1日の摂取量を決めよう!しっかり効果を出す炭酸水ダイエット法

痩せるために役立つ炭酸水ですが、飲みすぎは逆効果になるので注意が必要です。炭酸水ダイエットで痩せるためには、自分にとって適量を知ることが大切です。飲みすぎない程度に量を増やし、暴飲暴食を防ぐことが大切となります。

炭酸水って具体的にどんな飲み物?気になるカロリーは?

炭酸水はそのまま飲むことは少なく、大抵はお酒の希釈用に用いられています。例えば焼酎をわるときに使用する果汁200%の濃縮ジュースをわるときに使用し、サワーとして飲んだりします。

砂糖が含まれているものはサイダーに該当し、基本的に炭酸水と呼ぶときは砂糖は含まれていません。そのためダイエット用の飲料として活用する人が増えているのです。

炭酸水は飲むことでお腹が膨れるので、食前に飲むことで暴飲暴食を防ぐことができます。食べすぎを予防するためにも、食前に200ml程度を飲んでおくとよいでしょう。

糖分が含まれていない以上はカロリーゼロなので、たくさん飲んでも太ることはありません。胃腸を元気にするためにも役立つので、夏バテ予防にもおすすめします。

本当に痩せる?炭酸水にはどんなダイエット効果がある?

食が非常に細いという方は、炭酸水ダイエットをする必要はありません。痩せているのにそれ以上落とそうとすると、栄養不足に陥ってしまいます。

日本人は普通体型にもかかわらず、太っていると勘違いしてしまうケースが多いので、無理に痩せるのは避けてください。適正体重を維持することが健康維持にもつながるのです。

炭酸水を飲むことで代謝を上げることも可能なので、代謝不良に悩んでいる方にもおすすめします。炭酸が適度に胃腸を刺激することで、機能を高めてくれるわけです。

夏バテ対策としても活用されており、野菜をあまり食べない人からも好評を得ています。野菜を食べないと摂取カロリーが増えてしまう傾向があるので、炭酸水を飲んで暴飲暴食を防いでいきましょう。

炭酸水ダイエットにトライ!摂取するタイミングとは

炭酸水は医薬品ではないのでいつ摂取してもかまいませんが、ダイエットのために活用するなら食前がベストでしょう。食前にコップ1杯の炭酸水を飲んでおくことで、食べすぎを防ぐことができるのです。

炭酸が満腹感を促進してくれますし、血流を促進して美肌に導くこともできます。腸のぜん動運動を活発にする作用もあるので、胃腸が弱っている方にもおすすめです。

炭酸水を毎日飲むことでお腹の調子がよくなり、ぽっこりが解消したという人もいます。胃腸が元気になると排出機能が高まるので、不要なものをしっかりと追い出すことができるのです。

老廃物は肌に溜め込まないためにも、炭酸水ダイエットでデトックスをしていきましょう。毒素を排出することで、脂肪が燃焼しやすい体質に変化していきます。

量を間違えると逆効果に!炭酸水一日の摂取量

炭酸水ダイエットを成功させるためには、一日の摂取量を決めておくことが大切です。基本的には200mlがよいと言われていますが、人によっては300mlのほうが適切になることもあります。

大切なのは炭酸水を飲んだあとに、適度な満腹感を得られることです。暴飲暴食を防ぐのが目的ですから、食べすぎを防げる程度の満腹感が欲しいところです。

炭酸水は少量しか摂取しないと、逆に食欲が増進されてしまう可能性があります。食欲に対して満腹感のほうが勝るのが好ましいため、自分なりに一日の摂取量を決めていきましょう。

200ml~300ml程度の範囲内で調整するのがよいです。砂糖を加えるとカロリーが発生してしまうので、無糖の状態で飲むようにしてください。

さらに効果的な炭酸水摂取の仕方

本格的に炭酸水のダイエット効果を期待するなら、300ml以上を飲むとよいでしょう。慣れないときついと感じるかもしれませんが、短期間である程度体重を落としたい人にはおすすめです。

置き換えダイエット飲料として活用すれば、大幅にカロリーを減らすことができます。例えば、夕食時に食事を摂らないで炭酸水を300ml飲むのです。水よりも満腹感を得られるので、朝食まで我慢しやすいと言えるでしょう。

