加圧トレーニングにダイエット効果はあるの?その効果について

痩せるために筋トレや有酸素運動を長時間行うことが難しく、続けられずに諦めてしまうような人でも、加圧トレーニングであれば15分ほどでも十分な運動になって痩せるだけでなく、健康的な体づくりにも役立たせることが可能です。

分かりやすく解説!加圧トレーニングとは

普通にトレーニングするよりも効果を倍増させるため、加圧トレーニングは負荷をかけて行われるものです。軽い運動であっても、腕と足の付け根部分をベルトで締めながら行うと筋肉がつきやすくなることが分かっています。

トレーニングに時間を割くことが難しい人、体力が少ない女性の人でも効率的に筋肉をつけて基礎代謝を上昇させることも可能になるトレーニング方法です。

筋肉の専門家として長年研究委を続けてきた佐藤義昭氏によって開発され、医療機関でリハビリに用いられることもあります。間違った方法は体に危険が及ぶこともあるため、正しいやり方を覚えて取り組むようにすることが重要で、プロの指導を受けながら行うのが適切ですが、家庭でも取り組むことは可能です。

加圧トレーニングの主な目的とは

筋肉を短時間のトレーニングで鍛えて、筋肉量をアップさせることが目的で、適正な圧力で腕や足の付け根をベルトで締める必要があります。血が通わないほど締め付けてしまうとうっ血して、紫色に変色したりしびれてきたりしますし、長時間放置すると酸素の供給が行われなくなって細胞がダメージをけるので注意が必要です。

正しく加圧トレーニングを行えば効率よく乳酸がたまって、筋肉がトレーニングにより傷ついても修復が行われやすくなって、筋肉が鍛えられます。ベルトで締めても、乳酸が増えるトレーニングを行わなければ意味がなくなってしまいます。疲労物質として知られているため、乳酸がたまるのはよくないと勘違いされやすいですが、ダイエットにつなげるためにも欠かせない存在です。

加圧トレーニングは老化予防に効果あり

加圧トレーニングによって乳酸がたまると、筋肉の細胞が刺激を受けます。脳は筋肉が傷ついたと判断して修復を促すための成長ホルモンを分泌します。この成長ホルモンの増加がとても重要で、新陳代謝を活発にしてくれる方法のひとつです。老化が遅れるだけでなく、肌細胞の生まれ変わりなどもスムーズになってくるため、効果的な老化予防になります。

うまく成長ホルモンが増えるようにするためには、加圧トレーニングのやり方が重要です。普通のトレーニングなら毎日続けないと成長ホルモンの分泌を促すことが難しくなりますが、加圧トレーニングであれば1回15分程度でも十分な分泌が期待されるので、週に1回ほど取り組んだだけでも老化を遅らせることを目指せます。

血流の流れに働きかけるから腰痛や肩こりを改善

腰痛や肩こりは、血行が悪いと起きやすい傾向がありますが、ほかにも運動不足により筋肉が委縮してしまうと起きやすくなります。栄養や酸素が運ばれにくくなって、筋肉の疲労が回復しない状態が続いてもコリとして感じることがあり、厄介です。

一時的に血流量を制限する加圧トレーニングは、筋肉を十分に使って硬くなっていた筋肉をほぐすことに役立ちますし、ベルトを取り除いた後、血液が一挙に流れを回復させるため、締め付けていたところ以外の体の部分でも血行がよくなります。体温の上昇も見られ体が温まるとコリもほぐれやすくなり、栄養や酸素も運ばれ回復力が早まり腰痛や肩こりの悩み改善が期待できます。

筋肉に炎症が起きている熱を持った痛みがあるときには、無理は禁物です。

実際の加圧トレーニングはどうやって行う?その手順とは

適度な締め付けを行うために、加圧トレーニングを行うときは専用のベルトを用いるのが適しています。過程にある紐やゴムなどを使うことは避けなければなりません。締まりすぎて血流が完全に止まってしまったり、なかなか外せなくなる危険があるからです。

くい込むことを避けるために、素肌の上にベルトをしないようにして、トレーニングウエアの上から利用します。素肌に締めると跡がなかなか消えなくなる場合もありますから、気を付けて使うようにしましょう。長時間取り付けたままにすることも避け、腕は5分程度、足は15分程度にします。

取り組む運動は基本的に軽めのトレーニングで、腹筋やウエストをねじったりすればおなか周りに効果的ですし、二の腕には膝をついたまま行う腕立て、ヒップアップには足上げ、太ももには軽いスクワットをいずれも5回から10回程度で効果が期待できます。

加圧トレーニングでダイエットはできる?

