スラリと引き締まった脚を目指すふともも痩せの方法

痩身は下半身を中心にダイエットをするのが効率的です。特にふとももが細いと体全体が痩せて見える効果が期待できます。下半身が太くなる原因を取除き、ふともも痩せ効果があるセルフケアを継続すれば、理想的な美脚の獲得も夢ではないです。

脚やふとももが太くなる代表的な三つの原因

痩身を得ようと日々ダイエットに多くの時間と費用をかけているにも関わらず、思う様な結果を得られ無い人が大勢います。体重を落とす事も大切ですが、全体のバランスを考えて下半身を中心にサイズダウンを目指していくのが効率的です。ふとももやふくらはぎが細いと身体全体がスリムに感じられます。

まずは美脚を得る事を目標にする事が必要です。脚やふとももが太く見える原因は三つあります。まずはセルライトと呼ばれる脂肪の塊です。老廃物を含んで硬くなっているのが特徴です。そして血液やリンパ液の流れが悪くなり、むくみが生じている場合もあります。更にスポーツを趣味にしている人は筋肉が太くなっている場合もあります。これ等の原因を取除いていく事が必要です。

細すぎるのもダメ!理想のふとももサイズ値計算法

美脚は多くの女性の憧れですが、細ければ良いというものではないです。美脚は健康的である事も条件です。理想的な太もものサイズは身長×0.3です。日本人女性の平均は45cmから50cmなので、目安にする事ができます。このサイズの範囲内なら丈の短いお洒落なスカートでも安心です。

身長や脚の長さによっても見た目がかなり変わってくるので、自分に合ったサイズにする事が重要です。数多くのダイエット方法がありますが、美脚獲得に効果的な方法もあるので、個々に応じたダイエット方法を見つける事が先決です。特にセルライトは食事療法や運動療法等の通常のダイエット方法では落ち難いです。無理をすると健康を害することもあります。

脚を引き締めるふともも痩せエクササイズ

太いももを理想的な細さにするには、適度に引締めていくエクササイズが必要です。エクササイズには様々な方法がありますが、スクワットが高い効果を発揮します。スクワットといってもいくつかの種類があるので、ふとももに効果がある方法を選びます。まず肩幅と同じ位の位置に足を開き、頭はやや上を向きます。顎は引かず、わずか前方を見た状態です。

お尻を突き出した状態のまま椅子に座るイメージで腰を下ろしていきます。かかとは床から離さず、膝はつま先から出ない様にします。膝が外側に向く様にしないと痛めてしまいます。この様な正しい姿勢でのスクワットを毎日くり返し行なう事で無理なくふともも周辺の脂肪を効率的に燃焼させていく事が期待できます。

むくみ改善にふともも痩せマッサージ

ふとももを細くするにはセルフマッサージが効果的です。セルフマッサージを行うには、まず足首からふくらはぎに向かって手のひらを使って円を描く様に優しく揉んでいきます。ふとももに達したあたりから少し強めに脂肪を潰す感覚で揉んでいくと効果的です。血液やリンパ液の流れが改善されていくので、むくみが解消し、脂肪の代謝も促されます。

効果的なセルフマッサージができる様になるまでには時間がかかりますが、継続していく事で高い脚痩せ効果が得られます。そしてセルフマッサージは痩身効果だけでなく、日頃のダイエットで溜まったストレスも解消させる効果もあります。入浴後の体温が高い時に積極的に行なう事でよりいっそうの効果が得られます。

痩せやすい体作りにはふともも痩せ筋トレ

ふとももを細くするには痩せやすい体質になる事も必要です。筋肉には赤筋と白筋があります。赤筋は有酸素運動で鍛える事ができる筋肉で、白筋は無酸素運動で鍛えられます。この内の赤筋は白筋よりも倍の脂肪燃焼効果があります。脂肪の少ない引締まったふとももにするには赤筋を積極的に鍛える事が必要になります。

その方法として知られているのがアイソメトニクスです。肘を床につけ、つま先を立てたまま、うつ伏せの状態になります。このままの状態で呼吸は乱さない様に20秒間維持します。この方法は身体の前や後ろ、側面の赤筋をまんべんなく鍛える事ができる方法です。この方法による筋トレを1日に3セット行なえば、痩せやすい体質になる事ができます。