食事のかわりに炭酸水を摂取することで、胃腸をゆっくり休息させることができます。胃腸が弱ってしまうのは、食事回数が多いことも関係しています。1日3食に2回のおやつなど、胃腸は常に働いている状態にあるのです。胃腸を元気にするためにも、休日に限定して置き換えダイエットを実践するのもよいでしょう。

加糖じゃなく無糖を!ダイエットに向いた炭酸水の選び方

炭酸水には加糖タイプもあり、これは実質的にサイダーのようなものです。サイダーほどの糖分は含まれていなくても、カロリーがある以上は肥満や糖尿病の原因となります。

飲料水として適量を摂取するのは問題ありませんが、水がわりにガブガブと飲んでいると肥満を促進してしまうでしょう。肥満を予防するためにも、摂取量は適量に抑えておきましょう。

ダイエットのために炭酸水を飲むなら、無糖タイプをおすすめします。無糖ならたくさん飲んでも太ることはないので、安心して摂取することができるでしょう。

水に炭酸を含ませただけなので、これが原因で肥満になることはありません。むしろ炭酸の刺激によって胃腸を活発にしたり、膨満感を促進して食べすぎを防ぐことができます。

炭酸水は毎日摂っても副作用はない?

炭酸水には副作用がないので、毎日摂っても問題はありません。飲みすぎると胃が膨張して苦しくなりますが、常識の範囲内で飲んでいればまったく問題はないです。

ミネラルウォーターには副作用がなく、毎日飲んでも健康を害することはないでしょう。同様に炭酸水に関しても、継続的に利用することによる弊害はありません。

炭酸水を摂る上で注意したいのは、間違った飲み方をしてしまうことです。例えば1日2食以上と置き換えをしたり、食前に摂取する量が少なすぎたりすると、ダイエットの成功率が下がってしまいますし、リバウンドするリスクも生じてきます。

適量を摂取することが大切であり、長期ダイエット計画を立ててコツコツと実践していきましょう。

血行促進!炭酸水風呂の方法

炭酸水と言えばダイエットのために活用される飲料として知られていますが、炭酸水風呂もメリットが大きいのです。もちろん湯船が満杯になるほどの炭酸水を用意するのは無理があるので、市販の重曹とクエン酸を使用します。重曹400g、クエン酸300gを湯船に入れてかき混ぜればOKです。

炭酸水風呂用の重曹やクエン酸を購入する場合は、食べても問題ないことを確認してください。食品添加物に該当する場合は問題ありませんが、工業用のものは避けたほうがいいでしょう。

品質が落ちてしまうので、食べても問題ないものを選択します。炭酸水風呂は温浴作用が強く、血行を促進して身体を元気にしてくれます。免疫向上、肥満予防にも役立つので、疲れたときに利用するといいでしょう。

味のバリエーションを増やす!炭酸水に加えたい食材

炭酸水はそのまま飲んでも問題ありませんが、毎日だと飽きるという方が多いでしょう。そうした人は味のバリエーションを増やすことで工夫するとよいです。

例えば野菜ジュースを混ぜてみたり、市販の粉末ジュースを使用したりすると美味しく仕上げることができます。ただし、味をつけてしまうとカロリーが発生することが多いので、カロリーを抑えたい人は注意が必要です。

炭酸水と相性がよいのは柑橘系全般であり、レモンやオレンジ風味などは鉄板と言えるでしょう。柑橘系のメリットは、ほとんどの人が美味しいということです。

味のバリエーションで迷ったら柑橘系にしておけば間違いありませんし、クエン酸が含まれているので疲労回復にもよく、飽きがこないのも特徴です。

炭酸水ダイエットを避けた方が良い人とは

炭酸水ダイエットに副作用はありませんが、避けたほうがよい人がいないわけではありません。例えばダイエットをする必要がない人は、炭酸水を飲むことで食事量が減ってしまう可能性があります。

食事というのはただカロリーを減らせばいいものではありません。食事量が減ると相対的に栄養素の摂取も減るため、例えばビタミン、ミネラルなどが欠乏することがあります。すでに痩せているのに無理をして炭酸水ダイエットをすると、栄養不足によって不健康や肌トラブルを招いてしまう可能性があるのです。

それ以外では炭酸水を飲むことで、ゲップが出るという注意点があります。誰とも合わない時間帯に飲むのが好ましいため、夕食前に飲んだり、夕食と置き換えたりするのがおすすめなのです。