嬉しい美容効果が期待できる!トマトジュースダイエット正しい方法

トマトジュースは飲むだけでダイエットが期待できる画期的な飲み物です。リコピンというカロチノイドが豊富に含まれており、活性酸素を撃退してくれます。さらにクエン酸やカリウムも豊富で、疲労や塩分過多などの悩みに働きかけてくれます。

美容効果満点トマトジュースダイエットとは

トマトジュースダイエットとは、食事とトマトジュースを置き換えするダイエットのことです。置き換えダイエットには飲み物がよく活用されますが、これは胃腸への負担が軽いためです。

日本人は1日3食の食事が基本であり、胃腸が休まる暇がありません。そこで1日1食をトマトジュースと置き換えて、胃腸をゆっくりと休ませるのです。

夕食と置き換えをすれば、実質18時間程度も胃腸を休ませることが可能になります。胃腸機能が回復すると代謝が向上し、太りにくい体質に変わっていくでしょう。

脂肪が燃焼しにくい人ほど、トマトジュースを取り入れて代謝を上げていく必要があります。お腹がぽっこりと張り出してきたら代謝不良や便秘体質になっている可能性が高いので、トマトジュースを意識して摂りましょう。

身体に良いのは知ってる?トマトジュースの栄養と効能

医師が最もおすすめする食材がトマトと言われるほど、栄養価に優れています。ただ、毎日トマトを食べるのは大変なので、トマトの成分を効率よく摂るためにジュースを活用しましょう。

トマトジュースに使用されるトマトは、生食するものよりリコピンの含有量が多いです。ほかにもクエン酸やカリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。

血液を綺麗にすることが可能なので、動脈硬化を抑制するためにも役立つでしょう。1日の目安量は200ml~350ml程度であり、350mlを飲用すれば1日分の野菜をクリアできます。

ただ、平均的な日本人にとって欠乏する野菜の量は1日100g程度なので、200mlを飲めば問題なくカバーできると言えます。

トマトジュースダイエット法の効果的な流れ

トマトジュースダイエット法は継続することに意味があるので、自分にとってやりやすい方法を見つけていきましょう。

基本は夕食とトマトジュースの置き換えですが、空腹を覚えてしまうようなら量を増やすなど工夫してください。基本は200ml~350ml程度を飲用し、塩分を制限している人は塩分無添加のトマトジュースを使用しましょう。

置き換えダイエット以外でもトマトジュースは、あらゆる場面で飲むことができます。食事のお供としてもおすすめですし、脂肪分の多いお菓子とも相性がよいです。

トマトに含まれるリコピンは、脂肪と一緒に摂ることで吸収性がアップします。トマトと言えばオリーブオイルをイメージする人が多いでしょうが、これも吸収性を高める工夫なのです。

トマトジュースの適切な量と飲むタイミング

どんなダイエット法にも言えますが、決して無理をしてはいけません。無理をしない方法のほうが成功しやすく、リバウンドも防げるのです。トマトジュースを実践するときも、適切な量と飲むタイミングを守ってください。

飲む量は200ml~350mlが適切であり、大量に飲めばいいものではありません。どんな栄養価の高い食品であっても、摂りすぎると栄養バランスが崩れてしまいます。

飲むタイミングは基本的に食事との置き換えで、夕食との置き換えが好ましいです。仕事のない休日であれば、朝食や昼食と置き換えるのもよいでしょう。

ただし、無理をするとストレスが溜まり、ダイエット自体が嫌になってしまう可能性があります。1日1回の置き換えを基本とし、1日2回の置き換えにする場合は休日限定にしてください。

ダイエット効果を実感できるまでにかかる平均期間

ダイエット効果を実感できるまでの期間は、平均すると1~3ヶ月くらいです。体質や肥満の度合いにもよるので、みなが同じタイミングで実感できるわけではありません。

ただし、数日で実感できる人はほとんどいないため、数ヵ月と考えておくのがよいでしょう。過度の期待をすると挫折する原因にもなるので、長期ダイエットを視野に入れてください。

モチベーションがすぐに消えてしまう人は、ダイエットに過度の期待をしている傾向があります。無理をしないためには長期計画を立てておくのが好ましいのです。

一般的に実感するまでには1~3ヶ月程度かかるので、3ヶ月以上かかると見積もっておくのがよいでしょう。長期計画を立てて毎日地道に続けることで、筋肉を残して脂肪だけ落とすことができます。

