太ももは痩せるのが難しい?太ももダイエットのやり方とコツ

ほっそりした足を目指して太ももダイエットを始めても、思ったように上手くいかずに諦めてしまう事も少なくありません。食事制限や運動などを組み合わせてじっくりと焦らず取り組むことで、少しずつ結果も出てくるようになります。

太ももが太くなるそもそもの原因とは?

太ももが太る原因はたくさんありますが、多くの方が「食べ過ぎなどの脂肪がついたからだろう」と思っているのではないでしょうか。

もちろんそれも理由の一つですが、他に挙げられる原因として、むくみやすい、筋肉太りしやすい、脂肪がセルライトになって落ちにくくなるなどがよく言われます。また、あまり意識していないかもしれませんが、猫背など姿勢が悪くて骨盤が開いてしまうために筋肉がつきやすくなってしまうこともあります。

ただ単に普通にダイエットをしていてもあまり効果が見られない場合には、自分の太ももが太いのはどうしてなのかを考えてみるとよいでしょう。原因が分かれば対処もしやすくなるので、太ももダイエットがしやすくなります。

太ももは細ければ良いというものではない!目安となる太さとは?

ほっそりしたモデルのようなスマートな太ももになりたいと思っていても、とにかく細くすればいいという訳ではありません。全身のバランスに合っていないと、ちぐはぐな印象になってしまいます。

理想の数値は太ももの場合、自分の身長に0.3をかけて算出します。例えば160cmなら48cmです。きちんとした数字を出すためには、寝転んだり据わったりした状態で測定するのではなく、立った状態で測定を行いましょう。

太ももの一番太いところを測定しますが、場所としては股下から約3~5cmぐらい下のところを測って下さい。ぎゅっと締め付けないようにしながら、メジャーがずれたりしない程度の力加減で測るようにして、現状の把握に役立てましょう。

太ももを細くするための様々な運動法

スマートな太ももを目指していろんな運動をすると思いますが、道具を使わずに行うのであれば、スクワットがおすすめです。四つんばいになってゆっくりと足を上げて静止して、お尻や太ももに適度な筋肉をつける運動もやりやすいです。

自宅に電話帳などの大きな雑誌があるなら、太ももの内側に挟んで座り、30秒以上しっかりと状態を保ちましょう。体の歪みで太くなっている事もありますので、骨盤を回したりヨガをして体の調子を整えていくのも良いでしょう。

体を動かすためにウォーキングも取り入れやすい運動です。自分の体調や利用できる道具や場所を考慮した上で、継続して行える運動は何かを考えて、無理なくダイエットをしていきましょう。

運動別に見る太ももダイエットの効果

太ももダイエットでは定番のスクワットですが、有酸素運動なので体全体のダイエットにも有効ですし、太ももの筋肉をしっかりと使うことが出来るのでじっくりと取り組む事で効果も出やすいです。

内側のももの筋肉を使う機会は日常ではそんなにありませんので、辞書などがあれば空いた時間に挟んでこまめな運動をして鍛えるのも良いでしょう。

ウォーキングも脂肪を効率よく燃やせる有酸素運動なので、通勤や通学時に一駅分歩くなどして続けやすい工夫をすれば、しっかりと気になる脂肪を落としていくことができます。お尻周りの贅肉が太ももに流れてしまって太る事もありますので、お尻や腰回りもストレッチなどをして鍛えるようにするとよいでしょう。

運動だけじゃ意味がない?太ももに効果抜群のマッサージ法とは?

筋肉を適度につけるために運動をしますが、やりすぎてしまうのもよくありません。脂肪がつきやすく、さらにはセルライト化して落ちにくくなってしまっているので、リンパマッサージも合わせて行うのもよいでしょう。

マッサージは入浴するなどして体が温まっている状態の方が効果も出やすいので、お風呂の中や入浴後にセットにやるとリラックス効果も得られます。ヒザから太ももの付け根に向かって、手のひらで優しくさすってからももの外側の脂肪をつまむようにしていきます。

脂肪を搾り出すように、太ももを絞ってから、また太もも全体のリンパを流すようにさすってあげます。マッサージも続ける事が大切なので、ケア用のクリームなども用意して楽しみながら行いましょう。

最低限やっておいたほうがいいこととは?

