楽く痩せられると話題!今人気のトランポリンダイエットとは

ダイエットというと辛くてしんどい、というイメージがある人も多いでしょう。そして、その辛さに継続できず挫折してしまう人も多いです。そんな人におすすめなのが、楽しく続けられると話題のトランポリンダイエットです。

跳んで跳ねて!トランポリンダイエットとは

いろいろなダイエット方法がある中で、今話題となっているトランポリンダイエットは、アルゼンチン生まれの一人用トランポリンを使用したエクササイズです。トランポリンに乗り、飛び跳ねるだけでダイエット効果が得られるということで、世界中で注目されています。

ダイエットというと、長い時間運動する方法もありますが、このトランポリンダイエットは、毎日トランポリンで5分飛ぶだけで効果が出るのです。短時間でのエクササイズなので、挫折しにくいのです。

また、トランポリンに乗って飛び跳ねることで、ストレス解消にも役立ちます。バネ、ゴムの力で大きくジャンプするだけという動きですが、楽しくダイエットできることが話題となっている理由です。

トランポリンダイエットの利点とは

トランポリンダイエットのメリットは、短時間でできることです。ジョギングや水泳などの有酸素運動も負荷が軽い分持続して行わなければダイエット効果が得られません。20分以上継続しなければ体脂肪が燃やされません。

その点、トランポリンダイエットは、5分でジョギング1km分といわれています。短い時間でカロリーを消費できるのです。また、家庭で気軽にできるところもメリットです。一人用の小さなトランポリンを購入すれば、天気も関係なくエクササイズを行えます。

直径でも1mぐらいでスペースも取らず、折りたためるタイプも登場しています。そして、ダイエットだけれども、無重力のようにただ飛び跳ねる、という動きはとても楽しいものです。

トランポリンのダイエット効果

トランポリンダイエットの効果は、短時間にカロリーを消費できることです。5分間だけでも50kcalと、多くの脂肪燃焼ができます。そして、5分間という短い時間なのに、運動の部類は有酸素運動にあたります。効率よくダイエットができるのです。

また、痩せ体質になるには、筋肉と基礎代謝のアップが大切です。トランポリンダイエットを行うことによって、体中の筋肉へ刺激を与えることができ、それは体中の筋肉を鍛える効果につながります。特に下半身への刺激は高く、ヒップアップや足の引き締め効果があります。

また、インナーマッスルを鍛えることができ、内側と外側の筋肉を鍛え、代謝をアップさせることができます。筋肉が多くなると基礎代謝が向上し、何もしなくても脂肪を燃焼してくれます。また、リンパの流れがよくなり、むくみの解消や美肌効果も得られます。

初心者はまずこちらから!トランポリンダイエット初級編

トランポリンダイエットの初心者は、3分から始めてみましょう。トランポリンの上で軽くジャンプし、ジャンプをするたびに足の開閉を行います。前後に足を踏み出しながらジャンプするのもよいでしょう。慣れてきたら、トランポリンの上でジョギングの動きをしてみましょう。

その際に、背筋を伸ばして腕をしっかり振るのがポイントです。さらに慣れてきたら、ツイストジャンプをしてみましょう。両足でジャンプしながら、ウエストをひねります。両腕は左右に振りながらウエストも逆方向にひねります。

動きが簡単で激しい動きはありません。運動が苦手な人でも実践ができる内容です。トランポリンの反動に任せて、無理せず徐々にトランポリンに慣れていきましょう。

慣れてきたら次のステップへ!トランポリンダイエット中級編

さらに慣れてきたら、よりダイエット効果のある動きに挑戦してみましょう。まずは、上半身を固定しながらトランポリンを飛びます。腰を軸にして、腰の位置を動かさないようにし、両足を引き上げるのがポイントです。

高くジャンプする必要はありませんが、ジャンプをスピードアップすると効果が倍増します。さらに、上半身を固定したまま、両足を開いて飛ぶ基本技をオープンバウンドといいます。また、フレクションという技は、片足づつ交互に跳ぶものです。

