顔のむくみで毎日が憂鬱な方に朗報!むくみは改善できる!

顔のむくみは、フェイスラインがぼやけてしまったり、顔全体が大きくなって太ったように見えてしまうため、気にしている方も多いものです。しかし、工夫次第ではむくみを改善することが出来ますし、そもそもむくみにくい体質に変えていくことも可能です。

顔のむくみに考えられる原因

顔がむくむ原因には様々なものがあります。体内に取り込んだ水分がきちんと排出されずに溜まってしまうことによってむくむこともあれば、塩分やアルコール、糖分のとり過ぎが原因になっている場合もあります。

それ以外の原因には、不規則な生活や睡眠不足、血行不良などが挙げられます。いずれも生活スタイルを観なお押すことによって改善することが可能です。

しかし、あまりにも長期間むくみが続く場合には腎臓疾患などの病気が原因になっているケースもあるので要注意です。たかがむくみだと軽くみられがちなため、気が付きにくいのです。もしも太ったわけでもないのにむくみが続いていたり、腫れぼったさが酷い場合には一度医師に相談してみることをお勧めします。

寝起きはいつも顔が腫れぼったい!むくみのメカニズム

普段はそれほどでもないのに、朝起きた時には顔がパンパンと膨らんでしまうという方も多いことでしょう。前日にアルコールをたくさん摂取していると、アルコールにより血管が膨らみ、本来排出されるべきだった水分が体内に溜まりやすくなるため、むくみやすくなります。

普段立ち上がっている状態の時には、重力によって水分が下半身の方に流れるのですが、睡眠時には体全体がほぼ同じ高さになっているため、顔の方まで水分がいきわたってしまうのです。

寝起きの顔のむくみを改善するためには、アルコール摂取量、水分摂取量のバランスを整えてあげることが大切です。リンパに老廃物が溜まっていると水分も排出されにくくなるので、意識してマッサージなどをしてあげるようにしましょう。

即効性が期待できるむくみ解消テク

特に出かける前の朝、顔がむくんでいると気分も滅入りますし、メイクもしにくくなるので出来るだけ早く解消したいものです。即効性があるむくみ解消方法としておすすめなのは、ホットタオルとクールタオルを使った方法です。2枚のタオルを濡らし、片方はレンジで温めてやけどしないよう適度な温度にしておきます。

あとはそれを交互に顔に押し当てていくだけです。これを3回ほど繰り返しましょう。そうすることによって血管の収縮が活発になり、血流が良くなるためむくみをスッと抑えることが出来るのです。むくみ解消には、リンパの流れを良くすることと、血行を良くしてあげることがポイントですので、肩や首などを軽く揉んであげるのも効果的です。

顔のむくみを取るリンパマッサージの手順

首や脇の下には大きなリンパ腺が通っていますので、この部分を重点的にマッサージしてあげるとよりむくみも取れやすくなります。まずは軽くストレッチをして体全体をほぐした後、首筋を上下にやや強めにマッサージしてあげましょう。この時、出来ればマッサージクリームを使用してあげると、皮膚に余計な摩擦を与えず、首のシワ予防に繋がるのでおすすめです。

鎖骨部分は老廃物が溜まりやすいので、軽く指をくの字に曲げ、左右の鎖骨に沿って優しくなぞるようにマッサージしてあげましょう。デコルテ部分をマッサージするのも効果的です。手のひらをデコルテ部分にあて、上から下に老廃物を流すことをイメージしながら優しく撫でるようにマッサージします。

むくみが解消できるツボ押し

むくみを解消するためにはツボ押しも効果的です。ツボ押しは気になった時にいつでもどこでも手軽に行えるので、覚えておくこと便利です。まずは、手首の親指側から4〜5センチほど下方にある、レイケツと言われる部分です。優しくプッシュするだけでなく、この部分を温めてあげるだけでも効果的です。

また、耳たぶと下顎を繋ぐラインの中間地点にある頬車という部分もむくみに効果的です。むくんでいる状態でこの部分を押すと、痛みを感じることも少なくありません。

指の腹で、痛気持ちいい程度の力加減でゆっくりとプレスしていきましょう。押しては離すを繰り返しながら、3分を目安に続けていきます。特に顔のむくみに効果的ですので、飲みすぎた次の日の朝におすすめです。

