脚やせに効果のあるツボとツボ押しの方法を紹介します!

ファッションが楽しい季節。さっそく雑誌を購入して流行のお洋服をチェックしてはみたけれど「あ~・・・脚が太いからこのファッションは無理・・・」と、諦めてしまうことありますよね。

モデルさんのようにほっそりとした美脚になりたい、太くなった脚を細くしたいと、女性は誰でも願ったことがあると思います。

でも、諦めてはいけません!脚を隠すファッションから卒業するために、脚やせに効果が期待できる「ツボ」を押してみてください。いろいろなダイエットで出来なかった脚やせも、この方法で叶うかもしれません。

この記事では、誰でも脚やせに効果的な「ツボ」が分かるように、詳しくじっくりと紹介いたします。

ツボだけで脚やせできるなら簡単!でもホントに痩せられる?

脚やせにツボが効く?

本当にツボを押すだけで脚やせできるのか、不安に思うかもしれません。筋トレをしても簡単に脚は細くならないのに、ツボを押すだけで良いというのは不思議に思うのも当然のことです。

しかし、なぜ脚が太いのかを考えてみてください。脚が太い原因はいくつもありますが、むくみや脂肪、セルライトといった余計なものがふくらはぎや太ももに溜まっていることが考えられます。

ツボを押すとなんで痩せるの?

ツボを刺激すると、老廃物や余分な脂肪を体外へと排出しやすく働きがあります。血やリンパのめぐりがよくなったり、水分の代謝が上がることで溜まっていたものが流れやすくなります。

このような効果が期待できるツボがあるのなら、このツボを押せば、苦労していた脚やせがとっても簡単にできるはずです。

一体、どこに脚を細くするツボがあるのでしょうか?どのようなツボなのかを正確に知るためにも脚やせ効果が期待できるツボをしっかりチェックしましょう。

脚やせ効果が期待できるツボ

足裏にあるツボ

足の裏にたくさんのツボが集中していることは、誰もが知っていることでしょう。その中でも「湧泉(ゆうせん)」という足の指をグーにした時に出来る窪みにあるツボは、むくみ解消にかなり効果的です。

脂肪を燃焼させたい人は、土踏まずの上にある「副腎(ふくじん)」を押すと良いでしょう。の裏には脚やせ効果が期待できるツボがいくつもあるので、足の裏を重点的に押すのも良いかもしれません。

足首~膝にあるツボ

足の裏以外にも良いツボがあります。まず足首前面の真ん中あたりにある「解谿(かいけい)」は、むくみや血流改善効果が期待できます。ひざの裏側にある「委中(いちゅう)」もむくみに効果的でしょう。

特に、ふくらはぎの中央のライン上にはいくつもの脚やせ効果が期待できるツボがあるので、ここは重点的に押したほうが良いかもしれません。

押すと「痛気持ちいい」と感じる場所がたくさんあるはずです。むくみや脂肪燃焼などが期待できるので覚えておきましょう。

ツボ押しってどうやるの?ツボの押し方レッスン

実際に押してみよう

ツボがある場所がわかっても、どうやって押せば良いのでしょうか。基本的には、親指の腹を使って3秒くらいかけてゆっくりと押します。強さは、あまり強すぎる必要はなく、痛気持ちいいと感じる程度で十分です。

あまり力強く押しすぎてしまっても、青あざができる恐れがありますので、力をかけすぎないように気を付けましょう。

ツボの中には、押すよりも「ほぐす」や「たたく」の方が効果的に刺激出来る場合があります。例えば、ひざの裏にある委中は凝り固まっていることもあるので、もみほぐしたほうが良いツボもあります。

揉みほぐす際は、指の腹を使ってもみほぐしてみてください。そうすると、リンパ節の詰まりがとれて流れが改善されるなどの効果が期待できます。

押しにくいような場所にあるツボは、げんこつを作ってたたくのも良いでしょう。どの方法も強すぎない程度に、「痛気持ちいい」程度に力を入れることがポイントです。

こんな時は避けよう!ツボ押しの注意点

痩せたい気持ちが強いと毎日のようにツボ押ししたくなりますが、避けたほうが良い場合があります。

まず基本として、体調が悪い時にはやめておきましょう。熱があったり、風邪などで体調を崩している時は休んでください。また、ツボの周辺をケガしている時も無理にツボ押ししないでください。けがが悪化するかもしれません。

酔っぱらっている時もタブーです。アルコールが入っている時は、判断力が低下してしまい、強く押しすぎたり間違った位置を刺激して具合が悪くなる可能性があります。

また、妊娠している女性もツボ押しはやめましょう。妊娠中に押しても良いツボもありますが、素人が妊娠中に行うのは基本的にはやめておいたほうが良いです。

とにかく、体調が優れない時はツボが悪影響になる場合があるので避け、体調が良い時のみ実施するようにしてください。

ツボ押しで脚やせダイエットに挑戦!