太ももが太くなってしまったと思ってから足を細くしようとダイエットを決めることも多いのではないでしょうか。むくみやセルライトなどいろんな原因で太くなっていますが、運動と食事の療法を組み合わせてダイエットをやるように心がけましょう。

適度な筋肉をつけながら血行を良くしていく事で、少しずつ太ももを細くしていけるようになります。一旦ついてしまった脂肪を落とすのは想像している以上に難しいことですから、一週間や二週間程度で諦めてしまうとそれまでの努力が無駄になってしまいます。

自分で取り入れやすい運動や食生活はどんな内容なのかを見極めてから、最低でも1~3ヶ月は取り組むようにしていけるよう、焦らず頑張りましょう。

ダイエットサプリを使うとより効果的になる!

自分で食事や運動をしっかりとしているつもりでも、中々減らし難いのが太ももダイエットをする時の悩みでしょう。むくみやすく、脂肪がたっぷりつく場所ですから、ダイエット用のサプリを併用する事でより効果アップが期待できます。

むくんでいる時には体内に水分が溜まっているということでもありますから、カリウムなどの排出を促してくれる成分が入っているものを選ぶとよいでしょう。また、日本製のサプリも増えつつありますから、安心して続けるためにはどこで作られているのかもチェックしておいて下さい。

なるべく天然素材を使っていて、それでいて価格も自分の予算の範囲内に納まるようなものを探して行って、太ももダイエットのサポートに役立てて下さい。

太ももダイエット成功のための心がけ

太ももを細くしたいと多くの女性が願っていますが、すぐに効果がでるわけではないので、「やっぱり無理だった」と諦めやすい部位でもあります。

焦らず続けていく事が大切ですから、まずは最低でも1ヶ月は頑張りましょう。1ヶ月頑張れば2、3ヶ月もあっという間です。ダイエット前に自分の太ももの太さを確認してから行いますが、開始した後も1週間に1回というように期間を決めて測定をしていくと、自分の太ももの変化がどのようになっているのか視覚化できるので、目標の達成もしやすいです。

理想の数値と比較して一足飛びにやろうとすると、困難に感じやすいので、まずは2~3cmと実現しやすい数字を目指してダイエットをしていくといいでしょう。

太ももダイエット中は食生活に気を付けるべし!

太もものダイエットだと特に食事は気にかけなくても良さそうだと思うかもしれません。ですが、いつの間にかまた太くなっていたりすると悔やんでも悔やみきれませんから、食生活もこれまで以上に気をつけてみて下さい。

脂肪になりやすいのはご飯やパンなどの炭水化物、こってりしたものや揚げ物、甘いお菓子類は量を減らし、なるべく控えましょう。運動のサポートにたんぱく質になる肉や魚、豆類を意識して食べつつ、野菜や果物などを食べてビタミンやミネラルを摂取して代謝を上げていきます。

塩分の取りすぎはむくみを助長させてしまいますので、カリウムの含まれている食品を食べるのはもちろんですが、塩分そのものも減らしながら食事をしていくようにしましょう。

太ももダイエットを行う際に気を付けたい注意事項

太ももを細くしようと思ったら運動をとにかくしなくてはいけないと思いがちです。運動も大事ですが、普段の食事でも栄養バランスに気をつけて、脂肪を溜め込まないように心がける事が大切です。

むくみの解消のために運動や食事もしつつ、姿勢も一度見直してすらりとした綺麗な姿勢になるようにしてみて下さい。筋肉は適度に必要ですが、つけすぎると今度は筋肉太りになる可能性もあるので、運動量も程よいバランスになるように、体に無理のないように計画を立てて行いましょう。

体が冷えやすいと血行が悪くなって太ももに脂肪がつきやすくなるので、冷え性かもしれないと思ったら入浴や衣服なども気をつけて冷やさないように工夫して、太ももダイエットを継続して行って下さい。