コツさえ掴めば簡単に落ちる内臓脂肪の減らし方

痩せているように見えても実は内臓脂肪が多くついてしまっていることがあります。危険とされている内臓脂肪ですが、実はコツさえ掴めば簡単に落とすことが可能としています。そのためにも、まずはどうするとついてしまうのか、それから減らし方を知りましょう。

内臓脂肪と体脂肪減らしやすいのはどちら?

体脂肪は大きく分けて2つあり、内臓脂肪と皮下脂肪があります。内臓脂肪と皮下脂肪は、どちらも同じ脂肪ではあるけれども、燃焼しやすさが違います。内臓脂肪のほうが燃焼しやすく、生活習慣改善するだけでも減らすことができます。

それに比べて皮下脂肪は燃焼しにくくなっているため、ダイエットをして燃焼させる必要があります。体脂肪は、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を含めた脂肪になりますので、体脂肪率が変化しても、皮下脂肪が変化したのか、それとも内臓脂肪が変化したのか判断できません。

内臓脂肪だけを減らすのは比較的簡単ですが、体脂肪を減らすとなると皮下脂肪も関わるため難しくなります。健康のためにも、内臓脂肪だけでなく皮下脂肪も痩せることがおすすめで、体脂肪率に注目しながらダイエットしましょう。

内臓脂肪はなぜつきやすい?

内臓脂肪は皮下脂肪に比べてつきやすく、見た目でついたのかどうか判断しにくいです。ではなぜ内臓脂肪がつきやすいのかというと、それは消費しやすいからです。脂肪としてエネルギーを蓄えたとしても、すぐに使うことができなければ蓄えている意味がありません。

そのため、一番使いやすい部分に蓄えておこうとします。一番使いやすい部分となるのが内蔵になるため、皮下脂肪に比べて内臓脂肪が溜まりやすいです。溜まりやすいけれども、使いやすい脂肪となるため、簡単に燃焼させることが可能です。

ただ、どんなことをしていても燃焼してくれるわけではないため、方法を知り燃焼しやすいようにすることが大事です。健康のためにも内臓脂肪を減らしていきましょう。

気になる内臓脂肪を減らすダイエットの取り組み方

内臓脂肪を減らすダイエット方法を知ることが大事です。内臓脂肪を減らすために必要なことが、生活習慣を改善していくことです。特に影響を与えているのが、過食と運動不足ですので、バランスがよい食事にすることと、適度に運動していくことがおすすめです。

一般的なダイエット方法でも可能になるけれども、運動をしない方法は適していません。そして、極度なカロリー摂取の制限をすることも逆効果になることもあるので注意が必要です。

まずは、内臓脂肪を減らすだけを考えるのではなく、健康を考えたダイエットを意識してください。健康面に優れているダイエット方法だと、内臓脂肪を減らせる可能性が高く、成功させられる可能性が高いのでおすすめです。

食生活の改善で内臓脂肪対策

内臓脂肪対策としておすすめしたいのが、食生活の改善です。食生活の改善ができるのかどうかで、内臓脂肪を落とせるのかどうかも大きく変わってきます。内臓脂肪は食生活と直結していて、乱れている食事をしていればいるほど内臓脂肪が溜まります。

食生活を改善するだけでも、溜まる可能性を減らせるだけでなく、溜まった脂肪を燃焼させることもできます。食生活の改善だけで十分内蔵脂肪燃焼させられない場合もありますが、まずはできるところから改善していきましょう。

そして食生活の改善ができたら、今度は運動も取り入れていくことがおすすめです。運動不足も内臓脂肪が溜まる原因になります。運動不足解消できれば更に解消そして予防ができるためおすすめです。

ウォーキングに代表される有酸素運動

有酸素運動といったらウォーキングが代表的な運動です。ウォーキングはダイエットに適しているけれども、他の運動方法に比べてカロリー消費は少ないです。なぜカロリー消費が少ないのにダイエットに適しているのかですが、それは毎日続けやすい運動だからです。

カロリー消費量が多ければ良いわけではなく、毎日続けられるのかどうかが重要となります。辛いと感じてしまう運動になると、毎日続けにくくなるため、得られるダイエット効果は少ないです。

特に内臓脂肪の燃焼は、一日運動をサボってしまうとダイエット効果が半減すると言われているぐらい大きな影響を与えます。内臓脂肪を十分に燃焼させるためにも毎日運動する必要があり、続けやすいウォーキングが適している運動となります。

