糖質の塊なのにどうして痩せるの?うどんダイエットの成功法

糖質制限のためにご飯やパン、そしてうどんなどの主食は極力取らないようにしているという方も多いのではないでしょうか。ですが、やり方さえ間違えなければうどんでダイエットすることができるのです。しかも成功率が高い方法です。

うどんでダイエット!でも気になるのはカロリー

うどんといえば糖質の塊。ダイエットには不向きと思っていませんか。ただ、ご飯やそうめん・お蕎麦などと比べると低カロリー。お米が100g160キロカロリーなのに対して、うどんはその3分の2、105キロカロリーしかないのです。

たとえおかずでおなかは満たされるとはいっても、やはり主食抜きの生活はストレスが溜まります。ストレスもダイエットの敵。うどんを食べることでお腹も心も満たしてあげましょう。

いつもご飯をしっかり食べていたのに急にご飯を食べなくするのは大変でも、ご飯をうどんに置き換えてやるだけならやりやすいですし、十分にダイエット効果は得られるはずです。置き換えダイエットとしてぜひ用いてみてください。

なぜうどん?うどんダイエットにはどんな利点がある?

うどんはカロリーが低いだけではありません。炭水化物の量も少ないのです。食パンや白米に比べるとその量はなんと2分の1程度。そういった意味でも置き換えダイエットに最適です。

うどんといえばそのコシ。他の麺類と比べると太さもあり、噛む回数が自然と増えるので満腹中枢も刺激されます。満腹感は満足感につながりリバウンドの危険性が減ります。消化スピードも遅くなるので、ただでさえ少ない炭水化物が体内に吸収されるスピードも遅くなるのです。

その他の糖質のある食べ物と比べて代謝が上がりエネルギーを燃焼しやすく、太りにくいというダイエットにはおすすめの主食なのです。ご飯同様、クセもなくどんなお料理にも合わせることができます。

うどんはこんなに栄養が豊富だって知ってました?

病気のときにも食べられるうどん。原料となる小麦粉の70パーセントから80パーセントは炭水化物です。そのため消化がよく、体調を崩しているときでも食べることができるのです。とはいえ、他の麺類に比べると炭水化物量は少なく、吸収が遅いため安心してください。

麺自体にはそれほど栄養がなくうどんばかりを食べていると栄養不足に陥るのでやめてください。ただ、うどんのだしにはタンパク質やカルシウム・アミノ酸・鉄分など豊富です。脂質も含まれているものの、ラーメンなどのこってりとしたスープと比べると格段に低いです。

それ自体には味がないためうどんを食べるためにはだしは必須。だしと合わせることで食べやすくなるだけでなく、栄養も豊富になるのです。

失敗しないうどんダイエットのやり方

うどんダイエットでご飯から置き換える場合、1食だけにしてください。3食全部置き換えると栄養が偏ってしまいます。飽きも来て、ストレスにつながってもしまうでしょう。

どんなに糖質が低くカロリーが低いからといって大量に食べていたらやはり太ってしまいます。1食で食べるのは100g程度までとしておいてください。

コシがあり噛み応えがあるため満腹感が得られるうどん。そうなるためにもうどんを食べるときはしっかりと噛みながら食べるようにしましょう。

そうでないと消化が悪くなり、腸内環境を悪化させる原因となります。そうすると、毒素が身体の中に溜まることになり、痩せないだけでなく健康や美容の面での悪影響も出てきてしまいます。

ポイントはうどんのトッピング!どんな食材が良さそう?

うどんダイエットするならトッピングにも注意しましょう。卵や山菜・納豆ならビタミンB1が豊富で糖質の代謝を手伝ってくれます。わかめはビタミンB2や食物繊維が豊富です。ネギには脂肪分解酵素リパーゼの分泌を促すアリシンが入っています。

唐辛子で代謝をアップしてくれるカプサイシンが含まれているのは、今や多くの方たちがご存知のことでしょう。素うどんで食べるよりも、トッピングを効果的に使って、更によい効果が出るようにしましょう。

トッピングを入れることによっても同じ素うどんが違った味わいとなるので、飽きがくることなく毎日続けられそうです。コシが強いのは冷やしうどんですが、続けるためにもゆでたり釜玉にしたりといろいろな食べ方をしてみてください。

朝昼夜どのタイミングで食べるのがベスト?

