肉なのにダイエットが可能!ささみの成分や痩せる仕組みについて

ダイエットといえば肉を食べるのは厳禁と考えている人は多いですし、実際に肉を食べ過ぎてしまうのはあまり良いことだとは言えません。しかしダイエット中でも積極的に食べたほうが良い肉もあります。それが「ささみ」なのです。

肉を食べても良いささみダイエットって何?

肉を食べながらダイエットをすることができるのが「ささみダイエット」です。具体的には1日3食食べる食事のうち1食をささみにするだけです。

そしてささみと一緒に野菜も食べるようにしましょう。ささみと野菜だけではおなかがすきそうだということであれば低カロリーの豆腐なども一緒にとるのがオススメです。

ささみはカロリーがとても少なく、1本でわずか45キロカロリーしかありません。男性は300から400キロカロリー、女性は200から300キロカロリーを目安にして食べます。

他の2食は普段通りに食べても良いのでダイエット中の食べられないストレスを感じることも少ないです。ですが、栄養バランスを考えて食べるのが良いでしょう。

ささみがダイエットに良いのは成分に秘密あり!

ささみがダイエットの時に効果的だといわれるのはその成分にあります。ささみは低カロリーで、しかも高たんぱく質、低脂肪です。1本がたった45キロカロリーほどしかないので数本食べても普通の食事よりずっと少ないカロリーですみます。

そして栄養豊富なのでダイエット向きです。含まれている成分はタンパク質を中心に、リンや鉄、カルシウム、ナトリウム、ビタミン類などがあります。

ささみに含まれているタンパク質は人間の体に吸収しやすいタイプのものなので、脂肪を減らし、逆にダイエットに効果的な筋肉をつけるためにはぴったりなのです。疲労回復に良いといわれているナイアシンも豊富なので健康的な意味でも良いのがうれしいところです。

ささみはカロリーが低い食材!

ささみがダイエットに良い理由の1つにはそのカロリーの低さがあります。1本のカロリーはおよそ45キロカロリーです。カロリー自体は低いですが、満腹感を得ることができるのでゆっくりと、何回も噛んでから飲みこむようにすることで少量でもおなかをふくらませることができます。

ささみは野菜とセットで食べるようにすることで、野菜の食物繊維が満腹感を感じさせるサポートをします。3本食べたとしても200キロカロリー以下にカロリーを抑えることができますのでお肉を食べているという満足感を得ることができます。

1食をささみに置き換えるだけでかなり摂取カロリーを抑えることが可能となりますので、ダイエット中に食べる食材としては優秀であるといえます。

ささみで痩せるためのダイエットの仕方とは?

ささみで痩せるためには極端に食事制限をするのは避けておきましょう。ささみは確かに栄養バランスが整っており、高たんぱく質、低カロリー、低脂肪というのがダイエット向きの食材ではありますが、ささみだけを食べる食事ではささみに足りない栄養を摂取することができないため、栄養バランスを崩してしまう可能性があります。

ですから、ささみだけを食べるのではなく、置き換えしない他の2食の時に別のお肉も食べるようにしましょう。

脂肪燃焼能力が高い肉は牛肉や豚肉などの赤身肉です。ささみには脂肪燃焼効果が高い成分がほとんど含まれていませんから、他の食材で補っておく必要があります。またマグロの赤身などにも脂肪燃焼効果が高いL-カルニチンが豊富に含まれています。

ささみがもたらしてくれるダイエット効果の力とは?

ささみのダイエットに効果的なパワーとは代謝をアップするというところです。代謝をアップさせるには筋肉をつけるのが一番ですが、その筋肉を作るために必要なタンパク質がささみには豊富に含まれているのです。

もちろん適度な運動をすることも必要ですが、どちらか片方だけではダメなのです。運動をしながらタンパク質も摂取しなければいけません。そういった意味で、ささみを食べることは非常に効果的です。

ささみを食べて、有酸素運動をすることで代謝アップにつながりやすいです。有酸素運動で気軽に始めることができるものですとウォーキングがあります。いきなりハードな運動をするのではなく、階段昇降や雑巾がけ、なるべく歩く距離を長くするといった工夫をしてみると良いです。

ささみは美容だけでなく健康にも良い効果を発揮する!

