ジュースクレンズでファスティングダイエットに挑戦!その効果は

ジュースクレンズダイエットとは、コールドプレスジュースだけを摂取して、固形物を摂取しないことでプチ断食効果もプラスしたファスティングダイエット方法のことです。数日前から準備期間で体調を整えて、そこから実際に開始していきます。

ジュースクレンズとは

ジュースを食事の代わりに飲むこと

ジュースクレンズとは、野菜や果物を使用したジュースを食事の代わりに飲むという行為になります。クレンズの意味は洗浄です。

チェック!
固形物を摂取せずにジュースから栄養を補うことによって、胃腸の負担を軽くして、デトックス効果を期待することが大きな目的のファスティングになります。
決められた期間ジュースしか摂取しておらず、プチ断食効果や期待することもできるので、ダイエットなどでもよく利用されています。短期間で体重を落としたいモデルなども、よく行っているファスティングダイエット方法がジュースクレンズです。

野菜や果物には食物繊維、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれています。便秘の解消効果や老廃物を外に排出する効果などをとくに期待することが可能です。美肌効果などにも働きかけることができるでしょう。

ジュースクレンズとスムージーの違い

ジュースクレンズダイエットは、消化器官を休ませつつ、コールドプレスジュースで再生の力を高めて、デトックス効果や内臓脂肪の減少効果を期待するファスティングです。決まった期間、固形物を口にしないので、体重が落ちるのは当たり前になります。

通常の断食などと違って、ジュースクレンズは特別な製法で作った、栄養たっぷりのコールドプレスジュースを口にすることができるので、良質な栄養だけを口にすることが可能なのです。スムージーは皮や実も細かくして液状にするので、食物繊維が豊富です。

メモ
ジュースクレンズはスムージーと違って調理中に少量熱が発生するため、素材の栄養素は多少壊れることがあります。ファスティング中に手作りする場合は注意が必要です。
熱に弱い栄養素
  • ビタミンC
  • ビタミンB
  • 酵素

ダイエットにおすすめのグリーンスムージーは?種類や効果を徹底検証

いざ挑戦!ジュースクレンズダイエットの手順を確認

まずは実施する期間を決めて始めよう

ジュースクレンズダイエットの手順ですが、まずは実施する期間を決めます。ファスティングダイエットになりますので、初心者は2日間から3日間程度から始めることをおすすめします。

チェック!
まずは1日から4日間、ジュースクレンズに入るための準備期間を作ります。この期間は常温の水か白湯を1日に最低1リットル飲むようにします。

食事のとき油ものはさけて、和食メインにします。白米よりも玄米、食パンよりもライ麦パンに変えましょう。5日から7日目はドリンクだけで過ごすファスティング期間になります。平均一日5本程度飲み、8日から10日目は復食期間にあてます。

ジュースクレンズダイエットの準備期間に食べる食事例
  1. 朝はジュース
  2. お昼からお粥
  3. 夕飯はお粥とほうれん草のおひたしなど

このようにだんだんと朝から夜に掛けて食事の量を増やしていきます。お粥にお味噌汁や納豆を追加しても良いでしょう。

ジュースクレンズダイエットに適した期間

ジュースクレンズダイエットに適した期間ですが、女性の場合は生理が終わった直後の一週間がもっとも適した期間になります。生理前から生理期間中は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌がなくなり、エストロゲンの分泌が増えるタイミングだからです。

ファスティングを行う場合は、自分の体調管理もしっかり見極めてください。断食行為は慣れていないと体への負担が大きいからです。無理のない範囲でジュースクレンズによるファスティングを実行しましょう。

そして生理が終わった直後が良い理由は、この期間は生理期間中と違い、体温も安定していて成長ホルモンの分泌も盛んな状態になっているからです。精神的にも安定しているので、ファスティングによるストレスの影響も受けにくいと言えるでしょう。

正しいタイミングでジュースクレンズダイエットを行うことによって、さらに高い効果を期待することが可能です。生理直後は体調も精神的にも安定しているので、この期間でファスティングダイエットを行うことをおすすめします。

ジュースクレンズを実践するに当たっての疑問

ジュースクレンズダイエット前に押さえておきたいこと

ジュースクレンズダイエット前に押さえておきたいことですが、ジュースの中身の選び方が大切なポイントになってきます。ダイエットの効果を最適にしたい場合は、脂肪燃焼に必要な酵素数が豊富な酵素ドリンクをチョイスすることがおすすめです。

ここがポイント!
どうしてもファスティング期間中は摂取する栄養が少なくなりがちですが、酵素がたくさん配合されたドリンクを飲む事で、カラダに十分な栄養分を行き渡らせることができます。

ジュースクレンズで酵素を摂取することによって、新しい肌細胞が生まれてくるターンオーバーの正常化の効果も期待することが出来ます。冷え性気味の人は、カプサイシンが含まれている酵素ドリンクをチョイスしましょう。

ジュースクレンズダイエットでファスティングを行う場合、飲むジュースの種類は、その人の身体や体調などに合っている中身を選択して積極的に取り入れていくようにしましょう。最近ではコールドプレスジュース専門店も多く存在しているので便利です。

方法から気になる効果まで!酵素ドリンクダイエットの全てを調査

ジュースクレンズは自分でも作れる?

