種類が豊富で続けやすい!おでんダイエットをする際のポイント

おいしく熱々のおでんは冬の食べ物という印象ですが、ダイエットに役立つヘルシーな食材の宝庫と言えます。食べる組み合わせを工夫すれば、バランスよく栄養が取れて低カロリーになりますし、カロリー計算も行いやすい食べ物です。

食べるだけでいいの?おでんダイエットってどんなの?

ダイエットはつらいものが多く続けられるか心配になる人もいますが、おでんダイエットは食べるだけですから誰でも取り組みやすい特徴があります。種類が豊富にあるため、飽きがきにくいことも長期間続けられるポイントです。

家庭でも手軽に作れて数日であればストックしておくことが可能で、作るのが面倒な場合はコンビニやスーパーでも買い求めることができますから、無理に作る手間も省くことができます。

食べてダイエットになるため、つらい空腹を感じる心配もいりませんし、食べ方によっては体質改善にもつながるほどです。おでんに使われる出汁もうまみ成分にはアミノ酸が含まれていて、正しく食べれば健やかな体を維持するのに役立ちます。

どうしておでんでダイエットできるの?

とても身近で買い求めやすく、特別な食材やサプリメントとも違って、1食分が安価で済ませられるため続けやすいというメリットがあります。使用されている具材は、とってもヘルシーで体にとってプラス効果が期待される具材も使われています。

温かいおでんを食べることで、体の内側から温めることが可能である点も重要です。胃や腸を温めると体のいろんな機能が活動的になってくれます。

寒い季節に有効なだけでなく、夏場であっても冷え性の人が体温を高めることができますし、暑い季節はクーラーやアイス、コールドドリンクなどで体温を下げがちになってしまうので、おでんを食べて温め基礎代謝をアップさせることでエネルギーの消費を促進させることが可能です。

おでんダイエットの基本的なやり方とは

お昼は外食が多いという人は、コンビニで気軽に買えるおでんを利用してカロリーを減らすことができます。1食おでんに置き換えてしまえば炭水化物を取りすぎてしまうこともありません。

おでんの具材は、カロリー計算がしやすいものばかりです。1日のトータルカロリーのコントロールも行いやすいのでダイエットにつながります。日中は活動的で、消費するエネルギー量も多いのでがっつり食べたいという人は、朝や夜の食事も置き換えても問題ありません。

種類が豊富ですから、低カロリーの具材をたくさん選ぶことができますから、夕食を置き換えても太ってしまうことを避けられます。大切なのは低カロリーと中カロリー、高カロリーの具材を把握しておくことです。

おでんにはどのようなダイエット効果がある?

総カロリーを減らしたり、体を温める以外にも食べる具材によって、効率的なダイエットが期待できます。便秘が体重増加になっている人は、食物繊維が豊富な具材を食べるようにすれば解消される期待が持てます。

カロリーが高めに感じるロールキャベツも、50kcalほどしかありません。ダイエットが期待できる具材で、キャベツに含まれたビタミンやカルシウム、ひき肉からもビタミンやナイアシンを得ることができます。

細胞の活性化や再生にビタミンは重要な役割を果たしていますし、ナイアシンは熱に強くたんぱく質の代謝に必要な成分で、消化の働きを助けるとともに、神経や循環器の働きを促進させてくれます。

詳しく栄養成分の働きを知ることで、自分の体に合った食材を選んでダイエットしやすいのが、おでんのメリットです。

実はおでんには痩せる以外にも嬉しい効果が!

おでんを食べて体が温まると、内臓の温度上昇により免疫力の活性化が期待できます。37℃前後が免疫細胞にとって適した温度であり、多くの免疫細胞は腸内にあるため、体の内側を温めることは重要ですし、おなかを冷やさないようにするべき理由の一つです。

免疫細胞は外から侵入してきた細菌やウイルスを撃退してくれますから風邪を引きにくくなったり引いてしまっても症状が軽く済ませられる場合が多いです。免疫細胞の中でもナチュラルキラー細胞は体内に発生したがん細胞とも戦ってくれるため、がん予防も期待できます。

野菜や魚、肉などまんべんなく食べることができるおでんは、ビタミンが美肌を目指す人の役になったり、カルシウムは骨を作ったり、亜鉛が糖代謝を進めたり細胞を作るサポートをして発育を促したり、味覚障害を緩和させてくれたりもします。