ささみは健康的な効果を得ることもできるのがメリットです。例えばささみに含まれているナイアシンは皮膚や粘膜の健康維持を保つために効果が期待できますし、特に肌荒れをしている時にナイアシンを摂取しておくと肌荒れを改善させることができます。

ダイエット中は肌荒れをしやすいので、ささみを食べることでこういったことも予防・改善できるのが良いところです。

他には疲労回復効果もあります。ささみにはアミノ酸の一種であるイミダゾールペプチドが含まれていますが、これが筋肉の中にある乳酸を分解するので疲労を和らげてくれるのです。

乳酸は疲労のもとになるものです。しかも活性酸素が増えた時に感じるストレスも緩和する効果があります。

ささみダイエット中に食べてもいいものとは?

ささみダイエット中であっても食べて良いものはいろいろとあります。例えば野菜はたくさん食べておくほうがダイエット中になってしまいがちな便秘の予防と改善に役立ちます。

サラダで食べる場合にはドレッシングを使いたくなりますが、使うのであればノンオイルのものを使うのが良いです。ノンオイルドレッシングも種類がいろいろと出ていますので、毎日飽きないようにいくつか種類をそろえておくのも良いでしょう。

またささみと野菜だけでは少し物足りないなという時には低カロリーのヘルシーな食べ物を一緒に食べるのがオススメです。例えば豆腐や納豆、もずく、はるさめなどがあります。逆にカロリーを少しでも減らそうとささみだけ食べるのはやめておきましょう。

ささみを使ったダイエットにオススメの料理

ささみダイエットをしている時におすすめの調理方法はいろいろありますが、簡単でヘルシー、そして満腹感を感じることができるものですと「ささみのみぞれ煮」があります。

一口大にカットしたささみにお酒と塩コショウで下味をつけて片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンで焼きます。火が通ったらあらかじめおろしておいた大根おろしをそのフライパンに入れてめんつゆを入れ、一煮立ちします。皿に大根おろしと共に盛り付けてネギを散らして出来上がりです。

また時短料理でささみの磯辺焼きがあります。ささみに塩コショウで下味をつけ、フライパンで軽く焼いた後でお酒を加えて蒸し焼きにします。焦げ目が少しついたら醤油をたらし、さらに焼きます。お好みでわさびをささみにつけて一口大にカットし、のりを巻いて出来上がりです。

ささみダイエット中に気を付けたほうが良いこと

ささみダイエットをしている時に気をつけたほうが良いことといえば、ダイエット中だからといって3食全ての食事で使う肉をささみだけ使わないということです。ささみに足りない栄養素を補うためにも魚や他の肉も食べるようにしたほうが良いです。

特にささみに足りない脂肪燃焼効果が高い赤身肉としてマグロや豚肉、牛肉を使うのが良いでしょう。ダイエットをするためには基礎代謝をアップする必要がありますので、脂肪燃焼効果が高い赤身肉を積極的に食べるようにすることも大切です。

そして置き換えた食事以外は栄養バランスの整ったメニューにすることです。ダイエット中だからといって栄養バランスが極端に偏ってしまうことは避けたほうが良いです。

ささみダイエットで痩せるための秘訣やコツ

ささみダイエットで痩せるためのコツとして、もしささみを茹でて使う場合にはゆで方を工夫しておいしく食べられるようにすることがあります。ゆでる鍋に水と共にネギやショウガを入れて沸騰させます。そしてそこにささみを入れてすぐに火を止めましょう。

止めた後はお湯が冷えるまでそのままにしておきます。こうすることで肉には火をしっかり通すことができ、ぱさぱさとした食感になることなく、おいしく食べることができます。ささみの臭みなども気にならないので食べやすいです。

そして1日1食とはいえ、毎日ささみで置き換えをするのですから飽きてしまうことがあります。飽きないように毎日メニューにいろんなものを取り入れるようにすると長続きしやすいです。