腕も真横へ交互に伸ばしながらやるとバランスがとりやすいです。ただトランポリンを飛ぶだけでは物足りなくなってきた人におすすめです。無理のない程度に時間を長くしていくのもよいでしょう。

体力には自信あり!トランポリンダイエット上級者編

体力に自信がある人は、音楽に合わせてエクササイズを行ってみましょう。トランポリンダイエットを行っているジムでは、30分や1時間のプログラムを提案しているところもあります。ユーバウンドというエクササイズです。少しでも早く痩せたいという人におすすめです。

トランポリンで飛ぶだけではなく、横で腹筋運動をしたり、いろいろな方法でトランポリンを活用し、トレーナーの指示に合わせてエクササイズする内容です。体力のない初心者には無理ですが。

体力に自信がある人が挑戦すれば、ダイエット効果も高く、体感を鍛える動きがたくさん取り入れられているので効果的です。週1や週2でも、上級プログラムができるようになれば、スタイルの維持もしやすくなるでしょう。

トランポリンダイエット継続時間ごとの消費カロリー

トランポリンダイエットは、5分でおよそ50kcal消費できます。1kmをジョギングする消費カロリーと同じぐらいの量です。トランポリンダイエットを30分行えば、150kcal消費できるといわれています。自分の体重に合わせて消費カロリーを計算するなら、トランポリンの運動強度3.5メッツで計算します。

メッツとは安静状態を1メッツとし、活動や運動を行った時に、安静状態と比べて何倍のカロリーを消費しているかを表すものです。この運動強度はウォーキングと同じぐらいです。

消費カロリー=1.05×3.5メッツ×時間×体重、で簡単に計算することができます。体重55kgの人が30分トランポリンをした場合は、およそ101kcal、体重80kgの人が30分トランポリンをした場合は、およそ147kcal消費する計算になります。

トランポリン前に無酸素運動でさらにダイエット効果大!

トランポリンダイエットは、まずは3分、5分から始めてみるのがおすすめですが、有酸素運動なのでやった時間だけ効果が大きくなります。理想は20~30分ですが、最低10分は行うようにするのがおすすめです。

生活スタイルや体力に合わせて、10分を1回、5分を2回というように、分けて行うのもよいでしょう。また、無酸素運動を組み合わせることで、さらに効果がアップします。無酸素運動とは、腕立て伏せやスクワットなどの筋力トレーニング、短距離走などのことを指します。

それをトランポリンを飛ぶ前に行うことで、脂肪燃焼率が高まるといわれています。単にダイエットを行うよりも、筋トレを正しく組み合わせることで、より効果がアップするのでおすすめです。

トランポリンは自宅でもできる?

トランポリンダイエットは、ジムでも注目されているプログラムですが、自宅でも行うことができます。トランポリンは、通信販売でも簡単に購入することができ、子どもも大人も使用できるもの、コンパクトで折りたたみができ、収納や持ち運びが可能なもの、静音仕様になっているものなど、機能性も優れています。

子どものバランス感覚を育成する目的やトレーニング目的で販売されている家庭用商品が数多くあります。エクササイズするためには、大人用のトランポリン、エクササイズ用のものを選びましょう。

値段も1万円以下で購入できるものが多く、トランポリン用のフロアマットや補助バー、交換用替えカバーがある商品もあります。サイズも直径1mほどで場所を取りません。ジムに行かなくても、自宅でエクササイズすることができます。

周りへの配慮も忘れずに!自宅で行う際の注意点

自宅でトランポリンダイエットをする場合は、振動などに注意しましょう。1階に住んでいる場合はよいのですが、特に集合住宅に住んでいる場合は注意が必要です。まずはトランポリン用のマットを敷きましょう。

トランポリンはばねで衝撃を吸収しますが、何割かは地面に伝わります。また、マットはフローリングや畳へのダメージを防止することにもつながります。そして、トランポリンを選ぶときに、消音仕様のものを選びましょう。

安いものは飛んだときにバネの部分がギシギシとうるさいことがあります。ゴム製のトランポリンの場合は、飛んだ時の音がほとんどしません。集合住宅にお住まいの人はおすすめです。騒音を防止するために、トランポリンを購入するときに注意しましょう。