リバウンドを防ぐ低炭水化物ダイエットの賢い行い方

ダイエットをして体重を減らしたい人の間で話題になっている低炭水化物ダイエットは、肥満の原因になりやすい炭水化物を毎日の食事の中から減らすことで、痩せる方法です。リバウンドを防ぐ賢い行い方をすると、効果的に体重を減少させることができるダイエットです。

低炭水化物ダイエットとは

私たち日本人は、ごはんやパン、麺類などの炭水化物を多く摂取する傾向があります。肥満の物になる炭水化物を減らすことで効果的にダイエットすることができる低炭水化物ダイエットは、毎日の食事の中に含まれている炭水化物を減らすことで行います。

具体的には、パンや麺類、ご飯の量を減らしたり、いもやカボチャなど炭水化物を多く含んでいる野菜類などを減らしたりすることが必要で、炭水化物が少ない肉や野菜などを多く摂取するようにします。

炭水化物が分解されると糖質になるため、炭水化物を減らすと、糖質の摂取量が減るので、糖質制限ダイエットと大変よく似ています。炭水化物ダイエットをしているときには、砂糖の取りすぎにも気を付けると効果的です。

痩せ効果は抜群!低炭水化物ダイエットの方法

炭水化物ダイエットをするときには、ダイエットを4つのステージに分けて行うとよいと言われています。最初の段階では、一日に摂取する炭水化物の量を少なくして体の中の炭水化物量を減らしていきます。

炭水化物は分解されて糖質になるので、体内に残っている糖質をエネルギーとして燃焼させるために、2週間ほど続けます。この2週間で、体重が減少する人が多く、効果的と言われる理由になっています。次の段階では、ごはんや麺類、パンではなく、野菜や果物から炭水化物を少しずつ摂取しながら、体重を減少させていきます。

さらに少しずつ炭水化物の量を増やしながら、最終段階では、体重維持をするために、野菜や魚、肉などを中心とした食事を心がけ、体重の維持管理をしていきます。

炭水化物を減らすだけでは効果半減!成功する食事の摂り方

低炭水化物ダイエットでは、炭水化物を少なくして、体内にある糖質をエネルギーとして燃焼させてしまい、体に蓄積されている脂肪をエネルギーとして使うようにすることで、体内の脂肪を減少させ、ダイエット効果を発揮します。

炭水化物を少なくしているときに、肉や魚などのたんぱく質が少ないと、体内の脂肪をうまくエネルギーとして使うための回路が働きにくくなるため、ダイエット効果が半減してしまうと言われています。

ダイエット効果を実感するためには、炭水化物を減らすだけではなく、積極的にたんぱく質を摂取したり、便通などをよくする食物繊維を多く含んでいる野菜などを摂取したりすることが、成功するための大切なポイントになります。

どれくらい食べていい?一日の摂取量の目安

低炭水化物ダイエットを行う時に、ダイエット効果を早く実感したかったり、たくさん痩せたかったりするために、炭水化物をほとんど摂取しない人がいますが、体を維持するために、少しずつ炭水化物をとる方が体調を崩さず、長続きすると言われています。最初に、体内にある糖質を一気に燃焼させる段階では、一日の摂取量を摂取カロリーの30%程度まで制限すると効果的です。

少なく感じるかもしれませんが、2週間程度続けることで効果を実感することができます。その後、野菜や果物から摂取量を増やしていく段階では、一日50パーセント程度を目安にしていきましょう。体重を維持する段階では、一日の摂取量の60パーセントを目安に毎日続けることがおすすめです。

一日の摂取量の60パーセントは、日本人にとっては少ない量ですが、炭水化物が多くなりすぎないように気をつけながら、野菜や肉、魚などをたっぷりと食べるようにすることが大切です。

リバウンドを防ぐために重要なダイエットのポイント

炭水化物を減らして、効果的にダイエットをすることができる低炭水化物ダイエットは、炭水化物の量を減らして体重を減少させていきますが、炭水化物を極端に減らすわけではないので、ごはんやパン、麺類を少しずつ摂取することができるので、ストレスが少なく、リバウンドをしにくいダイエットと言われています。

リバウンドを防ぐためには、痩せたいからといって、極端に炭水化物を制限しすぎないことです。炭水化物を極端に制限しすぎることで、体が炭水化物を欲し、暴飲暴食の原因になります。リバウンドを防ぐためには、食事の量を減らさず、炭水化物の割合を意識して、肉や魚、野菜を多く食べることで、栄養をしっかりと摂取することがポイントです。

低炭水化物ダイエットに期待して良いのはこんな効果!

