ズボラさんに試してほしい簡単白湯ダイエットのヒミツ

白湯ダイエットはとくにズボラな人に試して欲しい方法になります。家にあるもので簡単に始めることが出来るし、厳しい食事制限や激しい運動などがとくに苦手という人でも続けていくことが可能なところがすごいポイントになります。

こんな人に試してほしい白湯ダイエットに向いている人とは

白湯ダイエットに向いている人は、白湯を飲むことによって水分摂取を充分に行うことが出来るため、便秘気味の人にとくに向いています。便秘は水分が足りなくても起こってくるからです。お腹を壊しやすい人はさらに便がゆるくなってしまう可能性もあるので、様子をみながら行っていくことをおすすめします。

冷え性やリンパや血液の流れの悪い人、むくみが酷い人にも向いています。またダイエットしたいけれど食事制限が苦手な人や、運動するのが苦手な人にも向いています。

今まで様々なダイエットを試してみたけれど途中で諦めてしまった人など、そんな人にも是非とも試してみてほしいのが白湯ダイエットになります。家にあるもので簡単に始めることが出来ます。

飲むだけの手軽さが人気!白湯ダイエットとは

白湯ダイエットとは簡単にいうと、冷ましてお湯を飲むだけなのに、身体の中から痩せやすい体質に改善していくダイエット方法のひとつになります。白湯を飲むことによって脂肪燃焼効果を期待することが出来ます。胃腸などの内蔵機能を温めることができるため、血液の流れもよくなっていきます。

内臓温度が一度上がるだけで基礎代謝は10パーセントから12パーセント上がります。よって脂肪燃焼率もアップするというわけです。白湯を飲むことによって血液やリンパの流れがよくなるので、体内にあった余分な水分を尿として排出することが出来ます。

便秘やむくみの解消効果を期待することも可能です。内臓機能が温められることによって消化作用を促進して、老廃物を排出する手助けもしてくれます。

ダイエットを始める前に白湯の作り方を確認

白湯ダイエットを行うには、正しい白湯の作り方を知る必要があります。白湯を飲む週間は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダから広まりました。アーユルヴェーダでは火のエネルギーは人間が生きていく上で欠かせないものです。

やかんに水を入れて火にかけて沸騰させます。沸騰したら火を止めずにフタを開けた状態にして、10分間から15分間沸かし続けます。火を止めてカップにお湯を注ぎます。50度くらいに下がるまで待ちます。

水で薄めたりしないようにしましょう。電子レンジなどで温めて白湯を作ることは、アーユルヴェーダの火のエネルギーを使用するということからは外れているので、やかんなどで火を使って白湯を作ることをおすすめします。

いよいよ開始!白湯ダイエット法の基本的なやり方

正しい白湯の飲み方ですが、1日に飲む白湯の量は800mlとします。まずは朝起きて目覚めの1杯を飲みます。ここで重要なのは一気に白湯を飲むのではなく、一口ずつ10分から20分かけて飲むのが効果的です。

仕事に行く準備などで忙しい時は、顔を洗うまえに一口、化粧をする前の一口などと臨機応変に飲みましょう。朝食は30分後に摂取するようにします。そうすることで胃や腸があたたまり、消化機能が活発になり、しっかりと消化できる状態になります。

あとは朝・昼・夕の3回の食事中に各1杯ずつゆっくりと飲むようにします。決して白湯を一気飲みするのではなく、ゆっくり一口ずつ飲むのがより効果的なポイントとなりますので注意しましょう。

デトックスや冷え対策など!白湯ダイエットの効果効能

白湯ダイエットの効果効能ですが、デトックス効果を期待することが出来ます。胃腸にたまっていた毒素、未消化物などの老廃物もすっきりと白湯が流してくれるのです。身体の中から毒素が排出されることによって、肌のターンオーバーも促進されるので美肌効果へも繋がっていきます。白湯は飲むだけで身体を温める効果があります。

とくに冷え性の人にはおすすめの飲み物なのです。冷え性の人は脂肪燃焼効果が悪いことが多いのですが、白湯を飲むことによって代謝をあげることが可能です。代謝があがるということは脂肪燃焼効果もあがるということになります。身体の温度が一度上がるだけで代謝は10パーセントから12パーセント上がることがわかっています。