メリハリボディを目指すなら断然筋トレ

メリハリがあるボディにしたいなら、有酸素運動だけではダメで、筋トレも重要な運動の一つになります。脂肪燃焼だけを考えると有酸素運動だけでも十分ですが、スタイルを良くしようとした場合は不十分です。

残っている脂肪がたるみを作りますので、脂肪の位置を維持できる筋肉が必要とします。また、筋トレによって代謝機能を上げることができるため、今まで以上に燃焼しやすくなります。どんなに厳しいダイエットをしたとしても、脂肪は必ず残ります。

残って脂肪がどうなるのかでスタイルが変化してきますので、脂肪を維持するための筋肉をつけることがおすすめです。筋トレといっても、厳しく辛いを選ぶ必要はありません。適度に鍛える方法で良いので、自分でもできる筋トレをしていきましょう。

筋トレからの有酸素運動ならさらに効果は絶大!

準備運動をしてから有酸素運動をするのが一般的な方法なのですが、ダイエットを目的として運動するなら筋トレをした後に有酸素運動を行いましょう。筋トレは、脂肪燃焼させる運動ではないけれども、しかし痩せやすい効果を得ることができます。

筋肉を鍛えるとノルアドレナリンが分泌されるようになります。このノルアドレナリンは、脂肪分解酵素を活発化させる働きがあるホルモンです。いきなり有酸素運動をする方法に比べて、脂肪分解しやすくなるため、痩せられる可能性が高まりおすすめです。

筋トレをした後に有酸素運動をする方法は、時間が必要としてしまう方法だけれども、ダイエット効果を上げる方法ですので、時間がある時に行ってみましょう。

内臓脂肪を減らせる成分と摂りたい食材

内臓脂肪を減らすためにも食生活を変えることが必要ですが、積極的に摂取してほしい成分があります。その成分となるのが、食物繊維です。食物繊維は、便秘解消できる効果だけではなく、内臓脂肪蓄積を防ぐ効果もあります。

食物繊維は、消化に時間がかかるため、基礎代謝が上がります。さらに食物繊維が多く含まれている食材は、噛む回数が増えるため満腹中枢を刺激して食べる量を減らせる効果もあります。内臓脂肪がついてしまうことを防止できるため、その結果内臓脂肪減少にもつながっていきます。

ブロッコリーやカリフラワーそしてセロリなど、比較的固い野菜を選んで食べる、そして、食事の最初に食べることが食事量が減らせるためおすすめです。

もし内臓脂肪を放っておいたらどうなっちゃう?

見た目は問題ないから内臓脂肪を放置しても大丈夫だと考えている人は多いです。しかし検査で内臓脂肪が多いと言われたら積極的に減らすようにしていくことが良いです。もし、内臓脂肪をそのまま放置していたらどうなるのかですが、生活習慣病になる可能性が高まってしまいます。

内臓脂肪が溜まることによって、血液に悪影響を与えてしまいます。血糖値や血圧、そして中性脂肪を高めてしまいます。血糖値が高まることで糖尿病の危険性がでますし、中性脂肪が高まることで、動脈硬化や脂質異常になる可能性があります。

命の危険性がでてしまう病気にもなってしまいますので、放置することなく改善できるようにしていく必要があります。健康を維持できる生活が内臓脂肪の解消を可能としてきますので、まずは生活習慣改善をしていきましょう。

内臓脂肪を増やさない生活習慣のあり方とは?

内臓脂肪を増やさないためにも生活習慣の改善が必要としてきます。ではどこを改善していけばよいかですが、まずは食生活を改善して運動もしていきましょう。内臓脂肪を増やす生活と増やさない生活があります。増やさない生活習慣のあり方となるのが、不足をなくすことです。

運動不足をなくす、そして栄養不足をなくす、さらに寝不足をなくすことが内臓脂肪を溜めないようにできます。何かしら不足すれば、バランスが崩れてしまいます。

バランスが崩れてしまうことによって、スムーズにエネルギー消費ができなくなり余ります。余ってしまえば内臓に脂肪として蓄えられてしまいます。乱れ不足が増えれば増えるほど内臓脂肪が溜まりやすい状態となりますので、増やさないためにも不足がない生活をしていきましょう。