玄米ダイエットは本当に痩せられるの?効果や利点について

玄米ダイエットは本当に痩せられるのかどうかですが、お腹いっぱい食べて痩せるという方法とは違います。白米よりもずっと栄養価が高くて、栄養が痩せやすい体の環境を整えてくれます。咀嚼回数が増えるのも玄米なので、これもダイエット効果を得やすいポイントです。

白米より栄養がある!玄米の特徴とは

白米より栄養がある玄米の特徴とは、白米にはない栄養をそのまま持っていることです。生成されていない状態には、栄養もそぎ落とされることなく、そのまま残っている状態です。白米は白い部分のみなので、カロリーにはなりますが栄養価はほとんどないです。

でも玄米は栄養を残しているので、ぬか層や肺が部分に、食物繊維やミネラル、ビタミンが配合をされていて、食べることでたくさんの栄養を摂取ができます。

白米と比べてみても、カロリー的には大差がなく、ダイエットでメリットになるのは、栄養がダイエットを大きくサポートできること、玄米ならではの噛み応えなどが役立ちます。白米は無臭で柔らかく食べやすいですが、玄米は独特の風味があるので、工夫次第で美味しく食べることができます。

玄米と白米を比較した場合のカロリーと栄養素の違い

玄米と白米を比較した場合のカロリーと栄養素の違いを理解することも、玄米ダイエットに取り組みやすくなる秘訣です。玄米と白米の1食分、だいたい160g当たりの栄養成分を比べた時、エネルギーは玄米だと265Kcal、白米の場合は269Kcalです。玄米体白米のカロリー比較をした時、カロリーだとさほど大差がないとわかります。

イメージ的に低カロリーと思い込みやすいですが、際立って玄米が低カロリーではないことがわかりますが、栄養価は玄米のほうが上です。玄米ダイエットにも貢献するのは、ビタミンB群の栄養が豊富なこと、食物繊維が多いことがメリットになります。糖質の分解をするのは、ビタミンB1の栄養でアイ、脂肪燃焼にはビタミンB2が役立ちます。

玄米にはどのようなダイエット効果がみられるのか

玄米にはどのようなダイエット効果がみられるのかですが、玄米に含まれる栄養が、順調な痩せやすい環境をサポートしてくれます。玄米には白米にはない、ビタミンB群が豊富というメリットがあります。ビタミンB群はダイエットに深く関わりがある栄養素であり、ビタミンB1とB2をたくさん含む玄米は、食べることでダイエットを助けます。

体内の糖質の代謝に関わるのはビタミンB1の栄養素であり、食べた食事の糖質を、積極的に分解をすることができます。脂肪代謝へのかかわりがあるのはビタミンB2であり、ビタミンB2の栄養が多いと脂肪燃焼も良くなります。食物繊維が多いのも玄米であり、白米と比べてみても、玄米には5倍もの食物繊維が含まれます。

良い事ばかりではない!玄米のマイナス点

良い事ばかりではない、玄米のマイナス点として、玄米ならではの味わいや風味へのネックは抱えやすいです。いつも白米に慣れていると、玄米は特有の香りと硬さがあるので、食べにくいと感じます。ただ食べにくさに関しては、圧力鍋や土鍋を利用したり、パック売りを利用するなど解決方法はあります。

咀嚼をする習慣が極端に少ない人は、玄米を食べて下痢をしやすくなることがあります。食物繊維が多いので、玄米はよく噛んで適量を食べるようにします。フィチン酸は玄米の栄養成分であり、デトックスの効果もありますが、リンやミネラル成分の吸収を、邪魔してしまうことがあります。玄米を食べるダイエットでも、野菜や海藻なども食べて、栄養補給をする必要があります。

特に貧血気味の方は注意!玄米が貧血の方に向いていない理由

特に貧血気味の方は注意が必要であり、玄米が貧血の方に向いていない理由は、玄米に含まれるフィチン酸が関わっています。体の中にある重金属などを、体の外へと排出されるのが、フィチン酸の役割です。がんを招く要因にもなるのが重金属であり、フィチン酸は悪いものを排出させるだけではなく、鉄分も一緒にデトックスをしてしまいます。

体内に必要な鉄分も一緒に出ていくことから、玄米のフィチン酸は、貧血を招きやすいと考えられます。フィチン酸とはミネラルと結合をするので、そのまま排出をされやすいですが、貧血を起こすのは玄米食だけをメインとして、他の栄養の食事が足りていない証拠でもあります。だから玄米ダイエット時には、鉄分豊富な食材も食べるようにします。

