この腕のたるみどうにかしなきゃ!二の腕ダイエットの方法

二の腕がたるんでいるからダイエットしたけれども、なかなか解消してくれないことがよくあります。望んだ二の腕にしたいのなら、痩せる方法を知ることから始めましょう。ではどうするとたるみ解消ができるようになるのでしょうか。

二の腕を知ることが細くすることに繋がる!二の腕の筋肉仕組み

二の腕を細くするためには、まず二の腕の仕組みを知ることから始めましょう。二の腕は、上腕二頭筋と上腕三頭筋の2つの筋肉で構成されています。上腕二頭筋は、力こぶができる筋肉で、物を持ち上げる時に使います。上腕三頭筋は、たるみができてしまう部分にあり、物を下ろす時に使います。

力を必要としているのが上腕二頭筋で、日常生活でもある程度は鍛えられるため、衰えることは少ないです。しかし上腕三頭筋は、普段使うことが少なく、日常生活で鍛えることが難しいため、衰えていることが多いです。

上腕三頭筋が衰えてしまうことで、脂肪を支えることができなくてたるみを作ります。二の腕のたるみを減らそうとした場合、上腕三頭筋を鍛えることが必要です。

二の腕を太くしてしまう日常の習慣

どのような日常生活をしているのかによって、二の腕を太くしてしまうことがあります。太くしてしまう日常の習慣となるのが、力仕事をしているか、もしくは比較的動かない生活をしているかです。二の腕は大きく分けて3つの原因で太くなります。

脂肪がついてしまう場合とむくみ発生している場合、そして筋肉がつきすぎている場合です。力仕事をメインとしていると、筋肉が鍛えられすぎてしまい、筋肉太りすることがあります。日頃デスクワークばかりだったり、家事をさほどしていない生活をしていると、脂肪がついてしまい、なおかつ筋肉が衰えてしまうためたるみを作り太くなります。

細くするためには、生活を変えることが必要となりますが、ただ、仕事が関係して太くなる場合は、ある程度仕方ないと考えることも必要です。

たるみも気になる!二の腕がたるむ理由とは

太っている人でも二の腕がたるむ人もいればたるまない人もいます。そして太っていなくても同様にたるむたるまないの違いがでてしまうため、太る=たるむではないことを理解しておくことが重要です。

では、どうしてたるみができるのかですが、それは筋肉の衰えが関係しています。細い人でも脂肪はあります。二の腕にある脂肪を筋肉によって支えているためたるまないようになるのですが、しかし、衰えていると支えることが困難となります。

支えられなくなることにより、重力に負けてしまい、その結果たるみを作ります。たるみを予防そして解消するためにも、衰えている筋肉を鍛えることが必要です。ただ、闇雲に鍛えても重要な筋肉が鍛えられない可能性も出ますので、効果的な方法を知ってから行いましょう。

二の腕痩せに効くエクササイズ

二の腕痩せるためには、筋トレではなくエクササイズをする方法が効果的でおすすめです。細くするためには筋肉の衰えを解消する必要がありますが、ただ、筋肉を太くする必要はありません。衰え解消するだけで良いため、激しい筋トレはキツく続けにくいためおすすめできません。

二の腕ねじりをするエクササイズがあるのですが、この方法が二の腕に効果があります。補足するために鍛えなければいけない筋肉が、上腕三頭筋です。上腕三頭筋は、一般的に知られている筋トレでは鍛えることが難しいです。

二の腕ねじりは、普段使用していない上腕三頭筋を使うため鍛えることが可能です。短時間で、なおかつ道具を必要としていない方法なため、気軽にできておすすめです。

二の腕に溜まった老廃物の排出マッサージ

二の腕が太く見えてしまうのは、脂肪や筋肉だけでなくむくみも原因としています。むくみは、老廃物が溜まってしまうことにより発生しますので、解消するためには老廃物排出が効果的です。老廃物排出するためにはリンパマッサージがおすすめです。

老廃物が溜まる原因となるのが、血液やリンパの流れが悪くなっているためなので、流れを良くすることが必要です。リンパマッサージをすることにより、流れを良くすることができ、むくみ解消が可能となります。

むくみ解消だけでなく、腕の疲労回復にも効果的な方法ですので、痩せるだけでなく仕事解消するためにもリンパマッサージを行いましょう。エクササイズとリンパマッサージのどちらともおこなうのが、更に効果に期待できておすすめです。