知っておきたいおでん食材のカロリー

高カロリー具材なのは、お肉が使われていたり肉の加工食品が使われているもので、豚つくね串は171kcal程度、豚角煮串は152kcalくらいありますからダイエット中は控えたほうが良いでしょう。

牛すじはヘルシーで60kcalほどしかありませんから食べても安心な具材です。ほかにも低カロリーなのは昆布が約5kcal、大根は14kcal、たまご83kcalくらいで、たっぷり食べても安心なのが白滝の11kcalです。

餅入り巾着は1個で129kcal程度あって、ごはんの茶碗1杯分程度のカロリーがあるため、注意が必要な食材です。消化も早めですぐにエネルギーになりやすく消費されないとそのまま脂肪として蓄えられてしまう可能性があります。

ダイエットにオススメのおでん食材はこれ!

腸内の掃除をしてくれるこんにゃくの中でも白滝は、栄養もないように感じてしまいますがカルシウムをとることができる具材です。痩せるためにカルシウムは必要で、不足していると代謝が低下してしまいます。魚や乳製品を普段からあまりとらない人は食べるようにしましょう。食物繊維も豊富で、便秘解消のサポートにもなります。

大根の食物繊維も豊富ですし、酵素もたっぷりあり消化を助ける働きがあったり、辛み成分には解毒効果も期待できます。ビタミンCも含まれていて、美肌や抗酸化作用などもあってダイエット以外の部分でも活躍してくれます。

筋肉を作るのにも欠かせないたんぱく質は、たまごから得ることが可能です。昔は食べ過ぎるとコレステロール値が悪化すると考えられてきましたが、研究の結果すぐに直接的な影響が出ないことが分かっているのでダイエット中でも安心して食べることができます。

おでんの食材を選ぶならこういった点に気を付けよう

バランスよくいろんな具材を取り入れないと、栄養の偏りが心配になります。1食置き換えるだけだから、ほかの食事のときに栄養のバランスを考えればよいという人もいるでしょう。

しかし食べた直後から分解や吸収が始まり体の活動の糧となるのですから、極端に偏ってしまうと一時的に体の機能が低下しかねません。

消化が早い食材も多く、腹持ちしないものばかり食べてしまうとおなかがすいて間食したくなってしまいます。食物繊維が豊富な具材は腹持ちしやすいので、できるだけ食べるようにしましょう。

しょっぱい味付けは、水分が多くほしくなってしまいます。出汁はとてもおいしいですが、水分の取りすぎにつながってむくんでしまう心配があるため注意しなければなりません。

毎日おでんを食べてはいけないその理由とは

おでんの出汁は、塩分も含まれています。煮込まれた具材にはたっぷりとしみていて、塩分も摂取することになります。日本人は日ごろから塩分を取りすぎる食事をしていますから、毎日おでんを食べてしまうと体内の塩分濃度が常に濃くなってしまう可能性があることを考えなければなりません。

血中濃度を薄めるためには水分を取り込む方法しかなく、のどが渇きやすくなったり水分の取りすぎでむくむ場合もあります。血管内に水分が多い状態が続くと圧力が高まって高血圧になりやすく、血管の壁も圧力に耐えるため肥厚していき、動脈硬化を起こすことがあるため注意しましょう。

塩分を体外に出すためには、腎臓がろ過しなければならず、毎日大量の塩分を処理していると腎機能障害を起こす恐れがあります。

おでんダイエットで気を付けたい数々の注意点

塩分の取りすぎには最も注意が必要な点ですが、カロリーを減らして体重が減ってくると無理な食事に移行してしまう人がいるため注意が必要です。極端に食べる量を減らすと体によくありませんし、体重に変化がないのに栄養失調になることもあります。

コンビニやスーパー各社、地域によって味付けの仕方に違いがあり、それに伴いカロリーも違ってきます。自分で作ると調節しやすいですが、買っておでんダイエットを行う人はカロリーに注意が必要です。

味や色を整えたり長持ちさせるため添加物が使われている場合もあるので、心配な場合は確認したほうが良いでしょう。たくさんの具材が煮込まれていますから、食物アレルギーがある人は注意が必要です。