ジュースクレンズは自分でも作れるかというと、可能です。自宅でジュースクレンズを作りファスティングに備えるためには、低速圧縮方式のジューサーを揃える必要があります。

コールドプレスジュースとは、高速切削式ジューサーではなく、スクリューをゆっくりと回転させて、さらに圧縮しながらすりつぶして搾り出した低速圧縮方式で作られたジュースになります。このときに少量ですが回転による熱が加えられます。

水や砂糖などは一切使用せず、野菜や果物のみを使用します。そのため、ジュースクレンズダイエットは素材そのままの栄養を摂取できますので、ファスティング期間中の飲み物に最適なのです。

高速回転式だと壊れてしまう栄養素を、低速回転でゆっくりとプレスをかけながら搾り出すので、ビタミンやミネラル、酵素などをしっかりと残すことが可能なのです。繊維質もしぼりかすとして分離するので、出来上がったジュースは液体のみとなります。

ジュースクレンズは市販の野菜ジュースでも代用できる?

ジュースクレンズのファスティングは、市販の野菜ジュースでも代用できるかというと、コンビニとかで安い値段で売っているような野菜ジュースでの代用は難しいといえます。

チェック!
仮に代用したとしても、ジュースクレンズによるファスティングの効果はほとんどないでしょう。ジュースクレンズダイエットで一番大切なのは酵素のはたらきです。

市販の野菜ジュースはパッケージに入れられる前に加熱殺菌処理を行っているので、酵素はその際に死んでしまいます。せっかく野菜から抽出された酵素はその時に消滅してしまうのです。

ファスティングダイエットをしているときは、とにかく栄養補給をしっかり考える必要があるので、酵素を取り込めないことは大きなデメリットになるでしょう。

ジュースクレンズのコールドプレスジュースとは、酵素が死なないようにあまり熱を加えずに特殊な方法で作られたジュースなのです。生きたまま酵素を摂取することが出来ない市販の野菜ジュースではあまり意味がないと言えるでしょう。

ファスティングには他にどんなものがある?

ファスティングとは断食行為を意味します。ジュースクレンズはこのファスティング中にコールドプレスジュースのみを摂取するダイエット方法ですが、断食には他にも様々な手法があります。

それでは他のやり方をいくつかご紹介します。いろいろなやり方を覚えておくことで、ダイエットに役立つでしょう。

ファスティングの方法

方法 効果
酵素ドリンク ファスティングによるデトックスが行われた体内に、酵素ドリンクを摂取することで酵素の持つ高い栄養価を十分に取り込めます。しかしジュースクレンズと違って、酵素ドリンクには成分維持のため、少量の添加物が入っていることもあります。
スムージー スムージーは好きな野菜やフルーツをミキサーに掛けて素材丸ごと摂取できます。ジュースクレンズと似たような作り方ですが、作る手間が掛かるので手軽さは期待できないところが難点だと言えます。
野菜ジュース 野菜ジュースはファスティング中に飲む飲料としてかなり手軽です。忙しくても手作りする必要もなく、スーパーやコンビニで購入できる点が大きなメリットではありますが、加熱処理されている時点で野菜の栄養価は失われているので、気軽な反面、豊富な栄養の摂取には向いていないと言えるでしょう。

ジュースクレンズをスムーズに進めるためには

ジュースクレンズダイエット中に摂るとよい食材

ジュースクレンズによるファスティングダイエット中に摂るとよい食材ですが、ベーシックな食材の組み合わせとしては、オレンジとほうれん草を使用したコールドプレスジュースになります。

この2つは味の相性もよく、栄養面でもビタミンとミネラルのバランスが良いので、ジュースクレンズのファスティングにとてもおすすめです。

むくみが気になる人におすすめの素材
  • パイナップル
  • りんご
  • きゅうり
  • 小松菜

きゅうりとりんごにはカリウムが含まれているので、むくみ解消効果が期待できます。小松菜にはビタミンと鉄分が含まれていて、パイナップルが飲みにくさを解消してくれます。

体調などには個人差があるため、自分の症状に合わせて好きな食材を選んで、ジュースクレンズダイエットでファスティングをすることをおすすめします。

ジュースクレンズが体にもたらすプラス作用

ジュースクレンズによるファスティングが体にもたらすプラス作用としては、便秘解消効果やデトックス効果を期待することが出来ます。コレステロール値の低下も期待することが可能です。疲労回復効果や殺菌能力の働きにも作用するでしょう。

肌細胞のターンオーバーの正常化も期待することが出来ます。ファスティングによりデトックスが促されるので、脂肪燃焼の促進効果、腸内環境を整えることも期待できます。

女性にはとくに嬉しい美容効果も期待出来るので、ダイエットだけではなく美容面、健康面からも身体にプラス効果をもたらすことがジュースクレンズのファスティングでは可能なのです。

メモ
より高いプラス効果をえるためには常温はさけて、冷やしてのむことが重要です。ジュースには生きた酵素が入っているので、常温での保存は不可能となっています。

ジュースクレンズダイエット後も重要!回復食にはこんなものを摂ろう

ジュースクレンズダイエットによるファスティングは、終わった後が一番重要です。ジュースからすぐに固形物を摂取することはオススメできませんので、少しずつ食べる量を増やしていく回復期を設定するようにしましょう。

チェック!
回復食としておすすめなのはお粥、梅干し、具なしお味噌汁です。増やしていく回復食としては、具有りのお味噌汁、納豆、野菜スープなどになります。

野菜スープも野菜がくたくたになるくらい煮込んだものがジュースクレンズのファスティング後におすすめです。回復期はだと、朝はジュースを飲んだら、昼にお粥や梅干を食べます。

夜はお粥に野菜のおひたしなどを追加し、徐々に量を増やしていくようにします。いきなり固形物を食べてしまうと身体がびっくりしてしまうので、ジュースクレンズのファスティングが終わった後は徐々に元の食生活に戻していきます。