蓄積されたお腹の脂肪を落とす!ワザありダイエット法

ダイエットで順調に体重が減っているものの、なかなかお腹まわりがスッキリとしないという人は、ダイエット方法を見直してみましょう。痩せるためには摂取カロリーを減らすことが大切ですが、食事制限に頼ってばかりだと、お腹の脂肪を効果的に落とすことができないからです。

お腹周りは脂肪がつきやすい部位!それはこんな理由から

ダイエットに挑戦する多くの人が、ポッコリと出たお腹まわりをスッキリとさせたいようです。一見すると太っているように見えない人でも、お腹の脂肪が気になるという人は多くいます。何故、お腹に脂肪がついてしまうのか。それには、いくつかの理由があります。

1つ目は、内臓を守るためです。胸には内臓を守るために、しっかりと骨がありますが、お腹にはありません。ですので、その代わりに脂肪をつけて内臓を守る働きがあります。特に女性は子宮を守るために、脂肪がつきやすいと言われています。2つ目は、筋肉が関連してきます。

脂肪は、筋肉があった部分がたるんでいくと、そこに入りやすいという特徴があります。そのため、体を動かす機会が減ると、たるんだ腹筋に脂肪がつきやすくなるので気を付けましょう。

たるんだお腹を引き締めるにはどんなダイエット法が良い?

お腹の脂肪を意識したダイエットは、食事制限を行いながら運動をすることで効果を高めることができます。ダイエットというと、食事の量を減らすものと思う人が多くいますが、これだと脂肪と一緒に筋肉も落としてしまいます。その結果、基礎代謝が低下した太りやすい体質になってしまうので気を付けましょう。

お腹の脂肪を落とすためには、ウエストを意識した運動がおすすめです。そうすることで、お腹まわりの内臓脂肪と皮下脂肪に刺激を与えることができるからです。ダイエット運動として、腹筋にもチャレンジしてみましょう。腹筋は、体の中でも大きな筋肉なので、ここを鍛えることで効率良く体脂肪率を落としていくことが期待できます。さらに、お腹のたるみも改善できるのでおすすめです。

ゆっくり時間をかけて痩せる有酸素運動

ダイエット中は、有酸素運動と無酸素運動の二種類を組み合わせて行うことが大切になってきます。そうすることで、内臓脂肪や皮下脂肪を落としつつ筋肉を鍛えることができるので、スタイル良く痩せていくことが期待できます。また、痩せやすい体質へと整えることができるので、ダイエット効果を長く保てることも魅力です。

有酸素運動は、名前の通り、運動をしながらゆっくりと呼吸ができることが特徴です。体の中に酸素を取り込むことで、脂肪を燃焼させやすくできるのがポイントです。

有酸素運動にはランニングやエアロビクス、水泳などがありますが、普段スポーツをし慣れていない人は、ウォーキングからチャレンジするのがおすすめです。通勤や通学のルートを長めにすることで、手軽に挑戦できるからです。

短期間で効果を感じやすい無酸素運動

ダイエット効果の高い運動と言えば、有酸素運動が有名です。確かに、有酸素運動は体についた脂肪を効果的に燃やすことができます。ですが、お腹まわりをスッキリとさせたい場合は、無酸素運動を意識することも大切になってきます。

無酸素運動は、短い時間に一気に力を使う運動で、短距離走や筋肉トレーニングがあげられます。ポッコリお腹が気になるという人は、ウエストまわりの筋肉を鍛えることで、短期間で結果を得ることができます。筋肉がついていないお腹は、皮膚や脂肪を支えきれずに下へとたれてしまいます。

ですが、お腹の筋肉を鍛えることでたるみを解消させることができます。さらに、腸に溜まった老廃物の排出も促せるので、体重の減少以上にスッキリとした印象を与えることができます。

呼吸法を取り入れたドローイン

ダイエット中の運動が長続きしない理由の1つに、行う時間がないことがあげられます。ウォーキングやエアロビクス、水泳などのダイエット効果が高いと言われている有酸素運動は、20分ほど続けなくては脂肪が燃焼しないと言われています。

そのため、仕事や学業、育児が忙しい女性は、なかなかチャレンジしにくく、中断しやすくなるのがデメリットです。これを防ぐためには、手軽にできるダイエット運動を覚えるのがおすすめです。

