無理なく続けられるウォーキングダイエットは初心者にも最適

ダイエットをしたいけれど、激しい運動や食事制限はしたくないという人におすすめなのが、ウォーキングダイエットです。普段意識をしなくても行っている、歩くという行動で痩せられるのですから、手軽だと思いませんか。

ウォーキングが体にもたらす良い影響とは?

ウォーキングは、運動が苦手な人でも、手軽に行う事が出来る有酸素運動です。激しい運動に比べますと、即効性は期待できませんが、長く続けることで健康的な身体を手に入れることが出来ます。
食事制限や激しい運動を行えば、確かに直ぐに体重は落ちるでしょう。

ですが、その分身体に負担を掛けているので、体調を崩しやすくなります。また、身体に負荷を掛けすぎると、ダイエットが終わった反動でドカ食いをしてしまい、あっという間に体重が戻ってしまうことも考えられます。

ウォーキングダイエットは、運動をしているという意識が無くとも、自然と健康的に痩せることが出来ますし、日常生活の中に簡単に取り入れやすいので、長く続けることが出来ます。疲れにくくなったり、身体が軽くなるので、よりウォーキングが楽しくなりますよ。

ウォーキングダイエット開始!歩くフォームとは?

ウォーキングダイエットは、単に歩くだけでは効果は期待できません。より効率よく酸素を体内に取り込んで、脂肪を燃焼させるためにも、正しい歩き方を知る必要があります。まず、背筋はしっかりと伸ばし、胸を少し張って、視線はやや前方を見ます。猫背や足元を見ないように気をつけましょう。

そして、着地をする際には、かかとから行い、足を踏み出す時には、親指に力を入れて、地面を蹴るようにしてください。歩き方をマスターしましたら、最後に意識するのは歩くスピードです。

ウォーキングダイエットに向いている適正なスピードは、早歩きになります。ちょっと息が上がる程度が目安となります。景色を眺めながら歩くと、ただの散歩になりますので、気を付けましょう。

脂肪燃焼効果が現れ始める時間は歩き出してどれくらい?

ウォーキングダイエットで、脂肪燃焼効果が現れるのが、ウォーキングを始めてから、大体20分後だと言われています。そのため、ウォーキングダイエットは、最低でも20分以上は歩かなくてはいけません。とは言いましても、いきなり最初から1時間も飛ばすように歩いてしまうのは、身体に負担が掛かる可能性が高いので、注意が必要です。

最初は、20分を目標に歩くようにして、身体が慣れてきましたら、徐々に時間を増やすようにしましょう。また、朝や夕方など、毎日時間を決めて行うことで、生活リズムも作りやすくなります。朝日を浴びながらウォーキングをすると、目もしっかりと覚めますし、体調管理もしやすくなりますので、大変おすすめです。

朝と夜のウォーキングで違う効果

朝にウォーキングをすると、太陽の光を浴びることで、体内時計をリセットする事が出来ます。身体のリズムを作るのに適していますので、ダイエット効果もより期待出来ます。気をつけないといけないのが、ウォーキングを始める前には、しっかりと水分補給をすることと、ウォーキングが終わった後は、しっかりと朝食を食べることです。

夕食後の夜にウォーキングをすると、夕食で食べたカロリーを、消費する事が出来るというメリットがあります。そのため、寝ている間に脂肪が蓄積されるのを、おさえる効果が期待できます。

ですが、食べた後直ぐに歩くのは、身体に負担が掛かるので、食後1時間は経過してから、ウォーキングをするようにしましょう。また、寝る直前に運動をすると、目が冴えて眠れなくなるので、気をつけて下さい。

ウォーキングは食前と食後どっちが良い?

食前の空腹の状態でウォーキングをすると、血糖値が下がっている状態で運動をすることになりますので、脂肪燃焼に効果が期待できます。身体を動かすために消費されるエネルギーは、脂肪になりますので、体重を少しずつ、確実に落としていきたい人は、食前がおすすめです。

では、食事をした後にウォーキングをすると、どのような効果が期待出来るのでしょうか。食後に運動をすることのメリットは、食べ過ぎないように抑制する事が出来るという点です。

食欲は、副交感神経が優位の時に感じやすいので、身体を動かすことで、交感神経を優位にさせるため、食欲を正常化する事が出来ます。食前も食後も、各々のメリットがありますので、意識をして取り入れて下さい。

歩き方の工夫でさらにダイエット効果がアップ!

