あと5キロ落としたい!短期間で痩せるためには?

ダイエットは長期的に行うのが良いのですが、しかし、どうしても短期間で痩せなければいけない時もあります。あと5キロ短期間で痩せたいと思った時、まずは痩せる方法を知ることから始めましょう。では、どうすると短期間で5キロ痩せられるのでしょうか。

短期間で5キロの減量はできる?成功するには?

まず知りたいのが、短期間で5キロ痩せられるのかどうかです。短期間で5キロ痩せることは可能ですが、1週間で痩せるのは相当難しくなりますので、早くても2週間を目標にしてください。短期間ダイエットを成功させるためにも大事なのが、計画を立てて必ず守ることです。

ダイエット方法を知ることも重要ですが、知っていても実行しなければ痩せません。短期間の場合、計画を立てて必ず守らないと目標達成することが相当難しくなります。食事制限や運動を1日でもサボってしまったり、計画とは違うことをしてしまうと、ダイエット効果が十分に得られなくなります。

長期なら時には休むことも必要ですが、短期だと休むことが失敗につながりますので、決めたことは守らなければいけません。目標達成するためにも、キツイことがあっても我慢することが必要です。

目標を持とう!短期間で痩せるための心得

短期間で痩せるために大事なのが目標です。なぜ目標を持たなければならないのかですが、それはやる気を維持するためです。短期間で痩せるためには、長期間よりもキツイ方法を選択しなければいけません。キツイ方法になると、身体も精神も辛い状態になりやすく、それがダイエットを断念してしまう原因です。

成功させるためにも断念せずに続けていくことが必要なので、辛くてもやめない精神力を持たなければいけません。すぐに強い精神力が持てるのなら良いけれども、簡単に変えることはできないので、何かで精神を保つことが必要となります。その何かとなるのが目標です。

目標を持つことにより、辛くなっても目標に向かって頑張る力がでてきます。目標を持たないよりも続けやすくなるので、短期間ダイエットの心得として目標を持ちましょう。

消費エネルギーとカロリーのバランスについて

短期間ダイエットで知るべきポイントとなるのが、消費エネルギーと摂取するカロリーのバランスです。痩せるのかそれとも太るのかは、消費エネルギーと摂取カロリーのバランスで大きく変わります。摂取カロリーが消費エネルギーよりも多くなることで、エネルギーがあまり脂肪となりますので太ります。

逆に足りない状態になると、エネルギーを脂肪からもらうようになるため、燃焼し痩せるようになります。このバランスをうまくコントロールしていかなければ、短期間で5キロ痩せることはできません。

食事制限をする必要もあるけれども、それでは摂取カロリーと消費エネルギーが多く痩せられるほどのバランスになりにくいです。運動をして消費エネルギーを増やす必要がありますので覚えておきましょう。

短期間ダイエットの基本となる食事

短期間ダイエットは食事を変えることが重要です。短期間で痩せるための食事として基本となるのが、炭水化物を制限することです。炭水化物は血糖値を急上昇させてしまい、太りやすい状態にしてしまいます。

できるだけ太る要因を減らしていかなければ短期間で痩せることが難しくなります。炭水化物の摂取が抑えられる食事にしていくことが基本です。そして、置き換えすることも時には必要としてきます。
炭水化物だけではなく、カロリーの摂取量を抑えなければ短期間で痩せることは難しいです。

置き換えにより摂取量を大きく抑えることも可能となりますので、短期間ダイエットで適している方法の一つです。置き換えにしても炭水化物制限にしても、食事に不満がでてしまいます。しかし痩せるためにも我慢が必要となりますので、その点を理解してダイエットを行いましょう。

短気で痩せる断食ダイエットの方法

短期間で痩せる方法として効果的な方法が断食ダイエットです。断食することによりカロリー摂取量を大きく減らすことができるため、痩せられる可能性が高い方法です。ただ、間違った方法をしてしまうと、健康面に問題がでますし、痩せるどころかリバウンドで太ってしまい失敗することもあるため注意が必要です。

痩せられる可能性が高いからと簡単に考えて断食ダイエットを選んでしまうと危険ですので、まずはどのようなメリットデメリットがあり、危険性がどうなのかを知るようにしてください。

その人によって断食ダイエットをするよりも違う方法で痩せていくほうが適している場合もあります。自分にとって断食は適しているダイエット方法になるのかどうかをよく考えるようにしましょう。