低炭水化物ダイエットは、効果的に体重を減少させることができると人気があるダイエット方法ですが、他にもメリットが期待できます。炭水化物の割合を減らすことで、血糖値の急上昇を防ぐことができるため、糖尿病対策になるという効果が期待できます。

また、体脂肪を減らす効果が期待できるため、脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病や腎臓疾患などの対策にもなると言われており、病院での食事指導でも、低炭水化物ダイエットを取り入れている場合がある効果的な方法です。

生活習慣病や肥満症を引き起こす原因になるメタボリックシンドロームを解消させて、健康的な生活を送りたい人におすすめの方法で、毎日の食生活の中で、炭水化物の割合を見直すだけで効果を期待できます。

ダイエット中でも気にせず食べられる低炭水化物は?

ダイエットを続けることができずに挫折してしまう原因のひとつが、空腹感です。おなかがすいてしまうと、いらいらしたり、ストレスがたまったりして暴飲暴食をしてしまったり、集中力がなくなってしまったりすることがあるので、低炭水化物の食品を知っておくことが成功するためのポイントです。

根菜類は炭水化物を多く含みますが、根菜類以外の葉物野菜は炭水化物が少ないため、ドレッシングに気を付けることでたっぷりと摂取することができます。マヨネーズやツナ、サバの水煮などは低炭水化物なのでおすすめです。また、チーズやナッツ類も低炭水化物の食品です。小腹がすいたら、積極的にチーズやナッツをおやつとして食べる人が多く、おすすめです。

ダイエット中にオススメ!満腹感を得られる絶品低炭水化物レシピ

リバウンドを防ぎ、楽にダイエットを継続するためには、低炭水化物レシピのバリエーションを増やすことがおすすめです。肉は、低炭水化物の代表選手で、たんぱく質も豊富なので、肉料理はおすすめです。調味料をあまり使わず、シンプルに焼いたり、蒸したりしてメインのおかずとして食べましょう。サラダにボリュームを出すことも満腹感を得られます。

野菜たっぷりのサラダに、ツナやサバの水煮、蒸し鶏などを加え、マヨネーズで和えると低炭水化物でおいしいボリュームサラダができます。歯触りの良いナッツやこくのあるチーズを加えることもおすすめです。こんにゃくを細かく刻んで米に混ぜて作るツナピラフは絶品で、食べ飽きない人気のレシピなので、お助けメニューとしておすすめです。

低炭水化物ダイエットの間違ったやり方の例

体重を大幅に減らしたい人や短期間で痩せたい人など、効果を早く実感したい人が陥りがちな間違った低炭水化物ダイエットの例が、ごはんやパン、麺類などの炭水化物を食べずに、肉と野菜など偏った低炭水化物食材だけを摂取したり、食事量を大幅に減らしたりする極端なダイエットです。

低炭水化物ダイエットは、炭水化物の割合を減らすことで、体の中の糖質をエネルギーとして使い、足りない分を蓄積された脂肪を使って補うことで痩せていく方法で、リバウンドが少なく、空腹感が少ないことがメリットです。長期間、続けることを考えて、炭水化物の割合を減らすことで、体重を着実に減少させながら、栄養をしっかり摂取して、健康的に痩せることをおすすめします。

炭水化物を極端に減らすことのリスクとは

ダイエットの効果を早く実感したい人や体重を大幅に減らしたい人の中には、炭水化物を極端に減らして、早く効果を実感しようとする人がいます。炭水化物を極端に減らすと、体や脳の働きを維持するために必要な炭水化物までなくなってしまうため、体がだるくなったり、眠気や集中力のなさに悩まされたりしてしまうことがあります。

また、炭水化物が足りない状態が続くと、体重は減るかもしれませんが、ケトン体という物質が体内に生じるため、口臭や体臭がきつくなるというリスクもあります。ダイエットは、正しい方法で継続することが、健康的に痩せるためのポイントですが、極端に炭水化物を減らすことで、体が強く炭水化物を欲し、リバウンドするリスクも上昇します。