うどんダイエットはご飯を食べ過ぎてしまうのを、同じだけの満腹感を得られながらカロリーや糖質を下げることで痩せる効果を得るというしくみとなっています。そのため、特に食べ過ぎてしまう傾向の多い夕食を置き換えるのがおすすめです。

大幅なカロリーカットが期待できるでしょう。食事で満足しているのでその後に夜食を食べてしまう心配もありません。そのためには、高カロリーの具は入れないことです。天ぷらうどんなどのメニューにしていてはカロリーオフは望めるわけがありません。

しっかり噛んで食べて満腹中枢を働かせるようにするなど単に夕食にうどんを食べるのと違ってダイエットのために行っていることを意識してやるようにしましょう。

よりダイエット効果を期待するならサラダが最適!

某ファミリーレストランでも人気のメニュー・サラダうどん。ダイエット効果を期待するのであればおすすめのメニューです。うどんにもツユにも含まれていない栄養がサラダにはたっぷりです。しかも低カロリーでお腹が満足しながらも献立としてもそれだけで満足なのです。

冷蔵庫にある野菜を切って、あるいはちぎって乗せるだけなのでレシピの簡単さも魅力です。ただし、味付けにも注意してください。マヨネーズや油たっぷりのドレッシングをドバドバかけていてはあっという間に高カロリーメニューになってしまいます。

めんつゆやノンオイルドレッシング・ポン酢などを利用しましょう。レモンなどを加えることでも調味料の量を抑えることができます。

ソバやラーメンなど他の麺類じゃダメな理由とは

うどんダイエットは麺類ダイエットというわけではありません。うどんの良さがあるからこそダイエットに適しているのです。飽きてきたからといって他の麺類に置き換えるのはやめましょう。

それだとご飯の代わりに食べていてもご飯と同じようにカロリーや糖質・炭水化物をとってしまうことになり意味がありません。細くて食べやすい麺は少量だと満足できず、気が付くと大量に取ってしまうことに。

特にラーメンなど、ツユ自体にも油が多く含まれており、チャーシューなどのトッピングをつけていると高カロリーのメニューとなってしまいます。うどんをさまざまにアレンジしながら、飽きのこないよう工夫して食べることで毎日続けるようにしてください。

ルールを守らないと逆効果!うどんダイエットの注意点

他の主食に比べると低カロリーとはいえ、炭水化物の塊です。ルールを守ってダイエットに取り入れるようにしてください。毎回食べ過ぎていたり、喉越しがいいからと噛まずに飲み込んでいたりしてはいけません。

飽きがこないようにとさまざまなアレンジを考えるのもいいですが、カロリーを取りすぎないよう考えたレシピを心がけましょう。うどんメニューは大丈夫でも、一緒に副菜としてたくさん食べていても意味がありません。

うどんダイエットの痩せるしくみを知って、それに合わせたレシピにし、無理のないようダイエット効果を得るようにしてください。正しく行えばリバウンドの危険性も少なく、効果も現れやすいおすすめのダイエット方法です。

低カロリーなのにボリューム満点!うどんレシピ

野菜があればサラダうどんがおすすめですが、一人暮らしでお野菜購入と言うと腐らせそうでなかなか買えないという方も。それなら納豆やキムチ・卵・わかめなどを混ぜてみてはいかがでしょう。レタスやキュウリではなく大根おろしを混ぜ合わせるのもおすすめです。

そうめんと違って太い分、茹で時間がかかるのがうどんの難点ですが、最近では冷凍うどんもあり、手軽です。カップうどんもありますが、うどんダイエットに必要なのは噛みごたえのあるコシ。冷凍うどん・あるいは乾麺を固めにゆでるほうがおすすめです。

天ぷらうどんや味噌煮込みうどんなどが好きな方も、目標体重にたどり着くまではちょっとあきらめて、低カロリートッピングで頑張りましょう。