入浴中に試したい二の腕スッキリマッサージ

リンパマッサージやセルライト除去のマッサージで、試してほしいのが入浴中にする方法です。入浴することにより、身体を温めることができます。身体が温まることにより、血液やリンパの流れがよくなります。

良くなった時に、リンパマッサージやセルライト除去マッサージをすることにより、更に流れを良くしてセルライト除去できる可能性が高まります。入浴するだけでもダイエットの効果を得ることができるのですが、ただ二の腕スッキリするほどの効果はありません。

入浴で二の腕スッキリ効果を得るためにも、マッサージをしてみてください。ただし、入浴の方法によってのぼせてしまう可能性があります。身体に悪影響を与えないようにするためにも、入浴の方法に注意しながら行いましょう。

日常生活も工夫次第で二の腕引き締めができる!

日常生活が忙しくて、二の腕ダイエットが十分できない人もいらっしゃいます。もしなかなか二の腕ダイエットができないようなら、まずは日常生活で二の腕ダイエットができるようにしてみましょう。
二の腕ダイエットで重要なのが、筋肉を鍛えることです。

特に普段使用していない上腕三頭筋を鍛えるようにすることが大事です。日常生活で使っていない上腕三頭筋を使えるようにするだけでも効果が得られます。手で物を押す動作が上腕三頭筋を鍛えられるので、押す動作を増やすことがおすすめです。

自動ドアを使用するのではなく、押して開けるドアを使用したり、拭き掃除を積極的にしてみたりと、ちょっとした工夫だけでも引き締め可能です。細くしたいと思ったら、まずは日常生活を変えてみましょう。

ペットボトルダンベルなど身近なものを使った二の腕引き締め法

二の腕の引き締めは、筋トレをすることでも可能です。もし筋トレで引き締めようと考えているのでしたら、ペットボトルダンベルをしてみましょう。ペットボトルを持ち、30度ぐらいの角度まで手を広げてください。

10秒程度維持したらゆっくりと元に戻すようにすると、上腕三頭筋を鍛えることができます。腕を曲げて持ち上げる方法がダンベルを使った筋トレとして有名ですが、この方法だと上腕二頭筋ばかり使ってしまい、大事な上腕三頭筋が鍛えられません。

そして、あらゆる筋トレをして鍛えようとしてしまうと、今度は鍛えすぎてしまい筋肉で太くなります。引き締めて細くするためにも、上腕三頭筋を使う方法で、程々のトレーニングをして引き締めましょう。

今すぐ引き締めたい!即効性のある二の腕引き締め法

長期間ダイエットすれば、身体だけでなく二の腕の引き締めも十分可能となります。しかし、できれば短期間で引き締めて細くしたい部位でもあるので、即効性がある引き締め方法も知っておくことがおすすめです。即効性がある引き締め法となるのが、リンパマッサージとダンベルの筋トレです。

むくみを解消することにより細くすることが可能です。しかもむくみを解消できればすぐにでも細くできますので、即効性がある効果的な方法の一つです。そして、たるみを解消するためにもダンベルの筋トレが効果的です。

筋肉を鍛えることができれば、脂肪のたるみを解消することができますので、短期間で引き締めることも可能となります。どちらの方法も、短期間で引き締めを可能としていますが、ただし、脂肪燃焼が十分できる方法というわけではないので、有酸素運動とカロリー管理をして痩せることも必要です。

二の腕が太くなりやすい人の特徴と注意

二の腕が太くなりやすい人には特徴があります。その特徴となるのが、普段から運動することなく、デスクワークをしている人です。カロリー摂取管理を十分していたとしても、二の腕が太ってしまうことがあります。普段から運動をしていなくて、しかもデスクワークばかりしていると、太くなります。

その原因となるのが、腕を動かしていないため筋肉の衰えがあるからです。家事や普段から運動をしていたりよく動く仕事をしていると、腕の筋肉はある程度鍛えられています。鍛えることが難しい上腕三頭筋も、どのような生活をしているのかにより鍛えることは可能です。

動かすことが少なく、なおかつ運動をしていないと、筋肉の衰えにプラスして血液やリンパの流れが悪くなります。脂肪が溜まるそしてむくみが発生しやすいため、太りやすいです。解消するためにも、まずは運動をして、二の腕が引き締められる筋トレやエクササイズ、更にリンパマッサージをしていきましょう。