ウォーキングダイエットを効果的に進めるには?コツややり方を伝授

ウォーキングは、ダイエットに最も適した運動の一つです。継続して行っていけば、効率的に脂肪を燃焼させることができます。長続きさせるためにも有効なトレーニングなので、着実に効果を出すという意味でも最適な運動です。

ウォーキングはダイエットに適した運動なの?

ウォーキングがダイエットに向いているという話はよく聞きますが、なぜ適しているのでしょう。脂肪を効率よく燃焼させるためには、有酸素運動が最適です。ある程度継続的にできる運動で、軽く息がはずむ程度、会話をしながらできる程度の運動を言います。

自転車をこいだり、プールで泳いだり、有酸素運動にも色々な種類がありますが、中でも最も手軽に取り組むことができるのがウォーキングです。近所を歩くだけであれば今日からでも行えるトレーニングです。

歩くという行為はとても基本的な動作なので、取り掛かりやすさも抜群です。激しい運動ではない分怪我のリスクも最小限に抑えることができますし、それでいて脂肪の燃焼効果は高いので、多くの人が取り組むに至っています。

楽しく歩くならシューズにもこだわりたい!シューズの選び方

ウォーキングダイエットを継続して行うためには、モチベーションを高めることも重要です。形から入るなどとよく言いますが、シューズにもこだわりを持って選ぶことで、気持ちを高めることができます。

ウォーキングを始めるにあたっては、新しいシューズを購入するのもモチベーションの向上に役に立ちます。自分の好みのカラーを選んだりするとともに、長く歩くための機能も備えたシューズを選びたいです。まず考えるべき事は、クッション性の高さです。

本格的にウォーキングをするとなると長期間歩くことを考え、体への負担を減らすように意識します。特に膝や足腰にかかる負担は意外と大きくなりますので、ショックを吸収できる素材にもこだわるべきです。

近年のシューズは高い技術を誇るものが多く、体にやさしい機能がたくさんあります。楽しんでウォーキングをするために、最適なものを選びたいです。

ウォーキングの前に体をほぐそう!準備体操のやり方

ウォーキングといっても、ただ歩くだけと侮ることはできません。しっかりと歩く前に体をほぐしておく事はとても重要です。怪我の防止にもつながりますし、体を事前にほぐしておくことでウォーキングを始めたときの脂肪の燃焼効果を早めることができます。

屈伸や伸脚など基本的な準備体操をできるだけゆっくりと行います。1カ所にできれば20秒はかけたいです。アキレス腱も入念に伸ばしておきましょう。ほぐしている筋肉を意識するのがコツです。

意外と忘れがちなのが、上半身の準備体操です。下半身にばかり目が行きがちですが、腕や胸、腹、背中としっかりとほぐすことで運動効率を上げることができます。足首や膝の関節も、可動域を広げるイメージでいろいろな方向に曲げたり、回したりしておくと良いです。

効果の出るウォーキングダイエットのやり方とポイント

ウォーキングダイエットを成功させるためには、ただ漫然と歩くだけでは不十分です。正しい姿勢を身に付けることで、脂肪の燃焼効率を高めることができます。

背筋は力まない程度で伸ばし、視線は遠目に置きます。かかとで着地をし、つま先で地面を蹴る、という動作を繰り返すイメージです。肘は軽く曲げた状態で、前後にリズミカルに振ります。前よりも後にやや大きく振ることで、気になる人が多い二の腕の引き締め効果を狙うこともできます。

脂肪燃焼の効率を上げるため、運動強度は軽く息がはずむ程度にとどめ、あまりハイペースになり過ぎないように気をつけることも大事です。

正しい姿勢でウォーキングを始めようとした最初のうちは、ややぎこちない動きになることもありますが、すぐに慣れます。はじめから正しい姿勢を体に染み込ませておくと良いです。

ウォーキングでダイエット効果が出始める距離と時間

一昔前までは、ウォーキングをするときに20分以上継続して行わないと脂肪燃焼の効果が出ないという論調がありました。しかし、現代では異なる見解が根付いています。

ウォーキングを始めれば、その割合は置いておいて、脂肪もちゃんと燃焼されます。20分以上行うことで、脂肪が燃焼する効率が上がることは間違いないですが、たとえ5分でも、動けばその分脂肪は燃えます。隙間時間を見つけて少しでも歩くようにすれば、数週間や数ヶ月経った後結果として差が出てきます。

ただ、効率化を求めるのであれば、やはり30分から40分は時間をとって歩きたいです。早く遠くに歩けば良いというものではありませんが、距離を定めて目標にするのも良い手段です。