トマトジュースのダイエット効果&美容効果

トマトジュースにはダイエット効果だけでなく、優れた美容効果もあることがわかっています。毎日トマトジュースを飲んでいる人は、肌のツヤがよくなるでしょう。

抗酸化力に優れたリコピンが含まれており、しみ・しわを予防してくれるのです。活性酸素から肌を守ってくれるので、紫外線のダメージを軽減するためにも役立ちます。

食物繊維は体内に溜まった毒素を排出するために役立ちます。毒素はお腹に溜まりやすい傾向があり、便秘を引き起こすことがあるのです。

すでに便秘体質になっている人は、大量の毒素を溜め込んでいると考えてよいでしょう。毒素は肌荒れの原因にもなりますから、トマトジュースで食物繊維を取り入れてデトックスをしていきましょう。

加熱で効果アップ!ホットトマトジュースダイエットとは

ダイエットが成功しやすい人を見ていると、体温が高い傾向があります。体温が36.5度以上あるのが理想であり、この状態は脂肪燃焼の効率が非常によいのです。

36度台をキープすれば大丈夫ですが、35度台になってしまうと問題があります。冷え性は脂肪燃焼力を低下させてしまうので、脂肪を蓄えやすい身体になってしまうのです。

トマトジュースのダイエット効果を高めるためには、加熱してホットトマトジュースにするのがおすすめです。飲むだけで胃腸を温めることができるので、免疫力を高めることができるでしょう。

免疫が向上すると代謝もよくなるので、体脂肪が燃焼しやすくなります。体脂肪は固形状態になっていることが多いので、体温を上昇させて少しでもやわらかくしていきましょう。

トマトジュースに足してほしいオリーブオイルの効果

トマトジュースと相性のよい食品がオリーブオイルであり、これはトマトの吸収性を高めてくれるからです。カロチノイドや脂溶性ビタミンは、油と相性がよい特徴があります。

これらの栄養素は単体で摂取しても、体内に吸収されにくいのです。オリーブオイルと一緒に食べると吸収性が大幅にアップするため、トマトジュースをより効果的に利用できます。

栄養素というのはたくさん摂取をしても、吸収されないとまったく意味がありません。オリーブオイルは肉類の脂肪とはまったく性質が異なり、常温で液体という性質があります。

そのため体内に蓄積しにくく、固形化した体脂肪を溶かすために役立つのです。血中脂質も減少してくれるので、血液を綺麗にしたい方にもおすすめします。

市販のトマトジュースを選ぶ時の注意

市販のトマトジュースを選ぶときは、栄養成分をよくチェックしておきましょう。どれを選んでも同じではなく、栄養成分の含有量が異なっています。

使用するトマトの種類によって、リコピンの含有量が変わることはよくありますから、なるべくリコピンを多く摂れる商品を選びましょう。トマトジュースには塩分を添加していることが多いですが、塩分を制限している人は塩分無添加タイプをおすすめします。

最近は濃縮タイプのトマトジュースも登場しており、コップ1杯200mlで350g分の野菜を摂取できるタイプがあります。こうしたタイプは栄養価が濃縮されているので、少量でリコピンを大量に補給できるのです。健康的にダイエットをするためにも、リコピンは意識して摂取してください。

トマトジュースダイエットで成果が出ない人はこれが原因かも!

トマトジュースダイエットを実践しても、みなが同じように成果を得られるわけではありません。ダイエットには相性がありますし、間違った方法を継続することが原因かもしれません。

成果が出なくて悩んでいる人は、暴飲暴食をしている可能性があります。確かにトマトはダイエットに適した食材ですが、それ以上に暴飲暴食をしていればダイエット効果は激減してしまうでしょう。

ダイエットのために運動を始めたら、なぜか太ったという人は少なくありません。この理由は運動をすることで空腹が促進されて、今まで以上にたくさん食べるようになったからです。

確かに運動をすれば代謝は上がりますが、過剰にカロリーを摂取すると太ってしまいます。トマトジュースダイエットも同様であり、ジュースを飲んでいるからと安心して生活が不規則になれば、逆に体重が増えてしまう場合もあるのです。