むくみ解消に白湯!白湯の効果

むくみ解消には白湯が非常におすすめです。水を一度沸騰させたものを冷ましたもので、体温に近い温度がおすすめです。一度沸騰させたことによってカルキを飛ばし、まろやかな口当たりになるのです。

白湯にはデトックス効果があり、老廃物を排出しやすい体づくりにはもってこいなのです。特別なものを用意する必要もなく、毎日手軽に続けられるのも嬉しいポイントです。おすすめなのは朝、コップ1杯程度の白湯を飲むことです。

冷たい水と違い、体温に近い白湯を飲むことで内臓に負担をかけることなく水分補給をすることが出来ます。温かい白湯で体温を上昇させることによって、血流も良くなるため、手っ取り早くむくみを解消させたい時にもおすすめです。

むくみ解消にオススメのフルーツ!

むくみは体内に水分が溜まった状態だけでなく、塩分が溜まっていても引き起こされるものです。これらを同時に解消するためには、カリウムがおすすめです。カリウムがたくさん含まれているものには、バナナ、キウイ、りんご、すいか、アボカド、味噌、海藻類などがあります。

すももにはりんごのおよそ二倍のカリウムを含んでいるため、むくみ解消に非常に効果的です。お酒を楽しんでいる時にカリウムを多く含む食材を一緒に摂取することによって、翌朝のむくみ防止にも繋がるのでおすすめです。

また、お酢やグレープフルーツなどに含まれるクエン酸にも代謝力を高める効果があります。パイナップルには体内の余分な熱や水分を排出させる効果がありますし、クエン酸も含んでいるので、積極的に摂取するようにしましょう。

冬は顔がむくみやすい?その理由とは

冬に顔がむくみやすくなるという方も少なくありません。冬場は体が冷えやすくなるため、血流が悪くなり、むくみやすくなってしまうのです。また、夏場と違って冬場はあまり意識して水分補給をしなくなるため、体が水分不足に陥ってしまいがちです。

一見水分不足だとむくみにくくなる印象がありますが、体の水分が不足すると、今度は必要な水分を逃すまいと体が体内に水分を溜め込もうとします。その状態で急に水分を摂ると、むくんでしまうのです。

冬場は筋力も低下しやすくなり、それもむくみの原因になります。筋力が低下すると、血行が悪くなり、リンパの流れも悪くなってしまうのです。運動不足で代謝力が下がってしまうのも原因の一つですので、冬場でも意識して体を動かすよう心がけましょう。

防寒が基本!冬のむくみ対策

冬にむくみやすい方には冷え性体質の方が多いものです。体の冷えを予防するためには、適切な防寒が必要不可欠です。首周り、手首、足首など『首』がつく部位は特に冷やさないよう、しっかりと温めてあげるようにしましょう。

夜はできるだけ湯船に浸かり、体を芯から温めてあげるようにしましょう。足湯も非常に効果的です。足の裏からは体の老廃物や不要な水分はがたくさん排出されるのです。ちょっと熱めのお湯をバケツに張り、足首からふくらはぎまでを温めるだけです。

途中でお湯がぬるくなったらお湯を足してあげれば大丈夫です。毎日続けることによって体が冷えにくくなり、基礎代謝力もアップするので一石二鳥です。また、体を動かすことも大切です。寒くてもストレッチやウォーキングなどで適度な運動を心がけるようにしましょう。

むくみ予防に繋がる健康的な過ごし方とは

むくみを予防するために大切なのは、体内の水分バランスを整え、老廃物がきちんと排出される状態をキープすることです。普段アルコールを摂取する機会が多い方は、摂取量の見直しや、飲み方に工夫をこらしてあげるようにしましょう。飲酒時間や飲み合わせを変えてみるだけでも違ってきます。

筋肉がこわばっていたり、冷えていたりするのも厳禁です。体を積極的に動かし、冷やさないよう注意するようにしましょう。

長時間同じ姿勢をとっていると血行が悪くなり、体全体がむくみやすくなりますので、定期的にストレッチなどをして体をほぐしてあげることも効果的です。塩分、糖分は水分を溜め込む性質があるので、摂り過ぎには十分注意するようにしましょう。