日常の生活の中でも簡単に行うことが出来る骨盤矯正体操のやり方ですが、まず一つ目は、日ごろ使用していない方の足を鍛える体操です。裸足になって座った状態で腰幅に足を開いてまっすぐ伸ばします。

両腕は身体の後ろにつきます。足の指でグー・チョキ・パーを3分間行います。尚、この体操はお風呂の中で行うことも可能です。この方法は手軽に実行できるので、歪みを正しくするため、毎日の習慣にするといいでしょう。

二つ目の骨盤矯正の方法が、仙骨を鍛える体操です。両手を前に出して仰向けに寝ます。ひじは90度に立てます。

足のひざを90度に曲げて立たせて、左右にゆっくりと振ります。仙骨は女性ホルモンとも深いかかわりがあるので、生理不順などを改善する効果を期待できます。これは布団の上でも出来るので、毎晩寝る前や朝起きたときに行うと良いでしょう。

骨盤の歪みを正す!自宅でできるストレッチとエクササイズ

骨盤矯正のために歪みを正す、自宅で簡単に出来るストレッチやエクササイズですが、腰椎の歪みを矯正していくストレッチのやり方をご紹介します。

まずは足をまっすぐ前に開いて伸ばし、両手で足の指をつかみます。息を吐きながら左、右へと身体をひねって、息を吸いながら元の位置に戻していきます。

腰椎は骨盤と連動している骨になるので、歪んでいると腰痛の原因になってしまいます。足を骨盤の幅に開いて立ちます。膝を緩めて骨盤を意識して円を描くように大きく回します。この骨盤矯正のやり方によって歪みを正しく出来ます。

次は両ひざを立てて寝転がります。手は身体の横に置きます。息を吸ってはきながら両ひざが離れないようにして、足を左右に倒します。倒したら10秒間キープしてください。仰向けの状態のまま膝を抱えます。この方法は背中全体を意識して行います。

ダイエット効果も!バスタオルを使った骨盤矯正

バスタオルを使用した骨盤矯正には、歪みだけでなくダイエット効果も期待することが出来るのでおすすめです。やり方はとても簡単で、まずはバスタオルを2枚用意します。2枚のバスタオルをぐるぐるとかたく巻きます。ビニール紐などでタオルを固定します。

このバスタオルで作った枕を使用して骨盤矯正を行っていきます。背筋をまっすぐ伸ばして両足を伸ばして床に座ります。枕をお尻につく位置に置きます。枕がずれないように、両手で押さえつけながら身体を後ろに倒していきます。

枕の中心がおへその真下にくるようなイメージの位置で歪みを調節しましょう。そして身体の力を抜いてお腹をへっこませます。両腕は頭の上に伸ばし、手のひらは天井に向けて左右の小指と薬指をくっつけてください。5分間くらいこのままキープするだけです。

骨盤矯正にもなるタオルがあれば今すぐできる脚やせダイエット!

ズボラさん向け!グッズを使用した骨盤矯正

体操やエクササイズは面倒だと感じる方、どうしても忙しくてストレッチの時間が取れない人におすすめできる骨盤矯正のやり方は、グッズを使用した歪みを正す方法です。

座っているだけで歪みを治せたり、骨盤に当てておくだけ改善したりといった手軽な方法がグッズの使用なので、とくにズボラさんにピッタリだと言えます。

骨盤矯正におすすめできるグッズ

グッズ 効果
ベルト サポーターのような見た目の骨盤矯正ベルトは、その名前の通り腰に巻くだけで歪みを正すことができます。こちらは出産後のケアにも効果的です。
クッション 真ん中に穴の開いたドーナツ型クッションはよく見かける骨盤矯正グッズだと言えます。座っているだけで歪みの改善に繋がるので、自宅でもオフィスでも活用可能です。
ガードル これは女性専用商品になりますが、緩やかに骨盤の歪みを元に戻してくれますし、腰痛の改善にも効果を期待できます。ガードルに慣れないうちはソフトタイプの商品から試すといいでしょう。

加圧レギンスで履くだけ簡単脚やせ!むくみ解消や骨盤矯正も!

骨盤矯正についての気になるアレコレ

骨盤矯正がシェイプアップにつながる理由

骨盤矯正がシェイプアップにつながる理由ですが、骨盤が開いていると内蔵を支えていた骨盤底筋が緩んでしまいます。そのままの状態だと、膀胱、子宮、腸などがお腹の下に下がっていき、下腹がぽっこりと膨らんで見えてしまいます。

骨盤矯正をすると、歪みが正されて内臓は元の位置に戻るので、機能もよくなって代謝がアップします。代謝がアップするので運動をしても内蔵がしっかりと働いてくれるので、痩せやすい身体を作ることが可能なのです。

骨盤の歪みを元の位置に戻すことによって、内臓の位置も下に戻るので、お腹周りがすっきりと見えます。骨盤周りの筋肉をほぐすことによって、ぜい肉をつきにくくしてくれる効果も期待することが出来ます。インナーマッスルを鍛えることもできます。

セルフ骨盤矯正には限界あり!行う時の注意点

セルフ骨盤矯正を行う時の注意点ですが、早く痩せたいとか早く効果を実感したいからといって、一日中やっていたり、やりすぎたりすると身体によくないので気をつけましょう。セルフの骨盤矯正は無理をせずに出来る範囲で歪みを正すことが大切です。

何分というような指示があるから、痛いのに無理してその時間を行う必要性はありません。とくにセルフ骨盤矯正を行っている最中に腰の痛みを感じるようであれば、すぐに運動を中止して、場合によっては医療機関を受診するようにしましょう。

少しでもおかしなことが起こった場合は無理してセルフ骨盤矯正を続けるのをやめることが大切です。骨盤矯正もすぐには歪みを治すことが出来ないものなので、プロの手技の施術を受けることも視野にいれましょう。