ダイエット中の辛い便秘対策と予防策

ダイエットで食事制限をかけてしまうと便秘に陥りやすくなります。そうすると腸内環境に乱れが起きてしまうので、ダイエットをするときには便秘のことも念頭に置いてから計画を立てていくことで健康的に痩せることが出来ます。

無理なダイエットは便秘を招く!便秘になる原因とは

ダイエット中に便秘になってしまう原因は、食事を摂取する量が少なくなってしまうことにあります。また、運動不足や水分不足、野菜をあまり摂取していない場合も便秘となる原因の一つとして挙げられますので、ダイエット中は食事の減量だけではなく適切な水分補給も考えておくことがおすすめとなります。

またダイエットは心身のストレスもかなりかかると考えられます。ストレスも腸内環境が悪くなる一因となりますので、なるべくストレスを溜めず無理なく痩せていくように心がけましょう。

ダイエットをしている人にとって便秘は大変な強敵となりますので、便通がスムーズに行き、痩せやすい体作りを目指していくようにすることをおすすめします。

ダイエット中の便秘が体に及ぼす良くない影響とは

便秘はあらゆる悪い影響を及ぼします。まず、腸内環境が悪くなりますので代謝が悪くなります。排泄物が体内に溜まったままになりますので、数日ほどで体内に毒素が発生されるようになります。するとそれが血液中にも行き渡るようになりますので、全身の血液もよくないものになります。

また便秘になると腸の働きも低下しますので、消化が悪くなったり、免疫力が低下したり、自律神経の乱れや肌荒れにも繋がっていきます。慢性化もしやすくなるため、便秘が日常的になると生活習慣病も引き起こしやすくなる可能性があると言われています。

また腹痛もよく起こるようになり、ホルモンバランスも乱れますので、腸内環境は常に意識しておくことが必要になります。

ダイエット中に便秘になったら!食生活の見直しを図ろう

もしダイエット中に便秘になってしまったら、普段食べているものを見直してみましょう。食事の量を少なくしていると考えられますが、食物繊維はたっぷり摂取することが必要になります。

また、朝一杯の水を飲むだけでも便が柔らかくなり便通がよくなりますので、水分は適切にとるようにしましょう。水ではなくても、最近注目されているダイエット茶を飲んでみるのもいいでしょう。ダイエット茶はダイエットに適した成分が含まれているため、緑茶や水の代わりに安心して飲むこともできます。

中には食物繊維や便秘改善のお茶もありますので、気になるかたは食品のサポートとしてそうしたお茶系飲料を取り入れてみることをおすすめします。また、バナナやリンゴも腸を整える作用があると言われています。

運動不足も便秘のもと!適度な運動で便秘解消

食事の量を減らしたところで、運動をしなければなかなか痩せず、便秘にもなりやすくなります。そのため、ダイエット中は運動を積極的にしていくようにしましょう。運動はウォーキングやストレッチ、軽めのエクササイズでも大丈夫です。

活発に動くことで代謝もアップし、腸が刺激され、快調になる可能性が高くなります。そのため、自分にあった運動方法を継続的に続けていくようにしましょう。また、運動不足は腹筋が弱くなり、副交感神経の作用も悪くなると言われています。

副交感神経が優位に立たないと毎日の排便のリズムも悪くなる原因となりますので、適度な運動は毎日行うようにしていきましょう。逆に激しい運動は筋肉を傷めやすいので注意が必要です。

便秘解消に効果的な腹式呼吸の方法

便秘解消には、腹筋を鍛えることが必要となります。しかし、スクワットやプロのスポーツ選手が行うような激しい腹筋はおすすめできませんので、まずは腹式呼吸で整えていきましょう。方法は姿勢を正しくして、空気を鼻から吸って口で吐くことをゆっくり繰り返していきます。

なるべくお腹を意識して呼吸をすることがポイントです。息を吸うときはお腹を膨らませ、吐くときはへこませていくように意識しましょう。猫背ですとお腹が出てしまう原因となりますので、正しい姿勢を保つことは大切です。

歌手が歌うときはお腹から声を出します。そのように、お腹に力を入れ呼吸をすることで、腸内環境も改善され便秘解消にも効果が期待できるようになります。

腸内環境を整える腸活ダイエットで便秘予防!