断食ダイエット後の回復食と注意点

断食ダイエットは危険性があるので、注意点を知ることが必要です。まず知っておいてほしい注意点が、期間とその後の食事です。断食は痩せる可能性が高いけれども、栄養不足になりやすい方法なため、長期間行うことは命の危険がでます。

長くても3日程度にしておくことが危険性を高めないためにも大事です。そしてリバウンドや内臓に問題が発生しないためにも断食後の食事に注意しなければいけません。断食後は回復食が必要としていて、消化の良い食事にしてください。

そして今までと同じ量を食べてしまうと内臓に負担をかけてしまうので、徐々に増やすようにする必要があります。断食は食べないようにする方法ですが、しかし体に必要としている水分は摂取しなければいけません。その点も勘違いしてしまうと危険ですので、よく理解してから始めてください。

即効性の期待できる運動方法

短期間で痩せるためには、食事だけでなく運動をして消費カロリーを増やす必要があります。即効性がある運動方法としておすすめなのが、無酸素運動と有酸素運動の両方を行うことです。ダイエットで最適なのが、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

これだけでも十分痩せられる可能性はあるけれども、即効性は低いです。有酸素運動の効果を高めるためにも必要としているのが、筋トレです。無酸素運動の筋トレをすることにより、基礎代謝がアップし、痩せやすい身体にすることができます。

その後に有酸素運動をすることで、効率よく脂肪燃焼ができるようになるため、即効性を高めることができます。筋トレとジョギングの2つを毎日行うのは辛いと感じやすいけれども、短期間で痩せるためですので、無理しすぎない程度に我慢しておこないましょう。

ダイエットを成功させるためのモチベーションキープの秘訣

短期間だけでなく長期間でもダイエットを成功させるためには、モチベーションをキープすることが重要です。モチベーションが下がってしまうと、辛いことに耐えきれなくなるため、断念し失敗します。モチベーションをいかにキープできるのかで成功に繋がりますので、キープできる方法を知りましょう。

ではどうするとキープできるのかですが、おすすめなのが目標と痩せる理由を常に意識しておきましょう。痩せようと考えた時は、何かしらの理由があります。理由とどのくらい痩せるのかの目標があるから、最初は辛くても我慢しやすいです。

しかし、時間が経てば目標も痩せる理由も意識しなくなってきてしまうため、モチベーションが下がります。常に意識しておくことで、辛い時でも痩せなければいけないという気持ちが高まるようになりキープできます。モチベーションキープは難しくなく、ちょっとしたことでも可能です。

挫折やリバウンドでダイエット失敗に終わる人の特徴

ダイエット挫折したりリバウンドをしてしまうなどの失敗はよくあることです。ただダイエットの失敗しやすい人の特徴があるので、失敗しないためにも特徴を知り自分を変えることがおすすめです。どのような人が失敗しやすいのかというと、それは、ダイエットの注意点を理解しない人と、目標意識が低い人です。

リバウンドは、目標を持っている人でも失敗するのですが、それはダイエットの注意点を理解していないためです。リバウンドは、どのようなダイエット方法でもおこる可能性を持っていて、注意点として理解しておかなければいけません。理解していないと、ダイエット後に普通に生活をしてしまい、その結果リバウンドしてしまいます。

そして挫折は、目標意識が低いほどしやすいです。目標があるから行うことですので、意識が低くなればなるほど辛いことに耐えることが難しくなります。成功させるためにも、ダイエットの注意点をよく理解し、目標意識を高くしてからおこないましょう。

ダイエットで挫折しないためのヒント

ダイエットを挫折しないためにも、無理しすぎないことが重要です。目標意識が高くても、身体も精神も限界を超えてしまうことがあります。限界を超えてしまうと続けられなくなってしまい、挫折に繋がります。限界を超えてしまうのかどうかは、どれくらい無理があるダイエットをしているのかどうかで変わります。

無理しすぎてしまうことで限界を超えやすいので、無理しすぎないことが続けるためにも大事です。短期間ダイエットでは、無理することがどうしても必要となってきてしまいます。しかし、無理しすぎてしまうことは失敗につながりますのでおすすめはできません。もし、無理しすぎだと感じているのなら、短期間ではなく長期間に切り替え、ダイエットの方法も変えるようにしましょう。