目標を数値化した方がやる気になるという人には特におすすめです。毎日歩いた距離をグラフにするなどして可視化すれば、さらにモチベーションは上がります。

ウォーキングダイエットに適した時間帯とは

日々のスケジュールの都合で、運動を行える時間は限られてくるとは思いますが、適した時間帯というのが存在するのも事実です。できるだけその時間帯に合わせて行えば、さらに効率を上げることができます。

ウォーキングダイエットに適した時間帯はズバリ、朝です。寝ている間体の温度は低下していきます。朝起きた時は体温が十分に上がっていない状態です。この状態の時にウォーキングのような適度な運動をすることで、体温を高めてあげることができます。

1日の代謝を上げるという意味でも役に立つことが朝が向いている理由です。朝食を摂る前であれば血糖値が低い状態でウォーキングを行うことができるので、脂肪がエネルギーとして使用されやすい環境です。これも朝ウォーキングを行った方が良い理由の一つです。

また、朝日を浴びながらウォーキングをすることで、体内時計がリセットされます。日々の生活のリズムをつかむという意味でも、健康的に過ごす一助になります。

とにかく続けることが最優先!ウォーキングダイエットの頻度

ウォーキングダイエットは、どのくらいの頻度で行えば良いでしょう。できれば毎日行うのが理想ですが、最低でも週に3回から4回は行いたいです。

運動に慣れていない人にはハードルが高いと感じるかもしれませんが、始めてみると体が慣れてきて、運動を行わない日が逆に気持ち悪いような感覚を覚える人が多いです。

継続して行うためには、曜日を決めて習慣付けるのがおすすめです。どうしてもできない日には無理はせず、1週間単位で頻度を落とさないように他の日で補ったりするのがコツです。

壁に紙を貼っても、スマートフォンで管理しても良いですが、表にして目で見てわかるようにするのが励みになります。いろいろな方法でモチベーションを高め続けるのがポイントです。

効果を知ればやる気アップ?ウォーキングの健康効果

ウォーキングは脂肪を燃焼させる効果はもちろんですが、その他にも健康に嬉しい効果がたくさんあります。体を動かしてエネルギーを使うことは、代謝を上げ血流を促してくれます。冷え性を改善する効果もありますし、体の老廃物を体外へデトックスしてくれる働きを促してもくれます。

心肺機能も向上します。ウォーキングであれば無理なく少しずつ機能を高められるのがポイントです。同様に、足腰も自然と鍛えることができます。長く健康でいるためには足腰は強いに越したことはありません。

ウォーキングは精神衛生上も嬉しい効変化をもたらしてくれます。体を動かし汗を流すことはそれだけでストレス解消の効果が期待できますし、健康に気を使った行動を能動的に行っているという意識は、気持ちを前向きにさせてくれます。

ウェアにこだわるのもアリ!ウォーキングを続けるコツ

ウォーキングを続けるためにはモチベーションの維持、向上は欠かせない要素です。モチベーションを上げるにはシューズにこだわると共に、ウェアにも気を使いたいです。

動きやすさ、歩きやすさを重視するのはもちろん、テンションを上げるために自分の好きなブランドやデザイン、カラーを選ぶことを楽しむと良いです。

お気に入りのウェアに袖を通すことは、それだけで気持ちを上げてくれます。よし、やるぞと気持ちが前向きになれます。ウォーキングをする時、気分が良いと感じるかどうかは意外と大切です。

長続きさせることを念頭に置く時、毎日気分を高めることができる材料は多いほど良いので、いくつか用意して気分によって変えるのもおすすめです。

適度な運動で取り入れやすい!ウォーキングダイエットの利点

ウォーキングは、日常生活に最も取り入れやすい運動の一つです。歩くという行為は運動の最も基本的な要素で、難しくありません。着ているもの以外は特に器具なども必要ないですし、今日にでも始められる手軽さがあります。

それでいて、脂肪燃焼の効率は高く、効果も出やすいのが嬉しいです。多くの人がダイエット目的でウォーキングに取り組む理由もよくわかります。基本的な運動のため、これといって運動をしたことのない人でも取り組みやすいですし、年齢に関わらず行えるという利点もあります。

仲間やカップルで一緒にウォーキングをする人も多く、運動そのものを楽しめる魅力が多いです。取り入れやすく、かつ長続きしやすいウォーキングは、ダイエットにはうってつけの運動です。楽しみながら取り組めば、確実に体脂肪を燃やし、痩せる目的に近づくことができます。