ふともも痩せに適した有酸素運動

ふとももを痩せさせるには有酸素運動が適しています。しかし有酸素運動といっても激しいスポーツをする必要はないです。慣れないスポーツをはじめても、筋肉や関節にダメージを与える危険もあります。スポーツジムに通うのもよい方法ですが、高額な費用がかかってしまいます。最も手軽に行なえるのがウォーキングです。

広い公園で四季の草花を観賞しながら、友人と楽しく歩くだけで痩身効果が期待できます。長時間ウォーキングをする必要はなく、20分から30分位でもよいので、できるだけ継続する事が必要です。ふとももの脂肪が分解され、効率よく燃焼して代謝が促されていきます。自然環境の中での有酸素運動は厳しいダイエット生活からの気分転換にもなります。

短期間で結果が出るふともも痩せの方法

ふとももを痩せさせる事に成功すれば、ほっそりとした下半身を獲得できます。特にふとももの裏側のハムストリングスを鍛える事でふともも全体を引締めて細く見せる効果があります。できるだけ短期間で効果を実感する方法として効果的なのが踏み台昇降の利用です。自宅で簡単に好きな時にできる方法です。

広いスペースを必要としないので、居間でテレビを観ながら気軽に行なう事ができます。ふとももだけでなく、お尻や股関節の周辺にも効果があり、下半身全体を引締めてくれます。この方法は有酸素運動と筋トレを組み合わせた様な効果が短期間で得られるのが大きな特徴です。費用もそれ程かからず、単純で誰にでもできる方法なので、長期間継続するができます。

体脂肪を落とす食品と食事の摂り方

脂肪の少ない理想的なボディを得るには食生活の見直しが不可欠です。単純に食事の量を減らしたり、カロリーの高い食材を避ける事だけで効果を得るのは難しいです。食事制限で重要なのは栄養バランスです。炭水化物とタンパク質、脂質を適度な割合で摂取します。

まずは脂質から減らしていくのがポイントです。炭水化物は適度にして、鮭や納豆等の高タンパク質な食品を優先的に摂取します。そして1日に必要なカロリーを4回に分けて摂取する事で脂肪の燃焼効率を高める効果も期待できます。

更に食事の摂り方も夜に向けてカロリーの高い食品を控えていく事で蓄積する脂肪を減少させる効果があります。面倒な作業に思えますが、小まめに配慮していく事で効率よく体脂肪を解消する事ができます。

ふとももだけ細くすることはできない?部分痩せの間違った知識

ダイエットを進めていく中で特定の場所だけが太く見える場合があります。特にふとももは多くの女性が気になる部位です。ダイエットの中心となる食事療法や運動療法を試みても、細くするのは容易ではないです。ダイエットをすれば、体全体の脂肪が減るので、中には部分やせは不可能と考える人も少なくないです。

しかし実際はむくみを解消する事と筋肉を鍛える事でふとももを細くする事が可能です。血液やリンパ液の流れを良くして老廃物や脂質の蓄積を防ぐ事でふとももは細くなります。あいまいな情報や間違った知識を信じてしまうと効率的にダイエット効果が得られない場合があります。まずはダイエットについて基本的な知識を得る事が必要です。

間違ったダイエットが引き起こす弊害

夏が近づき、肌の露出が多い衣服を利用する機会が多くなると、慌ててダイエットを始める人が増えてきます。計画性のない断食等を試みる事で健康を害する人が多いです。ダイエットに焦りは禁物です。十分な栄養管理をした上での食事制限が必要です。リバウンドをくり返す事で摂食障害を患う人もいます。

過食症や拒食症になるとメンタル面へのケアが必要になるケースもあります。間違ったダイエットを続けている人の殆どは美容面でも問題が生じてきます。必要な栄養成分が摂取できていない状態なので、代謝率が低下して毛穴に皮脂や老廃物が溜まりやすくなっています。

ニキビ等の慢性的な肌荒れ状態に悩む女性も少なくないです。更に自律神経の乱れから不眠や不定愁訴等を感じる人も多く、ホルモンのバランスが崩れ、脂肪が溜まりやすい体質になる人もいます。