ウォーキングダイエットの効果をアップさせるためにも、歩き方にちょっとした工夫をしてみましょう。正しいフォームを意識して、背筋を張る感じで伸ばしてみて下さい。また、1歩踏み出す距離も大きくしてみる事も大切です。

腕は大きく振って、つま先で踏み出してからかかとで着地をするまで、しっかりと意識をしましょう。最初は大変かもしれませんが、慣れると身体が覚えてくれるので、そこまで大変ではありません。そして、歩く際に、少し大げさに腰周りを動かしながら歩いてみましょう。

そうすると、ウエストを刺激して、ウエストが細くなる効果が期待できます。腰を揺らすことで、姿勢も矯正されるので、一石二鳥です。ですが、普通の道で腰を動かしすぎると、目立ってしまいますので、歩く際には気をつけましょう。

足元にも気を遣おう!歩きやすいシューズとは?

ダイエットをする時に、形から入るのは良いのですが、あまりシューズの事を調べないで、「人気」や「おすすめ」だけで選んでしまうのはよくありません。ウォーキングシューズは、正しいウォーキングをするために重要となりますので、歩きやすいシューズをきちんと選ぶようにしましょう。

ウォーキングシューズは、歩く際の足の動きに合わせた設計で作られたシューズですので、身体の負荷が少なく、疲れにくいように作られています。

そのため、耐久性が高いか、安全性が高いか、靴底が厚いかどうかというのを重視しましょう。似たようなシューズで、ランニングシューズと呼ばれるものがありますが、これはウォーキング用ではありませんので、購入しないようにしましょう。

ウォーキングダイエットは水分補給をしっかり

ウォーキングダイエットをする際には、水分補給は意識をして摂取しなくてはいけません。特に20分以上歩く場合には、必ず水を持っていくようにしてください。万が一脱水症状に陥ってしまいますと、命に関わる危険があります。

また、季節を問わず、ウォーキングをする際には、水分を持ち歩く癖を付けましょう。そして、水分を摂取する際には、ゴクゴクと一気に飲むのではなく、口を湿らす程度に、少しずつ飲むことが大切です。そうする事で、ウォーキングの妨げになりませんので、歩きながらでも摂取する事が出来ます。

また、ウォーキングを始める前と終わった後も、しっかりと水分補給をする癖をつけましょう。特に始める前は、水分補給をし忘れる可能性が高いので、注意が必要です。

継続は力なり!ウォーキングダイエット成功へのカギ

ウォーキングダイエットは、決して即効性が期待出来るダイエットではありません。そのため、継続して続けることが、成功へのカギとなります。まず、しっかりと1日1回、最低でも20分は歩くようにしましょう。そして、最低でも3ヶ月は続けるようにしてください。

ウォーキングは、心拍機能を高めたり、免疫能力も高める効果が期待できます。そして、持久力を向上させる効果がありますので、長く続ければ続けるほど、健康な身体を手に入れることが出来ます。

歩くことに慣れれば、自然と体力もついてきますので、ウォーキング自体が楽しくなってくる事でしょう。好きな音楽を聴きながら歩く、毎日時間を決めて歩くなど、長く続けるために、自分に合った工夫をしてみましょう。

人によっては長距離ウォーキングはNG!その理由とは?

ウォーキングは誰でも簡単に行う事が出来て、運動が苦手な人でも長く続けることが出来るというメリットがあります。ですが、人によっては、長距離ウォーキングをすることで、身体の調子を悪くする人もいますので、注意が必要です。

それは、腰や膝、関節痛などの痛みを抱えている人です。そんな人が、ウォーキングを長時間行ってしまいますと、余計痛みを抱えている箇所にストレスを与えてしまいます。

ウォーキングは、身体が慣れると、疲れにくくなるので、平気で何時間も歩き続けてしまう人もいますが、同じ動きを繰り返して、身体に負荷を掛けているということを忘れないで下さい。また、腰や膝、関節痛が原因で病院に行っている人は、必ずウォーキングダイエットをしても良いか、医師に確認してから行うようにしましょう。