加圧トレーニングによって通常より乳酸の量が増えると、分泌が促進された成長ホルモンが脂肪細胞に働きかけ分解が促されますから、効率的に脂肪を燃焼させて減らしていくことができます。乳酸は体にたまっている糖が分解されないと発生しにくいものであり、乳酸がたくさんできるということは不要な糖が使われていることになります。

乳酸は、細胞にあるミトコンドリアが取り込んで、酸素や栄養にしてエネルギー消費につながりますから、ダイエットとしての効果も期待できる体の仕組みです。

ミトコンドリアが活発に活動すると細胞の新陳代謝がよくなって、基礎代謝のアップもみられます。ミトコンドリアが乳酸を取り入れるときに生み出された酸素は、エネルギーを消費する際に使われないと活性酸素に代わる可能性がありますが、加圧トレーニングを行えばその心配もなくなります。

加圧トレーニングだけで痩せるのは難しい!その理由とは

エネルギーを消費するとその分栄養を取り込む必要が出てくるため、加圧トレーニングをした後はとてもおなかが減ってしまい食べたい欲求が強まってしまうことがあります。このとき、何も考えずに間食してしまうとカロリーを取りすぎてしまうため気を付けましょう。

加圧トレーニングでダイエットをするとき、食事制限もすることが多いですが、筋肉が作られるために必要なたんぱく質やビタミンBなどが不足してしまっては筋肉の修復が遅れて十分な効果が期待できなくなってしまいます。

運動した後に大切になる食事についてもきちんと管理しなければ、効率的に痩せていくことは難しいのでカロリーや栄養成分についても知識を身につけて食生活の改善も実施していくようにしましょう。

ダイエット効果を出すには食事が重要

筋肉を効率よく増やすためには、加圧トレーニングが終わってからタンパク質やグルタミン酸を取り入れるようにするとよいです。筋肉の修復はすぐに始まるためで、この時に栄養が不足していると筋肉の増加につながらないだけでなく、筋肉痛が起きやすくなってしまうことがあります。

普段の食事でも低脂肪と高たんぱくを意識したメニューを取り入れることが大切です。筋肉には糖質も必要ですが、成長ホルモンがたくさん分泌されている時期は体が栄養を吸収しやすくなっているので、甘いものをたくさん食べてしまったり、炭水化物をドカ食いしてしまうと脂肪にため込まれやすくなってしまいます。

甘いものは加圧トレーニングは控え、ご飯も白米ではなく玄米などに代えて腹八分目を意識するとよいです。

ダイエット効果が出るまでには時間がかかる?

加圧トレーニングは毎日行うと体に負担がかかる恐れがあるため、はじめのうちは週に1回程度から行うことになります。

筋肉がついて脂肪が消費されやすくなるためには、体質がある程度改善される必要性も出てきますから引き締まってきて目に見えた変化が実感できるのは、体質によって違いますが1か月ほどの人もいれば3か月くらいかかる人もいます。もともと細目でむくみが太っている原因であれば、数週間で結果が出る人もいるでしょう。

脂肪より筋肉のほうが重いため、筋肉がつき始めたばかりのころは体重に変化がなかったり増加してしまうこともあります。それであきらめていては脂肪を減らすことにつながらないので、効率よく脂肪を減らせる筋肉がつくまでは体重の変化をあまり意識する必要はなく、体脂肪を計測できる体重計を持っている人は体脂肪率の変化を意識しましょう。

加圧トレーニングで知っておきたいデメリット

危険を伴うこともあるため、知識を身につけるまではプロの指導を仰ぐことが一番ですが、そのためにはジムに通うなど費用が必要になってしまいます。専用のベルトも準備する必要がありますし、食事の制限もある程度行わないと効率的に行うことができません。栄養の知識についても勉強を行っておくことが肝心ですから、それらが手間に感じてしまうと続けられない可能性があります。

まったく運動してこなかった人が短時間でトレーニングを済ませられたとしても、筋肉への負荷は通常のトレーニングよりも強めになり、体質によっては筋肉痛がひどく出る場合もあります。運動を続けられなくなる理由として女性は筋肉痛を上げることも多く、痛みが苦手な人は続けていくことが難しいトレーニング方法です。

一時的に筋肉がついても、運動しなくなればまた衰えていきます。加圧トレーニングを始めたら、定期的に行わないと元に戻ってしまう可能性があります。