ドローインは、呼吸法を取り入れたダイエット運動になります。呼吸をしながらお腹を膨らませたり、逆にへこませたりすることで、腹筋を鍛える効果があります。さらに背筋も鍛えることができるので、姿勢を良くすることも期待できます。

より即効性を求めるならダンベルでストレッチ

ダイエット運動の定番となっているダンベル運動でも、お腹の筋肉を鍛えることができます。お腹の筋肉を鍛えるトレーニングには腹筋がありますが、これは、やり過ぎると首や背中を痛める可能性があります。

ですが、ダンベル運動をすれば、筋肉を鍛えたい部位だけに効果的に負荷をかけることができるので、体を痛める心配もなければ、短時間で運動を終わらせることができるのも魅力です。まずは仰向けになり、両手でダンベルを1つ持ち、胸で抱えるようにしましょう。

その状態でおへそを見るように状態をかがめると、腹筋を鍛えることができます。慣れてきたら、足をイスなどに乗せて高くしたり、おへそを見る時間を長くするなど、負荷を強めてみましょう。

お腹痩せには食事の見直しも重要!脂肪を溜めにくくする食生活

運動だけをしていても、お腹まわりをスッキリさせる効果は薄くなります。同時に、食事内容を見直すことで、効果的に脂肪を落とすことができるのでチャレンジしてみましょう。お腹の脂肪を落とすためには、摂取カロリーを減らすだけではなく、栄養バランスにも注目することがポイントです。

野菜やキノコ、海藻類を意識して食べることで、ビタミンやミネラル、アミノ酸の量を増やすことができます。そうすることで基礎代謝を高めることができるので、脂肪を燃焼しやすい体にすることができます。

さらに、キノコや海藻類には多くの食物繊維が含まれています。ダイエットをしていると便秘になりやすくなりますが、これらを食べることで解消できると同時に、お腹まわりがスッキリとするのでお得です。

十分な睡眠も重要!脂肪を溜めにくくする生活習慣

ダイエットを成功させようと思ったら、食事と運動に気を使う必要があります。ですが、それと同じぐらいに睡眠にも注目する必要があります。睡眠には体を休ませるという大切な役割があります。充分睡眠をとることで、日中に受けた体のダメージを回復させたり、ストレスを弱めることが期待できます。

そのため、食事制限やハードな運動によるストレスを感じやすいダイエット中は、よく寝ることが重要になってきます。さらに、十分に睡眠をとれば、翌日を活発に過ごすことができ、消費カロリーを高めることもできるのでおすすめです。適切な睡眠時間は個人によって差があります。ですが、7時間半から8時間ほどの睡眠が最もダイエット効果が高いと言われています。

体を温めると代謝アップ!お腹を温める方法

平熱が35度台の人と36度台の人とでは、基礎代謝で消費されるカロリー量が大きく違ってきます。35度台と平熱が低い人は、体の外側だけではなく内側も冷えていることが多く、内臓の働きが低下したり遅くなるので注意が必要です。

その結果、消費カロリー量が減るだけではなく、老廃物も体に溜まりやすくなるので、体重以上に太った印象を与えることがあるので気を付けましょう。これを防ぐためには、体をあたためるようにするのがポイントです。

お湯やスープなどあたたかい食べ物を食べるだけではなく、タンパク質を食べるようにしてみましょう。納豆やキムチなどの発酵食品も、お腹をあたためる効果があります。冷えの厳しい冬場は、湯たんぽを使うのもおすすめです。

こんな悪習慣が脂肪の原因になる!

お腹についた脂肪を減らすためには、生活習慣を改善を見直すことも大切です。食事を食べるスピードが速いという人は、1口の噛む回数を増やして、ゆっくりと食べるようにしてみましょう。私達の体は食事をはじめて満腹だと感じるまで、約20分ほどかかります。食事のスピードが早い人は、満腹だと感じた時には、すでにカロリーオーバーになっている可能性があるので注意しましょう。

さらに、水分を補いながら食事をすることで、無理なく食事量を減らすことができるからおすすめです。寝る時間が遅いという人は、早寝早起きを意識することも大切です。成長ホルモンが多く分泌される深夜3時に深い睡眠に入るようにすることで、痩せやすい体質にすることができるからです。