飲むタイミングによって変わる白湯の効果

白湯は飲むタイミングによって効果が変わってきます。朝起きたときに飲むというのは、人間の身体は寝ている間に汗を必ずかいています。朝起きたときは水分が不足している状態なのです。朝の水分補給には水を飲むよりも白湯を飲んだ方が身体に優しいのです。

朝に白湯を飲むと内臓に刺激を与えることなく身体を覚醒させることが出来ます。食事中に飲むというのは、内蔵が温められて消化機能が活性化されるので、食べたものの栄養を吸収しやすくなります。
気をつけたいのは飲みすぎてしまうことです。

食事の途中に過度な水分を摂取すると、本当に必要な量の食事が入りにくくなってしまうので、一度の飲む量は200mlを越えないようにしましょう。

白湯ダイエット理想の継続期間

白湯ダイエット理想の継続期間は、効果には個人差があるので一概には言えませんが、最低でも一ヶ月間は続けてみることをおすすめします。早い人だと数日間から一週間程度で身体にとって良い効果を実感する人も大勢います。

良い効果を実感したからといってすぐにやめずに、なるべく続けていくことが大切です。白湯ダイエットを続けていく上で健康的に悪影響が出てきてしまった場合、例えば便が柔らかくなりすぎて下痢になってしまった場合などを除いては、ずっと白湯ダイエットを行うことはまったく問題ありません。

ゆるやかに身体に負担をかけることなくダイエットを続けていくことが一番の理想のダイエットの形となりますので、様子をみつつ続けることをおすすめします。

白湯ダイエット中に食事制限や運動はした方が良い?

白湯ダイエット中に食事制限や運動はした方が良いかというと、白湯ダイエットだけでも痩せる人は痩せますが、より効果的にダイエットを進めるためには食事制限や運動をおすすめします。とくに決まりなどはないので、白湯ダイエットで体質を改善しつつ、やせていく努力をすることによってきれいにやせていくことが可能となってきます。

また部分的に痩せたい人などは、その部分が痩せるための運動を行う必要がありますので、白湯ダイエットをしつつ、痩せたい部分に効く運動を行っていくことが大切です。

白湯を飲んでいるだけで痩せる人は、例えば宿便がなくなった分痩せただったり、むくみが取れて余計な水分が排出された分痩せたということもあるので、食事制限や運動も取り入れていくことをおすすめします。

水やお茶よりも白湯が良い理由とは

水やお茶よりも白湯が良い理由ですが、まずはお茶にはカフェインが含まれています。カフェインは過剰摂取すると健康に害を及ぼす可能性があります。さらにお茶を分解するときに身体に負担がかかります。お茶にも身体に良い成分が入っているので、嗜好品として適度な量を飲むことには問題はありません。

しかし何リットルも一日に飲むのは控えた方が良いでしょう。水の場合は白湯よりも冷たいので身体を冷やしてしまう可能性が高くなります。身体が冷えるということは内臓も冷えてしまって動きが鈍くなってしまうのです。

せっかく白湯で内臓を温めたところで、暑いからといって冷たい水をがぶ飲みなどしてしまっては意味がありません。水やお茶よりも白湯がおすすめなのです。

一気飲みはダメ!白湯ダイエットはココに注意

白湯ダイエットの注意点ですが、白湯の一気飲みには注意が必要となります。白湯を一気飲みをしてしまうと、その分胃液が薄まって消化に支障をきたすことがあります。とくに食事中に白湯を飲んでいる場合は、一気飲みしてしまうと胃液が薄まって消化機能が落ちてしまうので注意しましょう。

1回の食事中に飲む白湯の量は200mlを越えないようにすることが大切です。一気飲みしてしまうと内臓が上手く作用しませんので、一口ずつだいたい10分程度かけて飲むことをおすすめします。
また白湯の飲みすぎにも注意しましょう。

白湯ダイエットを行う際は、1日800mlを上限として、1回200mlの量を守って摂取するように健康的に行うようにしましょう。