玄米ダイエットはなぜ痩せる?痩せる仕組みとは

玄米ダイエットはなぜ痩せるのか、痩せる仕組みとは何か、玄米への関心は高まります。白米は柔らかくすぐ食べられますが、玄米は噛み応えがあるので、咀嚼回数が増えます。噛む回数の多い玄米は、それだけ満腹中枢を刺激できるので、たくさん食べなくてもおなかも満足ができます。

食事のカロリーが一緒でも、食べる食材により、脂肪になりやすいものと、そうではない食べ物があります。その運命を分けているのがGI値であり、血糖値指数を急激に上げてしまう食材は、脂肪をため込みやすいです。玄米は低GI値食品なので、玄米食は血糖値を急激に上げることがないです。GI値が55以下の玄米は、GI値が90くらいある白米と比較をしても、低GI値なので太りにくいです。

失敗しない玄米ダイエットを行うには?

失敗しない玄米ダイエットを行うためにも、無理のない方法で玄米になれるのが良い方法です。玄米にて宇高があるならば、最初は雑穀米から食べて、慣れたら徐々に玄米へと移行をしてみることです。白米の中に様々な雑穀が入って炊き上がるのが、雑穀米なので玄米よりも食べやすいです。

玄米はたくのが面倒に感じたり、味わいや硬さに問題を抱えるケースもありますので、炊飯器選びから、玄米に適したタイプを選択するのも良い方法です。玄米をさらに発芽させた発芽玄米は、さらに栄養が高いです。

いつもの玄米だけではなく、酵素玄米を取り入れてみるのも、手軽であり美味しく食べられるコツの一つになります。自宅ですべてたくのではなく、1食分が小分けパックになっているものを、購入しても手間がなくなります。

玄米独特の風味が気になる時には?

玄米独特の風味が気になる時には、チャーハンやリゾットなど、思い切って形を変えて味付けをするとk、アレンジ肥大でかなりおいしく食べることができます。炊飯器で玄米をたく場合には、すぐにスイッチを入れないで、3時間以上は浸水をさせます。時間に余裕があれば、一晩は玄米を浸水させて、塩を一つまみいれます。

玄米のニオイが気になるときには、次回からはもっと洗米をしっかりと行います。玄米の浸水時には、ほこりやごみなどを取り去ること、良く洗って水に長時間浸すことは大事です。玄米の風味は食べるときに、人によっては若干のネックになりやすく、そのためにもナトリウムを炊飯時に果たします。玄米には元から塩分が足りないので、ひとつまみだけ塩を入れると違います。

生の玄米を食す生玄米ダイエットとは

生の玄米を食す生玄米ダイエットとは、生玄米を食べるという方法です。基本的にはランチに生玄米を、大さじに7杯ほど、100gを食べるようにします。非加熱玄米には硬さもあるので、水を玄米に加えて食べても大丈夫です。そのままには抵抗がある場合は、家庭用ミルを使い、玄米をパウダー状にして口にして、徐々に慣らすこともできます。

食事は野菜や果物はたっぷりと食べて良いので、空腹感で悩むこともないです。野菜がたっぷりでよいですが、マヨネーズや和え物など、味付けは無しで食べます。ほかにも、生のナッツ類も食べて大丈夫です。朝は果物を2種類以上、キュウリやトマトを食べても良いです。ランチは生玄米100gに野菜、ナッツ類を食べて、夜は通常食です。

美味しい玄米の炊き方とコツ

美味しい玄米の炊き方とコツをマスターすれば、難しいととらえやすい玄米も、自宅で美味しく炊くことができます。白米を水で洗うとき、ゴシゴシと洗米しますが、玄米は汚れを軽く洗い直すだけです。手でソフトにもみ洗いをするだけでよく、3回くらい軽く玄米を洗います。ざるへ移して、洗米時の水分をとります。

炊飯釜に玄米を移したら、水量は玄米用を選び水を入れて、玄米炊きのボタンを押します。玄米は水に浸して、3時間ほどおいてから、玄米炊きのボタンを押します。炊飯器に玄米炊きボタンがない場合は、洗米をして8時間ほど水に浸します。白米をたくときよりも、水分の量は1.5倍ほどにしてみることで、硬くて食べにくいということにはならないです。