最近大注目されているのが腸活と言われているものです。最近の研究で腸は第二の脳と言われるくらいに大事な器官であるということがわかってきました。そのため腸内環境を整えることは便秘予防の他にも、健康維持やダイエットにも効果が期待できます。

腸活は血流の低下や代謝の低下を防ぎ、老廃物を体内に溜め込みにくい体にしていくもので、ダイエットの手法としても大変人気があります。

老廃物が適度に排出されると血流もよくなり、便秘の改善以外にもむくみの改善や肌の調子も整いやすくなりますので、ダイエット中でもそれ以外でも、なるべく腸内環境と腸の活動を意識しておくようにすることで、健康的で太りにくい体質になっていくと考えられます。

便秘と縁を切る!腸活ダイエットのやり方

腸活ダイエットはさまざまな方法があります。まずは食事からで、朝一杯の水と水溶性の食物繊維を摂取することです。水溶性の食物繊維はよく水に溶け便通を促す作用がありますので、ゴボウや緑黄色野菜を多く食べることをおすすめします。

また、発酵食品や乳酸菌、オリーブオイルも便通にはいいので積極的に摂取していきましょう。エクササイズの方法は何通りかありますが、自分にあった方法でやるようにすることをおすすめします。

入浴中にお腹をのの字に描いて揉んだり、右の腰骨の脇と左の肋骨の下を掴み、腰をゆっくり大きく回します。これを8回行い逆方向で繰り返すといった方法もあります。こちらはテレビで紹介されたもので、効果が高いと評判です。

腸活ダイエットの便秘対策以外の効果

腸活ダイエット以外の便秘対策も様々にありますが、便秘対策と腸は連結していますのでやはり腸を意識しておくことは重要です。

しかしながら、普段から健康にいいといわれているあらゆることをしておくと便秘改善の他痩せやすい体になりますので、できる範囲ですべて行ってみましょう。基本は規則正しい生活と、質の高い睡眠、適度な運動、そして食生活はバランスよく食べることとなります。

本当にごく基本的なことですがこの日々の積み重ねは自律神経やホルモンバランス、腸内環境を整えることになり、便通にも効果的で後々の健康にも役に立つといえます。ダイエット中は、間食はせず3食きちんと腹持ちの良いものを食べていくようにしましょう。

便秘になりにくいダイエットの進め方

ダイエット中は、あまり無茶をしないことが基本となります。無茶をしてしまうと便秘に陥りますので、便秘になりにくいダイエットをしていくことが望ましいといえます。

こちらも基本ですが、食事の量を少し抑えても、食物繊維と乳酸菌の摂取、そして運動は欠かさないようにしましょう。ウォーキングやジョギングなどをしなくても、家で筋トレや踏み台昇降を20分程度するだけでも有酸素運動になりますので、手軽にできますし雨の降る日でも大丈夫です。

また、普段から体を柔らかくしておくことで体も動きやすくなりますので、ストレッチをすることもおすすめですが、朝と晩のラジオ体操なども体がほぐれていきますのでおすすめとなります。腸を意識して動くことがポイントです。

便秘解消に取り入れたい食物繊維たっぷりレシピ

食物繊維を摂取するといっても、生野菜を食べるだけでは飽きてしまうので、レシピは必要です。どういうものがいいかというと、昔ながらの和食や和え物を作るといいでしょう。

ひじきと大豆の煮物や、高野豆腐にタケノコやにんじんなどを使用した料理、切り干し大根の煮物や和え物、ほうれん草とゴマを混ぜた副菜などもおすすめとなります。

生の野菜は体を冷やしてしまいますので、野菜をなるべく温めたものを体内に取り込むことにより、内臓も温まり、血流もよくなって代謝もあがっていきます。結果として便通もよくなる可能性が高いので、食物繊維もなるべく温めたものを摂取していくようにすることをおすすめします。体は冷やさないことは基本となります。