知ればその落とし方も分かる!皮下脂肪を徹底解明

皮下脂肪は女性につきやすいと言われていますが、なかなか落とせないのも事実です。皮下脂肪の正しい知識を身につけ、気になるかたは長期的なスパンで落としていくようにしましょう。ただし、この脂肪は役に立つこともあります。

女性につきやすいと言われる皮下脂肪の特徴

皮下脂肪は皮膚の下についている脂肪のことをさし、つまむことが出来ます。長年蓄積されたエネルギーの貯金箱のようなもので、落とすことを意識していないとつきやすくなり、またついたら落ちにくくなります。ただし、皮下脂肪は重大な病気とのつながりは薄く、役に立つこともあります。

エネルギー不足に陥ったときは皮下脂肪からエネルギーの補充ができますし、女性の体を外部の衝撃から守ったりすることもありますので、完全に悪いものとは限りません。また、女性は子宮がありますので下腹部に脂肪がつくことで守ろうとする役割を持っています。

これは女性の体の自然なメカニズムと言っていいでしょう。そのため皮下脂肪は男性より女性につきやすいと言われています。

内臓脂肪や体脂肪とは何が違うのか!特徴ごとに比較

内臓脂肪は男性につきやすいと言われています。年齢を重ねるとお腹周りが出てくる人がいますが、これは内臓に脂肪が過剰についてしまっていることをさし、皮下脂肪とは異なって生活習慣病に陥りやすくなる危険性をはらんでいます。また、男性ホルモンの影響もあって、男性につきやすくなっています。

しかし内臓脂肪は皮下脂肪より遥かに落としやすいので、運動をして脂肪を燃焼すれば脂肪を落とすことは比較的簡単にできるものとなっています。皮下脂肪と内臓脂肪は体脂肪とも呼ばれています。

体脂肪率は体重のうち体脂肪の重さが占める割合のことを言います。そして多くは内臓脂肪と皮下脂肪に別れると言われています。どこについているかによっても落とし方は変わってきます。

不摂生な食生活が原因?皮下脂肪が溜まるワケとは

皮下脂肪が溜まる原因としては、いくつか挙げられます。大きな原因としては食べすぎと運動不足ですが、女性の場合はホルモンバランスを崩したり、自律神経が乱れると皮下脂肪がつきやすくなる原因になるとも言われています。また、基礎代謝が悪いと脂肪も燃焼できませんので、それによって皮下脂肪はどんどん溜まっていきます。

皮下脂肪は若い頃はついていなくても、日頃の食生活に気をつけていないと、自然にエネルギー貯蔵として蓄積されていってしまうものですので、体型を気にするなら比較的若い段階から食生活に気をつけておきましょう。カロリーオーバーな生活を送っていると皮下脂肪はつきやすくなります。また不摂生な食生活も、体形が崩れる原因となります。

規則正しい食生活で皮下脂肪は落ちる?

ついてしまった皮下脂肪は落ちにくいと言われていますが、規則正しい食生活をすることによって皮下脂肪をそれ以上溜めないようにすることは可能です。しかし、皮下脂肪は食事だけで落とすことは難しいと言われています。

それは、皮下脂肪はエネルギーとして消費しないと落ちないと考えられているためです。ただし、日々の食生活は大切ですのでなるべくバランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。また、食事で余った炭水化物は皮下脂肪になりやすいです。

そのため、炭水化物をまったく摂取しないのはよくありませんが、食事では野菜から食べて炭水化物による急激な血糖値の上昇を抑えたり、白米などの量を見直すようにしましょう。摂取カロリーと消費カロリーを見直すことが基本です。

日常生活の工夫で皮下脂肪を落とすには

皮下脂肪により体型に変化が現れるとやはり引き締まった体にしたいと思うかたは多いと考えられます。日々の生活の工夫で少しずつ皮下脂肪を落としていくようにしましょう。皮下脂肪はエネルギーとして消費すればいいので、基本的な食事方法の他にも、積極的にお腹周りを意識しながら動くことが重要になります。

日常生活の中でしたら、なるべく足を使うようにしましょう。エレベーターやエスカレーターは使わずに階段を使う、車ではなく自転車で移動する、数駅分は徒歩で歩くなどを心がけてみましょう。姿勢が悪いとお腹が出る原因になりますので姿勢をよくして大股で歩くようにすると、カロリーは消費されていきますし、皮下脂肪もエネルギーとして消費されます。