基本のやり方

ツボを押す時は、皮膚トラブルを起こさないために摩擦に注意しましょう。そこで、摩擦が起こりにくい入浴中がおすすめです。または、クリームなどを塗って滑りのよい状態で行ってください。

これで、皮膚を守ることができ炎症などのトラブルを防ぐことができるでしょう。クリームなどは、リラックスできるアロマの香りがついたものを使うのがおすすめです。

ふくらはぎの中心ライン上にあるツボを押すときには、下から上にむかって押していきましょう。ここにあるツボは、むくみ改善効果が期待でます。

マッサージをする時と同じように、下から上へとツボを押していくことがポイントです。その流れで太ももの裏の中心ラインも押していきましょう。より巡りが良くなります。

ツボを押す時は、両手の指の腹を使って行います。押しにくい場合はげんこつでも構いません。脚の中心のラインだけではなく、左右のラインも同様に行ってみてください。

下から上へとツボを押していくことで、脚がすっきりと楽になるはずです。

「食欲を抑える」ツボ押しのやり方

せっかく運動やストレッチを頑張っても、食べ過ぎてしまうとダイエットはうまくいきません。そこで、食欲を抑えることのできるツボも押してみましょう。

口角のすぐ外側にある「地倉(ちそう)」は、食欲を抑えるだけではなく、顔のむくみやほうれい線対策にもなる女性が知って得するツボの1つです。

耳の穴の前にある突起部分には「飢点(きてん)」というツボがあり、そちらも空腹対策におすすめです。飢点は、食欲を抑える効果が特に高いと言われています。

お腹が空いた時や食事の前に、このツボを押してみてください。痛気持ちいいと感じるくらいの強さでゆっくりと押します。

実は、耳には食欲を抑えるツボだけではなく、足の裏と同じようにいろいろなツボが沢山ありますから、耳を引っ張ったり、つまんだりするだけで効果があります。

耳がポカポカと温まるくらいやってみましょう。これだけでも十分食欲が抑えられるはずです。

相乗効果でもっと美脚に!ツボ押しダイエットの応用

お灸と併用するのもアリ!お灸の手順

皆さんはお灸を使ったことがありますか?より一層、脚やせ効果を高めるためにも「お灸」を併用してみてください。最近は火を使わない商品もあるので、手軽にトライできます。

お灸を使うにはまず、刺激したいツボを探します。そして、そのツボにお灸を据えるですが、ツボからずれると効果が薄れてしまいますのでペンなどで目印を付けておくと良いでしょう。

今ではシールタイプのお灸が主流です。シールをはがして、あらかじめ印をつけた場所に貼ります。そして、火を付けてます。必ず洋服などに火がつかないよう、燃えるものは近くに置かないように気を付けましょう。しばらくするとポカポカしてきます。

熱すぎると思ったら、時間が経っていなくても無理をしないで外してください。やけどする恐れがあるためです。また、最初は短時間で1個から始めてください。

リンパマッサージと併用もオススメ!リンパマッサージの手順

脚が太い人の多くは、むくみに悩んでいます。特に、女性は筋力が少なく冷えやすいために下半身にむくみが溜まる傾向がありますので、リンパマッサージを行いましょう。

マッサージとは言っても力を入れる必要はありません。むしろ、力を入れるとリンパ管がつぶれて傷つく恐れがあるので、極力力を抜いて優しく行いましょう。

下から上へとさするくらいの力加減で、指の腹や手のひら全体を使って流してください。動きが悪い場合は力が強いので、もっと力を抜いてくださいね。

リンパの出口が詰まるとうまく流れて行かなくなるので、リンパの出口はもみほぐしましょう。触ってみてゴリゴリとしたものを感じたら、凝り固まって詰まっている証拠です。

先にほぐしてからリンパ節に向かって優しく流していくと、老廃物や余計な水分が流れていきます。クリームやオイルを使って滑りやすくするとより効果的です。

ツボ押しの効果をより高めるためには?

ツボ押しグッズを活用しよう

実際にツボを押してみて、「意外とツボって押しにくい」と感じた人はいませんか?ツボを押す時は少し圧をかけるので、指が疲れてしまうかもしれません。

そういう時は、ツボ押しアイテムを使ってみてください。疲れにくい上に効果的にツボを押せますから、効果が高まります。ゴルフボールを床に置いて、足でコロコロと転がすだけでもかなり効きます。

ツボを押すときは呼吸にも気を配って

ツボを押す時は、呼吸を合わせて行うとより効果的です。鼻から息を吸いながらツボを押します。口からゆっくりと息を吐ながら、じっくりツボに圧をかけましょう。息を吐き切る時にはツボを押す力を緩めます。

このように、呼吸と合わせて行った方が筋肉が緩みやすくなるのでより効果的です。

リラックス効果が高い方が良いので、アロマオイルで好きな香りを嗅ぎながら行うと良いでしょう。リフレッシュ効果のある柑橘系や、リラックス効果で有名なラベンダーを使うなどしてみませんか。

脚以外にも痩せるツボは沢山!ダイエット効果のあるツボ一覧

「手」にあるツボで全身スッキリボディ

ツボで脚が痩せるのであれば、全身ツボで痩せられたら嬉しいと思いませんか?もちろん、脚以外のパーツにもダイエット効果があるツボがいくつかあります。

そのなかでも、全身のダイエットに効果的なツボがあるのは、実は「手」なのです。手の指をそらせるだけで全身のダイエット効果が期待できます。

親指は顔やせ人差し指は二の腕やせ中指はお腹やせや便秘解消薬指はウエストのくびれ小指は脚やせです。10秒ずつそらせるだけでこれらの効果があるかもしれません。

手や指であれば、電車や学校、仕事の休憩中などいつでも押すことができるので、これを覚えて是非隙間時間に実践してみてください。

「お腹」にあるツボでくびれをゲット!

お腹周りには、お腹やせのツボがたくさんあります。おへそから指2本分くらい、外側をぐるりと押すとお腹やせできるかもしれません。便秘解消のツボもあるので、便秘がちな人にもおすすめです。

どのツボも強く押しすぎるとよくありません。痛気持ちいい程度の力で押しましょう。親指の腹を使ってください。お腹の周りは時計回りに押すことがポイントです。ツボ押しで綺麗なウエストラインを手に入れてくださいね。