有酸素運動で皮下脂肪を落とすには

皮下脂肪を落とすには、運動をして消費させることが必要となります。しかし有酸素運動だけでは皮下脂肪は落としにくいとされています。軽めの有酸素運動をしていると短期的には脂肪は燃焼されますが、それ以外の時間は代謝が悪くなりますので、皮下脂肪はなかなか燃焼しづらくなります。

皮下脂肪を効果的に落とすには筋肉をつけて基礎代謝を上げることと、脂質代謝を上げることが効果的だと言われています。つまり、有酸素運動の他にも筋肉をつけることを心がけ、また運動する前には脂肪を燃焼させるサプリメントなどを使用していくと効率が良くなります。運動前に一杯の緑茶を飲むだけでも脂肪は燃焼されやすくなりますのでぜひ試してみましょう。

脂肪燃焼に効果的な筋トレで皮下脂肪を落とすには

脂肪を燃焼させるには筋トレと有酸素運動が必要ですが、皮下脂肪を落とす筋トレも様々にあります。まず効果的だと言われているのがスクワットです。スクワットは正しい姿勢で行うことが基本となり、間違った姿勢で行ってしまうと逆効果になるので気をつけましょう。

このように筋トレはお腹周りを意識したものを徹底的に行っていきましょう。皮下脂肪は近くにある筋肉を意識して動かすことで落としやすくなりますので、腹筋を鍛えていくことが重要となります。

お腹周りを意識した筋トレは慣れていないときついものがありますが、腹式呼吸をするだけでも十分な筋トレになりますので、普段から呼吸も意識するようにしましょう。なるべく胸いっぱいに吸ってお腹から吐き出すことがおすすめです。

皮下脂肪を効率的に落とすコツとは

皮下脂肪を効率的に落とす方法は、筋トレと有酸素運動、そして炭水化物の量を意識した食事となります。また筋トレや有酸素運動の前には脂肪燃焼系のサプリメントを使用するようにしましょう。そして、お腹周りを意識した呼吸と日常生活の工夫です。また、摂取カロリーと消費カロリーを常に意識していくことです。

日常生活の中で様々な動きを取り入れることにより代謝もあがり脂肪も燃焼しやすくなりますので、とにかく正しい姿勢で継続的に筋トレと有酸素運動を行っていくことが一番効率よく落とせる近道となります。落ちにくいと言われていますので、ある程度継続的に行っていくことが大切になります。継続させるというよりは習慣化させていきましょう。

皮下脂肪ダイエットは持続が大事!継続期間の目安とは

皮下脂肪ダイエットはとにかく持続と根気が大切です。一カ月くらいではなかなか落ちませんので、最低でも三カ月は筋トレや有酸素運動を欠かさないようにしましょう。

継続期間の目安としては、個人差がありますので一概には言えませんが、自分の理想の体重や体型を思い描き、目標を作ることによって継続がしやすくなると考えられます。これから皮下脂肪を落としたいと思っている人は、何キロ落としたいか、そしてカロリー収支の計算から始めていくことをおすすめします。

理想は高すぎると続きませんので、最初は低めに設定し、目標が達成できたら次の目標を考えるようにすると自信もつきやすくなり継続しやすくなります。根気は必要ですが楽しく続けるようにしましょう。

皮下脂肪は落ちにくい?ダイエット効果が出ない時の対策

ダイエットは皮下脂肪と共に体重も落ちていくのが理想的ですが、なかなか効果が出ない時もあると考えられます。そういう時は今一度自分のダイエットのやり方を見直してみましょう。また、ダイエット期間中は停滞期というものがありなかなか痩せないという事態に陥ります。

これは体が防衛反応を起こしていると考えられるもので、脳が一定の体重を保たなければ危険だと体に指令を下しています。しかしこれまでと同じようにダイエットを続けていれば、脳は大丈夫だと理解します。

停滞と減量は繰り返されますがこれを我慢して乗り越えると体重が落ち皮下脂肪も落ちていきますので、前向きにダイエットに挑戦していくことが必要です。摂取カロリーは消費カロリーを超えないように心がけましょう。